深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

プラシド・ドミンゴ

今回で、ドミンゴや深見東州さんたちが出演された東京国際コンサート記事の掲載は最後となります。


どみんご5
日刊スポーツ2015年9月1日



もう書きたいことは書き尽くした気もしますが、今回ドミンゴの息子さんとお孫さんも、当日の会場で聴いていたそうで、アンコールの時には、通路に出て拍手をしていたそうです。それは気が付きませんでした。顔を知らないので見てもわからないでしょうけどね。
ドミンゴの大切な奥様も日本にいらしてたのでしょうか?
たしか、震災直後の時は、夫婦とお孫さんも一緒に来日されたと聞きました。

奥様のマルタ・ドミンゴさんは10代のころ、初めてプラシド・ドミンゴを見た時は、ただの一青年という感じだったそうです。しかし、19歳の時の、ドミンゴの公演のリハーサル準備の完璧さが素晴らしくて、それを見たマルタ夫人の目が、賞賛に変わったそうです。ドミンゴの芸術に対する真剣さがとても好きになったそうです。そして初めてオペラを一緒に歌った時に、相手を意識したそうですが、ドミンゴの方は、初めて会った時から、ずっと好きで気になっていたと言ってますね。お互いにそういうことを言いあえるところも、素晴らしい夫婦なのでしょうね。しかし、マルタ夫人は洗練されていて、ドイツ歌曲も歌い、近寄りがたい雰囲気があっとも言ってます。

そして結婚するのですが、その後、すごいスピードでドミンゴのキャリアが動き出し、ある時マルタ夫人は気がついたそうです。私には、母親、歌手、そしてドミンゴのキャリアをサポートする3役はいっしょにできないと。それで、歌をやめる決心をしたそうです。でも、マルタ夫人のソプラノの才能は、とても天才的なものを持っていたと言いますから、とても勇気がいる決断でしたでしょうね。ドミンゴは音楽家として、大変な量の勉強をしなくてはいけなかったそうなので、マルタ夫人が文献を調べたり、歴史のリサーチをしたりと、仕事を分担するようになったそうです。とても献身的な奥様ですね。そして、子供達もドミンゴの仕事に理解があり、協力的なのだそうです。家庭環境にとても恵まれていたんですね。でも、そうやって夫婦で助け合い、また、子供達のこともよく考え、大事にしてきたんだなと思いました。あのハードなスケジュールの中で、家庭を大切にできたのですからすごい人だと思いますね。

それでは、ドミンゴの当日の歌を思い出す、この動画を聞いてください。とても素晴らしい歌ばかりを、素敵に歌っています。





デイリースボーツの、ドミンゴや深見東州さんたちが出演された東京国際コンサート記事を掲載します。

今回は、多くの新聞が大きくとりあげていますね。これもスーバースター、ドミンゴの威光でしょうか。

どみんご4
デイリースボーツ2015年9月2日


それから今回演奏したのは、東京フィルハーモニー交響楽団で、2011年に創立100周年を迎えた、日本で一番古い伝統を持つ、日本一のオーケストラといえるそうですね。4曲ほど、演奏のみで聞かせてくれました。個人的には、サウンド・オブ・ミュージックの映画が好きでしたので、そこからメドレーで聞かせてくれたのは嬉しかったですね。

指揮は、ドミンゴと共演をよくするユージン・コーン氏で、この人も数多くのキャリアを持つ人のようです。かなり激しい指揮をするかと思うと、静止したようなときもあったり、メリハリの効いた指揮者のように、それがいいのかどうかはわかりませんが、見えました。

第2部はミュージカルの曲が主体で、好きな歌が多かったので楽しかったですね。でも、ポピュラーな歌を歌っても、すごく格調高い感じに思えるのは、やはりドミンゴの芸術性のなせるわざでしょうか。オベラは聞き応え満点で芸術性の高さを感じますが、ボップスも、うっとりするほど、とても上手に歌えるところが、ドミンゴの素晴らしいところのひとつでしょうね。ファン層が幅広くなるはずですね。

そういえばアンコールで歌ったベサメムーチョのときは、一緒にと促されましたので、シングアウトしてしまいましたけど、クラシックのコンサートで、みんなで大声で歌うなんて初めての経験です。ドミンゴも深見東州さんと一緒で、堅いこと言わずに、とにかくみんなで楽しみましょうよという感じなのでしょう。みんなが喜ぶのが一番ですからね。サービス精神が旺盛なところも、深見東州さんとそっくりです。そして、聴衆も共演者もすべてを和ませてくれるところも、似てますね。

アンコールで6曲も歌った後は、舞台袖の方に引っ込みかけて、また何を思ったのか戻ってきて、オーケストラの一番前でバイオリンを演奏していた女性の手を引いて、一緒に舞台から消えて行きました。茶目っ気たっぷりで、さすが、ラテン系の人は女性に手が早いなと思いましたけど、実は、アンコールはもうこれ以上は勘弁してねということだったのかもしれませんね。さすがドミンゴですね。日本人には出来ない大スターの芸当ですね。



スボーツ報知に、ドミンゴや深見東州さんたちが出演された東京国際コンサート記事が書かれています。


どみんご5
スボーツ報知 2015年9月2日



深見東州さんは、60歳を超えて、ますます活動の輪が広がり、様々な分野で世界的な活動を続けてます。対して74歳のドミンゴは、音楽というジャンルにおいて、家族の劇団に出ていたころからとすると、60年はその道で活動していることになります。ふつう60歳くらいまでには引退し、余生を送るテノール歌手が多い中で、いまだに現役を続けています。

10年ほど前のインタビューでは、70歳を越えて舞台に立つのは無理なように発言していたそうですが、それも覆えりましたね。ドミンゴは、これほど長く続けてこられた秘訣を聞かれるようですが、まず、ラッキーであったこと、健康維持に努め、たくさんの仕事をこなし、それが上手くいったこと、そしていつも新しい分野に興味を持ち、それを行い、増やしていくことが好きだったと答えていたそうです。しかし、なぜこれほど長く続けてこられたかはわかりませんと言ってます。
また、オペラの舞台では、皇帝や王様、王子、乞食、酔払い、作家、画家など、様々な生き方や苦悩を経験できることが素晴らしく、それが大好きだからこそ、大きなエネルギーになって、これまで頑張ってこれたのでしょうとも言ってます。ドミンゴのレバートリーは、これまでに146役を演じで来てますが、これまでにある作品にも、新作の作品にも、自分にとって新しいものには、常に興味を惹かれるそうです。そして、楽しんで歌ってきた結果、増えてきたということです。本当にオベラを愛していて、大好きなのでしょうね。

そして、同じ情熱を持ち続けるようにいつも思ってるそうです。いままで初心のころから、ずっと変わらず、同じ情熱を持ち続けてきたそうです。逆に、その気持ちがなくなった時が、歌うことをやめる時だと感じているそうです。あくなき情熱の持ち主であり、興味と関心を失わないというのが、本当に驚くべきことだと思います。
孔子の、ものごとを知識として知っているだけの者は、これを愛好する者におよばない。さらに、これを愛好する者は、楽しんでこれと一体になっている者にはおよばない、というその言葉通りの人なのでしょう。

深見東州さんも、情熱にかけては、何人もおよばないものをお持ちだと思います。巨匠の域に達している人から教えられることは、本当にたくさんありますね。それも直に接してみて、歌を聴いたりするときに、自然とその人の人生観や生き様が伝わってくるような気がしました。



サンケイスボーツの記事に、ドミンゴや深見東州さんたちが出演された東京国際コンサートのことが書かれていました。

どみんご3
サンケイスボーツ2015年9月1日


これ書いた人の気持ちわかりますね。

「主役の登場は、午後6時半の開演からわずか10数分後に訪れた。会場からはため息とも感嘆ともとれる声が漏れる。いきなり地鳴りのような拍手。最高の歓迎をしようと、聴衆は精一杯手を打ち鳴らした。」


本当にものすごい拍手の嵐でした。私も手が痛くなるほど叩いてましたけど、ドミンゴの影を舞台袖に認めた瞬間にだれかがドミンゴって大きな声で叫んで、早くもドミンゴが出てきたって感じで割れんばかりの拍手で会場がどよめきました。これが大スターの威光なんだなと思います。


「その歌声を文字で表すのは困難だ。素人が心の琴線に触れる、心を打たれるといったところで陳腐になる。それは承知だが、触れないわけにはいかないだろう。アリアにしろ歌曲にしろ、一曲の歌は数分で終わる。人生の中ではわずかな時間だ。しかしその刹那に、それまで両肩に食い込んでいた重荷を下ろしたような爽快感に浸れ、充足感が湧いてくる。そんな心地よさを感じさせた。」


素晴らしい感覚があんまりいっぺんに押し寄せてくると、どう表現していいのかわからなくなりますよね。そんな事を考えるよりも、すべてで美を感じていたいと思います。でも、この方も精一杯自分の言葉で表現されてるようで、微笑ましいですね。素晴らしい芸術にふれると、その瞬間に、自分の中でなにかが変わっていく感じがすることって、たしかにありますよね。この方もそうだったのでしょう。

面白いのは、「それにしてもプロモーターとしての深見東州氏には驚かされる」と書いていて、ああ、深見東州さんは、凄腕のプロモーターと思われているのかと気がつきました。
たしかに深見東州さんの凄いのは、そういうビッグイベントの企画運営から、販促、そして出演まで自分でされるところでしょう。もちろんそれぞれの役割を担う専門スタッフがいるのでしょうけど、任せっきりではなく、ポイントとなるところは押さえてぬかりなくされているのでしょう。そのためには準備段取りの細かい作業に至るまで深く理解し、最善の方法をとれるだけの知識をお持ちなのでしょうね。そうでもない限り、こんなに次々と大きなイベントを大成功にするなんて、まず無理ではないかと思います。ここで、深見東州さんの、経営者としての才覚が、素晴らしく生きているのだと思います。たくさんの会社を成功させ、コンサルト業務では中小企業の業績を向上させてきた経験と実力の賜物でしょうね。

11880613_888826404519294_6442796049690290693_n




プラシド・ドミンゴの歌を東京国際コンサートで聴いて以来、ドミンゴのファンになってしまいました。美しい声は天性のものとしても、歌唱の技術に今まで聞いた歌手とは何か違うような、素晴らしいものを感じます。なので何歳になっても、あれほど上手に歌えるのでしょう。今さらそんなこと言うと、当たり前と言われそうですけどね。私ももう少し、クラシックやオベラも聴いて詳しくなろうかなと思いました。深見東州さんが、こうやってクラシックやオペラを日本で広めているから、私のように、その良さに目覚めていく人も多いでしょう。

深見東州さんが言われる通り、超一流のものにふれることで、その人の何かが変わっていくんでしょうね。巨匠とか、トップの人たちの影響力は、本当に大きいと思います。それに触れないと、その世界を一生知らないままで終わることになるかもしれないのですから、生きている間に、もっと素晴らしいものとの出会いを大切にしようと思います。

↑このページのトップヘ