深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

深見東州 (半田晴久) ボウリング支援

国際スポーツ振興協会(=半田晴久会長)が支援する、最近の国内のスポーツ関連のことをまとめてみました。

まず、サッカーに関してですが、メインスポンサー契約を結んだ東京ヴェルディは、現在11勝9負7分で11位ですね。残り15試合になりましたけど、J1に昇格するには、最低でも6位以内に入らなければいけませんね。(1、2位は自動昇格、3位から6位のチームでプレーオフを行い1チームが自動昇格)
順位表を見ると、1位と2位の2チームは、ここにきて少し抜け出してきました。しかし3位以下16位までを見ると、その勝ち点差は8つしかありませんね。その中に東京ヴェルディもいますけど、混戦状態なので、どのチームにもチャンスがあると言えそうです。昨年はJ2残留争いになってしまったそうですが、今年は昇格争いに絡んでますね。最後の最後まで目が離せない状況が続きそうですね。いつも、深見東州さんが関係するスポーツの試合は、最後までハラハラする場面が多いですからね。

こちらは、6月10日に行われた東京ヴェルディスポンサーデーでの、試合終了後の深見東州さんの挨拶が聞ける動画です。楽しい挨拶に場内からも笑いが聞こえます。




それからゴルフに関しては、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手が、今年は世界を転戦し、かなり良い結果を残してきました。現在、全米プロゴルフ選手権が開催中ですが、松山英樹選手のメジャー初優勝に向け、連日報道がされていますね。今、暫定1位ですので、念願の日本人メジャー初優勝への期待が膨らみます。

そして、松山英樹選手の活躍の陰に隠れていますが、谷原秀人選手も今年は4大メジャー全てに出場し、全米プロでは予選を通過しそうですので、最後に上位進出を期待したいですね。

これまでの、谷原秀人選手の戦績です。

  • 1/12〜ソニーオープンINハワイ(米国ツアー)27位(-11)
    1/19〜SMBCシンガポールオープン(アジアンツアー、日本ツアー)9位(-6)
    1/26〜レオパレス21ミャンマーオープン(アジアンツアー、日本ツアー)22位(-5)
    2/16〜ワールドスーパー6パース(欧州ツアー)15位、(マッチプレー)
    3/2〜WGC メキシコ選手権(世界選手権シリーズ)32位(-1)
    3/23〜WGC デルテクノロジーズ マッチプレー(世界選手権シリーズ)4位(マッチプレー)
    4/6〜マスターズ(4大メジャー)84位予選落ち(+12)
    4/13〜RBCヘリテージ(米国ツアー)39位(-3)
    4/27〜チューリッヒクラシック(米国ツアー)32位、(−13)松山英樹とペアチーム戦
    5/25〜BMW PGA選手権(欧州ツアー)3位、(−8)
    6/1〜日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ(日本ツアー)15位、(+1)
    6/15〜全米オープン(4大メジャー)92位予選落ち(+4)
    6/29〜フランスオープン(欧州ツアー)143位予選落ち(+12)
    7/6〜アイルランドオープン(欧州ツアー)10位、(−15)
    7/20〜全英オープン(4大メジャー)137位予選落ち(+12)
    8/3〜WGC ブリジストン招待 (世界選手権シリーズ)50位(+6)
    8/10〜全米プロ(4大メジャー)


予選落ちは、4大メジャーのうちの3試合とフランスオープンだけですね。欧州の旗艦大会や世界選手権シリーズでは、4位以内の好成績も納めるなど、世界のゴルフファンの注目を集めました。

また、期待される若手日本選手の一人で、今年の4大メジャーのうち3試合に出場を果たした小平智選手が、38歳で世界を転戦する谷原選手を見て、「あの年で、と言ったら失礼ですけど、僕たちより全然上なのに世界で頑張っているのを見ると、もっと若い僕たちが頑張らなきゃいけない、若手の代表として、ガンガンやってるところを今の若手に見せたい」と、良い刺激を日本の若手選手にも与えているようですね。日本人の若手選手の育成に心を砕く深見東州さんも、谷原選手の活躍に、賛辞を送られていました。






最後はボーリングの支援になりますが、男女のシニアの試合がこの夏に行われていました。
ボーリングも、ゴルフ同様年齢を経ても現役でやれるスポーツだと思いますが、今大会のように50歳以上の選手に絞った試合は珍しいようです。若手の育成ももちろん大事ですが、年齢を経た選手が試合に出場できる機会も作られますね。両方とも深見東州さんは大事だと考えられていると思います。ちなみにこの大会の男子で上位に入った選手は、現役のシードプロとしても頑張ってるそうです。

20170707-min


JLBCオープン第10回HANDACUP・プラチナレディースボウリングトーナメント

2017_masters_A-min


第8回HANDA CUP・プロボウリングマスターズ

あまり知られてないと思いますが、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会は、ボウリング界も支援しています。
日本でシニアゴルフを支援され始めた後の、2007年ごろから男女プロボウリングを、今日まで地道に支援されてきました。

馴れ初めは、シニアゴルファーで、ISPS専属契約プロの中山徹選手から、ボウリング業界の厳しい状況を聞いてからだと聞きました。中山徹選手のお姉さまが、ボウリング界では有名な中山律子さんだそうです。

ここで、40年以上前のことになりますけど、1970年代にボウリングが異常なくらいのブームになったそうです。今では想像つきませんが、ボウリング場は現在の約4倍の約3900箇所近くあり、それでも平日ですら、数時間待ちでプレーしていたそうです。何がそんなブームの原因になったのでしょうね。

そのボウリングの全盛期に華やかに活躍し、元祖ボーリングアイドルであり、国民的アイドルと言われたのが中山律子さんだったそうです。当時のプレーの様子ですけど、本当に綺麗な素敵な方だったようですね。

o0480064011886481658-min


女子プロが誕生したのが1969年で、その時から中山さんはプロとして活躍し、TV中継でパーフェクト達成したことが大反響となって、一気に大ブレイクしたそうです。ライバルの須田開代子選手らとともに、爆発的なブームの原動力になったと言われています。

その後、2012年まで、日本プロボウリング協会の会長も務めたそうです。現在は名誉会長です。また、ジャパンレディースボウリングクラブの設立に尽力し、現在は会長に就任しています。日本のボウリング史上、人気実力とともに、最も貢献してきた選手だと言えそうですね。

しかし、日本のボウリングブームも、後に続く人気選手が出なかったのか、レジャースポーツが多様化してきたためか、様々な要因が重なり衰退の道をたどってきました。ボーリング場も、往年の4分の1近くに減少し、競技人口も激減しています。それでもレジャーとして楽しむ人たちは、約1200万人いるという世界ボウリング連盟の調査結果がありました。ゴルフ人口よりもかなり多いです。ちなみに男性だけで見ると、日本ではゴルフの方が多いそうですけどね。

P★Leagueとか、女子プロボウリングのテレビ番組もありますけどね。しかしボーリングの公式試合に、スポンサーとなって支援する企業がほとんどつかなくなったのが現状のようです。深見東州さんも、そのような話を聞いてから、このままではプロボウラーが育たないということで、支援に乗り出されたようです。

国際スポーツ振興協会は、株式会社のように費用対効果ではなく、社会に貢献することを主にして支援されています。ボーリング業界を支援することで、プロボウラーが育ち活性化できれば素晴らしいことですね。


今のオーストラリアのゴルフも、日本のボウリングの状況と似ているかもしれません。ゴルフを楽しむ人は多いそうですけど、プロゴルフにはあまり関心がないそうですから。
ジェイソン・デイやアダム・スコット、過去にはグレッグ・ノーマンなどの名選手を輩出したゴルフ大国なのに、プロの試合はあまり人気がないのか、リーマンショック後はスポンサーがつきにくくなったようですね。強い選手はアメリカに行きプレーするのもあるのでしょうか。

豪州男子ツアーは、去年、国際スポーツ振興協会と合体して、PGAツアー・オブ・オーストラレイジアになりました。もともと国際スポーツ振興協会は、オーストラリアのゴルフ界を地道に支援していましたけど、そのあたりの事情もあって、合体という話になったのかなという気もします。これで、豪州男子ツアーも、活性化すると良いですけどね。

2017_masters_A-min


6月には、第8回HANDA CUP・プロボウリングマスターズが開催されるそうです。

そして、毎年年末には、最も歴史があり、プロボウラー日本一決定戦と呼ばれている女子プロボウリングの試合が開催されています。

20170303_04-min

昨年の、「HANDA CUP」・ 第48回全日本女子プロボウリング選手権大会

↑このページのトップヘ