深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

2015年04月

MISUZU6


受験も終わってかなり経ちますし、そろそろ予備校業界も落ち着く頃ではないかと思いますが、今日は深見東州さんが創業したみすず学苑の広告とツイッターの評判を集めてみました。

やっばり、いつ見てもインパクトありますネー。
「人気があるから混んどるよ!」今回はコンドルが登場ですか。笑 (⌒-⌒; )

ところで縄文太郎は、なぜにサメになったのでしょうか?


とても謎の多いみすず学苑の広告ですが、ポリシーはとても素晴らしいです。

「難関大学に合格する、圧倒的学力は当然のこと。将来、社会で活躍するための、知力や精神力、勉強に対する姿勢を身につけるのが、みすず学苑の指導ポリシーなのです。」

受験生のような過酷な勉強の日々を、38年間も続けてこられている深見東州さんの、実感のこもったポリシーです。実際にそうやって、現代のルネッサンスマンになられたわけですから、重みが違いますよね。


みすず学苑学苑長 半田晴久。 中国国立清華大学美術学院美術学科博士課程修了。文学博士。中国国立浙江大学大学院中文学部博士課程修了。文学博士。豪州西オーストラリア州立エディスコーエン大学芸術学部大学院修了。創造芸術学修士。武蔵野音楽大学特修科声楽専攻卒。カンボジア大学総長、教授。2つの学術博士号に加え、ジュリアード音楽院を始め、米国、英国、豪州で5つの名誉博士号、オックスフォード大学など、2つの Honorary Fellow を授与される。この事から、国際社会では、ドクター•ハンダと呼ばれるようになった。受験生をこよなく愛し、38年間学苑長を務める。 







































































































bisei
スポーツニッボン 2015/4/15



今回は、別の新聞記事からです。いろいろな新聞に「グループサウンズ&フォークの一人祭典 & 全部オリジナル曲コンサート」の記事がありますが、良かったと思う記者のツボがそれぞれ微妙に違うところが面白いです。この記事を書いた人は、深見東州さんのギャグが気に入ってるのか、たくさん具体的に書いてます。スパイダースの「バンバンバン」をバアバアバア(婆)に変えて歌ったり、(女性の爆笑を誘ってました)、ビリーバンバンの「白いブランコ」の前に、バリウム飲んで白いブラ◯ンコとか、お下品系ギャグも炸裂してました。

ちなみに人間はあまりに高尚な話をしていると、そういう単語を言いたくなることがあるのだとか。日ごろ難しい講義をする大学教授なんかも、家に帰ると退行化現象とかで、幼児みたいな会話をする人も中にはいるのだそうです。私には縁のない話ですが。

ところで深見東州さんのギャグも、ずっと昔からのことですが、ここにきて磨きがいっそうかかってこられた気がします。ときどきネットに、引くわーとか書かれますが、私に言わせるとその人は、生の深見東州さんのトークを聞いたことがないのでしょう。本とか活字ではそう思えても、生でやられると面白いんですよ、これが。しかも乗ってこられると、機関銃のように連続で飛び出しますからね、それはそれはすごいです。プロの芸人でもなかなかできないですよ、きっと。

とにかく間のタイミングと声の調子や言い方とかで、ものすごく面白くもなり、引かれたりするのがダジャレの怖いとこですからね。みすず学苑のCMだって、それを計算してしっかり作られてると思いますよ。


ということで、最後に、最近のみすず学苑や深見東州さんに関する面白ツィートを、ブラックも含めて集めてみました。かなり注目されてるのか、思ったよりも膨大だったため、全部埋め込むのは断念しました。
























































































































IMG_dey
デイリースポーツ 2015/4/17


こちらは、今月の8、10日に開催された深見東州「グループサウンズ&フォークの一人祭典 & 全部オリジナル曲コンサート」の新聞記事です。

8日は、グループサウンズやフォークの、往年の大ヒット曲、熱狂した曲を選んで歌われたと思ってましたが、深見東州さんによると、意外な曲が今も新しく素敵だとわかったそうで、そんな曲を選んだそうです。

ところでフォークというと、私の父が岡林信康を聞いていたのを思い出してしまいます。私は、あの人の音楽は苦手でしたけど、小さい頃よく聞かされたせいで、今でも覚えています。深見東州さんも、岡林は歌われず、吉田拓郎を歌われてました。正直いうと、グループサウンズもフォークもそれほど知らないんですが、「あの素晴らしい愛をもう一度」や、「花嫁」は好きな曲でした。たしかに今聞いても古く感じないですよね。あと、「翼をください」という曲が、とても素敵な曲でした。

アンコールでは、お台場が揺れるほどの盛り上がりと記事に書かれてる通り、すごい盛りあがりでラストを締めくくられました。また、"ジュリーほうふつ" と書かれてますが、「君だけに愛を」を2回続けて歌われたときが、一番盛り上がりのピークでしたね。すごかったです。

10日は、深見東州さんのオリジナル曲を、ピンクレディー風、忌野清志郎風、さだまさし風、きゃりーぱみゅぱみゅ風、中島みゆき風に歌われました。一曲一曲が、どれも素敵な印象に残るメロディーで、歌詞もおもわず口ずさみたくなる親しみのある歌詞で、全部いいですね。4時間近くにわたって、ハートをわしづかみにされてしまいました。

zenbu
東京スポーツ 2015/4/16


深見東州さんの、コンサート記事です。こちらの記事も、記者の力がこもった内容ですね。書いた人も十分に楽しんでるんだろうなーと感じますね。

8日の方の、グループサウンズの時代は知りませんが、なかなかかっこいい曲が多くで、全部いい感じでしたよ。それにとても新鮮な感じでした。


後半のフォークは、知ってる曲も多かったですが、「あの素晴らしい愛をもう一度」は、ほんとにジワジワきて感動しました。やっばりいい曲が多かったんですね、あの時代は。

去年の武道館では、80年代のアメリカのロックの醍醐味を知って、今回の8日のコンサートでは、60−70年代の日本の音楽シーンを知れて良かったです。今とはかなり違うけど、違う意味で魅力的でした。かなり好きになりそうかなあ。深見東州さんに、すごく毎回教えられてます。感謝しないといけませんね。

10日の深見東州さんのオリジナル曲ライブが、またバラエティーに富んでいて、なんでもありなんですね。あらゆるタイプを網羅するって、普通できないし、大変なことですよ。
そして、ダンスナンバーがかなりあるのにびっくりですね。クラシックやオペラが得意なのに、こういうノリのよい曲を自分で作曲して歌いこなして、キャッチーな歌詞もストレートに胸にとびこんでくるし、素敵でした。
年齢もボーダレスで不詳なんですね。

「いでよ鹿嶋の神」なんて、ロックっぽいアレンジで、かっこいいーと思いました。

これからも、素敵な歌をどんどん作って歌ってください。

4月8日・10日と、深見東州さんのコンサートが2つ続きました。

お笑いがふんだんのトーク、しびれる美声による歌、そして演出、全て総合して楽しませてくれるところが深見さんのいいとこです。演出といっても、大掛かりな舞台の仕掛けとかじゃなく、観客とひとつになって行うものが主です。武道館の時はジェット風船をみんなで飛ばしあい、演歌コンサートでは、シャンシャンを手にふりました。今回は風船でした。毎回少しづつ変化してます。

ステージで衣装を着替えるのも、見どころのひとつに定着してます。思いっきり派手な色の衣装がよく似合ってますね。
刺繍やベンダント、飾り物も得意です。

歌はマルチ唱法で、様々なジャンルを歌いこなし、どれもこれも素敵です。

トークは下ネタっぼいものからジョークまで、とにかく絶妙です。


コンサートの新聞記事を貼り付けてます。記事にも必ずジョークが載ってますが、でも、そのタイミングで言われるから面白いです。活字でただ読むと、オヤジギャグかと言われそうですが、税妙のタイミングと飄々とした言い方で言われると、可笑しくてみんな笑います。深見さんはダジャレをお笑いの芸の域まで磨きあげて、その地位を確立させましたよ。あそこまでやられると並みのお笑い芸人では歯が立たないでしょう。

そのセンスは、みすず学苑のCMに見事に活かされてますね。



TFコンサート
スポーツ報知 2015/4/17







あと、最近のツィートを、いくつか拾ってみました。
















































書きたい放題という感じもしますが。
なんだかんだで、"気になる存在感" があるようですね。


↑このページのトップヘ