深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

深見東州 (半田晴久) ゴルフ

米国男子ゴルフツアーのチューリッヒ・クラシックで、松山英樹選手と、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手がペアを組んで出場しています。スポーツニュースでもかなり話題になっていますね。


このチューリッヒ・クラシックは、今年から2人で1チームを結成してのチーム戦になりました。米国ツアー公式戦としては36年ぶりのことだそうです。
残念ながら世界ランキングの対象にはならないそうですが、賞金ランキングとフェデックスカップポイントには反映されます。

谷原秀人選手は、この試合の成績次第では、来季のPGAツアー(米国男子ゴルフツアー)のシード権も獲得できるそうです。

現在、松山英樹選手は別格として、米国ツアーで結果を残している日本人選手2番手といえば、谷原秀人選手になるかと思います。このままずっとアメリカでプレーするには、この大会で優勝しないと難しいかもしれませんけど、世界の谷原になるためにも、まず来季のシード権を獲得できるといいですね。


さて、初日の成績ですが、ー3で、11位という良いスタートを切っていますね。トップとは3打差ですね。

予想では、ジャスティン・ローズ&ヘンリック・ステンソンのチームを筆頭に、ジェイソン・デイ&リッキー・ファウラー、ブランデン・グレース&ルイ・ウーストハイゼン、ライアン・パーマー&ジョーダン・スピースなどの強豪ペアが優勝候補に上がっていました。

ちなみに優勝すると、チーム戦ですけど公式な優勝数としてカウントされるそうです。そして、松山選手はすでに資格を持っていますけど、今シーズンの残りと翌年から2年間のシード権が与えられます。また、「ザ・プレーヤーズ選手権」や「全米プロゴルフ選手権」の出場有資格者にもなるそうです。


残り3日間の戦いに注目したいと思います。


松山は新パターを実戦投入 谷原と噛み合い「良いスタート」/ ゴルフダイジェストオンライン

162701


谷原は「英樹はショットもパットも良かったので安泰」とした。対して松山は「きょうはとにかくパットが決まってくれた」と手ごたえを感じた初日となった。チームワークも抜群の様子で、東北福祉大の先輩の谷原が「ティショットでなかなかフェアウェイをとらえられなかった。でも英樹なら寄せてくれるだろう(と思っていた)」とおどけると、2人で笑顔を作った。





















マスターズが終わった後も、米ツアーに参戦している谷原秀人選手(国際スポーツ振興協会=半田晴久会長)は、先週開催された米国男子ツアーのRBCヘリテージで、39位でフィニッシュしました。
初日に11位の好位置で発進しましたが、その後16位、31位と順位を下げていました。今回は、持ち前のパットが決まらず伸びませんでしたけど、それでも、楽に予選を通過していますし、米国ツアーでも優勝を狙える数少ない日本人プレーヤーの一人といっても良いと思いますね。マスターズの時も伏兵の一人として名前が上がっていたそうですから。

世界選手権シリーズWGCデルテクノロジーズマッチプレーでジョーダン・スピースを破り、世界1位のダスティン・ジョンソンを追い込み、4位になったことが大きいですね。それによって、米国のゴルフファンの間でも、その名前が知られるようになったようです。

そして、次回も米国男子ツアーに出場することが決まりました。当分は日本男子ゴルフツアーへの参戦は無いのかもしれません。まだ未定ということでした。

4月27日(木)から開幕する「チューリッヒクラシック」が、今年から団体戦になるそうで、それに松山英樹選手からオファーを受けて、出場を決めたそうです。
この「チューリッヒクラシック」は、悪天候に悩まされることが多いということなので心配ですが、米国男子ツアーでは40年ぶりのチーム戦の復活になるそうです。

2人1組のペアが80組、160人によるチーム戦で争われ、初日はフォアサム(1つのボールを交互に打ち合う)、2日目はフォアボール(各選手が自分のボールを打ち、各ホールでペアのうち良い方のスコアを採用)で行い、35位タイまでが予選通過となるそうです。


優勝すると、トーナメント・オブ・チャンピオンズとプレーヤーズ選手権、全米プロゴルフ選手権への出場権が与えられるそうです。ぜひ優勝を狙って欲しいですね。優勝候補の有力な一つに上がると思いますが、松山英樹選手と谷原秀人選手でしたら、コンビの絡みとしては、とても良いのでは無いでしょうか。

奇しくも、ISPSハンダ・ワールドカップオブゴルフのように、チームジャパンの結成となりましたけど、別に国を超えて、友人同士でペアを組んで良いそうですね。いくつもの強豪チームが結成される、スリリングな大会になりそうな感じです。

すでに今年、世界中で8大会を戦い抜いた谷原選手ですが、欧州男子ツアーの賞金レースであるレース・トゥ・ドバイにも登録を済ませています。今後も欧州男子ツアーに出場し、チャンスがあれば米国男子ツアーにも出場する意思があるようですね。日本の谷原ではなく、世界の谷原となるよう、今年は期待したいですね。日本のマスコミも、海外での動向を大きく取り上げているように思います。国内での活躍も大事ですけど、日本のゴルフファンは、海外での活躍に関心が高いのでは無いかと思います。

世界で活躍する日本人プレーヤーが増えることで、世界に照準を合わせた若い選手が続くと良いですけどね。そうすることで、国内のツアーのレベルも上がって、面白くなっていくのかもしれませんからね。

それから少し前のニュースになりますけど、欧州ツアーが、3月のベストショットに、WGCデルテクノロジーズ マッチプレーで谷原秀人選手が記録したホールインワンを選出したそうです。これはファン投票によるもので、3分の1以上の票を獲得して1位になったそうです。
ビル・ハースとの3位決定戦で達成した一打でした。ギャラリーの熱狂もすごいですね。

















ゴルフの4大メジャー、マスターズで、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、残念ながら予選落ちしましたね。日本からは池田選手も惜しいところで予選カットになり、あとは、松山英樹選手だけになりました。

谷原秀人選手は、英国のブックメーカー「ウィリアムヒル」で、マスターズ優勝オッズ81倍という数字になっていたそうです。松山英樹選手の15倍とはかなり開いているものの、「伏兵」の1人として注目されていたようですけどね。世界1位のダスティン・ジョンソンとのマッチプレーで、互角の戦いを演じたのが印象に残っていたのかもしれません。

masters-TITLE2


谷原選手の談話として、「完全にやられました。悔しいです。もう1回出直してこいってことでしょう。今は出直す意欲はないですけど」
「経験不足なんですかね。風に対応しきれない自分がいる。この風の中で自分の球筋、何ヤードまで打とうといったコントロールができない。マキロイとかはできていますから」ということでした。

同組で回ったローリー・マキロイやジョン・ラームは、世界でも屈指の飛ばし屋で、現在上位につけているだけに、力不足と経験不足を感じたそうです。

でも今後は、池田選手ともども、次週開催の米国男子ゴルフツアー「RBCヘリテージ」への出場をエントリーをしているそうです。また、5月末の欧州男子ゴルフツアーのフラッグシップイベント「BMW PGA選手権」にも参戦する予定だそうです。
そのように今年は、国内ツアーと並行して、海外ツアーにも積極的に参加するのかもしれませんね。マスターズ直前の欧州のポイントレース (レース・トゥ・ドバイ) では5位につけていました。

そうやって、海外でたくさんトーナメントをこなして、また来年もマスターズに挑戦してほしいです。


国際スポーツ振興協会会長の深見東州(半田晴久)さんは、海外の一流ゴルファーを、何度も日本に招聘されてきました。彼らは過酷なスケジュールで世界を転戦しているので、どのようなコースでも、どのようなコンディションや気候でも、対応できるというようなことを言われていたように思います。

松山英樹選手は、すでに、そういう選手なのでしょう。谷原秀人選手や池田勇人選手も、今後海外での経験を積むことで、世界のトップクラスになってほしいですね。日本の後輩ゴルファーたちへの良い刺激にもなるでしょうから。



世界ランク上位64人で競う世界選手権シリーズWGCデルテクノロジーズマッチプレーには、日本から松山英樹、池田勇人、谷原秀人選手の3人が出場していました。16ブロックに別れた予選で、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、強豪ジョーダン・スピースを撃破し、2勝1分のグループ1位で決勝トーナメントに進出しました。

それだけでもすごいと思ってましたけど、25日の1回戦では世界ランク16位のポールケーシーを破り、続く準々決勝ではロス・フィッシャーを破ってベスト4に進出するという素晴らしいことになってます。
準決勝は日本時間の今日の深夜、現在世界ランク1位のジャスティン・ジョンソンとのマッチプレーになります。これが事実上の決勝と言えるほどの強豪ですよね。

f-sp-tp2-170326-0003_thum630


谷原秀人選手はマスターズ出場資格を得るため、年明けから出場できる米国ツアーに参加し、世界ランク50位以内を目指してきました。
そして大会直前に世界ランク60位でしたので、今回の試合がいよいよ最後のチャンスだったそうです。最後まで諦め悪くやりますよと、試合前に語っていたそうですが、ベスト8で可能性があり、ベスト4に入れば確実に50位以内となりマスターズに出場できると言われていたそうです。

しかし賞金総額11億以上、優勝者には2億近い賞金が出るWGCマッチプレーには、世界中から強豪が勢揃いするそうです。4大メジャー並みの、世界一を決める大会といっても良い気がする大会ですから、そこでベスト4に入るとは、誰も予想してなかったでしょう。ジョーダン・スピースに勝利して予選通過しただけでも大金星と書かれてましたからね。

谷原選手は、「(海外に)行っていなかったら、ポイントも稼げなかった。こういう風にマスターズに入る日本人はいなかったと思う。『行けたら、こういう例もあるんだよ』と、若手にも見せたかった部分がある」とインタビューで語っていたそうです。

谷原選手が所属する国際スポーツ振興協会の深見東州(半田晴久会長)さんもさぞ喜ばれているでしょうね。松山選手に続き、世界で活躍する日本人選手が育つことをいつも願ってあるように思いましたから。
石川選手が伸び悩む中で、世界の檜舞台で活躍する日本人選手は松山選手だけでしたからね。今回のベスト4進出は、日本には谷原秀人もいるよと、世界にその存在を知らしめることになったように思いますね。そして日本の若いプロゴルファーにとって、それは大きな意味があるように思いました。

まだ、準決勝がありますので、最後まで素晴らしいプレーを期待したいですね。


谷原秀人、07年以来のマスターズ出場が確実に / 日刊スポーツ

f-sp-tp2-170326-0007


◆決勝T1回戦
 ○谷原秀人(日本、60位) 2アンド1 ●ポール・ケーシー(英国、16位)
◆準々決勝
 ○ビル・ハース 1アップ ●フィル・ミケルソン
 ○ジョン・ラーム 7アンド5 ●ソレン・ケルドセン
 ○谷原秀人 4アンド2 ●ロス・フィッシャー(英国、53位)
 ○ダスティン・ジョンソン 3アンド2 ●アレックス・ノーレン





























世界ランク上位64人で競う世界選手権シリーズWGCデルテクノロジーズマッチプレーに、日本から、松山英樹、池田勇人、谷原秀人選手の3人が出場しています。

4人1組で16ブロックに分かれ、まずは総当たりの予選が昨日から行われています。国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、初日、同組のジョーダン・スピースとの対戦で、見事4&2で勝利したそうです。

本人も大金星ですねと言ってたそうですが、ジョーダン・スピースの現在の世界ランクは6位と、松山英樹の4位よりも下ですが、2年前には世界ランク1位になり、また、マスターズなどメジャーも2勝している強豪ですよね。テキサスの地元出身で、今回の公式の優勝予想では1位だそうです。

谷原秀人選手は、現在世界ランキング60位で、この大会でベスト8まで勝ち進めば50位以内に上がり、4月のマスターズ出場の可能性が高くなるようですね。谷原選手もまずはそこを目指しているそうです。

まだ、始まったばかりですので、この後予選でもう2試合、そして1位になった16人だけが土日に進み、そこからさらに勝ち抜いていくという過酷な戦いが続きます。そのように1戦1戦が勝負になるマッチプレーは、ゴルファーにとっては、集中力と実力がとても磨かれると言われているそうですね。


実は、今年の日本ゴルフツアーでも、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会がスポンサーとなって、「ISPSハンダ・マッチプレー選手権」の開催が決まっています。

この大会は、深見東州(半田晴久会長)さんと、日本ゴルフツアー機構の大西久光副会長の発想から決まったそうです。深見東州さんは、「日本のプロを世界的なレベルに押し上げるためには、従来のような常識的なやり方ではダメ。後がない真剣勝負のマッチブレーこそレベルアップに相応しい」と考えられていたそうです。

そして、大西副会長は、「マッチプレーは、真の実力を引き出す試合形式。だったら従来のような予選のストロークプレーをやめて、全てマッチプレーにして、技術、体力、精神力など総合力の戦いにすれば、必ず選手のレベルはアップするはず」という意見だったそうです。そうして生まれたのが、予選のストロークプレーを行わず、最初からマッチプレーで2回戦まで戦い、そこで残った24人にシード選手8人を加えた32人で、3回戦から決勝まで戦うというオールマッチプレーによるトーナメントなのだそうです。

なので優勝するには、7回の18ホールでのマッチプレーを勝ち抜くことになりますよね。これはすごいことになりそうですね。そのため試合日程も、8月1、2日に1、2回戦が行われ、9月6日から10日までの5日間で3回戦から決勝まで行うそうです。

なかなかハードな戦いですよね。しかし、今回のWGCデルテクノロジーズ マッチプレーは、予選こそ毎日1試合ですけど、勝ち抜いて土日に残った選手はそこからは1日2試合行い優勝者が決まりますので、もっと過酷になりますよね。だからこそ世界で活躍するトップ選手たちは、強靭な体力と精神力も兼ね備えているのでしょうね。

ローリーマキロイは、「欧州のゴルファーはマッチプレーで育つ。だから、マッチプレーの経験が少ないアメリカの選手よりマッチプレーに強い。」と言っていたそうです。ただ、去年はオーストラリアのジェイソンデイが、ロリー・マキロイを準決勝で下して優勝したそうです。そして、世界ランキングの1位の返り咲いたそうです。

今回のWGCデルテクノロジーズ マッチプレーでは、前回優勝者のジェイソン・デイ選手は途中棄権しました。お母さんが末期ガンの手術を受けるそうなので、それに付き添いたいからだそうです。深見東州さんによると、ジェイソン・デイ選手はとても貧しい家庭に育ち、お父さんはアル中で、11歳の時に亡くなったそうです。その後は母親によって育てられ、本来ならばゴルフなどできる環境ではないのに、母親が無理をして大変な苦労をしながら支えてきたそうです。だから、ジェイソンデイにとって、お母さんの存在は、ゴルフをする理由でもあるそうです。とても心の優しい人なんですね。

話は逸れましたけど、この後も、日本選手が活躍してくれると良いですね。そして、「ISPSハンダ・マッチプレー選手権」にも、その盛り上がりをつなげてほしいと思います。


コースメモにテキサスの旗 谷原秀人は完全アウエーで「大金星です」 / GDOニュース


2017032312113481216


谷原秀人が大金星!スピースを撃破し、「1ホールずつ集中してやることができた」 / alba











↑このページのトップヘ