深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

ジャズ・ポップスコンサート

深見東州さんが経営されるたちばな出版の主催で、クリスマス・絵画コンサート時計展を開催されるそうですね。いきなりだったので予想外でした。


2014年にも椿山荘で、現役や往年活躍したプロレスラーをたくさん呼んで、ディナーショーを開催されたことがありました。「X’mas チャリティ・プロレス・ディナーショー!」というタイトルで、この時は主催が一般財団法人 東京芸術財団で、チャリティとして開催されてました。ハリー王子とレソト王国の王子が創設したサンタバリーという慈善団体への支援のためでした。

今回は、そういう趣旨ではないようですね。でも、楽しそうな感じです。
毎日20曲以上も歌う、本格的なコンサートをされるようです。クリスマスが近いので、それにちなんだ歌も多くなりそうです。「恋人はサンタクロース」「聖者の行進」なんかいい感じですね。オリジナルのクリスマスソングも歌われるかもしれませんね。

それから、深見東州さんの絵画も展示されているそうです。コンサートプラス絵画展としても楽しめるようです。

そして、最近、深見東州さんが力を入れている海外のブランド時計も展示されるそうです。深見東州さんが経営される株式会社ミスズでは、スイス時計などの有名なブランドの総代理店をされてます。8つのブランドがあるそうです。ロベルト・カヴァリbyフランクミュラー、ヤーマン&ストゥービー、ユニオン・オルロジェール、ディーチ、ロシャス、カトレックス、キャンディタイムなどですね。


どんな感じになるのか、行ってみないとわかりませんが、とってもおしゃれなクリスマスになりそうな気がします。


2016Xmas-Art-Concert-min


2016年12月19日(月)
 17:00開場 18:30〜オープニングとコンサート

2016年12月20日(火)〜21日(水)
 11:00〜21:00


「クリスマス・絵画コンサート時計展」

 クリスマスが近づくと、大人も子供も胸がトキメキます。
 胸がトキメクのは、それだけではありません。
 素敵な庭を眺め、ジャズとクリスマスソングを聴く。
 ゴージャスな調度の中で、色鮮やかな絵画み観る。
 弦楽四重奏を聴きながら、ワインを飲んでスイス時計をつける。
 どれもこれも、胸がトキメキます。
 これが、クリスマスで一つになれば、
 ミラクルファンタジーでしょう。
 深見東州が、3日間ジャズとクリスマスソングを歌います。
 (毎日20曲以上)
 深見東州選りすぐりの絵画を、3日間展示します。
 (80点を展示、リトグラフは即売します)
 深見東州が総輸入する、8つのブランド時計の展示会。
 (クリスマス特別価格です)
 これはサンタに招かれ、ソリで御殿に行くトキメキです。
 年末を彩る、おいしい三色のアイスのファンタジーです。



profile
自由な心の画家 深見東州
本名 半田晴久
又の名を 戸渡阿見(ととあみ)

兵庫県西宮市出身。生後、戎様の総本社西宮神社に宮参り。それから、どんな時も笑っている。
絵画作品は、西洋画、日本画、水墨画、具象画、抽象画、アクションペインティングなど、スタイルや画材にとらわれない、自由で楽しい作風で知られる。美術展で多数受賞し、パース市より「名誉芸術家」の称号を授かる。2002年、国立中国芸術研究院より、外国人初の一級美術師の認定を受け、アクリル画「青龍神と緋鯉」が永久収蔵される。ニューヨーク市ソーホーのグラントギャラリーにて個展、中国政府文化部主催で北京市紫禁城にて個展など、世界中で多くの個展を開催し、美術展に出品する。
2001年、「大英図書館永久収蔵記念〜現代書家の名品と平成の佐竹本三十六歌仙展」に出展、書の作品が大英図書館に永久収蔵される。2014年、世界最大の博物館である大英博物館主催で、書画個展『Captivating Calligraphy』が開催され、大好評を博す。
大東文化大学書道研究所認定書道教授者。謙慎書道会評議員。現代日本書家協会顧問。国際書道研究所を主宰。高校生国際美術展実行委員長。日本図書館協会選定図書となった、『深見東州・自選画集』(求龍堂刊)や、『深見東州の書』(求龍堂刊)をはじめ、書画・立体の作品集は10冊。また美術評論として、「美術と市場」(博士論文/たちばな出版刊)もある。中国国立清華大学美術学院美術学学科博士課程修了。文学博士(Ph.D)。

DFHT


ジャズジャパン5月号に、3月18日に開催された「深見東州と友人たちのコンサート」のコンサートレポートが掲載されています。

IMG_31D


このコンサートで深見東州さんは、ジャズナンバーを、かなり歌ってました。そして、デービット・フォスターは、ジャズの名門レーベル「ヴァーヴ」のチェアマンであり、敏腕プロデューサーとして知られているそうですので、そんなことから、再びジャズ雑誌にも取り上げられたのでしょう。
深見東州さんがステージの始めに歌った時は、日本歌曲は木村裕平さんのピアノで、ジャズの時はヘアーバンドというニュージーランドのピアニストが演奏しました。

また、ステージ後半に再登場した時には、デービット・フォスターのピアノをバックに再びジャズナンバーを披露し、デービットから、”エクセレント”と賞賛されていました。

この記事のライターは、「ジャズやアメリカンポピュラーソングを愛し、その音楽的な価値を理解する深見のスピリット。それこそが、デービット・フォスターやマイケル・ボルトンなど、欧米のビッグアーティストたちと共鳴する所以である。そのことを実感した充実のステージだった」と、感想を書いてます。

ここまで書かれると、深見東州さんのジャズの実力を一層見直してしまいました。私としては、やはりクラシックの歌曲や日本歌曲の歌唱に特に優れていると思ってましたが、ジャズが好きな人からすると、貴重で素敵なジャズを聴かせてくれるという評価のようです。

そういえば以前、ジャズの名曲を、大きなバンドで聞かせるコンサートや歌手がなくなったと、ポップスの専門家やファンが嘆いているという話を聞きました。
そして、中低音の魅力でセクシーに、ジャジーに歌う歌手は、ほとんどいなくなったそうです。昔は、日本ではフランク永井という歌手がいたそうですが、そして、海外ではフランク・シナトラ始め、ナット・キング・コールなどのような優れたジャズの歌手が綺羅星のごとくいたのでしょう。


話は逸れますが、ジャズというと、先日「セッション」という映画を見ました。制作費3億でアカデミー賞を3つも受賞したという話題作で、かなり人気作のようです。
ジャズの鬼教師と一流のジャズドラマーを目指す青年の物語で、その厳しい指導はスパルタなんてものではないですね。監督の実際の体験が、ストーリーに反映されているので、ジャズに賭けるミュージシャンの中には、こんなレッスンに耐えている人もいるのでしょうか。

この中に出てくるようなジャズは、個人的にはほとんど聞くことがないですが、映画としては、なかなかのインパクトがあり、評価が高いのもわかる気がしました。ただ、ちょっと苦手な映画だったかもしれません。
そして、本格的な演奏だけのジャズよりは、やはり聴きやすいヴォーカルが入るものが好きですね。この映画を見ててそう思いました。まあ、軽いフュージョン系でしたら、まだ聞けそうかなと思いますけど。
スタンダードな曲をジャズアレンジで、ビート感覚、裏拍感覚、スウィング感覚、フェイクに優れた深見東州さんのような歌手が歌ってくれると、私なんかでも素直にジャズを楽しめそうです。

あと、こちらは、ジャバンタイムズ3/29に掲載されていた記事です。

IMG_S27


このコンサートのあと、ロックの殿堂入り受賞者のセレモニーが行われ、ピーター・セテラがかつて所属していたシカゴも、ついに今年ロックの殿堂入りを果たしたそうです。ただその記念の式典には、ピーターは参加しなかったそうで、他のメンバーも残念がっていたようですね。


最後に当日のセットリストを、紹介しておきます。
これを見ると、また、コンサートのシーンがよみがってきますね。
毎年こんなコンサートがあればいいな〜なんて、贅沢すぎますかね。

IMG_3F8


いくら深見東州さんでも、これ以上のコンサートは、もう考えられない気がしますけどね。また、次も何かやってくださるんでしょうか。


The Japan Times に、先日開催された、「深見東州と、友人たちのコンサート」の記事が掲載されました。
p5-taf-a-20160329-870x580

Global musicians welcome the arrival of spring


The Tokyo Art Foundation (TAF) held the “Toshu Fukami and Friends Concert,” in which TAF Chairman Haruhisa Handa, former Chicago vocalist Peter Cetera, and other renowned singers performed just outside of Tokyo on March 17.

The concert, supported by AirAsia, The Japan Times and the Handa Foundation, also featured composer David Foster, a multiple Grammy, Emmy and Golden Globe award winner, mezzo-soprano Katherine Jenkins, singer and songwriter Kenny “Babyface” Edmonds and former Spice Girl Melanie C.



そして、セットリストが掲載された新聞記事も出ていました。

改めて曲を見ると、こんなにたくさんの曲を歌っていたんだと思いました。しかも名曲揃いですからね。見てるだけで、当日の感動が思い出されてきます・・。

IMG_kyajpg
夕刊フジ2016/3/25

この下の方の写真に写っていますが、深見東州さんの初めの衣装は、着物でした。しかも富士山柄というなかなか気合が入ったものでした。ゲストが海外の著名なアーティストばかりなので、一人日本人を代表して、日本らしさを演出されたかったのでしょうか。でも、一曲目の早春賦を歌われると、いつものように、ステージ上での着替えが始まりました。この後には、得意のマジンガーZ、そしてポップスのスタンダードナンバーなどを数曲歌い、ピアノ伴奏とソロの素敵な歌が続きました。

また、こちらの記事にあるように、「深見氏はお笑い好きな人物でもあり、MCはユーモアが溢れ、オヤジギャグも連発。そのたびに会場は爆笑で埋め尽くされ、まるで松山千春やさだまさしのコンサートを見ているようだ。」と書かれてますね。ついにさだまさし級のトークになってしまったようですね。
私はさだまさしのコンサートに行ったことはないですが、歌ってる時間よりも、喋ってる時間の方が長いと聞きました。トークも漫談みたいだそうで、なんだか、深見東州さんにとても似てるような気がします。曲の趣向に関しては、深見東州さんは明るい音楽が好きなようで、全く違いますけどね。

一旦ステージを去り、また終盤登場して、デービット・フォスターと写真のように、いい感じで歌ってくれました。この時は、ジャズなどのスタンダードを歌いました。デービットのピアノのアレンジが巧みで、歌唱力を上手に引き出していたように感じました。さすが世界の超一流プロデューサーは違いますね。

デービット・フォスターも、自分自身で作曲した曲を次々と弾いてくれたので、それも良かったです。ファンキーな曲から、ジャジーな曲、AORや映画のサントラなど、本当に幅広い音楽性と大ヒットの数々、音楽のGODのような人なんだなと実感しました。

でも、ラストに登場したケニー”ベイビー・フェイス”エドモンズも、音楽界のキングと言っても良い人ですよね。デービットと二人合わせるとグラミー賞27回の受賞なんて、どれほど凄い偉業を達成した二人の共演なんでしょう。それだけでも貴重なコンサートですよね。

ベイビーフェイスは、ボーイズIIメンに曲を提供しプロデュースして、全米で13週連続、14週連続1位の驚異的大ヒットとなった2曲をメドレーで歌い、また、エリック・クラプトンが歌って、グラミー賞最優秀レコード賞・最優秀楽曲賞・最優秀ポップ男性ボーカル賞を獲得したチェンジ・ザ・ワールドも歌ってくれました。ソフトに甘く歌い上げていました。

Iw0
スポーツニッポン2016/3/27

ピーター・セテラは、前日のタイの食べ物にあたって直前まで体調を崩していたそうですけど、しっかりと歌ってくれました。ピーターや、デービットがつくったバラードの名曲は、何度聞いても素晴らしいです。シカゴ時代の初期にグラミー賞をとった曲も披露してました。それもとってもいい曲でした。

そして、ここでスパイス・ガールズの曲が聴けたのも嬉しかったですね。メラニー・Cのダンスとヴォーカルは健在でしたし、ソロになってヒットした曲もかっこいい曲でした。歌唱力があるので、ずっと活躍できるんでしょうね。

キャサリン・ジェンキンスは、曲はジュピターですが、歌詞が違うワールド・イン・ユニオンと、タイム・トゥ・セイ・グッドバイなど、聞きたかった曲をメゾの魅惑の美しい声で歌ってくれました。チャーミングで、上品な雰囲気を持った、とても素敵な人でした。英国のロイヤルファミリーや安倍首相のようなVIPな方達から愛されるのも、わかる気がします。深見東州さんが、安倍首相が大ファンだというのを紹介し、サインをもらったら渡しにいきますとか言われていましたね。
それから、今開催中の深見東州バースデー書画展の会場では、キャサリン・ジェンキンスからのバースデー・メッセージの映像も紹介されています。投げキッスも見れますよ。



こんなゴージャスで素敵なショーが日本で見れるなんて、なんて有りがたいことなんでしょう。贅沢な夢心地のひと時を過ごすことができました。また、来年もやってほしいなぁ〜なんて思うのは、ほとんどの人がそう感じたことでしょうね、きっと。

3/17舞浜アンフィシアターでの「深見東州と、友人たちのコンサート」を観に行ってきましたよ。
とっても素晴らしいステージを、心ゆくまで堪能できました。日本でも、こんなコンサートが見れるなんて最高ですね。とにかくメンバーが豪華すぎです。
今回も深見東州さんのおかげですね。ドミンゴやルネ・フレミングのコンサートも、貴重なものでしたけど、今回はそれに勝る貴重で希少なコンサートになったと思います。


メラニー・Cは、ステージの動きもさすがきまってました。スパイス・ガールズ時代の曲も歌ってました。とにかくかっこよかったですねー。

スパイス・ガールズの中でも、音楽的にはひときわ輝いていたメラニー・Cですが、ソロになった後も活躍していますね。やはり歌が上手いです。

これは、スパイス・ガールズのデビュー曲ですが、これも当日歌っていました。


ところで、メラニー・Cとピーター・セテラとデービット・フォスターは、16日のバンコクでのコンサートからそのまま来たそうですが、ピーター・セテラとデービット・フォスターは、バンコクで食べ物にあたってしまったそうです。それで、少し開演時間の遅れになったのかもしれません。
ピーターは、バンコクからガールフレンドを連れてきたんだと、デービットとやりとりしながら、その名前がヴィールスって言うんだよとジョークを言ってました。二人は見事に細菌にやられてしまってたようです。ピーター・セテラはハイトーンで歌いますから、お腹に力が入らないと歌えないでしょうし、冗談言ってる場合じゃなかったのかもしれませんが、なんとかしっかり歌ってくれました。デービット・フォスターは全く元気で、平気そうに見えましたけどね。

「Hard To Say I'm Sorry」「Glory of Love」は、二人による共作で、デービットのプロデュースですが、シカゴ時代を含め、ヒット曲をたくさん持ってるので、もっと聞きたいと思った人も多かったでしょう。拍手もひときわ大きかったですから。



キャサリン・ジェンキンスは、安倍首相が彼女のファンなのだそうで、そのことに感謝をしていました。安倍さんも癒されるんでしょうね、キャサリンの素敵な歌声には。私もなんだか癒されて、気持ちいい気分になりました。
この日は、「オペラ座の怪人」や「ジュピター」などを披露して、大きな喝采を浴びました。声が思ったより太いというのかしっかりした声ですね。お顔はとてもチャーミングで可愛らしい方ですけどね。そして気さくな感じで、歌も雰囲気も、人を惹きつける華がある人だなーと思いました。

クラシックがとても好きというキャサリンは、深見東州さんとも気が合いそうですね。深見東州さんの、イギリスのハーリー王子とレソト王国の王子が一緒に立ち上げた慈善団体への支援にも、とても共感を示していたバースデーメッセージを、この後の個展で見ました。




ケニー”ベイビー・フェイス”エドモンズは、反対に声質は軽いというのか細い感じですが、オシャレなムードのとてもいい感じですね。聞き惚れていました。客席まで来てくれたり、ハイタッチもやってくれるサービスぶりでした。

ステージ後ろから撮ったものですね。


こららは、2008年のデービット・フォスターとのコンサートです。甘い大人の歌を聴かせてくれます。

そして、深見東州さんですが、今回ははじめに出てきて、日本とニュージーランドのピアニストの伴奏で数曲まず歌われました。今までの深見東州さんの持ち味で、「早春賦」や「マジンガーZ」など、たっぷりと聴かせてくれました。



そして、途中で再び登場されて、今度はデービット・フォスターやバックバンドの演奏で、「サマー・タイム」「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」「ダニー・ボーイ」などを歌いました。リハーサルも今日だけでしょうけど、フォスターとのピアノとも見事なほど息があってて、素敵だなーって思わず身震いしてしまいました。

そして、この日の最後に、出演者と客席のみんなで、深見東州さんのバースデーを祝して歌いました。深見東州さんは、長いナイフを日本刀のように振り回してケーキカットをされてました。




そしてみんなで「イマジン」を熱唱し、アンコールでは、「オー・ソレ・ミヨ」を深見東州さんが歌い、デービット・フォスターが、最後は、インスト曲で素敵に締めくくりました。もう、お腹いっぱいになるほど大満足しました。幸せな余韻に、いつまでも浸っていたかったですけどね。


デービット・フォスターは、とにかくお話が上手で、どんどんコンサートを盛り上げていきました。登場して、オリンピック映像を見ながらカルガリーオリンピックテーマ曲で始まり、過去に作曲した曲を次々に弾いてくれたりもしました。あれもこれもデービットフォスターの曲なんだなって思いましたね、改めて。

最前列に座っていた、デービットからミスターTさんと名付けられた人は、何度も話しかけられていて、場内が笑いに包まれていましたね。デービットは、気さくで、フレンドリーな方ですね。けっこうそのやりとりが面白くて、楽しい、人柄の良さが滲み出てました。
同時通訳があったので、それは大成功でしたね。

そして、サプライズもあり、客席に向かって、ここにグレートなシンガーはいないかなと呼びかけると、一人の女性が紹介され、ステージにあげられて「アメイジング・グレイス」を歌うということがありました。
そちらが、この下の人で、歌手デビューもされていました。とても上手でしたからね、大きな拍手で迎えられてました。結局そのあとも、ホイットニーのこの曲歌えると聞かれて、もう一回歌ってくれました。アメリカのタレントオーデション番組でも見てるような気になりましたけどね。この方、頑張って欲しいですね。






ということで、素晴らしいコンサートありがとうございました。
深見東州さん、お誕生日おめでとうございます。

201603concert

3月17日に行われる「深見東州と、友人達のコンサート」に出演するベイビー・フェイスも、デービット・フォスターに引けを取らない驚異的な大成功を収めたプロデューサーであり、コンポーザーですね。
プロデュースしてきたミュージシャンが、マライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン、マドンナ、セリーヌ・ディオン、ビヨンセ・アリアナ・グランデ、トニー・バクストン、ボーイズIIメン、TLCのような大スターや、大スターとなったミュージシャンを世に送り出してきました。ソロ活動でも、プロデューサーとしての桁違いな大成功ではありませんが、大きな成功を収めてますね。最近はソロ活動にも、また力を入れているとのことです。グラミー賞の常連で、今までに11個の受賞があります。

デービット・フォスターもですが、このような世界の音楽界の大御所であり重鎮と言える人たちが、深見東州さんと一緒に共演するんですから、深見東州さんもどこまですごい人なのかわかりませんね。普通はありえないことですよね。こういう超大成功した人たちというのは、お金で動く人ではないですから、互いに共鳴する何かがあるのか、その辺を聞きたいところです。

デービット・フォスターは、マイケル・ボルトンやピーター・セテラから深見東州さんのことを聞いていたのでしょうね。とにかく、なにか深いつながりや信頼関係がないと実現しないコンサートなのは間違いないでしょう。

この先は、いったいどうなっていくんでしょうね。クラシック界では、ドミンゴとカレーラスという頂点に立つ人たちとの共演があり、ポップミュージックの世界では、早くもここまでされるとは想像つきませんでした。これ以上のメンバーとの共演はあるのかなと思います。

ここで、何曲か、ベイビー・フェイスの曲を貼り付けておきます。R&Bですが、アダルトで洗練された素敵な音楽だと思います。ジャンルも関係ない感じですね。

Babyface - Every Time I Close My Eyes

どこかAORっぽいナンバーですね。ヴォーカルもなかなかのものです。

Babyface - When Can I See You

アコースティックなサウンドがとってもいい感じですね。震えるような繊細な声も魅力な気がします。この曲がソロで一番ヒットしたそうです。

Babyface - This Is For The Lover In You

これはバックのメンバーも豪華で、かっこいい曲です。


Babyface - Tender Lover

こういうダンスナンバーもいいですね。かなり初期のソロです。80年代の終わりから90年代にかけて、ソロのヒット曲を連発していたようですね。

ここで、ツイッターに今回の「深見東州と、友人達のコンサート」の広告が流れていましたので掲載します。今回、なぜ、エアアジアが後援なのかなと疑問に思っていたら、デービット・フォスターと、こういうことだったんですね。





それから、深見東州さんは、年齢こそ今年のバースデーで65歳になられるそうですが、音楽的には、まだまだこれから伸びていかれそうな勢いです。今回の「深見東州と、友人達のコンサート」の出演者の中で、唯一まだピークを迎えていないのが深見東州さんと、次に紹介する、キャサリン・ジェンキンスさんではないかと思います。

キャサリン・ジェンキンスは、イギリスのメゾソプラノ歌手ですからクラシック畑の人ですね。しかし、サラブライトマンのように、ポップスとクロスオーバーした歌手として成功しています。深見東州さんのように、クラシックのしっかりとした歌唱力を持ってる人が上手にポップスも歌えるかというと、必ずしもそうではなく、むしろ下手な声楽の歌手が多いようです。深見東州さんのように、ポップスはポップスの、ジャズはジャズの歌い方を知らないと、うまく歌えないようです。深見東州さんも、そのあたりのことを、オーストラリアのエディス・コーエン大学芸術学部在学中に、しっかりと習われたようなことを聞きました。

このキャサリン・ジェンキンスさんも、そういう意味で、両方上手に歌いこなせる人なのでしょう。イギリスを中心に、アメリカではこれからのようですが、絶大な人気があります。デービット・フォスターは、クラシックとのクロスオーバーミュージックの分野に、近年とても力が入ってますが、2009年のキャサリンの「ビリーブ」というアルバムで一緒に仕事をしたそうです。この先が楽しみな人だと思います。英国のロイヤル・ファミリーのお気に入りの歌手というのもいいですね。

深見東州さんも、英国の王室の人たちに友人が多いみたいで、ハリー王子たちが立ち上げた慈善団体サンタバリーの支援も、世界開発機構を通じてされていました。また、深見東州(半田晴久)さんが社長のミスズが、「ロベルト・カヴァリ by フランク ミュラー」の日本代理店になった時のローンチパーティに、エリザベス女王の孫であるピーター・フィリップス氏の妻オータム・フィリップスさんと、ザラ・フィリップスさんの夫であるマイク・ティンダル氏がゲストで来てました。マイク・ティンダル氏は、元ラグビーイングランド代表の主将で、スポーツ関係などでも、よく深見東州さんと一緒に活動されているようです。

話が逸れましたけど、そういう関係でキャサリンとも知り合いになられたのでしょうか?それはよくわかりませんが、キャサリン・ジェイキンスさんの曲も、ここで聴いてみたいと思います。

まず、来日ように作られたビデオでしょうか、そちらを見ると、どんな人なのか参考になりますね。


あとは、私の歌の好みで、ミュージックビデオがあるものから選んでみました。

Love Never Dies (Official Music Video)


Bring me to life - new video


Break It To My Heart (Official Music Video)


Angel


I will always Love You



CdJ7WKMUAAABBMD


↑このページのトップヘ