深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

トニー・ブレア元英国首相

深見東州(半田晴久)さんが総裁を務める、世界開発協力機構では、これまでに10回のサミットを世界で開催してきました。

ざっと振り返ってみたところ、以下の通りです。

2013年9月 第1回世界オピニオンリーダーズサミット
383


2013年11月 第2回世界オピニオンリーダーズサミット
gols_img


2014年11月 第3回世界オピニオンリーダーズサミット
img02


2012年11月「スポーツ平和サミット第1回大会」(ロンドン)

2013年7月「スポーツ平和サミット第2回大会」(東京)
world_sports_values_summit_for_peace_01


2014年5月「スポーツ平和サミット第3回大会」(ニューヨーク国連本部)

2015年11月 「スポーツ平和サミット第4回大会」(ケープタウン)
top_01


2015年5月「世界の若い議員と語り合うグローバル・オピニオン・サミット」
20150522


2015年12月「WSD世界人権サミット」
160119


2016年3月「世界の医療と、国際政治」サミット
20160316



それぞれにテーマがあるのが、一見してわかりますね。
まず、海外の著名な政治家を招いて開催されるのが、世界オピニオンリーダーズサミットでしょう。
スポーツ平和サミットは、平和と発展のためのスポーツの価値や偉大さということがテーマのようです。それ以外にも、グローバルヘルス、日本の開発援助、人身売買などをテーマに開催されてきました。

その時のテーマによって、目的はそれぞれ違うと思いますが、深見東州(半田晴久WSD総裁)さんが、世界オピニオンリーダーズサミットを開催された時に言われていたのは、世界の優れたオピニオンリーダーを日本に集めて、世界や日本のこと、平和や未来の展望について議論することで、日本と世界の将来が描かれ、対応すべき方法も探られるかと思い開催したと言われてました。そして、日本の若いリーダーにとっても刺激となり、また、多くの人に来場してもらい、学術的な討論ではなく、わかりやすく解説し、直接触れることによって、世界のオピニオンリーダーとなる人たちが、日本からも育って欲しいとの願いがあるそうです。

確かに、ビル・クリントンやトニー・ブレア、コリン・パウエルなど、政界の一線からは退いてますが、世界でトップクラスの政治家と評価する人は多いでしょう。

深見東州さんが、いつもサミットの時に言われるのは、学者さんたちの会議では、その4〜6割が言葉の定義と揚げ足取りのような感じで終わってしまうそうです。そして、過去の歴史と現状は語れても、それらの問題を解決するにはどうしたらよいかになると、現実的で総合的な意見や判断が出てきにくいそうです。将来の判断も過去の結果から割り出すことが多いので、現在や未来に通じるとは限らず、結果として予測が外れてしまうことが多いようです。

深見東州さんは、現実と未来に通じるビジョンを描くには、人間や社会というものの本質的な理解や総合的理解が必要と言われていました。それは、各民族や各国家が動く行動パターンや行動分析、地球の自然や災害と社会や経済との関係、諸外国と自国との政治的・軍事的・経済的な関係、突然現れる天才や指導者が与える影響など、様々な要件や要素を有機的、立体的、総合的に見ないといけないそうです。
そのためには幅広い知識や教養が、当然求められるでしょう。社会や人間を総合的に見る社会学者の予測は、けっこう当たることが多いようです。

しかし、そういう部分が欠落している学者や官僚や政治家だと、的を得たことはできないようです。30年前には、そういうことができる優秀な人材が、日本にも豊富にいたそうですが、今は減っているとのことで心配されていました。さらに現代では、グローバルな総合視点で物事を見る見識も問われるため、いよいよそのような人材が、日本では困難になっているのでしょうね。

個別のテーマに沿った目的以外に、開催する意義として、そういう状況を打破し、日本からも、素晴らしい人物がたくさん出てくることを目指されているのでしょう。

ところで、毎回様々な分野から、たくさんの専門家や政治家さんが世界中から参加されてきました。いつも思うのは、これだけの人たちを呼べるという、深見東州さんの人脈の広さと素晴らしさです。こればかりは、時の日本の政府首脳とかならともかく、民間人でここまでできる人は、日本では他にいないように思いますね。

何故、こんな人たちを日本に呼べるのでしょうか。それは、多くの人が感じる謎ではないかと思います。単純な人は、お金だよと言うでしょうね。しかし、残念ながら、お金がいくらあってもそれは無理だそうです。クリントンにしても、トニーブレアにしても、「お金を出せば呼べる」という話ではないそうです。それは、国際舞台をよく知る伊藤憲一日本国際フォーラム理事長が、そう言われてました。伊藤憲一さんご自身も、いつも深見東州さんのされることには驚いているようですけどね。

一つだけはっきり言えるのは、深見東州さんとそういう人たちとの間に、人間関係ができていることでしょう。人間的な魅力や友情に基づく信頼関係が存在するのは確かだと思います。

深見東州さんは、様々なプロジェクトを同時並行で進めることでも有名ですが、そのジャンルはスポーツ、音楽、福祉、学術、教育、宗教など、人間社会のほとんどをカバーしているように見えます。それらとは別に、ビジネスにおいても、世界的なブランドメーカーと、国際的な取引をされています。常に欧米人と接触する機会があり、ますます増えていると思いますが、その時に重視されるのは、やはり推進する中心人物の人間性になるようです。お互いの代表者同士で、人間的な魅力やフレンドシップによる信頼関係を築けなかったら、文化や国境を越えてこのような活動はできないようです。そのポイントは、人間性と「センス・オブ・ユーモア」なのです。

これは、深見東州さんがよく言われてますが、外国の要人は、ユーモアのセンスに欠ける人とは、あまり付き合いたがらないそうです。だから真面目で堅い、ユーモアのセンスがない日本人が来ると、忙しい要人たちは、あまり相手にしてくれないそうです。真面目で勤勉なのは素晴らしいのですが、国際舞台では、それだけでは通用しないようですね。外交や交渉においては、語学力やロジックのキレに加えて、やはりこのセンス・オブ・ユーモアが必要で、これが日本人にはどれも欠けているため、お金を出す割には、欧米人の風下に立たされやすい原因の一つにもなっているようです。損をしているのですね、日本人は。

ところが、深見東州さんはどうかというと、とにかく欧米人の中にいても、欧米人以上にユーモアたっぷりにお話をすることができ、すぐに相手と友達になられるそうです。いつも、深見東州さんのいるところ、爆笑の渦が起きているようです。それは、わずかな機会しか見ることができない、私のような人間でも、見ていてわかります。
そして、世界中のどこであっても、アフリカでもアジアでもアメリカでもヨーロッバでも、そうされているそうなので、「こんな日本人は初めてだ」と、海外では握手を求められることが、多々あるそうです。こういう部分と、世界中に要人や著名人の友人がいることとは、決して無関係ではないでしょう。それどころか、メインの大事な要素になっていると思いますね。

毎年恒例になってます、深見東州・バースデー書画展は、今年は3月19日から31日までの開催になります。恒例と言っても、毎回何かが加わるか、変化していて、同じような絵画展はされませんけどね。

第16回となる今年の深見東州・バースデー書画展は、正式名称を「かいがいしく絵画を見て、ショーのような書を見て、コテコテのギャグを楽しむ個展」なのだそうです。去年の第15回は、「墨で個展個展、絵具で個展個展、見るのにてんてこ舞いの個展、通称第15回 深見東州バースディ個展、別名深見東州大英博物館凱旋個展!!!」となっていました。長いタイトルですね。

去年は、深見東州さんにバースデーメッセージが、世界の著名な友人たちからたくさん届いていて、心温まりました。ルネ・フレミングからのビデオメッセージが、中でも印象に残りました。そして、ジミー・ジェイミソンが生前に作曲したという深見東州さんの歌もあったそうで、それをストーム・ブリンガー・バンドが演奏して、ビデオで紹介されてました。正直な歌詞もとても良かったです。今、HANDA.TVでは、その去年の個展の様子が放映されています。

そして、一昨年の2014年深見東州バースデー個展は、先日も少し紹介しましたが、紹介できなかったところをあと少し紹介しておきますね。こちらもHANDA.TVの、お見のがし分のところから、見ることができます。2014年のタイトルは、「れでぃ画画のような肩こってんのほぐれる個展!!」でした。

20140405032816426 (1)


オープニング・セレモニーには、親しい政治家の人たちも駆けつけて、挨拶をしてました。結構笑ってしまう楽しい挨拶でした。亀井静香衆議院議員は、深見東州さんの絵画のことを、絵の価値は私にわかるはずはないですがと前置きしながら、私の直感ではシャガールの絵を超えていると思うと、感想を述べてましたね。ヨーロッパでシャガールの絵を見られてきたのでしょうか。

どことなく作風が似ているものもありますよね。色使いなどでも、似てる感じもします。でも、ジョアン・ミロのような作風もあるし、マチスのような絵もあるし、初めはゴッホみたいと思ったこともありましたけど、最近は独特な誰の絵にも似てないものが多くて、年々高みに昇って行かれてる気がします。

鳩山邦夫さんも、おかしなことばかり言って笑いを取ってましたが、絵に関しては、天才性が十二分に発揮されていると真剣に言われてました。そして、母方の祖父の石橋正二郎(ブリジストンの創業者)の話を始めて、青木繁の絵画を集めまくっていたけど、今生きていたら、深見東州さんの絵画を集めていただろうとか言ってました。ただ、深見東州さんの絵画は売り物にはされてないようですけどね。

また、「深見先生は芸術活動のほかに多くの国々と親交を深め、特にカンボジア政府は、日本政府以上に、深見先生に大変感謝している」ということも教えてくれました。そしてこの時の挨拶で、深見東州さんに日本ロシア協会の副会長を引き受けて欲しいとお願いして、引き受けていただいことも感謝されていました。その日本ロシア協会50周年の時の挨拶がネットに掲載されてますが、深見東州さんの挨拶に、「日頃より親しい鳩山邦男会長より、『私が大切にしている日ロ協会を支えて欲しい。半田先生のお力が必要です。会長代行・副会長を引き受けてください』と、突然のお願いがあり、鳩山先生のお願いであればと、お引き受けした次第です。これが、日ロ協会との出会いです。その後、日ロ協会理事会の推挙もあり、NPO法人東京日本・ロシア協会を設立しました。私が会長を務めることになり、名誉会長に鳩山邦夫氏、最高顧問に高村正彦日ロ友好議員連盟会長に就任をお願いしました」と書かれていました。

深見東州さんは、ロシアの不世出のバレリーナ、マイヤ・プリセツカヤさんを2度も日本に呼んで、一緒に創作バレエの舞台に立たれています。深見東州さんは、政冷経熱文温という、政治関係が冷えている時でも、文化の交流が温かければ、やがて政治関係も改善されますと言われ、いかなる時も文温が大切ですと言われていました。小泉政権の時、日中関係が冷えていた時も、そう思って、京劇や創作オペラなどで日中の文化交流に務めてこられたそうです。日ロにおいても、文温を専門にやっていきたいそうです。芸術は世界共通語と言いますが、音楽やアート活動が、世界の平和に貢献できると私も感じます。まずは2国間の関係にも、良い影響を与えてくれるのではないかと期待しています。

それから、日本国際フォーラムの伊藤憲一氏の挨拶もいい話でした。カンボジアで、シルブッド・ノルドム王子から、日本人でぜひ紹介したい人がいると言って紹介されたのが、深見東州さんとの初めての出会いだったそうです。伊藤氏は、半田晴久さんは、レオナルド・ダヴィンチ以上の人だと思うとしみじみ語っていました。

トニーブレアやビル・クリントンを日本に呼んだときも、世界中から呼びたいと思っている人がたくさんいるのだから、難しいんじゃないかと思っていたそうですが、実現したので驚いたそうです。伊藤憲一氏によると、今、あの二人を日本に呼んでこれるのは、半田さんしかいないと思うと言われていました。世の中には、お金を出せば呼んでこれると思っている人がいるようですが、とんでもないと言われてました。お金をいくら積んでも来ませんよということです。人間が人間に惚れるような、そういう人間の心理学を実行しているような人であって、向こうも応えてくれるようになるそうです。あのクラスの人達になると、相手にもそれだけのものがないと、来てくれないということなのでしょう。

あと、伊藤憲一氏によると、「半田晴久さんは、どんなに地位が高い人でも、不遇な人に対してでも、態度は変わらない」のだそうです。これはなかなか誰にでもできることではないし、そういう人はいませんと言われていました。普通は強い人にはビビってしまうし、弱い人には馬鹿するのが、人間の弱いところなんですよと言うことです。
それから、外交国際問題でも、急に喋って欲しいと言われても、30分くらいとうとうと、外交問題を専門とする大学教授クラス以上のことを話すんですよと言われてました。そういう部分や、半田さんの人間としての魅力を加味するとダビンチ以上だと思うとのことです。

20140405032816876 (1)


それから、この第14回バースデー個展では、深見東州さんによる、巨大な書のバフォーマンスが行われました。龍という字を、巨大な筆を使って渾身の気合を込め、書かれました。力作ですね。その後は、和太鼓のパフォーマンスと続き、これは、途中から太鼓を離れて招待席へと乱入されるという予想外のパフォーマンスで、会場からやんやの拍手と笑いが絶えませんでした。いつでも深見東州さんが行くところ、周りが和んでしまい、笑いの中に包まれてしまいます。こういう懐の深い、周りの人を自然となびかせてしまう雰囲気を持つ人が、大きな仕事ができる人なんでしょうね。

今年の第16回深見東州・バースデー書画展は、どんなオープニングになるのか、それも楽しみの一つです。

↑このページのトップヘ