深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

半田晴久 ビジネスマン

以前、アメリカの経済誌「フォーブス」で、深見東州さんのことが記事になっていたものを紹介しました。

「フォーブス」誌に紹介された深見東州さんの評判



その記事は、音楽などのお仕事で深見東州さんとお付き合いのある方が書いてました。IMGアーティストというエンターテインメントビジネスに関する事業のチェアマンだそうです。IMGアーティストは、アーティストやセレブリティのマネージメント、ツーリング、ダンス、アトラクション、フェスティバル、イベントの管理とカルチャーコンサルティングを行っているそうです。ルネ・フレミングやアンジェラ・ゲオルギュー、キリ・テ・カナワなどもIMGアーティストに登録があるようですね。

もともとは、インターナショナル マネージメント グループ・オーヴァーシーズLLCという、世界25カ国以上で事業を展開しているスポーツ、ファッション、メディアのグローバルリーディングカンパニーの中で、1984年に設立されたそうです。今は、そこから独立した形になっているのか、詳細はわかりませんが、そのIMGアーティストのトップになる方が、「フォーブス」誌に寄稿した記事でした。


今回は、フォーブス ジャパンの雑誌に紹介されていました。

深見東州さんの人脈作りに関することがメインで書かれてました。とても良い記事ではないかと思います。深見東州さんのことを何も知らない人にでも、こんな人なんだと、理解する助けになるように思いますね。そして、こんなに型破りなパワーで、世界を相手にしている日本人がいることを、もっと多くの人に正しく知ってもらう機会になるといいですね。


それで、ここに書かれている深見東州さんの言葉の中には、欧米人とのおつきあいの、いろいろなコツが含まれていますね。
過去に山ほどの欧米人と、さまざまな交渉や折衝をされてきたかと思いますが、「西洋人相手にはロジックをもって、大声で口数多くたくさん話す」ことが大事だそうです。さらにそれが楽しく話せないといけないそうですね。

論理的になぜそうなるのか、何故ならばこう言う理由があるから、またこう言う原因があって、このような結果になるということを、明快に相手が納得するまで説明されているそうです。当たり前のことのように思いますが、論理的に説明するというのは、なかなかできないですよね。そこを深見東州さんは論理明快に、しかもロジックのキレが鋭いです。文章を見ていても、いつも感心することが多いように思います。


それから、人間対人間の付き合いができないと、西洋人相手のビジネスは成功しないとも書かれてました。短い言葉ですが、経験から滲み出てくる欧米人との交渉のコツが凝縮されている言葉だと思います。
世界では、個人と個人の信頼関係を作ることが大事だそうです。日本人は、相手の組織の格や役職を見て仕事をするけど、西洋人は人間を見て仕事をするそうです。

日本人が組織や役職を見て仕事をするというのは、本当にうなずけます。しかし、欧米人はそうではなく、その人間の中身を見て、組織にとらわれずに判断をするのでしょうね。だから深見東州さんは、いつも裸で相手にぶつかっていくそうです。情熱を持ってぶつかっていき、権威や地位に臆せず、「なんぼのもんじゃい」とばかりに明るく立ち向かう度胸と愛嬌が功を奏しているようですね。


それから、世界に出てビジネスをする上では、経営者として尊敬されることが大切だと思います、と書かれてました。そのためには文化的な教養の高さが必要になるそうです。深見東州さんのように、欧米の文化を極め、日本の文化も極めている人は少ないと思いますが、少なくともある程度の理解をしておく必要がありますね。

深見東州さんは、誰でも驚いてしまうほど芸術文化への造詣が深く、また広範囲にわたり、なんでもよくご存知ですね。知識も教養も見識も、半端なものではないと思います。だから、あらゆるジャンルの本を書くことができ、詩や俳句や小説が書けるのでしょう。国際情勢や、様々な世界の問題についても、その道の専門家のように詳しいです。意見も核心を突く鋭いものが多いです。その専門なのかと間違えそうになりますね。

興味のある方は、フォーブス ジャパン11月号をお読みください。

フォーブス ジャパン


最近、時計事業において、海外ブランドの総輸入元になることの多い深見東州さんですが、腕時計王という専門誌で、そのことが紹介されています。

IMG_3328



先日開催された、6つの海外ブランドを紹介するローンチパーティでの、深見東州さんへのインタビューが載っていました。

「各ブランドとも、以前から日本の腕時計市場に大変興味を持っていましたが、ブランドの理念を正しく理解できるインポーターに巡り会えなかったようです。そこで、彼らから私どもにアプローチをいただき、日本総輸入元に任命されたのです。
日本で初めて紹介される高級時計メーカーのユニオン・オルロジェール、スイスの老舗ブランドであるカトレックスなど、6ブランドのいずれも価格帯やキャラクターが異なるので、幅広いニーズに対応できるでしょう」と、話されてます。

そして深見東州(半田晴久社長)さんは、日本総代理店の命を受けて、直接指導する専門部署を設立し、各ブランドのパートナーとして、日本に定着させるために根気よくプロモーションすることを約束されたそうです。




株式会社ミスズによる、キャンディタイムのCMも、フォックスTVで流れているようです。こちらの動画がそうですね。




出演しているのは、女子中高生を中心に人気の歌姫、ミラクル ベル マジックちゃんですね。歌が上手くて、クリエイターであり、ダンスもできて、英語がまたすごいです。別に怒涛の英語のみすず学苑で鍛えられたわけではなく、独学で学んだそうです。初めて見た時はハーフと思ったベルちゃんですが、純日本人だそうです。
バックに流れている曲は、彼女が歌う「Miracles Happen」 という曲です。
素敵な可愛い曲で、声がいいですね。奇跡が起きそうです。

オフシャルサイトも楽しそうです。
http://miraclevellmagic.com


それから、この時のローンチパーティの映像を、HANDA.TVでも、現在見ることができます。下の動画はそのダイジェスト版で、各ブランドの紹介と、歴代のミス・ユニバース日本代表たちのコメントなどが聞けます。みんな綺麗な方たちですね。






































みすず学苑のホームページはときどき更新されてますが、また新しいコーナーができていました。そこに、深見東州さんの名前の謎が書いてあったのに気がつきました。

私は深見東州さんというふうに、いつも書いていますが、ご存知のように本名は半田晴久さんです。宗教家(ワールドメイト)、あるいは画家、歌手、著述家の時に深見東州の名を使うそうです。演劇、詩人、俳人、歌人、小説家の時は戸渡阿見の名を使い、パスポートを要求される外国での活動、経済人や公益財団の代表、大学教授として講義を行う時、また、外交や経済、医療などのサミットの時には官公庁の要請があり半田晴久という本名を使うというふうに、使い分けているそうです。

なかなか大変ですが、それには、実はもっと深い訳があったんですね。

それは、書店での販売に対応するためなのだそうです。どういうことかというと、34歳で初めて本を書かれた時は、深見東州の前の名前である深見青山だったそうですが、それ以来著述家として、深見東州(深見青山)というペンネームで、いろいろなジャンルの本を書いてきたそうです。ところが書店では、ビジネス書だろうが、教育の本だろうが、深見東州のペンネームで書いたものは、すべてが精神文化や宗教書コーナーに並ぶんだそうです。
そうすると経営の本を書いても、それでは経営の本を探している人が見つけることができないですから、当然、売上に繋がりにくくなってしまいますね。困りますよね。そこで、名前を変えて出すようにされたそうです。すると、小説は小説のコーナーに、ビジネス賞はビジネス書のコーナーに並ぶようになったそうです。

そのように、それまではどんな本を書いても、置かれるコーナーが決まってしまってたそうです。それが名前を使い分けたことで、おくべき場所に分かれて置かれるようになったそうです。これは書店が内容をよく把握してないというのもあるんでしょうけど、深見東州さんのように、全く違う分野の書籍を、しかも複数の分野にわたって書くという人がいないことも、原因だったのかもしれませんね。

ちなみに、現在までに著作は280冊を超え、累計で600万部以上売れているそうです。それ以外に、CDやDVDなどもありますから、ものすごい文筆活動、創作活動になりますね。

それから、もう一つ理由がありました。それは深見東州さんが、能楽師であることにも関係しているようです。一流の能楽師というのは、お面を付け替えるだけで、全く違う役柄になりきることができるそうです。それと似ていて、ペンネームにも、そのキャラや世界があるそうなので、名前を使い分けることで、様々な分野の役柄になりきれるそうです。その方が、創作がやりやすいそうです。

なるほどですね。そういう理由があって、面倒でも3つの名前を使い分けていたんですね。

もっと詳しく読んでみたい方は、こちらからどうぞ

himitsu-01

学苑長の、秘密の一部を紹介します。(その,箸修劉)
http://www.misuzu-gakuen.jp/himitsu/index01.html




深見東州さんが経営する株式会社ミスズが、新たにスイス、イタリアのお洒落な有名ブランドの総代理店になっていました。
昨日、そのお披露目パーティーが開催されたようです。

予備校の「みすず学苑」のミスズ スイスやイタリアの時計6ブランドと契約
160610-dici-001



株式会社ミスズは、みすず学苑がとても有名ですが、時計業界でも、1980年からオリジナル時計の製造・輸入・卸業をスタートさせ、また国内外のブランド商品の卸、販売を、これまで36年以上手がけるなど、時計業界では有名な会社だそうです。日本では、特にファッション時計と言われる分野の扱いでは、その業界をリードしてきたとも聞いたことがあります。

そういう、深見東州さんの時計への特別な思いが通じたのでしょうか、昨年はロベルト・カヴァリ by フランク・ミュラーの信頼を勝ち取り、日本初上陸となる総代理店になりました。海外でしか手に入らない時計でしたから、喜んだ人もたくさんいたでしょうね。

今回のお披露目では、さらに新たなブランドの総代理店に、ミスズがなってますね。

今回紹介されたのは、「ユニオン・オルロジェール」、「カトレックス」、「ヤーマン&ストゥービ」、「ロシャス」、「キャンディタイム」、「ディーチ」となってました。

「カトレックス」と、「キャンディタイム」の商品は、すでにミスズのホームページにも掲載されていました。その中で、「ヤーマン&ストゥービ」というブランドは、ゴルフウォッチに特化したブランドなのだそうです。各ホールのスコア、ホール数、累積ストローク数を表示する、スコア・カウンターと機会式時計を合体させた、そんなゴルファーのための時計があるんですね。ゴルフの聖地セント・アンドリュースの名前を冠した『セント・アンドリュース・リンクス』という時計もあるそうです。

あとはよくわかりませんが、そのうちホームページに掲載されるでしょう。時計に関心のある人はミスズの直営店の「時計の恋人」のホームページでもチェックできると思います。あまり見てると欲しくなっちゃいますけどね。

「時計の恋人」




2012年のミスユニバース日本代表の原 綾子さんです。とても綺麗な方ですね。仙台の人で、東日本大震災の後だったので覚えてました。



ミスユニバースジャパンの女性たちと、深見東州(半田晴久ミスズ社長)さん



それにしても同じミスズでも、みすず学苑の雰囲気とは随分違いますね。時計のセレブでファッショナブルな演出を考える人と、みすず学苑の広告やCMを作ってる人が、どうしても同じ人だとは思えないですけど。













やっぱり、深見東州さんは怪人でした!




深見東州さんは、たちばな出版という会社も経営されてます。
「座って読んでもたちばな出版」「立場ない人にたちばな出版」というフレーズをどこかで見たか、聞いたかした人もいるのではないでしょうか。

みすず学苑もそうですが、たちばな出版も、電車広告がけっこう目立っていると思います。みすず学苑は、関東以外では見られませんが、たちばな出版の場合、書店も読者も全国展開ですから、もっと広い地域で、広告を打たれていると思います。新聞広告でも、深見東州さんの書籍を中心に、ユニークな広告を時々見かけますね。

それで、このたちばな出版にしかない特徴の一つに、ユニークなキャンペーンの存在があります。特にここ数年は、有名なアニメのキャラクターを配したラーメンなどを開発し、本を購入した人にプレゼントする企画が、なかなか好評のようです。書店からも、そういうキャンペーンを企画する出版社が他にないでしょうから、重宝がられているという話も聞きました。そのラーメンは、私は確認してませんが、物によっては高額なプレミアムがついて取引されるほど、一部のマニアの間では評判になっているとか、そんな話も聞きました。

私も、何種類か食べたことがありますが、味は美味しいです。ただ、量は少ないですけどね。当然、マニアの人は食べないで、そのまま保存しているのでしょうね。


では、どんなキャンペーンが過去に行われてきたのか、たちばな出版のホームページを参照して、主なものをピックアップしてみました。知らないものもたくさんありました。

  • ヤッターマン ポテトチップスキャンペーン

yatta

  • ジャングル大帝 ラーメンキャンペーン

  • ゲゲゲの鬼太郎焼きそば弁当キャンペーン

img_top

  • ラーメンの鉄人28号キャンペーン

  • ガッチャマンが魔を打ち払う 魔ヨネーズキャンペーン

  • ゴジラーメン キャンペーン

  • 天童よしみの魔よけヌードルキャンペーン

  • ハクション大魔王 クシャミキャンペーン

  • 魔女っ子メグちゃん 魔女ごのみキャンペーン

  • 仮面の忍者赤影ラーメンキャンペーン

  • アトム・ラーメンキャンペーン

  • ブラックジャックのプチU.F.O.キャンペーン

12615NC

  • トマトジュースを飲んで、アトムのように空飛ぼうキャンペーン

  • ハローキティのうどんを食べようキャンペーン

  • 宇宙戦艦ヤマトキャンペーン

  • ゲゲゲの鬼太郎ラーメンキャンペーン

20131106154946

  • ウルトラマンキャンペーン 茶わっ!

  • 星がる宇宙人銀河鉄道999ラーメンキャンペーン

mig


キャラクターに関しては現役のものもありますが、かなり往年の名作のようですから、幅広い年代に受け入れられたのではないでしょうか。それにしても、これを全部集めている人がいたら、すごいことでしょうね。私はこの中の4分の1くらいしか、実物の景品を見たことありませんけども。お菓子やジュースもあったとは、今回初めて知りましたね。ラーメンだけでは無いんですね。焼きそばは、見たことありましたけど。



ところでたちばな出版のホームページに、社長の深見東州(半田晴久)さんの挨拶が掲載されていましたので、そこから一部を引用します。

 会社とは収益をあげることを一つの目的とするものですが、弊社は80%の収益の追求と20%の遊びを追求しております。
 収益がなければ会社は存続できませんから、80%はしっかり収益の追求をする。しかし、20%の遊びがないと、徐々に萎縮し枯渇してしまうというのも会社であると思います。遊びの中から新しいもの、思い切ったものが生まれ、これまでなかった新しいヒントが生まれるということがあるわけです。
 会社にとっての遊びとは、役には立たないもの、売れない物、しかしながら面白い物の追求だといえます。
 作った物を確実に全部売らなければいけないとなると、人間は萎縮してしまいます。だから、売れなくて在庫に残ってもいいと腹を決めるのです。こういう遊びがあるから、夢とロマンを持つことが出来、自由な発想が生まれるのではないでしょうか。
  このように確実に収益を確保する部分と夢とロマンを求めるところ、両方あるのが常に新しい発展と脱皮をする会社だと考えております。


なるほどですね。このような考えのもとに、こう言うキャンペーンもあるのでしょうか。なんでも、その昔、生簀を書店の中に持ち込み、生きのいい鯛を泳がせて、本を買った人に釣堀を楽しんでもらう企画も実行されたそうです。さすがに私は、それを本屋で見かけたことはありませんでしたが、よくそんな企画を実行されるなと驚きますね。遊び心がなくしては到底できませんよね。
しかし、それを、去年のシニアゴルフトーナメントの会場でもされていたようで、大変な賑わいだったと聞きました。たちばな出版のキャンペーンのノウハウが活かされていたんでしょうね。

それから、キャンペーンが終始一貫してダジャレに満ちているところは、みすず学苑と共通してますね。まだ、たちばな出版の方が、やや控えめかもしれません。書店が相手ですから、あまり冗談が過ぎても、いけないのかもしれませんね。

さらに、深見東州さんの挨拶から引用します。


  特に出版社というのは、創造的な人たちが必要です。あまりに数値を追求したり、四角四面だと物作りの人たちは枯れてきます。ときどき、思い切った遊びをやって活性化する。そして常に創造的な人を募って斬新なものを作っては徹底して売り込む。これが我が社のモットーとしているところです。また、斬新でユニークで強烈な販売キャンペーン、一人ひとりが二ひねり三ひねりのある最強の営業マン軍団。これも出版業界では異色の存在だといわれています。それは、販売戦略や販売戦術、また一人ひとりの営業マンの教育においても、決して20%の遊びを忘れない社風から来るものであります。また、例えば、教養文庫というのは遊びの一環で、「本当にいい本なのにどこにも見あたらない、是非読みたい」という一部のマニアのために創刊されました。勿論、良書を廉価で読者の方々にお届けしたい、という気持ちでしたが、収益性のみを追求してはできなかった試みでしょう。今では一部のマニアには大変喜ばれ、心待ちにされております。これからも、こういうバラバラな発展エネルギーをいつも失わずにいたいと思っています。


ということですが、営業マンの人たちも、コスプレをして書店の営業に行っているそうです。ツイッターにも、たまに書店に現れたコスプレ営業マンの写真が登場してますね。あの姿で電車に乗って移動しているとすると、かなりのツワモノですね。感心します。

たしか、たちばな出版の以前のホームページには、いろいろなコスプレで、過激に変身した営業の人たちの写真が掲載されてました。今は無くなっているようですが、代わりにコスプレした営業車、いえいえ改造車が掲載されていました。とても可愛い動物カーです。街でこんなの見かけたら、思わず寄って行って、動物の頭を触ってみたくなりそうです。

最後に、ツイッターで、評判を見てみました。













































↑このページのトップヘ