深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

武道館・コンサート

今日は、深見東州単独武道館オリジナルコンサートのマスコミの記事から、評判などを紹介してみます。

はじめに、深見東州さんを紹介するときの言葉が、ますます多彩になってきましたね。以前からある深見東州さんを表す言葉には、「現代のルネッサンスマン」「稀代のエンターティナー」「国内屈指のオペラ(バリトン)歌手」などがありましたが、今回はそれに加え、「総合芸術家」「マルチクリエーター」「芸術全般に活躍する多彩すぎる顔を持つ」など、あらゆるものに精通することを表現した紹介が増えていました。

単に優れた歌手というだけではないことを、取材する人たちも気がつき始めているようですね。この数年間に、深見東州さんのあらゆる活動を取材してきた人なら、そろそろそこに気がつくはずですから。

取材する人たちが、毎回同じ人がするのかどうか知りませんが、様々な活動の全てに密着して取材をしないと、深見東州さんの真骨頂はわかりませんからね。例えば、音楽、絵画、演劇、能、ゴルフ、サミットなど、分野ごとに分かれて取材していたら、その偉大な部分を見落としてしまう結果になるでしょう。

コンサートの評判としては、「まさに変貌自在の歌声だった、音楽の才能を炸裂させた」

「ピアノ演奏のみで歌われたマリアと共にでは、美しいメロディーに涙する人もいた」

「会場に集まった1万2千人、様々な年齢層のファンで溢れかえっていた。どのファンもハッピやTシャツなどの深見グッズで全身を決めており、まるでアイドルコンサート会場のような雰囲気だ」

「どれだけ観衆の心を揺さぶれば満足するのだろう。歌い、話し続けた3時間半。日本武道館を完全に自分のものにした深見は、まさに人間ジュークボックス、全身ギャグマシンだった」

「オリジナルなロック、ジャズ、ポップス、演歌とバラエティー豊かな曲と自在なトークによって、客席は時に熱くなり、時にはしんみり。これぞクラシカル・クロスオーバー歌手の真骨頂と言える瞬間だった」

「観客は、現代のルネッサンスマンの持つ、天衣無縫な歌の世界をたっぷりと満喫した」

「3時間30分、全28曲を休むことなく歌い上げた、深見氏のパワーには驚くとともに感動させられた」

「深見氏は、溢れる見識とユーモアで、その豊かな世界観を武道館の客席に届けた」

などなど、様々な表現で、レポートされてました。


IMG_3DO4
デイリースポーツ2016/7/27


IMG_NN93
日刊スポーツ2016/7/27


IMG_BU5
スポーツニッポン2016/7/28


IMG_3KA6
スポーツ報知2016/7/30



私の感想は前にも書きましたけど、今回の新聞記事の評判を見ていて、そろそろスタジオ録音のCDが待ち遠しくなってきました。ライブをそのままCDにしたものでもいいですけどね。おそらく、かなり完成度の高いCDになると思いますね。完璧な音で歌ってましたから。

しかし、せっかく出すのでしたら、プロモーションをしてくれる人に頼んで出すのもいいんじゃないかと個人的には思いますが、どうなんでしょうかね。私が心配しても仕方ありませんが、そうすると、もっと深見東州さんの歌の素晴らしさを知る人が増えるでしょうけどね。




先週開催された深見東州単独・武道館オリジナルコンサートのことが、新聞に掲載されてました。

SANSPOサンケイスポーツ2016/7/27



深見東州さんは今日までに800曲以上作曲をしてきたそうですが、その中から約30曲ほど歌われました。40歳前後くらいから作曲が増え始めたようですので、作曲家としてはかなり遅咲きになりますね。歌手としての活動も30代の半ばくらいからでしょうから、それもずいぶんと遅いスタートです。それだけに、60代なかばになっても創作意欲は衰えることなく、新しい分野にもチャレンジされ、これから本当のピークを迎えるところではないかと思います。

今回のコンサートは、全て深見東州さんのオリジナル曲でした。私は、800曲全ては聞いてないと思いますが、主なものは聞いているので、ほとんど知っている曲でした。ただ、初めて深見東州さんのコンサートに来た人にとっては、馴染みの曲というものはなかったかもしれませんね。
テレビのコマーシャルやドラマなどに使われた曲、あるいはオリコンチャートなどに登場した曲があれば、知ってる曲もあったでしょうけど、あいにくそういう曲はありません。そういう世の中でヒットした曲と比べても、遜色ない曲はたくさんあるんですが、何しろ純粋な創作活動に重きを置かれていたからでしょうか、全くプロモーション的なことはされてなかったように思います。したがって商業的な大成功とか、そういうものとは無縁のところで、知る人ぞ知る名曲を作り続けてきた、とても珍しいアーティストだと言えるのかもしれませんね。

そういう商業的成功というしがらみもなく、自由に創作ができたのは、生活基盤が経営される予備校や商社などの事業で十分にやっていけたからかもしれませんね。
そのため、レコード会社からの要望とかコマーシャリズムに侵されることもなく、本当にやりたい創作活動を妥協することなく追求できたのかもしれません。だから聞いていて、とても新鮮な感じで気持ちよく聞けるのかなと思います。また、何度聞いても飽きがこない感じがしますね。


それから、この新聞記事にも書かれてますが、今回は、ステージの仕掛けも写真のように凝ったものが多く、楽しませてもらいました。

氷柱のような筒状のライトが天井から沢山釣るされていて、色が曲によって変わったり、また、上下動して、ステージに変化がありました。そして、舞台の正面方向の人は、はっきりわかったと思いますが、シャワーカーテンを用いて、雨に関する歌を素敵に演出し、また水のカーテンをスクリーンのようにして龍神が映されたりと凝ってましたね。美しいシャボンや紙吹雪は去年もありましたが、今年も綺麗にライトアップされてました。そして、恒例のジェット風船も、来場者全員で一斉に飛ばし合いなかなか壮観でした。あのジェット風船は勢いがあるんですが、膨らますのはかなりの肺活量が必要でしたね。

また、新聞記事で知りましたが、今年はビートルズが来日して、武道館公演から50年目になるそうです。この記事を書いた記者の人は、「ビートルズのメンバーはその後多様な価値観を詩に綴ったが、深見氏もまた、溢れる見識とユーモアで、その豊かな世界観を武道館の客席に届けた。古今東西、森羅万象、あらゆる道に通じ、多様な価値観を受け入れる寛大さと勇気を持つ深見氏だからこそ実現できたステージだった」、と書かれてました。

私も同感です。そして深見東州さんの歌は、どれを聞いても、愛を歌い上げているように思います。いろいろなものに対して、愛の讃歌の歌のような気がしています。この世にあるすべてのものに、溢れる愛を惜しみなく捧げ、讃えているようにも感じますね。

男女の愛にも、動物たちにも、自然にも、そして日本と西洋の神々にも分け隔てなく、いろいろな愛の形を歌い上げられているのかなと思います。現代の放浪詩人とも言えるような、実際には放浪されていませんが、それどころか現実にしっかりと根ざした活動をされていますが、心の中は現実にとらわれず、ロマンに生き、宇宙にまで飛び出しそうな悠久の世界に生きてあるのでしょうね。唯一無二の深見ワールドを創作し続けていると言えそうです。
ただ、深見東州さんに言わせると、みんなが喜んでくれればいいとしか思ってないそうです。自分を見せようとか、己の追求したものを表現してやろうとか、そんな気持ちなどは、全くないそうです。そこが、舞台芸術を極めた人の言葉なのでしょう。

当日のセットリスト
SET

深見東州さんは、日本を代表するような歌唱力を、やはりお持ちですね。今回の武道館コンサートでそう感じました。おそらく日本では誰も真似できないような歌い方をされていると思います。日本にもいい歌手やボーカリストはたくさんいますが、歌い方が全然違いますね。何が違うと言われても、専門家のようには話せませんが、声楽の世界レベルの技術をしっかり身につけているからではないかと思います。その技術を生かしてポップなナンバーを歌うから違うのでしょう。

かといって、声楽の持つ独特の歌い方が鼻につくこともありません。極めて自然に歌われていましたね。日本の歌手も上手な人多いですが、深見東州さんの歌と比較してしまうと、どうしても平べったい感じに聞こえます。声は綺麗ですが口先だけで歌っている感じに聞こえてしまいますね。深見東州さんの歌は、からだの奥から響いてくるし、深くこちらの心に響いてくる気がしました。

だから、歌の好みや歌い方の好みや声の好みなど、いろいろ人によって違いますから比べても意味がないんですけども、歌唱の実力という点でいうなら、深見東州さんの右に出る歌い手は、日本には見当たらないように思います。声域、テクニック、持ち声の良さ、歌心、歌唱の幅広さなど、総合するとそう思います。もちろん世界に出れば、ものすごい歌手はたくさんいますけどね。

深見コンサート


今回は武道館ですから、アップテンポの激しく盛り上がる歌が多くなりましたが、それはそれですごかったなと思いました。ヘビィなロック歌手ではないので、あくまでロック色のあるポップな歌ですが、それであそこまで盛り上がるので、そのパワーたるや凄まじいです。いつも想定外のエネルギーを爆発させられますね。特にラストにかけては、一気にたたみかけるように燃焼し尽くしました。あのエネルギーは10代か20代にしか思えないですね。

途中で静かなピアノ曲も入り、そこは今までの武道館コンサートではなかったところでした。そして、深見東州さんもピアノを弾かれて、曲を作曲するときのやり方などを解説されてました。あのようにして作るんだなと感心しながら聞いてました。本当はピアノのさらに高度な技術があれば、もっと複雑な歌が作れるんですがと言われてました。メロディーも歌詞も天来のもののようで、それをピアノで弾きながら形にされるようですね。

私としては、深見東州さんの真骨頂は、やはりバリトン歌手としてアリアを歌われるときが最も素晴らしいように思います。あるいは、ミュージカルやスタンダードナンバーなどをオーケストレイションしたサウンドで歌われるのも好きです。その分野では世界レベルの歌手として十分に通用すると思ってます。

よく一緒に歌われているオーストラリアのコナル・コードさんも、そこを絶賛されてました。
「半田晴久氏とは、今まで何度もオペラやコンサートで共演しました。一緒に、ホセ・カレーラス、キリ・テ・カナワやルネ・フレミングとも共演しました。彼は、誰と歌っても引けを取らない歌唱力、天与の表現力とカリスマ性があり、いつも観客を魅了します。それが世界レベルのオペラ歌手である証拠です。本当に彼は日本を代表するオペラ歌手であり、その優れた創造力と偉大な人間性にふさわしい、類い稀なる美声の持ち主だと思います。」



それではTwitterから、今回のコンサートの評判、最近の深見東州さんの話題を見てみましょう。

















































2013年から始まった、深見東州さんの武道館コンサートですが、今年で4年目となります。まだ3ヶ月ほどありますが、今回は7月21日の、真夏の開催となるようですね。すでにお知らせが、チケット販売を代行しているたちばな出版のホームページに掲載されていました。

ticket_head_concert20160721


今年は、深見東州単独!武道館・オリジナルソングコンサート、となっていますので、深見東州さんの作曲したオリジナル曲だけを歌うコンサートになるようです。


深見東州さんのオリジナルソングは、オリコンのチャートにこそ登場してませんが、でも、登場してもおかしくないような、キャッチーな歌もあります。また、しっとりと聴かせる、とても良い曲がたくさんあるんですよね。実際に深見東州さんが作詞作曲して、小林旭さんが歌った「ジダンダ」という曲は、有線放送の演歌・歌謡曲チャートでトップになったらしいです。深見東州さんも歌唱力は文句ない方ですから、それを考えると、深見東州さんのオリジナルソングが、ラジオでもっとオンエアーされてもいいような気がするんですけどね。

もし何らかの先入観があって、流れてないのであれば、ちょっともったいないことですが、おそらく、そのうちガンガン流れる日が来るのではないかと思って、待つことにします。

ここで、過去3回の武道館公演を簡単に振り返ってみたいと思います。

IMG_budou3


まず、2013年は、マイケルボルトン、ピーター・セテラと3人で、「深見東州と世界の友人コンサートツアー」を開催。これが深見東州さんの、記念すべき初の武道館コンサートになりました。
ここでは、3人のアーティストが、それぞれの持ち歌を歌いました。当たり前ですね。マイケルボルトンと、ピーター・セテラは、もちろん世界的な大ヒットを何曲も放ってますから、そちらを含めて歌ってくれました。深見東州さんは、ボーダレス歌手そのままに、ポップスからアニソン、演歌まで、有名でみんなが聞きたい歌を歌いました。この公演は大成功となり、その後のコンサート活動に大きな弾みとなったように思いました。当日のセットリストはこちらです。

IMG_104IMG_104 (2)IMG_104 (1)








2014年は、トトのボビー・キンボール、ジャーニーのスティーブ・オウジェリー、スターシップのミッキー・トーマス、レインボーのジョー・リン・ターナーの4人のソロと深見東州さんが共演する、「進撃の阪神巨人ロックコンサート」でした。共演者が、80年代の世界の音楽シーンを席巻していたロックグループのリードボーカルであり、また公演タイトルもとても話題になるなど、かなりの注目を浴び、深見東州さんのミュージシャンとしての知名度が上がったのではないかと思います。当日は、初めからラストまで、ノンストップの熱狂的なコンサートになりました。

IMG_bud5


こちらが当日のセットリストです。
IMG_budo6



2015年は、ついに深見東州さん単独公演となる、「老若ニャンニャ、好みのアレレ、音楽のジャンヌ・ダルクに関係なく、チャメチャメ楽しいコンサート」が開催されました。
ここでは、たっぷり、深見東州さんのあらゆるジャンルの歌を聞くことができました。

IMG_3budou2
クイックジャパンvol122.p198-99

この武道館では、30人のビッグバンド編成の東州巨大オーケストラをバックに、様々なジャンルの垣根を越えて、関係なく歌い続けることができることを証明されました。バックの演奏は、少しづつ入れ替わりしてましたが、歌は深見東州さんが一人で、歌唱を使い分けて歌うわけですから、とても忙しかったと思います。

IMG_31bu


そして今年の武道館公演になりますね。すべてオリジナル曲による単独公演ですから、正真正銘のシンガーソングライター深見東州として、武道館を制覇されるのでしょう。これで、深見東州さんの音楽家としての真価が問われますね。歌うだけでなく、深見東州さんの作詞作曲の素晴らしい才能も、多くの人が知ることになると思います。
選曲がとても楽しみです。おそらく、新曲もたくさん用意されるのではないでしょうか。未発表の曲が、まだかなりあるようなことを以前言われていたように思いますから。

2013年9月5日、深見東州さんは初の武道館公演を大成功させます。「深見東州と世界の友人コンサートツアー日本武道館」と題して、マイケル・ボルトン、元シカゴのピーター・セテラとのコラボが実現しました。

1401028909


マイケル・ボルトンとの出会いについては、「深見東州さんの世界の友人、マイケル・ボルトン」に書きましたのでそちらをご覧ください。
ピーター・セテラは、マイケル・ボルトンの友人として来日しました。

二人ともグラミー賞にも輝く世界的な大物歌手であり、このコンサートが開催されるのを知った時は、少なからず驚きました。それはビッグネームの歌手たちとの共演もそうですし、武道館での開催というのもそうですが、それまでは主にクラシック分野でのステージがほとんどでしたから、いきなりメジャーな音楽シーンに登場されることに驚きました。

しかし、冷静に考えてみると、その頃すでにシンガーソングライターとしてオリジナルアルバムも出されていました。また、少し前にはゴールデンポップスのCDも出ましたし、ライブでもいろいろな歌を歌ってありました。そして、海外ではカーネギーホールなどで、もっとすごいコンサートも開催されてますので、日本ではまだやってなかったというだけで、このようなコンサートを開催されても別に不思議ではなかったんですね。ただ、いきなり武道館コンサートと聞いたので驚いたんでしょう。実は、その年の5月に、すでにジミ・ジェイミソンと名古屋でジョイントコンサートを開催されていたんですよね。

オペラ歌手でありながら、ポップスの歌手としても、日本のメジャーシーンに大きく打ち出されたのが、この2013年の一連のコンサートだったと言えるでしょうね。そういう意味で、とても記念すべきコンサートだったと思います。

IMG_30


この日の曲目は、深見東州さんは「ルパン三世のテーマ」、「残酷な天使のテーゼ」、「ゴー・ザ・ディスタンス」など、アニメで使われた曲を続けて歌われました。これは、深見東州さんの得意のジャンルですし、初めから一気に盛り上がりましたね。その後、ミュージカルナンバーでしっとりと酔わせ、続いて演歌で年配の方たちのリクエストに応え、最後は「タイガーマスクのテーマ」、「マイウェイ」、そしてオリジナルロックナンバーの「恋に狂って支離滅裂」で、皆が総立ちになるなか、締めくくられました。

続いてはピーター・セテラですが、まず舞台転換が行われます。何せこの日は、3人のアーティストがそれぞれにバックバンドを引き連れての公演ですから、なかなか大変だったと思います。ピーター・セテラは、いつもなら舞台転換に時間がかかると機嫌が悪くなるそうですが、この日はニコニコと、大変な上機嫌だったと後になって聞きました。
そのピーター・セテラは、初っ端からかっこいいナンバー「Restless Heart」で、がっちり会場の雰囲気をつかみました。続いて、「グローリー・オブ・ラブ」、「アフターオール」、シカゴ時代にグラミー賞に輝いた「君こそすべて」と、ヒット曲でたたみかけてきて、会場の興奮と熱気はすごかったです。そして女性歌手も連れてきていたので、デュエットで「ネクストタイム・アイ・フォール」「フィールズ・ライク・ヘブン」などを歌い、名曲「素直になれなくて」で最高潮に達しました。

最後に登場したマイケル・ボルトンは、この日はリズム&ブルース色の強いステージで、とても渋い魅力を放ってました。マイケルの歌はこの頃から聞き出したのですが、このライブでファンになってしまいました。途中で女性ボーカルに変わったかと思ったら、いきなりアリーナ席に登場して「男が女を愛するとき」を歌い出したので、周りの女性たちはパニック状態でした。

そして、時間が押してしまったのでしょう、アンコールで3人揃って歌うのは1曲だけでしたが、ジョン・レノンのイマジンの熱唱で、とっても素敵なラストとなりました。

このときマイケル・ボルトンは、インタビューで、「再び共演できて嬉しい。半田氏とは、人権問題を通して一緒に活動しており素晴らしい男だ。今後も共演していきたい。」と話しています。また、深見東州さんの歌に関しては、「1度聴くだけで、半田氏が歌うことをどれほど愛しているかがすぐにわかった。その圧倒的な美声、卓越した歌唱力、幅広い声域と歌にかける情熱は、音楽を愛する多くの人を魅了するだろう。私は半田氏の大ファンである」と述べています。また、その前年にシンガポールで初めて一緒に歌った時は、音程があまりにきっちりと取れていることに感心していたそうです。以外と完璧に音程が取れる歌手は少ないそうなのです。ただ、深見東州さんにすれば、オペラ歌手ですから、音程が完璧に取れていると言われても、当たり前なんだけどなと思っていたそうですね。

↑このページのトップヘ