深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話

たちばな出版とみすず学苑が提供するNIKKEI第一放送のラジオ番組、「深見東州のぜんぶ私の話、ぜんぶ私の歌」で、サッカーのことについていろいろと話されてましたね。

その中で面白いなと思ったのは、深見東州さんはサッカーを、始めから好きだったわけではなかったそうです。あることがあってから、サッカーを好きになる努力をし始めたそうですね。

それは南アフリカで、サッカーというスポーツの持つ素晴らしい可能性に、気がつく出来事があったからのようです。


南アフリカといえば、「インビクタス」という映画でも紹介されましたけど、アパルトヘイト政策のために、黒人と白人が憎しみあい激しく対立していました。アパルトヘイト政策が消滅してからも、互いの憎しみを修復することは容易ではなく、それでネルソンマンデラ大統領は人種間の対立を解消するのに、ラグビーを利用することを考え実行しました。そのラグビーの国際大会を通して白人と黒人の気持ちがだんだん一つになり、大きな突破口を開いたという有名なお話がある国です。

そのお話は、国際スポーツ振興協会が目指す、”スポーツの力で社会をよりよく” という理念の、理想となる事例だと言われていました。


南アフリカの子供達にとって、日本で言うとJ1にあたるプレミアサッカーリーグのプロ選手達は、神様のような存在だそうです。また、南アフリカのサッカー熱は、日本のそれとは比較できないほどだとも言われています。それもあってか、ラグビーではありませんが、サッカーのプレミアサッカーリーグに加盟するムプマランガ・ブラック・エイシズのスポンサーを2014年度から始められています。

Mpumalanga Black Aces proud of ISPS kit deal
8024bc8509a9aa4384ed454601b8c664


ところで昔からイギリスでは、ラグビーは上流階級のスポーツ、サッカーは労働者階級のスポーツと言われているのは有名ですね。ラグビーは高価な用具も必要ですし、それに対してサッカーはボールがあれば、とりあえず練習できますからね。また、イギリスでは中流階級以上のお金がある人は、食べ物も良く、体も鍛えていてラグビーをするのに適しているけど、労働者階級の人は栄養が悪く、小柄で痩せていたりしたそうです。でもサッカーでしたら足元の球を蹴るわけですから、体格的なハンディはラグビーほどはありませんよね。だからサッカーが労働者階級の人たちに広がったという、そういうイギリスの歴史的な面が、そう言われるようになった大きな理由のようですね。

南アフリカも、アフリカにおいては経済的に成功した国とはいえ、貧しい子供達も多くいますので、サッカーが子供達に熱狂的な人気になるのかもしれませんね。


それで、深見東州さんはアフリカのレソト王国のサンタバリーへ、いろいろな組織を通じて支援をされてきましたが、レソトはエイズの発症率が世界でも最も高い地域の一つです。レソト王国は南アフリカに四方を囲まれた内陸の国ですが、ムプマランガ・ブラック・エイシズの拠点のヨハネスブルクからも比較的近い位置にあり、ハリー王子とレソト王国のセーイソ王子によって設立されたサンタバリーの施設に、ムプマランガ・ブラック・エイシズの選手たちも喜んで来てくれたそうです。そして、子供達と一緒にサッカーをやり、そこでエイズに対する教育を行ってもらうそうです。
エイズは、徹底した教育によって、感染も蔓延もかなり減っていくことが、カンボジアでのエイズ対策の経験からもわかっていたそうです。それで子供達は先生や政治家のいうことは聞かなくても、サッカーのスター選手のいうことはとてもよく聞くそうなので、サッカー選手の協力によって、エイズから人々を救うことができるのだそうです。ブラック・エイシズが来るということで1万人もの子供達が集まったこともあったそうです。


Prince+Harry+attends+Sentebale+Royal+Salute+uxvn2ltTgyPl

2015年に南アフリカで開催されたチャリティイベント、高級スコッチウイスキーのロイヤルサルート後援のポロ試合「サンタバリー・ロイヤルサルート・ポロ・カップ」では、ハリー王子が、スポンサーを務めたISPSハンダチームの一員として登場し勝利しました。下の写真中央はセーイソ王子

sentebaleroyalsalutepolocup-4-2015-11-281G



それから、ケープタウンでインドアフットボールを展開するファイブス・フットボールも後援されています。ここでは、生徒たちに勉強の成績が上がればサッカーの練習所を週1回貸してあげるよと言ったところ、子供達がとても勉強するようになり、成績がぐんぐん上がったそうです。また、そうやってサッカーに夢中になっている子供達は、犯罪率が半分以下になり、ドラッグ使用も90%激減したそうです。ドラッグをやっていてはサッカーなんてできませんからね。
結局貧しくて暇があると犯罪に走りドラッグに走るようですね。なので健全に夢中になれるものがあれば、そういう悪の道に行かなくなるという実験的にやってみた成果で、サッカーには、貧しい国の子供達に良き影響を与え変える力があることを見出されたそうです。

もう一つ、サッカーは子供達の教育にも最高に良いと言われていました。学校にも行かない基礎学力のない子供でも、サッカーを始めて上手になりたいと思えば、ルールという規範を守ることを覚え、高い目標を持って努力することを知るそうです。チームワークの大切さを知って、お互いを理解しあうコミニケーション能力を身につけ、謙虚になりわがままを言わなくなるそうです。さらに進むと、相手のチームに対する礼儀、ファンを大事にするサービス精神の大切さもわかってくるそうです。そのように貧しい国の子供達で、学校に行かない最底辺にいる子供達であっても、サッカーをしたいといえば、それが素晴らしい教育につながる可能性があるそうです。

そのようなサッカーの持つ価値を南アフリカで知ったので、好き嫌いを超えてサッカーのスポンサーを始めたそうです。ただし、そのムプマランガ・ブラック・エイシズのオーナーは、昨年チームを売却したため、今はケープタウンを拠点とするケープタウンシティFCというチームになったそうです。ムプマランガ・ブラック・エイシズは、2015/16のシーズンは過去最高の4位という成績をあげました。2016/17のプレミアサッカーリーグでは、ケープタウンシティFCとして、現在のところトップ争いをしています。


31


そういうサッカーの持つ価値の素晴らしさ、社会への貢献というものを感じたことと、ヨーロッバや南米を始め、世界中にサッカーに熱狂するファンが沢山いることにも興味を持たれていたようですね。サッカーのどこに、それほど人々を熱狂させる魅力があるのかを知ることは、スポーツの力で社会をより良くすることを目指す国際スポーツ振興協会にとっても役に立つことなのでしょう。それでサッカーの魅力を知るためにも、サッカーを好きになる努力をされているそうです。


以上のようなことが、今年からニュージーランド・フットボールや、東京ヴェルディのスポンサーをしようと決められた大きな意義のようですね。もちろんそれも、スポンサーになって欲しいというお話が、ニュージーランド側や、東京ヴェルディ側からあったからでしょうけどね。


IMG_3584-min



スポニチ(2017/1/20)に、今回のパートナー契約のことが報道されていました。
深見東州(半田晴久会長)さんは、
「運命を感じたので契約することにしました。数年前からスポンサードしてほしいというお話をいただいてきたが、メインコーポレートパートナーとなると(契約金の)桁が違いますから。同じやるなら徹底的にやらないと。サッカーは世界的なスポーツであり、育成に力点を置いた東京ヴェルディの理念に共感し、スポンサードを通じてさらなる社会貢献を目指す所存です。」と語られていたそうです。

昨日の「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」では、絶滅危惧種についてお話しされてました。

野生動植物の保護など、このような環境問題というのは、そう簡単な問題ではないというお話でしたね。
利害関係、利権が絡むものだけに、国際政治においては、とても繊細な問題になるようです。

日本は鯨を食料として昔から捕獲してましたけど、捕鯨に関することも国際的にややこしい問題がたくさんありますよね。乱獲して、種がいなくなってはいけないと思いますが、増えすぎているものを間引くことは、良い効果をもたらすという説もあるようですけどね。
しかし、シーシェパードのような過激な団体も出てきますし、とにかく安直には解決できない複雑な問題が多いですね。

アフリカ象の乱獲による絶滅危機は、鯨の問題とは全く別になるかと思います。食料として取るのではなく、象牙を取るための乱獲ですからね。しかも、それが種の絶滅につながる勢いであり、国際犯罪組織、テロ組織の資金源となっていますから、誰が見ても大きな国際問題であると理解できますよね。

しかし具体的な解決策になると、なかなか足並みが揃わないのは、やはり利害関係や国際政治に関わる、複雑なものがあるからでしょう。しかし犯罪組織の資金になっていますからね。何としても解決しなくてはならない問題ですよね。自然公園の管理に従事する人も、毎週2人のペースで殺されているそうです。





どうやら現在は、すべての国が象牙の市場を閉鎖するという流れに向かっているようです。今回のワシントン会議でも、国内市場を閉鎖することを各国に求めることが議決されていました。

日本は戦後の復興が進んできて象牙の需要が高まり、200億規模の市場になっていたようです。しかし、国際的な批判を浴び、ワシントン条約にも参加してからは象牙の市場規模は縮小していき、現在は20億規模だそうです。
ワシントン条約によって1989年から原則輸入禁止になりましたが、それ以降も特例措置で、1999年など何度か日本に輸入されてきたそうです。ただ輸入量は限定的で、現在流通してる象牙は、主に輸入禁止以前の在庫で賄われているとも言われています。
しかし、そうやって日本や中国に輸出したことで、歯止めがきかなくなってしまい、今日の象の乱獲を招くことになったと言う関係者もいるようです。


現在の日本は、国際間での取引は原則禁止ですが、国内の市場は管理のもとで解放されていますね。象牙の印鑑を購入している人も多いでしょう。ただ国内の象牙を管理する法には問題や抜け道が多いと言われ、日本市場は違法取引の温床になっているとの指摘があるようです。通販のオークションでも、海外に多数流出し、何度も押収されたそうです。また、違法に持ち込まれたものが、登録の抜け道を悪用されて、正規に登録されているものも多いと言われています。他にもいろいろと問題があり、今後は管理を厳しくするか、市場を閉じるかの選択にさらされることになるかもしれませんね。

日本は、原則、輸出国の考えに沿ってこれまでやってきたようです。なので、日本に国内の合法的な象牙の在庫を輸出したい国があり、それが認められると、日本市場に入ってくることになるのでしょうね。

世界は、各国の象牙市場を閉じる方向に向かっているのは、市場がある限り、象の密猟がなくならないというのが、大きな理由のようです。世界最大の象牙市場がある中国も、国内市場を閉鎖すると報じられましたね。日本には、そう簡単に市場を閉じれない事情もあるようですが、密猟の激化により個体が激減し、絶滅に向かっている現実と、テロや犯罪組織の資金源になることを考慮するとそうも言ってられず、今後の対応次第では、国際的な批判の声は高くなるように思いますね。


国連環境計画(UNEP)と国際刑事警察機構(ICPO)は、2015年に起きた野生生物の密猟や森林の違法伐採などの「環境犯罪」の被害総額が、年間910億〜2580億法別9兆7000億〜27兆5000億円)になったと報告してました。前年比26%増で、過去最高額だそうです。国際的な不正取引は年間8700億ドルとも言われてるそうですが、麻薬などの違法薬物が最大で、3000億ドル以上だと推計されています。
そして、海賊版などの違法な模造品、偽物などの市場は2500億ドルとも言われているそうです。それらに匹敵するような巨大闇産業になっているようですね。想像を絶するような、地下経済の実態の一部を、ISPSハンダとTuskのパートナーシップ協定をきっかけに知ることになりました。


04

昨夜は深見東州さんのラジオ番組を聞いてました。小説を書くということについてのお話でした。なかなか大変なようですね、小説を書くなんてそう簡単に書けるものじゃないと思いました。
深見東州さんは短編小説集を2冊発表されていて、今度3冊目が出るそうです。でもなかなか出ませんね。書き終わってるとは言われていたようですけど。

それで小説を書こうと思ったとき、初めはやはりなかなか書けなかったそうです。でも、高橋源一郎さんの「1億3000万人のための小説教室」を読んでから、急に書けるようになったというからそんなこともあるんですね。小説を書くことはどう転んでもありえませんが、書くのに参考になる興味深いお話をいくつか聞きました。なんでも小説の元は、机の下とか窓の外とか、そんなところに漂っているんだそうですよ。本当ですかね。それをそっと見つけ出してあげると、途端に閃いて書き始めるんだそうです。それそのものがファンタジーな小説の世界のようですね。そして意気込んで力んでしまうと、どこかにそれが行ってしまって書けなくなるそうですから、フ〜ンそんなものかという感じで聞いてました。

高橋源一郎さんは本の中で、小説の書き方の本を読んで小説家になった人はひとりもいません、と書かれているようですが、深見東州さんは、それを読んで書けるようになったのですから面白いですね。なんだかお話を聞いているだけで、書けそうな気持ちに一瞬なったので、秘訣というよりは、小説を書いてみたくなる本なのかもしれません。そうして書いてると、深見東州さんのように、自分の小説を書く書き方を見つけてしまう人もいるのでしょうね。

その本を読んで小説を書くようになった人は、けっこういるそうです。頭に浮かんでくるものをなんでも書いていき、止めたらいけないそうです。繊細なものなので、それが逃げないようにそっと扱ってあげないといけないそうです。そういうものなんでしょうね。
私も思いついたまにまに書いてると、いつの間にかこんなことを書くつもりではなかったけど、書いてしまったという感じになることがあるので、そういう感じでいいのかなぁ、なんて思ったりしました。

しかし、だんだん小説に挑戦してみたくなってきましたね〜、無謀ですけど。


「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」

オンデマンドで過去の放送分が全部聞けます。

深見東州さんは、同志社大学時代に、400人の部員がいたESSの部長をされていたそうです。大学の頃から、さぞかしリーダーシップを発揮されていたのでしょうね。
そこで大学同士の交流があり、ディスカッションなどを英語でやっていたそうです。そして終わった後の交流会でギャグパフォーマンスなど、芸を披露していたそうで、大学の頃からそうやってギャグを磨いていたんですね。

笑いというのは、免疫力が向上するという話があるということで、私も面白いことが大好きですけどね、いつも笑いを求めていますから。
それで、深見東州さんは、作曲をしたり、難しいことも沢山されていますが、そういうものが続くと、なぜかギャグを言いたくなるそうです。これは、大学教授や哲学などしている人が、知性を使いすぎると反動が起きて、心理学用語でいう退行化現象と言うものが起きてくるのと似ているそうです。
それから作曲家などは、知性を振り絞って創作するそうなので、極度に頭脳を使う反動で子供のような行為をしてみたくなるとか、異常な行動に出る人もいるようです。天才的な作曲家になると、そういう素行に問題がある人も多く、しかしそれは反動として出ていることを考えてあげないといけないようです。人によってはお酒だったり、近親相関だったり、さらにはドラッグに走ったりす人もいるのは、そういう部分があるようです。ドラッグは違法なので、もちろんやってはいけませんけどね。そんなここではとても書けないような、過去の偉人たちのすごいお話しをたくさん聞きました。

img_gyagu01


深見東州さんの場合は極限まで集中した後、そういうものの代わりに、ギャグが自然に出てきてしまうそうですね。それで退行化現象をコントロールされているようです。それでしたら、誰の迷惑にもなりませんし、それどころか聞いてる方も楽しいのでいいのではないでしょうか。深見東州さんにとってギャグをやることは、好き嫌いを超えた必需品のようなものなんでしょうね。

能楽の舞台では、お能の間に必ず狂言が入りますが、シリアスなものばかりが続くとやる方も見てる方も疲れるので、こういう狂言が入るようです。さすが日本を代表する伝統芸能ですね、よく考えて舞台を作られてます。その狂言に当たるのが、深見東州さんにとってはギャグになるのでしょう。今回の「深見東州のぜんぶ私の話、ぜんぶ私の歌」を聞いて、謎が解けました。

詳しくは、こちらを聞いてください
「深見東州のぜんぶ私の話、ぜんぶ私の歌」11月13日放送分 

深見東州さんの深見東州というのはペンネームで、本名は半田晴久さんと言われます。昨日の「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」では、その深見東州の名前の由来について話されました。東州というのは、最澄の山家学生式の中に出てくる言葉なのだそうです。中国から見て東にある国という意味で、つまり日本のことを指すそうです。なぜ最澄の中から選んだのかというと、最澄が開いた天台宗の比叡山は、宗派にこだわらず広く人材をそだてる、国宝のような人材を育てるところだったそうです。確かに日蓮さんや親鸞さんなど、素晴らしい僧侶がたくさん出ていますね。ですから、深見東州さんも最澄が考えたような、まず自分自身が立派な人材となり、そしてそういう人を育てて、本当の国宝は美術品ではなく人なんだよという最澄の精神を見習いたいという意味が、東州という名前に込められているそうです。そして、日本という国の文化や歴史、経済などを深く見るという意味もあるそうです。そんな深い意味が隠されているとは知りませんでした。本名との違いは、ペンネームにすると、そういう違う自分が出てくるのだそうですね。

ちなみにみすず学苑の名前の由来や、たちばな出版の名前の由来も話されていました。

あと、ペットの名前をつけるときなんかに参考になるようにと、面白いお話をされました。たとえば人でもそうらしいのですが、苗字ではなく名前の始めの字が、ア母音で始まる人は活発な人が多いそうです。イ母音で始まる人は緻密な頭の人が多いそうで、オ母音で始まる人にはおおらかな人が多いとか。面白いですね、あくまでも大まかなものですから、必ずそうなるわけではないと思いますが、ペットを飼うことでもあれば、参考にしたいですね。ちなみにサ行の名前は芸術的な人が多く、ヤ行になるとチャーミングな人が多いのだそうです。ああ、そういえばなんとなく、周りの人を見るとそんな感じもしますね。名前の始めの字で性格が決まったりするなんて名前占いみたいですが、そういうお話も、時には楽しくていいですね。

それから今回は、しょっぱなからダジャレの連発で笑いすぎました。ディレクターの人も笑い転げていたようですが、なんであんなに連続でギャグが出てくるんでしょうね。やっばり面白い人ですね。

↑このページのトップヘ