深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい 〜深見東州ファンのブログ〜

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

カテゴリ: 深見東州 (半田晴久) 人脈・友人

ジョン・キー元ニュージーランド首相へのインタビュー

最近、雑誌やWEBニュースなどで、ジョン・キー元ニュージーランド首相について書かれたものがいくつかありました。それを少し紹介したいと思います。深見東州(半田晴久)さんとの活動についても触れられています。また、深見東州さんの活動を、実際に辿っていかれているよう

2017ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーは、カルメンを上演中

今年も、ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーが3月24日(金曜日)から4月23日(日曜日)までの予定で始まりました。 ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーは、深見東州(半田晴久)さんが会長を務める世界芸術振興協会と、ニュー・サウス・ウェールズ・デスティ

IFAC HANDA Hamptons Festival of the Arts が、ニューヨークで開催

IFAC ハンダ ハンプトンズ・フエスティバルという芸術イベントがニューヨークであるようです。 8月13日にルネ・フレミングとルーファス・ウェインライトがリサイタルを行い、14日は、バンジャミン・ミルピエがダンスパフォーマンスを行うようですね。 世界芸術文化振

深見東州(半田晴久WSD総裁)さんが、サミットを開催される理由

深見東州(半田晴久)さんが総裁を務める、世界開発協力機構では、これまでに10回のサミットを世界で開催してきました。 ざっと振り返ってみたところ、以下の通りです。 2013年9月 第1回世界オピニオンリーダーズサミット 2013年11月 第2回世界オピニオンリーダーズ

第14回深見東州バースデー個展は、「れでぃ画画のような肩こってんのほぐれる個展!!」

毎年恒例になってます、深見東州・バースデー書画展は、今年は3月19日から31日までの開催になります。恒例と言っても、毎回何かが加わるか、変化していて、同じような絵画展はされませんけどね。 第16回となる今年の深見東州・バースデー書画展は、正式名称を「かいがいしく

ルネ・フレミングと東京国際コンサートで共演

2014年6月18日、深見東州さんはルネフレミングを迎えて、新国立劇場の舞台に立たれていました。世界芸術文化振興協会主催による、東京国際コンサートの第2回目の開催でした。 この時は、運良くチケットが当たって私も見に行けましたので、遅まきながら少し触れてみた

深見東州さんの世界の友人、マイケル・ボルトン

深見東州さんとマイケル・ボルトンは、過去にシンガポール、武道館、パシフィコ横浜において、3度共演しています。 また、深見東州さんが総裁を務める、世界開発協力機構(WSD)が支援する「人権と国際正義の為の、スタンフォード大学WSD半田センター」のアンバサダー(大使

オペラ・オーストラリアの新進気鋭のテノールも出演

第2回秋に燃ゆる国民のコンサートに出演した、オペラ・オーストラリアの若手テノール、ジョン・ロングミュアさんを今日は紹介します。 この方の歌は何度か聴いてますので、私の中ではかなりお馴染みになっています。スコットランド生まれだそうですが、オーストラリアン・

第6回「ジュリアード音楽院声楽オーディション」は合格者2名誕生

昨日まで開催されていた「ジュリアード音楽院声楽オーディション」の最終ジャッジの様子が、ユーストリームでライブ配信されました。2000人以上の人が見ていたようです。私は、21時からのものを見ました。2人が最終審査に残り、その2人とも素晴らしいレベルでしたの

第6回「ジュリアード音楽院声楽オーディション」本選

今日と明日は、深見東州さんが会長を務める世界芸術文化振興協会主催、ジュリアード音学院共催による、「ジュリアード音楽院声楽オーディション」が開催されています。 才能ある日本の若い声楽家に、ジュリアード音楽院で学ぶ道を開いてあげることは、世界的な声楽家に育っ

11月に、第6回ジュリアード音楽院声楽オーディション本選が開催

11月11、12日に、世界芸術文化音楽振興協会主催による、第6回ジュリアード音楽院声楽オーディション本選が、新国立劇場中劇場にて開催されます。この様子は、関係者のみの入場になるそうですが、Ustreamでライブ中継されるそうです。時間はまだ公開されてないようです

ドミンゴの栄光の陰には、マルタ夫人の献身的な支えがある

今回で、ドミンゴや深見東州さんたちが出演された東京国際コンサート記事の掲載は最後となります。 日刊スポーツ2015年9月1日 もう書きたいことは書き尽くした気もしますが、今回ドミンゴの息子さんとお孫さんも、当日の会場で聴いていたそうで、アンコールの時には、通

ドミンゴに見る、サービス精神とユーモアと包容力

デイリースボーツの、ドミンゴや深見東州さんたちが出演された東京国際コンサート記事を掲載します。 今回は、多くの新聞が大きくとりあげていますね。これもスーバースター、ドミンゴの威光でしょうか。 デイリースボーツ2015年9月2日 それから今回演奏したのは、東京フ

プラシド・ドミンゴ、深見東州さんという巨匠から学ぶことは多い

スボーツ報知に、ドミンゴや深見東州さんたちが出演された東京国際コンサート記事が書かれています。 スボーツ報知 2015年9月2日 深見東州さんは、60歳を超えて、ますます活動の輪が広がり、様々な分野で世界的な活動を続けてます。対して74歳のドミンゴは、音楽と

深見東州さんは、企画運営、販促、そして出演まで自らこなす

サンケイスボーツの記事に、ドミンゴや深見東州さんたちが出演された東京国際コンサートのことが書かれていました。 サンケイスボーツ2015年9月1日 これ書いた人の気持ちわかりますね。 「主役の登場は、午後6時半の開演からわずか10数分後に訪れた。会場からはため息と

クラシックファンを増やしている深見東州さんのコンサート

プラシド・ドミンゴの歌を東京国際コンサートで聴いて以来、ドミンゴのファンになってしまいました。美しい声は天性のものとしても、歌唱の技術に今まで聞いた歌手とは何か違うような、素晴らしいものを感じます。なので何歳になっても、あれほど上手に歌えるのでしょう

 プラシド・ドミンゴと深見東州さんによる、夢のコンサートが実現

深見東州さんが3大テノールのうちの二人、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと共演されるので、3大テノールへの関心が深まっている私ですが、本当に感激しましたね、今回の東京国際コンサートには。 6月のホセ・カレーラスとの共演も、とても良かったですが、今回は

3大テノール ローマコンサート

深見東州さんが、3大テノールのうちの二人とまで共演するというので、あとの一人、バヴァロッティは残念ながら亡くなりましたから、3人すべてとの共演は不可能ですが、とにかく3大テノールのことを知る良い機会になりました。 1970年代から1980年代は、バヴァロ

3大テノールが新たな音楽の歴史を作った

60年代のロックの隆盛にともない、クラシックはレコード業界からは袖にされてきたようです。しかし、バブロッティやドミンゴが出てきてスターダムに上がるにつれ、状況が変わったようです。とくにバヴァロッティはブレスリンという敏腕マネージャーのはたらきもあって、オ

3大テノールが音楽の歴史に残した足跡

深見東州さんが、ホセ・カレーラスに続き今回はプラシド・ドミンゴと、連続して3大テノールと共演することになったため、私も3大テノールに対して、最近はとても興味が湧いてきました。そのピークは1990年代ですから、20年前に戻ることはできませんが、その当時のこ

3大テノールで、クラシックの巨人からボップ文化のアイドルへ

ルチアーノ・パヴァロッティとプラシド・ドミンゴとホセ・カレーラスという3人の偉大なテノール歌手が、ほぼ同じような時期に活動してたことは、素晴らしい運命の巡り合わせなのでしょうね。そのうちの二人と共演する深見東州さんには驚きますが、パヴァロッティが生きてい

プラシド・ドミンゴが音楽監督をつとめ、深見東州さんと共演

今回のプラシド・ドミンゴと深見東州さんの公演は、ドミンゴが音楽監督とプロデュースを行うそうです。ドミンゴは、ワシントン・オベラ・カンパニーと、ロスアンゼルス・オベラ・カンパニーの芸術監督を務めています。アメリカのオベラは、ヨーロッパと違って、国からの援助

東京国際コンサートにホセ・カレーラス、ブラシド・ドミンゴ

最近、いろいろなところで、深見東州さんのお顔を拝見いたしますが、やはり、宣伝、広告は大事ですね。仕事の関係の人で、新聞を見て深見東州さんと東京国際コンサートのことを知って、今度の、ブラシド・ドミンゴと一緒に出演する分のチケットを買ってた人がいました

深見&ボルトン、4000人の聴衆を魅了

デイリースポーツ2015年7月24日 マイケル・ボルトンと深見東州さんの兄弟船コンサートに関して、新聞記事を掲載します。 今回、深見東州さんのバックバンドを務めたヘアー・バンドというバンドについて、少し書いてますね。 このヘアーバンドというバンド名は、

深見東州さんとマイケルボルトンのコンサート

サンケイスポーツ2015年7月21日 マイケルボルトンと深見東州さんのコンサートの記事を掲載します。 深見東州さんとマイケルボルトンは、本当に仲がよろしいようですね、見ててそう思いました。この記事からも、それが少し伝わってきますね それにしても今年はISP

↑このページのトップヘ