深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

深見東州 能楽

深見東州さんの海外での演能紹介も今日で最後にしますが、アンコールワットとスフィンクスでの薪能のことは、噂には聞いてましたが、実はニューヨークやロンドンなどの国際都市でも、能を披露されていました。

ニューヨークでは、メトロボリタン美術館と、国連本部ビル正面玄関前広場の特設会場で舞われたようですね。日本の伝統芸能をアメリカの大都会の中心で披露したことで、素晴らしい能の良さを欧米人に生で感じてもらい、当時の日本における舞台芸術のレベルの高さを知ってもらえたのではないかと思います。それは日本という国にとってもブラスの印象になりますから、とても意義の深い文化交流であったといえるでしょう。

19990602_01



19990601_01



日米のテレビニュースでも、その様子が放映されたようです。宝生流の家元さんや能楽師さんたちと行かれていました。
狂言も行われたようですが、英訳などもなかったでしょうし、果たして狂言の面白さをわかってくれましたでしょかね。コミカルな声と動きに、けっこう笑いが出ていたそうですが。

19990601_05


能を見たアメリカの人たちがどう思ったのかに興味がありますね。日本人でも、能を理解する人は少なくなってますし、私もわかってませんので人のことは言えませんが、大切に守っていきたいものですね。このように海外に進出して披露することで、本家の日本でも注目が集まり、伝統芸能の良さが見直されるのかもしれません。

19990602_05



こちらはロンドン大学内のようです。能舞台があるというのがすごいですね。このために作られたのでしょうか。

19991111_04
半能「岩船」を舞われてます。龍神のお面でしょうか。


そして、こちらはオーストラリアのパースにある、ヒズ・マジェスティーズシアターなのだそうです。その時にちょうど100周年を迎えた、西オーストラリアで最も権威のある劇場なのだそうです。

20041003_03
とても格式が高そうですね。


20041003_05
半能「田村」を演ずる深見東州さんです。気迫を感じます。

前回はアンコールワットでの薪能を紹介しました。実際に見た人はとても幽玄でロマンチックな舞台だったのではないでしょうか。想像しただけでも、いいなぁと思えます。でも、もっと驚くのは、エジプトのピラミッドの、スフィンクスの前でも薪能を開催されています。とても壮大なスケールの薪能だったでしょうね。

しかし、あんな砂漠のようなところですから、舞台を作るのも大変だったでしょうね。そして、実際に舞台で舞っていても、砂とかが飛んでお面の中にはいるんじゃないかとか、気になってしまいました。
それでも、エジプト政府がこのイベント開催に大歓迎だったそうですから、困難な中でもやるだけの意義があったのでしょう。

バックにうっすらとスフィンクスが写っているのがわかりますね。


20010601_01



この時は、深見東州さんと辰巳満次郎さんが石橋(連獅子)というダイナミックな能を披露され、宝生流宗家の宝生英照氏が、「翁」を舞われたそうです。

さぞかし見応えがあったでしょうね。人類史上もっとも古い石像の前で舞う能は、能楽堂のような屋内で見るのとはまったく違うのは当然でしょうけど、なにか妙に背景とマッチしている気もしますね。

深見東州さんが、いつだったか、東京大薪能で都庁の高層ビル街と能舞台が全く違和感なく溶け込んでいることを述べてらっしゃいました。能というのは、日本の伝統芸能ですが、近代的なものにも溶け込み、古代の世界遺産のような建造物にも溶け込むという、それも西洋、東洋問わずにそうなる不思議な魅力があるのでしょう。

20010601_03
深見東州さん、ターバンがお似合いです。どちらがエジプト人かと思えてしまいますね。

深見東州さんは能楽に関しても、これまでにたくさんの貢献をされてきました。そのひとつが東京大薪能の開催です。本当は、東京大薪能は、ほぼ毎年開催されていたのですが、今年はいまのところ開催という話を聞きません。能楽ファンの人たちの中には楽しみにしていた人もいたでしょうけど、今日は昔行われた薪能の中から、ひとつ紹介しようと思います。それはアンコールワット薪能です。

アンコールワットは、観光地として行ってみたいところに、いつも上位ランクされるカンボジアの人気スボットとして有名ですが、なんとこのアンコールワットの前で、深見東州さんは能楽を舞われたことがあります。


20060123_12



2006年の1月23日のことです。アンコールワットの裏の正面に能舞台が設置され、宝生流の渡辺荀之助さんが羽衣を、深見東州さんが鞍馬天狗を舞われたそうです。壮大なるロケーションでの薪能ですね。世界初はなのはもちろんですが、アンコールワットでのイベントは、ユネスコの方針によりできなくなったので、ちょうどこれが最後になったそうです。


20060123_14



カンボジアといえば、深見東州さんにとっても所縁の深い国です。現在、カンボジアの首相顧問をされていますが、日本では在福岡カンボジア王国名誉領事を務められます。もともとの発端は、カンボジアの窮状を知った深見東州さんが、カンボジアに無料病院を建設することを決意されて以来の、長いおつきあいになるそうです。深見東州さんが創設した宗教法人ワールドメイトが、その病院の運営費用を長い間まかなってきたそうです。


20060123_06



そのときのアンコールワット薪能は、カンボジア王国政府、カンボジア平和協力機構からの強い要望があって、深見東州さん(本名半田晴久)が会長をされている世界芸術文化振興協会の主催、カンボジア王国政府の公式支援と、アプサラ機構、カンボジア大学、シェム・リッアップ州政府、駐日カンボジア王国大使館の協力で開催されています。この開催を強く希望されたカンボジア王国のサムデック・ノロドム・シルブット殿下も観劇されたそうです。そして、「カンボジアと日本の文化協力に加え、人と人 とのふれあいがより密になるでしょう。日本と カンボジアの文化に橋が架かることで、能の舞台に見られる 日本人の深遠なる精神が、千年前よりクメール文明の偉大なる象徴であった古代アンコールワットの精神と結ばれるのです。2つの文明の精神は共に融合し、アンコールワットの土の上に残り、偉大なる友情、平和、繁栄、そして幸福の力のシンボルとなっていくことでしょう。」との挨拶があったそうです。

深見東州さんに対しては、「多才で素晴らしい業績に加え、半田晴久先生は人道主義者として広く知られ尊敬されており、人々に多大なる貢献をされており、もちろんカンボジアに対しても大変にご尽力くださっています。半田晴久先生は、困窮した人々に 24時間医療を提供するシアヌーク病院の主要なスポンサーであり、また、多くの小学校の創設者であり、児童養護センターの創設者ならびにスポンサーであり、カンボジア大学を通じて高等教育の後援をなさっており、その他の多くのプロジェクトに関わっておいでです。」と紹介されていたそうです。

↑このページのトップヘ