世界ランク上位64人で競う世界選手権シリーズWGCデルテクノロジーズマッチプレーに、日本から、松山英樹、池田勇人、谷原秀人選手の3人が出場しています。

4人1組で16ブロックに分かれ、まずは総当たりの予選が昨日から行われています。国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、初日、同組のジョーダン・スピースとの対戦で、見事4&2で勝利したそうです。

本人も大金星ですねと言ってたそうですが、ジョーダン・スピースの現在の世界ランクは6位と、松山英樹の4位よりも下ですが、2年前には世界ランク1位になり、また、マスターズなどメジャーも2勝している強豪ですよね。テキサスの地元出身で、今回の公式の優勝予想では1位だそうです。

谷原秀人選手は、現在世界ランキング60位で、この大会でベスト8まで勝ち進めば50位以内に上がり、4月のマスターズ出場の可能性が高くなるようですね。谷原選手もまずはそこを目指しているそうです。

まだ、始まったばかりですので、この後予選でもう2試合、そして1位になった16人だけが土日に進み、そこからさらに勝ち抜いていくという過酷な戦いが続きます。そのように1戦1戦が勝負になるマッチプレーは、ゴルファーにとっては、集中力と実力がとても磨かれると言われているそうですね。


実は、今年の日本ゴルフツアーでも、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会がスポンサーとなって、「ISPSハンダ・マッチプレー選手権」の開催が決まっています。

この大会は、深見東州(半田晴久会長)さんと、日本ゴルフツアー機構の大西久光副会長の発想から決まったそうです。深見東州さんは、「日本のプロを世界的なレベルに押し上げるためには、従来のような常識的なやり方ではダメ。後がない真剣勝負のマッチブレーこそレベルアップに相応しい」と考えられていたそうです。

そして、大西副会長は、「マッチプレーは、真の実力を引き出す試合形式。だったら従来のような予選のストロークプレーをやめて、全てマッチプレーにして、技術、体力、精神力など総合力の戦いにすれば、必ず選手のレベルはアップするはず」という意見だったそうです。そうして生まれたのが、予選のストロークプレーを行わず、最初からマッチプレーで2回戦まで戦い、そこで残った24人にシード選手8人を加えた32人で、3回戦から決勝まで戦うというオールマッチプレーによるトーナメントなのだそうです。

なので優勝するには、7回の18ホールでのマッチプレーを勝ち抜くことになりますよね。これはすごいことになりそうですね。そのため試合日程も、8月1、2日に1、2回戦が行われ、9月6日から10日までの5日間で3回戦から決勝まで行うそうです。

なかなかハードな戦いですよね。しかし、今回のWGCデルテクノロジーズ マッチプレーは、予選こそ毎日1試合ですけど、勝ち抜いて土日に残った選手はそこからは1日2試合行い優勝者が決まりますので、もっと過酷になりますよね。だからこそ世界で活躍するトップ選手たちは、強靭な体力と精神力も兼ね備えているのでしょうね。

ローリーマキロイは、「欧州のゴルファーはマッチプレーで育つ。だから、マッチプレーの経験が少ないアメリカの選手よりマッチプレーに強い。」と言っていたそうです。ただ、去年はオーストラリアのジェイソンデイが、ロリー・マキロイを準決勝で下して優勝したそうです。そして、世界ランキングの1位の返り咲いたそうです。

今回のWGCデルテクノロジーズ マッチプレーでは、前回優勝者のジェイソン・デイ選手は途中棄権しました。お母さんが末期ガンの手術を受けるそうなので、それに付き添いたいからだそうです。深見東州さんによると、ジェイソン・デイ選手はとても貧しい家庭に育ち、お父さんはアル中で、11歳の時に亡くなったそうです。その後は母親によって育てられ、本来ならばゴルフなどできる環境ではないのに、母親が無理をして大変な苦労をしながら支えてきたそうです。だから、ジェイソンデイにとって、お母さんの存在は、ゴルフをする理由でもあるそうです。とても心の優しい人なんですね。

話は逸れましたけど、この後も、日本選手が活躍してくれると良いですね。そして、「ISPSハンダ・マッチプレー選手権」にも、その盛り上がりをつなげてほしいと思います。


コースメモにテキサスの旗 谷原秀人は完全アウエーで「大金星です」 / GDOニュース


2017032312113481216


谷原秀人が大金星!スピースを撃破し、「1ホールずつ集中してやることができた」 / alba