深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

深見東州 (半田晴久) チャリティー

最近、雑誌やWEBニュースなどで、ジョン・キー元ニュージーランド首相について書かれたものがいくつかありました。それを少し紹介したいと思います。深見東州(半田晴久)さんとの活動についても触れられています。また、深見東州さんの活動を、実際に辿っていかれているようにも見えます。

まず、GOLF TODAYとい雑誌の新連載「芝の武士」で、深見東州さんのロングインタビューが取り上げられていました。
先日、その内容については書いています。

"普遍的宗教性がないビジネスマンは世界から相手にされない" 深見東州(半田晴久)さんインタビュー

そのGOLF TODAYに、ジョン・キー元ニュージーランド首相へのミニインタビューも掲載されていました。

ジョン・キー元ニュージーランド首相は、現在国際スポーツ振興協会の総裁(ペイトロン)と、アンバサダーに就任されているそうです。

「私は昨年までニュージーランド首相を務めていたが、当時オーストラリアやニュージーランドのスポーツに対し、半田会長にはスポンサーとしてとても素晴らしい貢献をして頂いた。その中で非常に良い関係を築くことができ、彼の活動に共感を抱き、首相を辞めた後もISPSのペイトロンとして何か一緒に活動できないだろうか、と自分から申し出たんだ。彼とはとてもハッピーな結婚をしたようなものだよ(笑)。まだニュージーランド政府関連の仕事の一部をやることもあるが、彼のチャリティ活動のために役に立ちたいと思っている。現在はニュージーランド、オーストラリア、アメリカのために活動中だ。今後はISPSのアンバサダーになってくれる選手をもっと増やしたいと思っているよ。」/ GOLF TODAY 7月号


これを読むと、ジョン・キー元ニュージーランド首相と深見東州さんは、スポーツの活動を通して信頼関係を築いてきたことがうかがえます。

そして、フォーブス・ジャパンの最新号に、さらに長めの、ジョン・キー元首相へのインタビュー記事が掲載されました。

そこには、なぜ政治家を引退したのか、首相時代の高支持率について、リーダーシップについてなどが書かれていました。

「私は、ビジネスと政治で実績が認められ、妻とふたりの子どもという家族にも恵まれ、幸運な人生を歩んできたと思う。しかし、時間は予想以上に早く過ぎ去っていった。いまはそれを痛感している。55歳はまだ若いという人もいますが、人生には限りがある。だから私は時間を最大限有効に使いたいのです。希少な時を、これからは自分の好きなことや、大切な人たちに費やしたいと考えています」/ フォーブス・ジャパン 8月号



「私も長年、海外で仕事をしてきましたが、これからは故国のニュージーランドを生活拠点として定め、ビジネスの世界に戻り、同時に社会貢献や若者育成などチャリティ活動にも参画したいと考えています」/ フォーブス・ジャパン 8月号


ということからも、今後の人生を社会貢献に捧げたいという思いを感じますね。海外の成功者には、晩年、あるいは仕事をしながら同時並行で、チャリティ活動や利他的な活動に力を入れる人が多くいますね。ジョンキー首相も、そんな一人なのでしょう。そして、深見東州さんという良きパートナーを見つけ、共に進めていこうとされているのでしょう。



海外のサイトからですが、予想通り、ニュージーランド・メリット勲章が、ジョン・キー元首相に授与されることになったようです。Knights and Dames Grand Companion (GNZM)という最高のランクで、男性には“サー (Sir)”の称号も授与されるそうです。


Former PM John Key tops Queen's Birthday honours with knighthood for services to the state


ちなみに、深見東州さんも、このニュージーランド・メリット勲章を2016年に授与されています。外国籍の人物への授賞は、名誉受賞者という形になるそうです。





5月にシンガポールで開催された、Sentebale Royal Salute Polo Cup 2017にもいかれていたようですね。
こうやって、サンタバリーのためのチャリティ活動が、行われているのでしょう。サンタバリーとは、英国王室のハリー王子とレソト王室のセーイソ王子により、2006年に設立された慈善団体です。このサンタバリーへの支援活動も、深見東州さんはされています。このサンタバリー・ロイヤルサルート・ポロカップも、毎年支援されています。



今年も、ISPSハンダチームが優勝したようです。



日本では馴染みが薄いポロ競技ですが、こんな感じです。馬に乗った4人チームで、球をスティックで打ちながら相手ゴールまで運ぶと得点になるそうです。昔、騎馬隊の訓練として伝搬し用いられていたようです。日本にも騎馬武者がいましたけど、盛んになったという話は聞きませんね。性質からいうと蹴鞠の方が向いてるのかもしれませんね。




_f709-min


ハリー王子は、インビクタス・ゲームという傷痍軍人のためのスポーツの祭典を提唱し開催しています。その種目の一つ、アーチェリー競技に、国際スポーツ振興協会が支援しています。

今年のインビクタス・ゲームは9月にカナダのモントリオールで開催されますが、2018年は10月にシドニーで開催が決まっているそうですね。そのプロモーションや準備のために、ハリー王子は6月にシドニーを訪れていました。そのイベントにも、ジョン・キー元首相は、奥様と参加されたようですね。




それから、カンボジアにおける無料病院や、孤児院などの施設も、直接見てみたいということで、行かれたそうですね。






そして国際スポーツ振興協会は、Golf Writers Association of America Awards Dinnerのスポンサーに過去5年間なっているそうです。マスターズの前日に、米国のゴルフ作家の協会が選出した、去年最も活躍した選手に、ISPSハンダGWAA賞が送られます。この時のプレゼンターとしてジョン・キー元首相が行かれていたようです。
受賞者は、男子がダスティン・ジョンソン、女子がアリア・ジュタヌガーン、シニアが元世界ランキング1位のベルンハルト・ランガー選手でした。




ゴルフといえば、現在欧州男子ゴルフツアーで開催中のアイリッシュオープンで、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手が、並み居る強豪を抑えて4位につけていますね。今夜が最終日ですので、とても気になってます。

松山英樹、2差4位に浮上した先輩にエール!「勝ってほしい」

東北福祉大学の先輩、谷原秀人がこの日6つスコアを伸ばし首位と2打差の4位に浮上。「僕はほぼチャンスがないので、勝ってほしいなと思う。応援に回ります(笑)」と敬愛する先輩のチャージを喜んだ。「ああやって良いプレーしているといい刺激になる。勝ってほしい」とエールを送った。

松山は首位と8打差。厳しい位置だが、松山の力ならば天候しだいではまだ分からない。先輩を応援しつつ、もちろん最終日は自身もチャージを狙う。

ISPSハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメントは、オーストラリアの57歳ピーター・ファウラー選手が優勝しました。今日11アンダーで、トータル18アンダーという見事なスコアでの勝利でした。

前日までは、高見和宏選手が9アンダーで首位でした。崎山武志選手、室田淳選手、水巻善典選手、スティーブン・コンラン選手のの4人が1打差で追う展開で、ピーター・ファウラー選手はトップと2打差からスタートしています。
最終成績は以下の通りです。

47


ピーター・ファウラー選手は、2015年欧州シニアツアーで2勝を挙げ、賞金ランク2位で今季日本シニアツアーの出場権を得ていたそうです。欧州ツアーでは優勝したこともあり、1980年代には日本ツアーにも出場していたそうです。
余談ですが、3女のジョージアさんは米国のトップモデルで、「ヴィクトリア・シークレット」のモデルにも抜擢されたそうです。良いことずくめですね。

<News・FR>日本シニア参戦4年目のP・ファウラーが会心のゴルフで初タイトル獲得



65歳以上のスーパーシニアは中村忠夫選手と佐野修一選手が3アンダーで並びましたが、規定により、年齢が上の中村忠夫選手の優勝となりました。
このお二人とも、今日ホールインワンを記録するという大熱戦だったようです。

<News・FR>「ホールインワン共演」の激闘の末、中村が「年齢差」で優勝!



大会の様子は、下のユーチューブの動画から見ることができます。





最後の方に表彰式の様子まで入ってました。今回の実況中継には、珍しく登場されなかった深見東州さんが、表彰式ではスピーチと優勝者へのグリーン羽織と優勝兜の贈呈を行われていました。副賞も素晴らしい高級時計をふたつ贈呈されていました。一つは深見東州さんの株式会社ミスズが総代理店をするヤーマン&スティービーの時計で、もう一つは時計店YOSHIDAから、オーデマピゲが贈呈されました。ふたつ合わせて500万くらいになるそうですね。

ちなみに深見東州(半田晴久ISPS会長)さんのスピーチを聞いて知りましたけど、このISPSハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメントを含めて、シニアの試合では3試合しか予選カットの試合は無いそうですね。

予選でカットしなければ、有名選手が予選落ちする心配もないので、スポンサーとしても見る方にしても、その方が都合が良いようです。しかし、国際スポーツ振興協会は費用対効果を考える企業とは違うので、できる限り多くのシニア選手に出場する機会を与えたいとのことでした。たくさんの選手が出場し、有名な選手ではなくても勝ち抜いていくチャンスを与えたいそうです。シニア選手の側に立ったやり方と言えますね。

この大会の前に、賞金付きで「ハンダ熱血枠決定戦」が開催され、そこで上位10位以内に入った選手は推薦でこのISPSハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメントに出場したそうです。そのようにシード権を持たない選手や、本戦に出場する資格を持たない選手にも、広くチャンスを与えられているそうです。

2016_handa_nekketsu-thumb-230xauto-878



その他にも、いろいろ細かいところまでゴルフ選手のことを考えてされているんですね。深見東州さんのお話を聞いていてそう感じました。


57歳、P.ファウラーが日本シニアツアー初優勝



ところで、米国女子ツアー最終戦「CMEグループ・ツアー選手権」で、先日のブラインドゴルフジャパンオープンの時にゲストで参加していたチャーリー・ハル選手が首位に浮上したそうです。今頃から、最終日が始まる頃だと思いますが、2打差の4位タイには、リディア・コ(ニュージーランド)、アリヤ・ジュダヌガーン(タイ)、チョン・インジ(韓国)ら、世界ランクのトップ3がひしめいてますので、どうなるのか面白そうですね。
そして、いよいよ次週はISPSハンダ ワールドカップオブゴルフも始まりますから、今週は目が離せませんね。







今月は深見東州(半田晴久)さんが関わる内外のゴルフ競技が続きます。
今日は国内の男子シニアツアーである、ISPS・HANDA CUP・フィランスロピーシニアトーナメントの広告が出てましたので、そちらを掲載します。

フィランスロピーシニア

日程が11月18日から20日となります。そして、スーパーシニアも同時開催されます。この大会は、賞金の一部を社会福祉活動のために寄付をするという、フィランソロピーを目的の一つとしています。社会に貢献する、スポーツのチャリティートーナメントになるわけですね。

YouTubeLIVEにて、3日間朝8時から中継もするそうです。
●1日目
https://www.youtube.com/watch?v=oUb6j_Ci-2I
●2日目
https://www.youtube.com/watch?v=JTrY4nCbTaY
●最終日
https://www.youtube.com/watch?v=UQqiQibLNqM



深見東州さんの率いる国際スポーツ振興協会は、米国、欧州、豪州、南アフリカ、アジア、そして日本の世界6大ゴルフツアーだけでなく、各地でシニアツアーも開催され、ゴルフ業界の発展に寄与されてきました。もともとはブラインドゴルフの普及につながるのであればということで、シニアゴルフの支援をされていたようです。そこから、ゴルフというスポーツを通して、社会をよくしていこう、貢献していこうという活動へと大きく発展してきたように思います。

スポーツが、青少年の教育や、国同士の平和な関係などに、とても大きな役割を果たせることを、多くの人たちが認識しています。国連機関や、国を挙げて取り組んできた例もたくさんあります。

国民の健康や、文化の発展など、まだまだこれから多くの分野で、スポーツが果たせる役割は無限と思えるほどあるような気がしますね。

特にゴルフの場合は、年齢的な幅も広く、森林の中を歩いたり楽しめるので、会社の経営者など重要な仕事をする人たちの心身のリフレッシュにもなりますね。だから、社長さんとかゴルフ好きな人が多いのでしょうね。また、会社の接待にも使える数少ないスポーツということで、とても貴重だと思います。組織の要になる人には、みんなのためにも健康管理して頑張っていただかないといけませんからね。



ところで男子シニアの状況ですが、米国のチャンピオンズ・ツアー(シニアツアー)の新設大会「JAL選手権」を、来年の9月に日本で開催するそうです。賞金総額250万ドル(2億6000万円)で、日本から8人が招待出場となるそうです。今まで国内のシニアトーナメントの最高額は、1億2000万のPGA・HANDA CUP・フィランスロピーシニアトーナメントだと思いますが、やはり米国シニアツアーともなると、桁が違いますね。

レギュラーも、先日の「HSBCチャンピオンズ」で、アジア人で初めて優勝した松山選手の獲得賞金は162万ドル(約1億7000万円)でした。

それから、米男子ゴルフツアーは、アジア市場開拓などの拠点として東京支社を設立するそうです。
「日本は世界有数のゴルフマーケット。JGTO(日本ツアー機構)などと連携して発展をサポートしていく」ということです。また、東京五輪の前後に、国の代表が争うワールドカップや、米国選抜と世界選抜(欧州を除く)が対戦するプレジデンツ・カップの日本開催も希望しているそうです。


今年のワールドカップは国際スポーツ振興協会が冠スポンサーでしたが、今後はどうなるのでしょう。今年のメルボルンのワールドカップは、オーストラリア政府が誘致して、資金もある程度は出すのでしょうけど、日本なんかで開催すると、援助はないので何倍もの資金がかかるようですね。

いづれにしても、日本のゴルフ界にとって、かなりの刺激なりそうですね。
以前、深見東州さんが、米男子ゴルフツアー1強に対抗するため、他の主要ツアーが再編されて一つになるような動きがあると言われてました。

ISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジアは、すべての試合をヨーロピアンツアーとの共催になるようですので、まずは、ヨーロッパとオーストラリアのツアーから、そのような動きになっているのでしょう。

深見東州(半田晴久)さんが会長を務める国際スポーツ振興協会(ISPS)は、世界で、様々な活動を支えています。詳細まではわかりませんが、ネット上で幾つか目に付いたものを今日は紹介します。

アメリカのゴルフ作家の協会が選出する、GWAA賞というものがあるそうです。今年は、年間の男子・女子のゴルファーに、ジョーダン・スピース選手とリディア・コ選手が選ばれていました。シニアではJeff Magger選手が選ばれています。詳しい選出基準はわかりませんが、一年間の実績を見ると、ジョーダン・スピースとリディア・コの選出は妥当なところでしょうね。
他にも、いろいろな賞があるようですが、4月6日、ジョージア州のオーガスタで開催されたパーティーで表彰されていました。







次は5月上旬にフロリダで開催された、サンタバリー・ロイヤルサルート・ポロカップというポロ競技の大会です。
ローヤルサルートは、1953年に、現英国女王エリザベス2世の戴冠式を記念して造られた最高級クラスのスコッチウイスキーの名前だそうです。サンタバリーは、英国王室のハリー王子とレソト王室のセーイソ王子により、2006年に設立された慈善団体です。
ハリー王子がレソトに訪問した際、セーイソ王子に出会い、レソトの子供達を助けたいと考えるようになったのが始まりだったそうです。「レソトの子供達のことを、みんなが忘れることがないように」という願いが込められて名付けられています。レソト王国は、HIVに4分の1の国民が感染していて、成人死亡率が最も高い国だそうです。しかも、特に男性の識字率が低く、教育の機会が十分ではなかったことも一因だと思いますが、HIV予防の知識も乏しいそうです。
しかも、近年は干ばつと豪雨のために食料供給の深刻な不足をもたらしています。そんな状況の中で、傷つきやすい子供たちを支えることを第一に考えて、サンタバリーはとても困難な活動を行っています。深見東州さんも、様々な団体のチャリティ活動を通して、サンタバリーに支援を続けられています。










そして次は、傷痍軍人のためのスポーツの祭典、「インビクタス・ゲーム」です。5月8日から12日にかけて、フロリダのオーランドで開催されました。このオーランドは、ディズニーランドやユニバーサルスタジオ始め、リゾートのメッカと言える楽園のような観光地として世界的に有名な都市ですね。一度は行ってみたい場所ですね。

orlando


ここで、今年の「インビクタス・ゲーム」が開催されました。「インビクタス・ゲーム」は英国、米国、および同盟国の傷病兵らによるスポーツイベントとして、2014年にヘンリー英王子が主導して、ロンドンで初めて開催されました。パラリンピック形式の大会で、目的は、スポーツを通して、国の為に尽くした元兵士たちの回復を促し、リハビリテーションをサポートし、傷病兵たちへの理解と尊敬を得るために行われるものです。今回のフロリダは、第2回目となります。陸上競技、自転車、水泳、バレーボールなどが開催されました。

第1回目は、ケンブリッジ公爵と公爵夫人のロイヤル財団、ハリー王子そしてイギリス国防省の支援を受けて開催され、13か国から400人以上が参加して、9種目の試合が行われたそうです。
第2回目の今年は14カ国から約500人の選手が参加したそうです。開会式の式典では、アカデミー賞受賞俳優のモーガン・フリーマンさんも参加して選手宣誓が行われています。大会名誉会長のジョージ・W・ブッシュ前大統領も登壇していました。

ヘンリー王子は、選手らの勇気を賞賛し、「手足を失った選手たちと同時に、自宅から出られないほどの不安に打ち勝ってきた人々にも喝采を送ろう。そして、外傷後ストレスと戦ってきた女性たちに拍手しよう」と挨拶したそうです。
ミシェル・オバマ大統領夫人も、退役軍人らに謝意を表明し、「みなさんに敬意を表する。あなたがたは全員、本当に素晴らしい」と挨拶しました。














リディア・コは、今大会のアンバサダーになっているそうです。


そのプロモーションビデオには、米国のオバマ大統領夫妻とエリザベス女王も出演していますね。オバマ夫妻の真顔で挑発するシーンが面白い、ユニークな紹介ビデオになっています。こういうノリ好きですね。




深見東州さんも、視覚障害者ゴルフなど、障害者への支援を27年間続けてこられていますが、2014年の第一回目の、まだ大きなスボンサーがいない時から、支援されていたそうです。






こちらは、障害者ゴルフのデモンストレーションか何かでしょうか?
ちなみに、障害者ゴルフは、今回の大会の種目には入っていませんでした。





5月20日には、エリザベス女王の孫になるザラ・フィリップスさんの夫で、イングランドのラグビーチームを率いていたマイク・ティンダルさんのチャリティゴルフが、バーミンガムで開催されたそうです。英国の人気ゴルファー、チャーリー・ハル選手も参加していました。











5月25日の、これは、ヨーロピアンツアーのBMW PGAチャンピオンシップの前夜に行われたチャリティイベントのようです。詳しくはわかりませんが、楽しく盛り上がっているようですね。









熊本地震で被災された方たちを支援するための、プロゴルフ選手による募金活動が盛んに行われていますね。ゴルフだけでなく、プロ野球や柔道、サッカー、ラグビー、・・いろいろなスポーツ選手が街頭で募金活動を始めています。被災者の支援に、何かできることはないかということで、すぐに行動に移すスポーツ選手の姿勢は、素晴らしいと思いました。個人的にも、報道されている人、いない人も含めて、義援金を送っているアスリートたちも多いのではないかと思います。

本当に、今回の熊本地震によって被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。
そして、深見東州さんがゴルフの支援を世界的にされていることもあり、ゴルフの話題を目にすることが以前より増えましたので、今回のゴルファーたちやゴルフ協会の支援活動も知ることになりました。

日本女子プロゴルフ協会では、各大会で選手が獲得した賞金の1%を、東日本大震災の後、宮城県、岩手県、福島県の3県にこれまでずっと寄付してきたそうです。そして、今度は熊本県も、新たに寄付する先に加えることにしたそうです。1%と言っても、賞金総額1億でしたら100万になります。年間にすると、もっと大きな額になりますし、何よりも、その気持ちが素晴らしいと思いました。

深見東州さんのお話によると、海外では、ゴルファーのフィランスロピー活動が、熱心に行われていることを言われていました。それで、日本のトーナメントでも、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会が主催する大会の幾つかでは、賞金金額の1割を福祉関係に寄付するなど、その実践と普及に努めてこられました。
そしてご本人は、それ以外においても、ブラインドゴルフや障害者ゴルフの支援をずっと継続されてきました。特に、ブラインドゴルフにおいては、日本へ導入した時から、これまでずっと28年間も支えてこられ、また、世界のブラインドゴルフにおいても大きな支援をされてきたそうです。昨日今日に始められたのではなく、30年近い年月の重みというものを感じさせます。

過去の地震災害においても、深見東州さんが教祖をされる宗教法人ワールドメイトでは、阪神淡路大震災、東日本大震災において、特に大きな支援活動をされたそうです。東日本大震災の時の支援活動は、こちらにも記録しています。

宗教法人ワールドメイト/ワールドメイト ゴジラ救援隊

今度の熊本地震においても、ワールドメイトの救援隊の方たちが、支援活動をされていると聞きました。多くの方たちの助けになることを、率先して、これまでに実行されてきた深見東州さんは、有言実行の方ですね。

また、ゴルフのことになりますが、日本の男子ゴルフにおいても、スター選手の松山英樹や石川遼選手をはじめ、多くのプロゴルフ選手がチャリティサイン会や募金活動に積極的に取組んでいるニュースが報道されていました。もちろん女子プロ選手たちも、同様に取組んでいます。熊本からは、一流の女子ゴルファーが多く誕生しているそうで、笠りつ子、上田桃子、有村智恵、古閑美保選手ら熊本出身の選手らは、都内でも募金活動を行ったそうです。そして、24日のフジサンケイレディース優勝の大山志保選手は、優勝賞金全額の1440万を被災者の支援のために寄付するそうです。

そして、男子ツアーの、日本ゴルフツアー機構とジャパンゴルフツアー選手会は、4月17日から、全選手に対し、当面の大会では、獲得賞金の1割を寄付するように呼びかけるそうです。賞金の1割ですから、これも凄いことですね。

このように、プロゴルフ選手たちは、協会も巻き込んで、支援活動に積極的に取り組んでいるようです。今後、さらにトーナメントが目白押しで続いていきますが、被災地の支援のためにも、盛り上がって欲しいですね。

20160422


そして6月23日からは、ISPSハンダグローバルカップも開催されます。今年は、海外からどんな選手が来るのか、まだわかりませんが、こちらも、今から、楽しみにしています。去年は武藤選手が、日本選手の意地を見せて劇的な優勝を果たしましたね。

ところで今年の春、米国女子ツアーのISPSオーストラリアン女子オープンで優勝した野村敏京選手が、今年二度目の米国女子ツアーでの優勝を飾りました。これで、文句なくオリンピックの出場が決まりそうな勢いです。日本選手で、男子の松山と並んで、メジャーツアーを制することができる最右翼の存在になってきましたね。オリンピックでの活躍も楽しみです。

↑このページのトップヘ