深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

深見東州 (半田晴久)サッカー

最近東京ヴェルディのことが、立て続けにニュースになっていますね。

時系列に書いていくと、まず、先日6月10日の名古屋グランパス戦での、「ISPS DAY」のことが、いくつかのスポーツ新聞などで報道されていました。「ISPS DAY」とは、東京ヴェルディのメインスポンサーである、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会(ISPS)のスポンサーデイのことですね。


IMG_isps57-min
スポーツニッポン 2017/6/16

この日は、観客が今季初めて1万人を超えた。小学生が観戦無料。半田会長自ら、経営する予備校・みすず学苑の生徒や卒業性を無料招待するなど、約四千人を動員した。「サッカーは実際に観るとパス・ドリブル、シュートといったプレー一つ一つが面白くて感動した。オペラも能も見てみないと良さはわからない。その思いを多くの人と共有したかった。」と語る。




次に、東京ヴェルディに、新しくスペイン選手の入団が決定したことが報道されていました。ビジャレアルBというクラブでプレーしていたカルロス・マルティネスというフォワードの選手だそうですね。
直近のスペインのサッカーリーグの3部で、38試合に出場し、20得点を挙げたそうです。スペインの3部といっても、レベルはJ2よりもかなり上という人もいました。期待できそうな感じですね。明日27日で、31歳になるそうです。

本人は、「私の持っているすべての力を出すために、そして多くの得点を取るために、ヴェルディにやってきました。ぜひ、応援をお願いします」とコメントしています。7月22日以降から出場可能になるそうです。楽しみですね。


東京V、ビジャレアルBから30歳スペイン人FW獲得。昨季は20ゴール記録 / フットボールチャンネル





そして、これはかなり驚きをもって報道されていましたが、東京ヴェルディが、元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ選手獲得に動いているというニュースが流れていました。イタリアサッカー界を代表する名選手で、今季限りで所属のASローマから選手としては退団したそうです。16歳でトップチームに昇格して以来、24年もの間ローマ一筋で活躍した選手だったそうですね。

イタリアにはACミランとか、ユヴェントスとか、インテル・ミラノなど名門チームがたくさんありますが、そんな強豪ひしめくイタリアのトップリーグ「セリエA」で、歴代2位の得点を挙げ、同じく歴代2位タイの出場数を誇る(1992年–2017年)、ものすごいレジェンド選手だそうです。欧州のスペインやドイツ、イギリスなどのチームには、世界中からトップ選手が集まってきますけど、特に1990年代のイタリアは、世界の強豪が集まる世界最高峰のレベルと言われていたそうです。

ローマからの退団後も、本人は現役続行を希望しているようなのですが、とはいえ、東京ヴェルディが獲得に動いていたとは、それは誰でも驚きますよね。

もちろん、今年で40歳ということなので、全盛期はとうに過ぎていますけどね。それでもチーム強化への影響力、あるいは日本のサッカー界への話題性、集客力などを考えると、もし、本当に来日するとなると、相当なインパクトになりそうです。

ただ目下のところ、アメリカなどのクラブからもオファーがあるようですし、条件面での折り合いなどもあるでしょうから、どうなるのか全くわかりませんけどね。

不思議なのは、羽生英之社長のお話の、「2、3週間前に、トッティ選手自身がヴェルディに興味を持ってくれていると、懇意にしている関係者から話があった。スポンサーに話をしたところ、行ってもいいんじゃないかということになった」という部分ですね。そんな世界のトップレベルの実績を持つ選手が、どうして東京ヴェルディに関心を持ったのか、本心を聞いてみたい気がします。

【東京V】元イタリア代表トッティ獲り認めた / スポーツ報知

代理人を務める同選手の兄に金銭面など条件を提示済み。関係者によると、年俸約250万ユーロ(約3億1000万)を提示している模様だ。ギリシャで休暇中のため「戻ってきてから進む話。金額をのめるかどうか」だという。米クラブもオファーしており、現役引退を含め決断が注目される。



東京V、元伊代表トッティ獲得!?社長が交渉認める / 日刊スポーツ

関係者によると、トッティ側からは300万ユーロ(約3億7500万円)を示されている。羽生社長は「大きな進展はない」としながらも、スポンサーの理解を得て条件提示はしており「夢のある話。減額にも応じてくれそうだ」と続けた。
 トッティはローマからフロント入りを打診されており、米MLSのマイアミからは東京Vの約2倍の額でオファーを受けているという。本人は現在は休暇中で当面は決断を待つ形になる。


















とても夢のあるニュースでしたけど、最後は、これも別な意味で夢があるイベントの紹介です。

万事屋銀ちゃんが応援⁉︎ サッカーチーム「東京ヴェルディ」がTVアニメ『銀魂』とのコラボデーを開催!

東京ヴェルディと人気アニメの『銀魂』がコラボするそうですね。株式会社チャイルドのパートナーDAYにて、アニメ『銀魂』のコラボデーを開催するそうです。8月20日(日)vs V・ファーレン長崎戦での開催ですね。おもしろそうですね。















上位対決となった東京ヴェルディVS名古屋グランパス戦は、2対1で、ヴェルディの逆転勝ちでした。

しかし、下手すると大敗しそうな試合に見えましたけど、よくあそこから勝つことができましたね。ロティーナ監督の采配がズバリあたったのと、選手がそれによく応えて頑張りました。今でも、信じられないような、わずか2分間での大逆転劇でした。

あれだけ猛攻していたグランパスは、再三の決定機をバーとかに当てて外し、逆にヴェルディは、一瞬の猛攻で2得点を挙げるという、これがサッカーの面白いところなんでしょうね。

味スタ


思わず、何度も興奮してしまいました。今回は、味の素スタジアムに行って観戦しましたけど、実際に見るのと、映像で見るのでは熱気が違いすぎますよね。行かなければわかりませんね。プロ野球はたまに行くんですけど、サッカーは熱狂的なサポーターの人たちについていける自信がなくて、なんとなく行かなかったんですよね。でも、そんな心配は全くないことがわかりました。みなさん、思い思いのスタイルで応援してましたし、東京ヴェルディのサポーターの人たちはとても優しかったです。

それから試合終了後は、わざわざ選手たちが観客席に上がってサポーターと一緒にラインダンスをするし、その後は一人一人にハイタッチしてくれるし、東京ヴェルディの選手はサービス精神が豊かですね。どこのチームもそうなんでしょうか。
ロティーナ監督もおつかれでしたでしょうけど、グラウンドでラインダンスしてました。選手と観客が一体になる感じがいいですよね。もちろん試合に勝つことが、ファンには最も嬉しいことかもしれませんけど、ふれあうことは大事だなって感じました。





















それから、名古屋グランパス戦の土曜日は、「ISPS DAY」だったので、いろんなイベントも開催されていました。

キャンディ・タイムのキャラクターを務めるミラクル・ベル・マジックちゃんが来てくれてました。キャンディタイムは、深見東州(半田晴久)さんが経営する株式ミスズが総輸入元になってますから、その関係で呼ばれたんでしょう。東京ヴェルディのユニフォームも作ってもらったそうです。ゼッケン100 番というのになんだか笑いますね。

そして、ミス日本や、ミスユニバースのファイナリストたちも、たくさん来てました。フォトセッションには、すごい人だかりができてました。綺麗な人たちがずらっと並んでるとそれだけで華やかになりますよね。ヴェルディの選手たちもそれで張り切ってるなんて話も聞きましたけど、楽しい気分になりますよね。途中から深見東州さんも登場されて、なにかお話しされてましたけど、マイクの音が小さくてよく聞こえなかったので残念です。

それにしても、コンコースは大混雑してました。こんなに人が来たのは何年ぶりだろ、とか呟いてるサポーターの人もいました。あとで今日の入場者数は12659人と発表されてましたけど、1万人超えたのは、数年ぶりのようでした。

それから、試合開始直前にも、深見東州さんの国歌斉唱と、美女軍団の皆様による始球式が行われ、大きな拍手で会場が沸きました。




















最後に、再び深見東州さんが登場して、スポンサーからの感謝の挨拶をされていました。サポーターの方たちも、まだかなり残ってくれていて、ISPS支援に感謝という大きな横断幕も出てました。そして、ISPSの応援歌も即興でやってくれました。東京ヴェルディのサポーターの人たちは、チームの苦しい時期を経験しているだけに、心遣いのできる温かい人たちなんでしょうね。

ただ、深見東州(半田晴久会長)さんが、何度もヴェルディ東京というからおかしかったですけど。






































ドウグラスヴィエイラ選手、このあと喜びの感情が爆発して、勢い余ってコーナーポールを思い切り蹴り飛ばしちゃったんですよね。笑いました。でも、一番胸熱のシーンでしたよ。

前回も紹介しましたけど、来週の6月10日(土)は、東京ヴェルディのメインスボンサーになった国際スポーツ振興協会(= 半田晴久会長)の、「ISPS DAY」が、開催されるそうです。 深見東州さんのことですから、何かいろいろな企画を考えていると思います。

02
J2リーグ第2節 ISPS HANDA Presents MAN OF THE MATCHが内田達也選手に贈呈


その東京ヴェルディの話題ですけど、今月から「VERDY TV」という名称で朝日新聞から、情報発信があるそうです。どんなものになるのかよくわかりませんが、露出が増えることは良いことですね。

(緑の旗のもとに)選手の表情 SNSで広がる / 朝日新聞デジタル



現在東京ヴェルディは、今日の第17節終了時点で6位ですね。トップとは勝ち点で6点差です。しかし下位チームでも、17位とは勝ち点6しか変わりません。1位から4位までのチームは皆4敗してますが、16位や17位のチームも5敗です。あまり変わりませんね。あとは引きわけが多いか、勝利が多いかで順位が決まってますから、1位から17位までのチームに関してはわずかな差で順位が決まっていると言えそうですね。しかも現在18位以下のチームにしても、上位4チームに勝ったり引き分けたりしてるんですよね。今年のJ2は、現在のところどのチーム同士も接戦続きで、結果、混戦状態になってるのかなと思いました。


それから、先週は、サッカーダイジェストの東京ヴェルディ特集を紹介しましたが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督のインタビューも載ってました。

控えめな発言ながら、とても緻密な計算でチームを指導している様子が感じられました。強調されていたのは、順位や勝ち負けも大切だけど、今はそこまで重視してないそうです。それよりも、チームが機能する方法を考えてトレーニングをすることと、明確な哲学を持ってプレーしてもらえるように力を注いでいるそうです。

そして、勝った試合も全て苦しんでいるけども、選手たちはとても良いプレーをしていると、就任4カ月ということを考えると満足してますよ、ということでした。

まだまだこれからが本番ですし、後半戦になると、さらに成長したプレーになりそうで期待が持てますね。でも、今年は焦らずにやってもらいたいと思ってます。


ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督



ところでAFCチャンピオンズリーグの話題ですけど、5月31日の浦和レッズ対済州ユナイテッド(韓国)戦での乱闘騒動が、かなりネットでも取り上げられていますね。

「キャプテン翼」に、サッカーは格闘技なんて台詞がありますが、本当に格闘してしまってはダメですよね。熱くなるのはわかりますけど、暴力をふるってしまっては、スポーツ選手としては失格だと思います。特に有名な選手になれば、そのスポーツ選手に憧れを抱いているジュニア選手への影響も大きいし、みんなに夢を与えるのがスポーツの良いところのひとつなのにがっかりします。

深見東州さんはスポーツに関して、バラバラになりかけた人たちを一つにする力がある。南アフリカでは、サッカーをすることで、それまで犯罪に走っていたような子供達が、マナーを身につけ、ルールを守るようになり、チームワークの大切さを覚えるようになる。そういうことから、スポーツには、世の中を平和にする力があるとさえ言われていたと思います。

私も、オリンピックのスローガンのように、どのスポーツ競技大会も平和の祭典であり続けて欲しいと思ってますけどね。最近はオリンピックに出る一部の選手にまで、ドーピングなど不正がはびこってしまっていて、悲しいですけどね。それでも、オリンピックがあれほど世界中の人たちから愛され続け、熱狂するほど人気があるのも、そんな平和への思いが根底にあるからかもしれないと思っています。

サッカーもW杯になると、オリンピック並みの人気ですから、世界で最も影響力のあるスポーツと言っても良いですよね。選手たちには、それだけに大切な務めがあると思います。

サッカーダイジェストの6月8日号に、東京ヴェルディの特集がありました。メインスポンサーとなった国際スポーツ振興協会や、会長である深見東州さんのことも書いてありました。

付録として、レギュラー選手のポスターも付いてます。

IMG_315-min


J2はかなり混戦模様となってますよね。スペインの知将ロティーナ監督を迎えた東京ヴェルディは、現在のところ、しっかりと上位にいます。

今日、トップのアビスパ福岡が、最下位だった群馬に敗れ、またまた混沌としてきました。1位から22位までそんなに差がないようですね。とても面白い展開です。どこが勝ってもおかしくないという、先が見えない展開になってきましたね。今のところJ1からの降格組の3チームが上位にいますが、4位以下との差があまりない状態です。


怒涛の乱戦を制するのはいったいどこになるのでしょう。深見東州さん率いる国際スポーツ振興協会がパートナーになった東京ヴェルディも、大いにチャンスありだと思いますね。深見東州さんはきわどい勝負に強そうなイメージがありますから。もちろん戦うのは選手と監督なので、チームの底力と、ロティーナ監督の采配に期待してます。


今回の特集号には、「シーズン開幕から快進撃を続け、9年ぶりのJ1昇格を果たすべく、上々のスタートを切った東京ヴェルディ。若手とベテランの戦力が高次元で噛み合い、新指揮官ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督とチームの相性もすこぶるいい。昨季とは明らかに、空気感が違う。」と、ライターさんも書いてました。

IMG_387-min


それから、深見東州さんへのインタビューも載ってました。少し紹介しますね。

まずは、深見東州さんのサッカーへの想いについて。

「サッカーは無限の可能性を持っています。どんなに貧しい国でも貧しい子供でも、ボール1個でサッカーを楽しみ、熱狂できる。例えばチームに入ることによって、教育がない子供でもルールを守り、チームワークを作る。そしてお互いを理解し合い、高い目標を持って自己を練磨していく。最高の教育です」


深見東州さんのサッカーへ取り組む想いは、エンターテイメント的な話題性でもなく、また、スポーツで企業の宣伝をするためでもないんですね。スポーツを通じて社会に貢献し、より良い社会に、という願いが込められていると思います。だから、南アフリカ・プレミアリーグのムプラマンガ・ブラックエイシス(現在FCケープタウン)のメインスポンサーにもなったのでしょう。南アフリカの子供たちを救うために。


日本は、南アフリカとは国の状況が全く違いますけど、東京ヴェルディのスポンサーになった経緯についても語られてます。

「運命を感じました。数年前からスポンサードしてほしいというお話をいただいていたが、メインコーポレートパートナーとなると桁が違ってきます。同じやるなら徹底的にやらないと」


なので、初めのうちは、中途半端になるといけないと思い、断っていたそうですね。そしてついに、何かを感じて決断されたんでしょうね。

では、その東京ヴェルディの魅力については。

「東京ヴェルディは40年を超える歴史と伝統のあるクラブ。なかでも素晴らしいところは、育成システムです。他チームに先駆けて小中高と一貫した指導方法で将来のJリーガーを発掘し、しっかりと育てています。女子サッカーチームを含めてサッカーの底辺を広げ、サッカー人口を増やして育ててきた。一番共鳴したのは、まさにそこです。」


サッカーというスポーツを普及させる東京ヴェルディのシステムと努力に、注目されていたようです。

そして、今季の東京ヴェルディの目標は、もちろんJ1昇格だと思いますが、深見東州さんの視線は、少し違うそうです。

「わたしはJ1で優勝、さらにはクラブワールドカップでも優勝し、賞金を稼いでみんなでロマネコンティを開けるのが目標です。せこい目標ではなく、そういう気持ちで振興しているので、東京ヴェルディさんにもそういう大志を抱く気持ちで頑張って欲しい。」


さらに、

「大砲は目標よりも高いところに撃って初めて的に当たる。ゴルフのロリー・マキロイはメジャー大会で勝ちたいとは言わないし、サッカーのクリスチアーノ・ロナウドもスペインリーグで優勝したいとは言わない。マキロイは歴史に残るゴルファーに、ロナウドは永遠の伝説に残る選手になりたいと言う。だから、楽にメジャーに勝つし、リーグでも優勝するんですよ」


と言うことで、深見東州さんらしい、ふつうじゃない発想ですね。とてもスケールが大きなお話です。そうやって、今まで成功してきた体験と実績があるので、言葉に重みを感じますね。



また、この特集の最後には、6月10日「ISPS DAY」開催の告知がありました。

内容は、名古屋グランパス戦(15時)の味の素スタジアムにおいて、様々な特典やイベントがあるようです。

まず、これまでに、みすず学苑に関わりのあった人は、証明できるものを持参すればチケットが半額になるそうです。さらにファミリーで来場すると、小学生以下は無料だそうです。

当日のスタジアム内に設置される特別ブースに来場すると、株式会社ミスズからの豪華な腕時計が抽選でプレゼントされるそうです。

あと、ユニフォーム型座布団を、スタジアム入場先着3000名にプレゼントされるそうです。

こういうファン感謝デーというのか、スポンサーデーのようなものを、たまにされるんでしょうね。それから、この日の対戦相手の名古屋グランパスは目下首位のチームです。盛り上がると良いですね。

J2リーグは、現在第8節まで終了しました。今年から東京ヴェルディと、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会、株式会社ミスズがコーポレートバートナー契約を結びました。
今までは、特に応援しているチームはなかったんですけどね。でも、私も今年からは東京ヴェルディを応援することにしました。と言っても、かなりライト層になると思いますけど。

東京ヴェルディは、日本のクラブの中では、名門中の名門ですし、今年はぜひJ1への復帰が叶うといいですね。深見東州さんは、J1への復帰とか初めから眼中にないようなそぶりで、J1での優勝は当たり前、クラブワールドカップでの優勝ということで、最初から目標にするところが違いますけどね。笑いそうなほど、スケールの大きな目標ですけど、でも、それくらいの心意気を持ってやらないと、なかなか現状を打破することもできないのかもしれませんね。何か最近、そう感じるようになりました。

ところで、年間42試合のうち8試合が終わり、まだ序盤戦というところでしょうけど、現在3位につけています。先々週は1位でした。出足としては、とても良いのではないでしょうかね。5連勝して1位になった時は、WEBニュースや、サッカーファンのコメントなどでも、誰もこんな東京ヴェルディを予想できなかった、などと書かれてましたからね。

10-min


長いシーズン、山あり谷ありだとは思いますけど、この後、かなり期待を抱きたくなる結果なのかなと思いますね。

そんなわけで、とりあえず、これまでの戦いの結果を簡単にまとめておきたいと思います。


35-min





45-min







54-min







00-min







07-min







50-min







59-min







07-min







この後はゴールデンウィークに向かって、群馬、福岡、千葉と対戦が続きます。楽しみです。




↑このページのトップヘ