深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

東京国際コンサート

7月の、アンジェラ・ゲオルギューと深見東州さんの共演の様子が、モーストリークラシックの今月号にリポートされてました。

geor


世界の著名なオペラ歌手を招聘してきた東京国際コンサートでは、素晴らしい世界の一流の歌を、過去5回にわたり聴くことができました。

今回のアンジェラ・ゲオルギューで、現在のクラシック界の中で最も著名な歌手たちのコンサートを全部聞いてしまった気になりました。素晴らしい実力を持つ歌手たちは、たくさんいるんでしょうけど、名実ともにトップクラスとなると限られてくるでしょうからね。

過去5回の東京国際コンサートに来日したのは、第1回から順番にキリ・テ・カナワ、ルネ・フレミング、ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、そしてアンジェラ・ゲオルギューとなっています。

綺羅星のようなクラシック界のスターたちですが、だからと言って、あまり真面目に固く考えて敬い、崇拝して聴くというよりも、西洋音楽やイタリア歌曲はもっとリラックスして聴くべきですと、深見東州さんは言われてました。歌舞伎や演歌や民謡を楽しむように聴いてほしいようですね。

また、聴く方だけではなく、日本の声楽の歌手たちも、上品ぶらずに楽しみイタリア人のように自由に歌うべきでしょうとも言われてました。

聴く方も歌う方も、欧米の人たちとは違う何かを、深見東州さんは日本において感じられているのでしょう。世界中のトップクラスの歌手や指導者たちと親交を持ち、また、自身も出演し、世界を観てこられているからこそわかるものがあるのでしょうか。

オペラと言っても、かなり下世話な内容だったりするものが多いですからね。男女の愛憎であったり、下ネタ的なものもあります。高尚なものを聞くように真面目な感じで聴くのも、かえって何か妙ですよね。音楽自体は素晴らしくても、歌っている人も素晴らしくても、歌い演じている内容は、かなり俗な内容だったりしますから、リラックスして楽しみながら聴くというのが、欧米では普通に当たり前なのかもしれませんね。


今回のゲオルギューのピアノ伴奏を務めた方のことも書かれてました。とても素敵なピアノを聞かせてくれました。

『歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲をはさみ、シューベルトの「セレナーデ」、次にマスネの中では最も有名な歌曲「エレジー」。「恋人よ、お前は行ってしまった」と嘆く歌詞に、甘いメロディーが溶けるよう。聴衆は消え入るようなピアニッシモに聴きほれる。ピアノ伴奏はバリトン歌手でもあるというアレクサンドル・ペトロビッチ。歌手の生理を知り尽くしており、声と一体になったピアノが素晴らしい。後半に聴かせたラフマニノフの「間奏曲」でも彼の仕事は一流だった』

映画監督にも同性の方がいましたが、その方とはもちろん違います。


深見東州さんのことは、『深見のステージの後半は日本歌曲で通した。春の「早春賦」と「おぼろ月夜」、夏の「夏は来ぬ」と「夏の思い出」、秋の「赤とんぼ」、冬の「雪の降る街を」と歌い継ぐ。深見の温かい声と歌で、観客は客席にいながら春夏秋冬を感じることができた。ピアノは木村裕平。』と書かれてました。

春夏秋冬もでしたけど、夜の月明かりの光景や、夕焼けの光景や、物寂しい雪景色までが、なんとなく浮かんでくるような、深見東州さんの歌だと思いました。

アンジェラ・ゲオルギューは、椿姫のヴィオレッタや、トスカ役をやらせると右に出るものがいないと紹介されてました。それらの曲目は、今回は入ってなかったので、そこだけが少し残念でした。
代わりにユーチューブで聞いてみました。




これは、2008年のコンサートの様子ですね。まだこのころは、夫のロベルト・アラーニャと愛し合っている感じが伝わってきますね。1990年代の半ばごろ、ロベルト・アラーニャは、当時夫がいたゲオルギューに一目惚れして、ゲオルギューも、そのあとアラーニャの元にやってきて再婚することになりました。


こちらは、やはりロベルト・アラーニャと共に「ラ・ボエーム」に出演した動画です。ミミ役もとても有名ですね。




とても華がある方ですね。引き込まれるような演技も素晴らしいと思います。

そして、この曲も、ゲオルギューにぴったりの曲のように思いますが、カルメンから、ハバネラを、魅惑的に奔放な魅力たっぷりに歌っています。どことなくカルメンとゲオルギューとは、イメージが重なるところもあるかもしれませんね。




この記事では、当日のゲオルギューの衣装のことにも触れていました。
「ゲオルギュートいえば、歌手の中でもおしゃれなことで知られている。この日の最初の衣装は、薄い水色の裾を引くドレスで観客を魅了した。・・・後半、ゲオルギューが着替えたドレスは、鮮やかなオレンジ色が目に映える。袖が腕のところから着物の振り袖のように垂れ下がる独特のデザイン。歌う際には、笑顔がこぼれ、感情とともに自然に腕を大きく広げる仕草も魅力的。スタンディング・オベーションには投げキッスで応えていた。」

いつもそうなのかは知りませんけど、とてもチャーミングな仕草をする方だなと思って見てました。この日はとても機嫌が良かったのかもしれませんね。サービス精神にあふれた仕草が目につきました。とても可愛い人でした。

ラストのアンコールでは、深見東州さんとハグした後に、二人がワルツを踊って大変盛り上がりましたね。とにかく最後まで、たっぷりと楽しませてくれた3時間のステージでした。リラックスしすぎるくらい、心から楽しむことができました。

先月の第5回東京国際コンサートは、とても素敵なコンサートでした。今後もますます期待されるクラシックコンサートとして、すっかり定着してきたように思います。

今回は、その東京国際コンサートの過去の公演について、まとめてみたいと思います。最近のコンサートで深見東州さんを知った人は、過去のコンサートのことを知らない人も多いでしょうからね。

この東京国際コンサートは、毎回、海外から超一流のオペラ歌手を招いて開催されています。主催する世界芸術文化振興協会の半田晴久会長によると、東京を世界一の文化都市にしたいということです。そして、たくさんの人にクラシックの素晴らしさを知ってもらい、ファンになってもらいたいということを言われていました。

東京は経済に関する分野では、間違いなく世界のトップに位置する都市だと思いますが、文化に関しては、ロンドンやニューヨーク、パリなどと比較すると、まだまだ弱いと言われているそうです。食文化に関しては、世界一ではないかと思いますけどね。音楽の分野になると、ポップス文化以上に、クラシックの分野は、まだまだのようです。
オペラや声楽に関しては、全く歴史が違うので仕方ないと思いますけどね。かなり昔の話ですが、日本は欧米から100年は遅れているとか、何かに書いてありました。
なので、メトロポリタンやコヴェント・ガーデンのようにはいかなくても、新国立劇場なんかが、素晴らしいオペラを常時開催できるようになると良いのでしょうけど。それには日本だけでは無理でしょうから、海外の、素晴らしい一流のオペラ団を呼ぶしかないでしょうね。

そうなると、東京国際コンサートで、なかなか来日する機会が少ない一流歌手を、深見東州さんの交流やプロモート力で呼ベるのは、日本文化にとって非常に大きな貢献になっていると思いますね。深見東州(半田晴久会長)さんの活動を、私が素晴らしいなと思うのも、日本の文化が豊かに世界的になるために努力されているのを感じたからです。それに全くの私心がないですよね。本当に文化を愛して、日本人の文化レベルの向上に貢献し、世界レベルにしようとされているように感じますからね。だから、ただ鑑賞するだけではなく、自ら声楽を極め、オペラ文化を体現されながら広げていかれてます。さらに日本人の後進の育成にも取り組んでこられました。

そういう深見東州さんの文化への情熱を知ると、なぜ、東京国際コンサートに、あのような超一流の歌手を呼び、そして自らも共演するのかの深い意図が理解できるように思います。


  • 第1回東京国際コンサート

2013年9月10日
なかのZERO大ホール
出演
キリ・テ・カナワ、コナル・コード、深見東州、大西宇宙、他ジュリアード音楽院卒業生
57eab09a

ニュージーランドのマオリの血をひくキリ・テ・カナワは、一時期は当代随一のソプラノという名声を得ていたそうです。この時は、すでに70歳近くでしたが、それでも美しい声だなと思ったのと、とても感情を込めて歌うその歌唱に、涙した覚えがあります。気品があり、一世を風靡したであろうオーラを強く感じました。
そして、深見東州さんが、若い声楽を目指す人たちを支援していることに、とても感心されていましたね。

この日は3部構成で、初めにコナル・コードさんと深見東州さんが交互に歌われ、第2部では、ジュリアード音楽院卒業生による、コンサートになりました。大西宇宙さんのバリトンを生で初めて聴きました。日本人離れした歌唱を聴かせてくれてましたね。日本人として、国際的なスターになる可能性を秘めた人だと期待されている人です。

余談ですが、このとき、9月6日には、トニーブレアらと「世界オピニオンリーダーズサミット」が開催され、9月7日はマイケルボルトン、ピーター・セテラとコラボでの初の武道館コンサート、そして10日に東京国際コンサートが開催され、直後の12日からは、ブラインドゴルフのジャパンオープンが盛大に開催されました。なんという過密スケジュールなんだろうと、いつも深見東州さんのされることには驚かされることが多いのですが、さすがにため息が出ましたね。


  • 第2回東京国際コンサート

2014年6月18日
新国立劇場オペラパレス
出演
ルネ・フレミング、コナル・コード、深見東州、ロベルト・アバド(指揮者)
10b950f4

キリ・テ・カナワの後、今はルネフレミングが、人気実力ともにソプラノの頂点に立っていると言われているそうです。あまり日本で見る機会がなかっただけに、すごく期待して見た人が多かったようでした。そして、期待通りの最高のコンサートだったと、専門家の評判も素晴らしかったようです。

私も、こちらに詳しい感想を書いています。

ルネ・フレミングと東京国際コンサートで共演


  • 第3回東京国際コンサート

2015年6月15日
新国立劇場オペラパレス
出演
ホセ・カレーラス、コナル・コード、深見東州
tokyoconcert03

ソプラノ歌手が2回続きましたが、この年は、3大テノールとの共演になります。まず、ホセ・カレーラスです。本当は、あるソプラノ歌手が来る予定だったのが、来れなくなって、それで急遽ホセ・カレーラスの来日が決まったということでした。あっさりと出演を受諾してくれたおかげで、初めてホセの公演を見る機会を得られました。この公演のホセ・カレーラスは、最近では最も声の調子が良かったそうです。私は、いつもこのぐらいは歌っているのだろうと思って、感動して聞いてましたが、とても素晴らしい出来だったのですね。クーラーも切って、声の調子には細心の注意を払っているそうです。何度でも行きたくなるような最高のコンサートでした。
こちらにも感想を書いてます。

東京国際コンサート ホセ・カレーラス、ずっと聞いていたい


  • 第4回東京国際コンサート

2015年8月26日
新国立劇場オペラパレス
出演
プラシド・ドミンゴ、ヴァージニア・トーラ、ミカエラ・エステ、深見東州、ユージンコーン(指揮者)
tokyoconcert04

まさかカレーラスのすぐ後に、ドミンゴと共演されるとは、さすがに驚きましたね。何歳になってもドミンゴの声は美しくて、しかも歌が上手いです。個人的に一番好きなテノールですね。さすがにこの時は、バリトンの曲を歌ってましたけど、それでも圧倒的に魅力的な歌でした。パヴァロッティもすごいなと思ってましたけど、ドミンゴも、こんな歌手はなかなか現れないだろうなと思いました。
二人の美しいソプラノたちも花を添えてました。
ドミンゴに関しては書きたいことがたくさんあったので、こちらのカテゴリーに色々書いています。

プラシド・ドミンゴ


  • 第5回東京国際コンサート

2015年8月26日
新国立劇場オペラパレス
出演
アンジェラ・ゲオルギュー、深見東州
tokyoconcert05

現在、ソプラノとして、ルネ・フレミングと双璧といわれるほどのゲオルギューの実績は、やはり輝かしいものがあります。同時に、キャサリーン・バトルとは、トラブルが多いソプラノ歌手の双璧とも言われているようですが、歌は二人とも素晴らしいですよね。これで世界的に著名で、実績のある歌手から、東京国際コンサートに登場したことになりますね。この後は、どなたを呼ばれるのでしょう?。

アンジェラ・ゲオルギューと深見東州さんの最高の共演

先日の東京国際コンサートの記事が掲載されていました。

IMG_東京国際コンサート09
スポーツニッポン2016/8/2


日本屈指のバリトンに、世界のソプラノにうっとり・・・と見出しにも書かれてますけど、本当にそんな感じのひと時でした。

武道館では、思い切り弾けた歌もたくさん歌ってくれた深見東州さんですが、この日は打って変わって、ビシッとタキシードでキメて、それにふさわしい歌を歌われていましたね。

この日は、ベルカントの響きのある綺麗な持ち声をフルに発揮されてました。また、新国立劇場オペラパレスは、音響効果を最もよく考えてつくられた、日本が世界に誇れるオペラ劇場と言われているそうです。客席の壁や天井は、厚いオーク材で仕上げ、オペラ歌手の肉声が理想的に響く設計になるそうです。劇場そのものが楽器のような空間になるように作られているとか。

前回の第4回東京国際コンサートでは、プラシド・ドミンゴが来日しました。その時は東京国際フォーラムの5000人収容のホールでしたので、マイクが必要でした。しかし、やはり新国立劇場のような2000人規模の会場で、肉声を聞く方がより深い味わいがありますね。完璧なベルカント唱法で歌う深見東州さんの歌は、ピアニシモで歌っていても、会場の奥までしっかりと良い声が聞こえてきます。

そして、今回来日したアンジェラ・ゲオルギューも、もちろん同じです。ゲオルギューは、イタリアオペラを得意としているそうです。私は発声のことはわかりませんが、深見東州さんが言われるには、明るくクリアーに、頭や身体から母音が飛び出すのが、イタリアンベルカント唱法のようです。ドイツの発声とは違うそうです。

そしてイタリア人というのは、ドイツ人のようにキチキチと正確に歌うより、アバウトでも、ハイノートをガツーンと出せば、それで大ブラボーになるそうです。なんとなくわかりますね。テノール歌手のハイCが最高に出てると、みんな大拍手を送りますからね。確かパバロッティも、それまでどんなに完璧に美しく歌っていたとしても、そのハイCの1音がうまく出なかったら、それで全てが失敗のように言われると、ぼやいていたとか。観客は、あの高音の響きに、全てを完璧に歌うこと以上の価値を認めているんでしょうか。

そしてイタリアンテノールは、カデンツァ(独唱者が伴奏を伴わずに自由に即興的な歌唱をする部分)やジャズのフェイク、演歌や民謡のような小節、アゴーギグ(音楽の揺れ)を自由自在に入れて、楽譜に基づいて楽譜を離れ、楽譜をくずしてドラマチックに歌う歌唱をするそうです。
イタリア歌曲になると、そのように自由自在に好きなようにくずして歌うようですね。アリアになると、オーケストラと合わせるためにそこまで自由にはできませんが、それでも楽譜通りに歌わずに、音程を上げたり下げたり、言葉を変えたりもすることはあるようですね。


東京国際コンサート10
夕刊フジ2016/8/3

最後に、新聞記事にも詳しく書かれてますが、アンコールの共演のシーンが、本当に楽しいラストでしたね。

「期待が高まり、息を飲む聴衆に披露された曲は、有名なメリーウィドーの「とざした唇に」だった。深見の伸びのあるしなやかな声とゲオルギューの美声が重なると、客席は恍惚の世界へと誘われた。間奏では、息のあったダンスも披露し、曲を終えると割れるような拍手が送られた。ラストの勿忘草を歌い上げると、観客席からは大きな拍手とスタンディングオベーション。二人は抱きあって喜び合い、深見も得意のパントマイムで応えた。鳴り止まないカーテンコールに包まれ、約2時間半にわたって世界を代表する歌手の夏の夜の共演は、熱狂のうちに幕を閉じた。」スポーツニッポン


そして、深見東州さんのことは、プラシドドミンゴ、ホセカレーラスといった3大テノールたちとも相次いて共演できる実力と実績を備えた日本屈指のオペラ歌手なのだと紹介されてました。

7月27日、第5回東京国際コンサートが、満員の新国立劇場オペラパレスで開催されました。

今回は世界的なソプラノ歌手として名を馳せるアンジェラ・ゲオルギューをメインゲストに迎え、第1部が深見東州さん、第2部にゲオルギューが出演しました。

angela-gheorghiu


ゲオルギューさんの歌った曲目は、

1、パイジェッロ作曲の「もはや私の心には感じない」
2、ベッリーニ作曲の「やさしい妖精、マリンコニーアよ」
3、ドニゼッティ作曲の「わたしは家を建てたい」
4、フロトー作曲の「夏の名残のばら」
5、シューベルトの「セレナーデ」
6、マスネの作曲「エレジー」
7、カンツォーネ、サンタルチア
8、レオンカヴァッロ作曲のマッティナータ
9、ラフマニノフ作曲の春の洪水
10、G.ステファネスク作曲のマンドゥルリタ・デ・ラ・ムンテ
11、E.カウデッラ作曲の「かわいい青い目」
12、ジェローム・カーン作詞/オスカー・ハマースタイン2世作曲の「君はわがすべて」

また、ピアノのアレクサンドル・ペトロビッチさんが2曲演奏しました。

深見東州さんは、ミュージカル、カンツォーネ、ポップス、日本歌曲、童謡から幅広く選曲されてました。

サマータイム、美女と野獣、魅惑の宵、ベサメムーチョ、ドンジョバンニのセレナーデ、彼女に告げてよ。そして後半は日本の歌になります。初恋、早春賦、おぼろ月夜、浜辺の歌、夏は来ぬ、夏の思い出、赤とんぼ、雪の降る街を。
そして、この日ピアノを演奏していた木村裕平さんが、深見東州さんのピアノ曲で「太陽神の世界」「山形の朝」を2曲弾いてくれました。


東京国際コンサート


いやもう、とても素晴らしい素敵なコンサートになりました。
お二人とも、アリアではなく歌曲やミュージカルなど、少し軽めの声楽曲で構成されてましたが、歌心があり、とても気持よい幸せな時間を過ごすことができました。

深見東州さんは本当に綺麗な声で、何の力みもない抜群の歌唱で観客を魅了していました。そしてゲオルギューさんの方は、とても情熱的に、感情をあらわにして歌われるので、何か迫るものを感じましたね。抜群の歌唱は円熟されていて、そして、とてもチャーミングな方でした。貫禄のあるお姐様なのかなと思っていたら、そんなことはありませんでしたね、とても素敵な楽しい方でした。

日本語で、”ありがとう” を何度か言われてました。かなり気分良く歌っていたのではないかなと感じました。観客の反応も良かったですからね。たびたびお茶目な仕草を見せてくれたり、普段はけっこう楽しい人なのかなと思いましたね。

そして、アンコールでは、ゲオルギューさんが、2曲「私のお父さん」と「踊り明かそう(マイ・フェア・レディ)」を歌いました。これは、本当に感動しましたね。胸に響くものがありました。
ちょっとyoutubeから、その2曲がありましたので、載せておきますが、今回の方がもっと良かったように思います。







そしてアンコールが終わってから、今度はゲオルギューさんが深見東州さんを舞台に呼び、そこからまた、楽しいステージが繰り広げられます。笑いと割れんばかりの拍手の中、再び歌が始まります。今度は二人のデュエットで、まず、メリーウィドウ・ワルツ、Lippen schweigenを歌い、そしてワルツを踊って、また大喝采でした。

これで終わるかなと思いきや、もう一曲行こうと、深見東州さんがゲオルギューさんに目配せすると、忘れな草 Non ti scordar di me を歌われ出します。これも素敵なデュエットで、最後は華麗なステップも見せ、最高に盛り上がったところでおひらきになりました。




いつまでも鳴り止まぬ拍手の中、再び皆さん登場し、花束を深見東州さん自ら出演者一人一人に渡して、惜しまれつつステージを去って行かれました。ものすごいコンサートになりましたね。それでなくても、ゲオルギューの機嫌が最高に良かったというだけで、すでに大成功だったように思いますけどね。いつも共演者にも最高に喜ばれる深見東州さんなのです。






2016年の第5回東京国際コンサートは、アンジェラ・ゲオルギューと深見東州さんの共演になりました。

anger


アンジェラ・ゲオルギューは、クラシックファンの間では、美人で実力もあるソプラノ歌手として、とても人気があるそうです。また、世界的な評価でも、現在のソプラノ歌手として、ルネ・フレミングと双璧といわれるほどの歌手なんだそうです。

そして、イタリア系のものが得意のようですね。ということは、私が好きな曲が多くなりそうなので嬉しいです。そして、深見東州さんとの二重唱なんかも期待できるかもしれませんね。

個人的に、あまり歌を聞いたことがなかったので、動画から少し紹介してみます。





最後に若い頃の映像が出てきますが、歌が上手いのは当然としても、大変な美貌の持ち主のようですね。最近は、ロシアのアンナ・ネトレプコが、美人ソプラノ歌手として世界的な人気を博していますけど、その少し前まではこの方だったのかもしれませんね。



情熱的な歌い方ですね。引き込まれそうな凄みがあります。演技も歌にも鬼気迫るような感じがしますけど、オペラだとさぞすごい演技をされるような気がしますね。



たっぷりとしたレガートで歌いますね。見とれてしまいました。


ウィーン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場、ロイヤル・オペラ・ハウスなど、世界の最高峰の舞台の常連として、活躍しています。


夫がテロール歌手のロベルト・アラーニャというのでも有名ですね。ただ今はもう別れてしまいましたけど。夫婦の時は、一緒に公演することも多かったそうです。




anger


今月の27日の公演ですので、もうあまり時間がありませんが、女性大物歌手の来日で、今年の東京コンサートも楽しみですね。

主催は、共同主催で、世界芸術文化振興協会と東京芸術財団になってます。

↑このページのトップヘ