深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

マイケル・ボルトン

深見東州さんとマイケル・ボルトンは、過去にシンガポール、武道館、パシフィコ横浜において、3度共演しています。
また、深見東州さんが総裁を務める、世界開発協力機構(WSD)が支援する「人権と国際正義の為の、スタンフォード大学WSD半田センター」のアンバサダー(大使)に、マイケルボルトンが就任し、マイケル・ボルトン・ファンドのボードメンバー(理事)に深見東州さんがなるという、互いに人権問題に関心が深く、協力している関係です。

「人権と国際正義の為の、スタンフォード大学WSD半田センター」は、平和と社会正義、経済発展を支える基盤となる法治主義やガバナンス、人権意識を強化する活動をしています。マイケル・ボルトンは、1993年に貧困と虐待に苦しむ女性や子供たちを救済するために「マイケル・ボルトン・チャリティーズ」を設立し、その他にも社会的、政治的団体を通じて活動しているそうです。

このように意気投合して活動しているお二人の出会いは、2012年の秋に、女子ゴルファーのジャン・スティーブンスンさんの紹介によって実現します。ジャンさんは、マイケルと深見東州さんの共通の友人であり、それぞれに会ってみないかと、ずっと言い続けていたそうです。
深見東州さんは、当時マイケル・ボルトンのことを知らなかったそうですが、あまりに熱心に勧めるので会うことになったようです。マイケル・ボルトンもジャンから深見東州さんの活動を聞かされていて、それで当時シンガポールに人権センターを作る計画があり、その縁でシンガポールでチャリティコンサートを行い、マイケルのコンサートに深見東州さんが出演する形で実現したそうです。前日にはジャンとマイケルと三人でゴルフをハーフラウンド行ったそうですが、深見東州さんは初めてマイケルを見たときの印象を、ギリシャ彫刻のような風貌で、雰囲気はギリシャの仙人という、この世の人と思えないような不思議な感じを持ったそうです。マイケルもまた、この人はただの人ではないと、直感で思ったそうで、お互いにとって運命の出会いだったのでしょうね。

20150803025502561


深見東州さんが言われるには、マイケルは細かいところまで完璧にするそうで、だからこそあれだけの音楽を作れるのだろうということです。マイケルはポップスの歌い方ですが、パヴァロッティやドミンゴ、カレーラスなど大物テノール歌手との共演もあり、クラシックの歌もとても上手に歌えるそうです。ハイCよりも上の高音も楽に出せるそうです。ハスキーな声で、かなり高い声で歌ってると思ったら、やはりそれだけの歌唱力と抜群の音程を持つ素晴らしい歌手なんですね。ポップスの曲ではほとんど出てこない音でしょうけども。

20150803025445975


余談ですが、武道館で共演したマイケルの友人のピーター・セテラも、とても細かいところまでこだわる難しい人だそうです。繊細な芸術家にはそういうタイプが多いですよね。しかし、だからこそ完璧に歌えると言えます。気に敏感で、長く同じところに入れないことが多いそうですが、2013年に武道館でマイケルとピーターと深見東州さんが共演したときは、そのあとの食事と打ち上げで、最後まで機嫌良く帰らなかったらしく、こんなピーターを初めて見たと周りが言ってたそうです。相手が気の良い人だとそうなるようです。深見東州さんと一緒だと、誰でも同じかもしれませんけどね。マイケル・ボルトンも深見東州さんとコンサートの後に食事をすると、やはり遅くまでずっと一緒にいるそうです。そして、深見東州さんに、なぜ、そんなに高いエネルギーで歌えるのか教えて欲しいと言ってたそうですね。マイケルも、年を取ってもいつまでもそんな風に歌いたい思ったそうです。


マイケルボルトン

グラミー賞、最優秀男性歌唱賞2回(ノミネート4回)、アメリカンミュージックアワード受賞6回、アルバムとシングルでレコード売上全世界で5500万枚。アルバム「Soul Provider」が1250万枚、「Time,Love,& Tenderness」が1600万枚を売上る。






IMG_yoko5
デイリースポーツ2015年7月24日


マイケル・ボルトンと深見東州さんの兄弟船コンサートに関して、新聞記事を掲載します。

今回、深見東州さんのバックバンドを務めたヘアー・バンドというバンドについて、少し書いてますね。

このヘアーバンドというバンド名は、リーダーのスティーブン・スモール氏の頭髪が見事なので、ヘアーバンドが似合いそうというギャグにより名付けられたそうです。でも、実力は一級で、喜多郎の音楽ディレクターであり、編曲家でもあるそうです。また大学講師もしている多才な人のようです。他の6人のメンバーも、それぞれの専門の分野の第一線でやっている人たちで、技術は高いそうです。
聞いていて、演奏にハリと勢いを感じましたね。30代がメインだそうなので、今までよりかなり若いといえますね。マイケルボルトンも、褒めていたらしいです。

マイケル・ボルトン・バンドも、マイケルとともに世界ツアーなど重ねてきた優れたバンドで、演奏は安心して聞けました。女性歌手のアマンダ・ブラウンさんは、ソロでも十分聞かせてくれるほどの力量で、 How Am I Supposed To Live Without You でのデュエットでも、かなり聞かせてくれました。たしか、2013年来日の時に一緒に歌ったのは、違う女性だったと思いますけどね。



深見&ボルトンが魅了!港・横浜に響いた洋楽の“兄弟船”

横浜4000人魅了 2年ぶり共演

港・横浜で、国境を超えた犒残鐐キ瓩、華々しく出港した。2年ぶりに来日したボルトンと、深見氏のジャズとポップスの祭典は、アンコールでの2人の共演でクライマックスを迎えた。

 ステージで深見氏は、「マイケルとともに、こんな素晴らしい世界にいるのだから」と、ルイ・アームストロングの名曲「この素晴らしき世界(What a wonderful world)」をアンコールに選曲。2人のデュエットで4000人の観衆を狒農欧蕕靴世界瓩悵き込んだ。

IMG_yokohama
サンケイスポーツ2015年7月21日


マイケルボルトンと深見東州さんのコンサートの記事を掲載します。
深見東州さんとマイケルボルトンは、本当に仲がよろしいようですね、見ててそう思いました。この記事からも、それが少し伝わってきますね



それにしても今年はISPSハンダグローバルカップがも新しく始まり、グローバルサミットがあり、ホセ・カレーラス、マイケル・ボルトン、そして今度プラシド・ドミンゴとのコンサートと、ビッグな行事が続いているだけに、ツイッターに登場する回数もいつのまにかすごく増えていますね。

最近思いましたけど、本当に天才的な人というのは、常人には理解できないのかもしれません。それを理解した上で、あえていうと、深見東州さんは、音楽や芸術活動、またスポーツ活動を通じて、大きな貢献をされてますね。それは間違いないかと。

いつも言われているように、日本や世界が少しでもよくなるように、そして、平和で住みよい社会になるように、その理想を追い求めてあると思います。ただ、私のような凡人には、どうやってそうなるのかが理解できてないので、よく見えてないので、ときどきわからなくなるのだろうと思います。ましてや、なにも活動の意義をご存知ない人からすれば、意味不明な活動のように見えるのかもしれません。

でも、そういう大きな理想や夢がなくて、あそこまで突き抜けた活動はされませんよ。どれだけ大変なことをされているのか、参加していると、だんだんわかってきましたから。
大きくて崇高な目的があるから、どれだけ苦労があっても、困難があっても、やり通されているのであって、それがなければ、もっと手間ヒマ労力資金もかけずに、目立たずに普通にやっても、深見東州さんの才能があれば何でも成功するでしょうから、きっとあそこまでいろいろされてないと思います。

おそらくどこかで、すべての活動が全部繋がって、すばらしいことになるのではないかと、今は漠然とそう理解して、これからも応援したいと思ってます。



ということで、それではちょっとだけ、最近のツイッターを覗いてみましょう























































































































































































横浜の夜は最高でしたね、深見東州さんとマイケル・ボルトンのコンサートのことですけど。

マイケル・ボルトンは、自らのバンドであるマイケル・ボルトン・バンドを率いて来日。ハイレベルの歌と演奏を聴かせてくれました。「Go The Distance」の歌に乗って登場したマイケル・ボルトンですが、「That’s Life」「New York New York」「You Don’t Know Me」「Fly Me To Yhe Moon」など、アルバム「Bolton Swings Sinatra」や「Vintage」から、ジャズやポップスのスタンダードナンバーを数曲を歌いました。シビれますね。セクシーで、お腹の底にまで届くようなソウルフルなヴォイスは健在でした。そして、アマンダ・ブラウンという女性シンガーとデュエットで、グラミー賞受賞曲の「How Am I Supposed to Live Without You」、デヴィッド・フォスター作曲の「The Prayer」を歌いました。この2曲で、会場は歌に酔ったようになりましたね。アマンダさんも相当な実力派の歌手でした。

そして、サックスとベースの演奏の後、あの「男が女を愛するとき」を、1階席の真ん中に現れて歌いました。このときに場内の興奮は最高潮になりました。さすがに盛り上げ方が上手いですね。最後は、我が心のジョージアを、力のこもった熱唱で歌いきりました。1時間くらいでしたでしょうか、もっと聴きたい曲はたくさんありましたが、でも、十分に楽しませてもらいました。

そして、深見東州さんは、この日は予定した通り、ジャズのスタンダードをたっぷりと歌ってくれました。これが酔わせる甘い声ですね。マイケルボルトンは、迫るようなビターな味わいがありますが、深見東州さんは、声質も歌い方も、また違っていました。会場にカーンと響くような歌い方だなと思いました。何方がいいとかいうものではないので、それぞれの持ち味を生かした曲で、そして魅力的に歌えば、それが一番ですよね。

20150803025445975


この日は30年代、40年代の名曲を多く歌われてました。マイケル・ボルトンもこの時代の歌をたくさんカバーしてますから、ヴォーカルの良い曲が、たくさん出た時代なのでしょうね。ここをルーツにするミュージシャンは多いですからね。

最後は、アンコールに答える形で、お二人によるデュエットが実現しました。「この素晴らしき世界」と「誰も寝てはならない」を、うっとりする美声で感情たっぷりに歌われましたね。鳥肌ものでした。深く心の奥まで届きました。やはり、ここまで上手な歌手の競演になると、もう、言葉がいらないですね。静かに、ずっと余韻に浸っていたい、そんな感じにさせるラストでした。



では最後に、ツイッターのつぶやきを少し見てみましょう。
































































深見東州さんのライブは、今の所HANDA.TVで見ることができます。動画では、アップされてませんので、今日もマイケル・ボルトンの歌のみを紹介します。

その横浜バシフィコでのコンサートは4000人以上入るようですが、すでにSOLD OUTしているようです。

私は、Gems: the Duets Collectionとベスト盤を持ってますが、ベストはもちろんですが、このDuets Collectionはオススメです。世界の著名なアーティストと競演する、とっても素敵な曲ばかりが満載です。

ちょっと聞いてみましょう。これは豪州の歌姫とのデュエットです。

I'm Not Ready - Delta Goodrem & Michael Bolton on Dancing With The Stars (US) - May 10




もちろん、CDにはスタジオ録音の別バージョンが収録されています。
もう一曲、ララ・ファビアンとのデュエットを聞いてみます。

LARA FABIAN & MICHAEL BOLTON - The Prayer @ Hit Man Returns - David Foster & Friends 15.10.2010




これもスタジオ録音で収録されてます。
この他にも、いろいろなジャンルで、素晴らしい歌と演奏が聴けます。

なを、日本版には、セッド・アイ・ラヴド・ユー...バット・アイ・ライド、ウィズアウト・ユー、ラヴァーズのボーナス・トラックが付いてますからとてもお得です。


_SX450_



そのCDのレコーディングの風景とインタビューなどを見ることができます。
Michael Bolton - A Look At Gems: The Duets Collection




STEEL BARSでのオリアンティのギターがしびれますね。

このDuets Collectionは、ヴォーカルものが好きな人には、本当にオススメの1枚かと思います。



それでは、少し変わりものでは、ザ・ロンリー・アイランドという、ヒップホップ系のコメディグループと競演した曲がありますので、それを聞いてみましょう。なんとなく笑えます。

Jack Sparrow (feat. Michael Bolton)




最後は、パブロッティと共演したもので、Nessun Dormaを歌っています。アリアもジャズもロックもR&Bもバラードも、何を歌っても素晴らしい歌唱力ですね。深見東州さんと気が合うのもわかる気がしますね。

Nessun Dorma (Live). Pavarotti, Michael Bolton & Friends together for children Bosnia (HQ)






↑このページのトップヘ