第18回高校生国際美術展の表彰式の様子をユーチューブで見ることができます。
8月9日にリッツ・カールトン東京からライブ配信されたものですね。

今回は書の部、美術の部、合わせて応募点数14936点の中から、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、12都道府県の知事賞など、多くの表彰が行われました。また、海外18カ国からの作品応募があり、それぞれの国の代表アーティスト賞が選出されていました。


(ユーチューブでの配信が終了しましたので、FOX制作のダイジェスト版に差し替えました)


プレゼンターは各国大使館の方達、主催する世界芸術文化振興協会会長の深見東州(半田晴久会長)さん、絹谷幸二さん、そして愛知県から大村知事も来ていました。

これらの海外作品と、日本の奨励賞以上、約400点の上位入選作品は、国立新美術館に20日まで展示されています。


実物を見ないと、なかなか良さがわからないと思いますので、期間中に観に行きたいと思っています。

表彰式で、ブルネイから来た高校生は、頭や全身を地味な色の布で隠すイスラムの衣装を着ていましたね。でも描いた絵が、「女性イスラム教徒の隠された色」というもので、ダークで質素な色合いではなくカラフルな色を使った、隠された内面を表現しているような興味深い絵でした。また、東南アジアの国々の高校生は、毎年、仏教に影響された絵を書く人が多いですが、今年は日常の風景や文化を描いているものが目立ちました。

それからべルラーシやロシアの高校生も来ていました。またアイルランド、英国、ドイツ、イスラエル、中国からも来ていました。世界の文化の縮図のような、国際美術展と呼ぶにふさわしい第18回の表彰式でした。

日本の高校生たちとの交流もあり、互いに良き体験になる気がしますね。
言語の壁があるので、もどかしい部分もあると思いますが、深見東州さんによると、日本式の英語でもいいから、どんどん話していくのが良いと言われていました。

綺麗な英語で話さなければと思うと話せなくなってしまうから、日本的な訛りの英語でもたくさん話す方が良いし、その方が気持ちが伝わるからと言われてました。海外では、それぞれの国の訛りのある英語を話す人も多いそうで、インド英語の深見東州さんのモノマネには笑いました。