サッカーダイジェストの6月8日号に、東京ヴェルディの特集がありました。メインスポンサーとなった国際スポーツ振興協会や、会長である深見東州さんのことも書いてありました。

付録として、レギュラー選手のポスターも付いてます。

IMG_315-min


J2はかなり混戦模様となってますよね。スペインの知将ロティーナ監督を迎えた東京ヴェルディは、現在のところ、しっかりと上位にいます。

今日、トップのアビスパ福岡が、最下位だった群馬に敗れ、またまた混沌としてきました。1位から22位までそんなに差がないようですね。とても面白い展開です。どこが勝ってもおかしくないという、先が見えない展開になってきましたね。今のところJ1からの降格組の3チームが上位にいますが、4位以下との差があまりない状態です。


怒涛の乱戦を制するのはいったいどこになるのでしょう。深見東州さん率いる国際スポーツ振興協会がパートナーになった東京ヴェルディも、大いにチャンスありだと思いますね。深見東州さんはきわどい勝負に強そうなイメージがありますから。もちろん戦うのは選手と監督なので、チームの底力と、ロティーナ監督の采配に期待してます。


今回の特集号には、「シーズン開幕から快進撃を続け、9年ぶりのJ1昇格を果たすべく、上々のスタートを切った東京ヴェルディ。若手とベテランの戦力が高次元で噛み合い、新指揮官ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督とチームの相性もすこぶるいい。昨季とは明らかに、空気感が違う。」と、ライターさんも書いてました。

IMG_387-min


それから、深見東州さんへのインタビューも載ってました。少し紹介しますね。

まずは、深見東州さんのサッカーへの想いについて。

「サッカーは無限の可能性を持っています。どんなに貧しい国でも貧しい子供でも、ボール1個でサッカーを楽しみ、熱狂できる。例えばチームに入ることによって、教育がない子供でもルールを守り、チームワークを作る。そしてお互いを理解し合い、高い目標を持って自己を練磨していく。最高の教育です」


深見東州さんのサッカーへ取り組む想いは、エンターテイメント的な話題性でもなく、また、スポーツで企業の宣伝をするためでもないんですね。スポーツを通じて社会に貢献し、より良い社会に、という願いが込められていると思います。だから、南アフリカ・プレミアリーグのムプラマンガ・ブラックエイシス(現在FCケープタウン)のメインスポンサーにもなったのでしょう。南アフリカの子供たちを救うために。


日本は、南アフリカとは国の状況が全く違いますけど、東京ヴェルディのスポンサーになった経緯についても語られてます。

「運命を感じました。数年前からスポンサードしてほしいというお話をいただいていたが、メインコーポレートパートナーとなると桁が違ってきます。同じやるなら徹底的にやらないと」


なので、初めのうちは、中途半端になるといけないと思い、断っていたそうですね。そしてついに、何かを感じて決断されたんでしょうね。

では、その東京ヴェルディの魅力については。

「東京ヴェルディは40年を超える歴史と伝統のあるクラブ。なかでも素晴らしいところは、育成システムです。他チームに先駆けて小中高と一貫した指導方法で将来のJリーガーを発掘し、しっかりと育てています。女子サッカーチームを含めてサッカーの底辺を広げ、サッカー人口を増やして育ててきた。一番共鳴したのは、まさにそこです。」


サッカーというスポーツを普及させる東京ヴェルディのシステムと努力に、注目されていたようです。

そして、今季の東京ヴェルディの目標は、もちろんJ1昇格だと思いますが、深見東州さんの視線は、少し違うそうです。

「わたしはJ1で優勝、さらにはクラブワールドカップでも優勝し、賞金を稼いでみんなでロマネコンティを開けるのが目標です。せこい目標ではなく、そういう気持ちで振興しているので、東京ヴェルディさんにもそういう大志を抱く気持ちで頑張って欲しい。」


さらに、

「大砲は目標よりも高いところに撃って初めて的に当たる。ゴルフのロリー・マキロイはメジャー大会で勝ちたいとは言わないし、サッカーのクリスチアーノ・ロナウドもスペインリーグで優勝したいとは言わない。マキロイは歴史に残るゴルファーに、ロナウドは永遠の伝説に残る選手になりたいと言う。だから、楽にメジャーに勝つし、リーグでも優勝するんですよ」


と言うことで、深見東州さんらしい、ふつうじゃない発想ですね。とてもスケールが大きなお話です。そうやって、今まで成功してきた体験と実績があるので、言葉に重みを感じますね。



また、この特集の最後には、6月10日「ISPS DAY」開催の告知がありました。

内容は、名古屋グランパス戦(15時)の味の素スタジアムにおいて、様々な特典やイベントがあるようです。

まず、これまでに、みすず学苑に関わりのあった人は、証明できるものを持参すればチケットが半額になるそうです。さらにファミリーで来場すると、小学生以下は無料だそうです。

当日のスタジアム内に設置される特別ブースに来場すると、株式会社ミスズからの豪華な腕時計が抽選でプレゼントされるそうです。

あと、ユニフォーム型座布団を、スタジアム入場先着3000名にプレゼントされるそうです。

こういうファン感謝デーというのか、スポンサーデーのようなものを、たまにされるんでしょうね。それから、この日の対戦相手の名古屋グランパスは目下首位のチームです。盛り上がると良いですね。