深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

みすず学苑

新学期の季節となりました。
社会人になるとそれほど代わり映えしませんけど、学生時代って、新しい年度になるたびにすごく気持ちが一新したことを思い出しますね。学年が上がるたびに、しっかり大人になっていく気分もありましたけど、先輩後輩の関係がどんどん変わっていくから、気持ちもガラッと変わりやすいのかもしれませんね。

そして進学する人にとっては、大学受験の年になる高3は、将来のことを一層身近に考える年になりますよね。

深見東州さんが経営するみすず学苑のホームページを見てると、そんな高校時代を思い出しました。

深見東州さんの考えでは、甲子園大会の地区予選の決勝のような、人生における、最も大切な試合の一つと思って、高校3年生と浪人の時は勉強に全力投球してほしいと書かれてました。逆にいうと、それだけ受験生には勉強から逃避してしまう人、また、誘惑に負けてしまう人が多いということなのでしょうね。

大学に行けない環境の人や、職業の目的意識がしっかりしてる人は、大学に行かない人生もよき選択だとしながら、いける環境にあるのならば、たとえ部活があってもまず勉強し、少しでも偏差値の高い、いい大学に入ることを考えるべきですと書かれてますね。

もちろん、ある程度の年になってから、がぜん目醒めて大飛躍する人もいるので、必ずしもそれだけがいい人生を送るとは限らないと言うことです。実際にそういう人はたくさんいますよね。

それで、レベルの高い大学を目指して勉強することによって何が良いかというと、就職に有利だからかなと思ったら、社会人として立派になるための、なくてはならない資質が身につくからだそうです。


志を貫く実体験でき、目的を達成するために意志と体力を統合する訓練ができ、気分や感情の浮き沈みを意志の力と知力で制御する訓練ができ、物事をやり遂げる全人的な努力の習慣が身につくそうです。

また、学科や先生の好き嫌いを越えて、嫌いなものでも勉強しなければなりませんから、それが、義務感、責任感、使命感のために、わがままを押さえて前向きに忍耐する訓練になるそうです。

こういう資質が、将来立派な社会人として活躍するために、社会から求められるものなのでしょうね。そして結果として、希望する会社に入社することにもつながっていくのでしょう。

そんなことは、私は高校時代には考えたこともありませんでした。そんな目的を知っていると、もっと勉強も頑張ったかもしれませんけどね。

私はここ数年、深見東州さんの色々な活動に参加し、見てきましたけど、みすず学苑のことに関しては、ほとんど知りません。広告が面白いくらいしか興味ありませんでしたけど、深見東州さんの受験勉強に関するお話は、とても参考になることが多いです。

みすず学苑の授業がどんなものかは知りませんけど、おそらく、そういう学苑長の考え方を反映した、良いシステムになっているのかなぁと思ったりしてます。

C-large-min



それから、株式会社ミスズのホームページが一新されていましたけど、そこにはポリシーとして、マーケット・セグメンテーションということが書かれてました。
みすず学苑は、少人数制予備校のパイオニアになるそうで、その分野で一番になるという戦略のようですね。

「怒涛の合格みすず学苑」は面白く、変わった珍しい広告を行う、少人数制予備校です。成績は真ん中で、明るく楽しく、面白いのが好きで、頭は悪くないが誘惑に弱い、そんな生徒が少人数制予備校に、ふさわしい生徒です。生徒を遊ばせない、というやり方で、難関大学へ93%以上の合格率を誇っています。関東近郊のみに8分校展開し、2千人強の生徒に限定して指導しています。



そんな戦略を知って、高く評価している人もいました。
あのダジャレCMで有名なみすず学苑から、あらゆる学校が広報戦略を学ぶべき理由


ちなみに、昨年度は、理系や医歯薬獣医系を含む、国公立大学、早稲田、慶応、上智、GMARCHと言われる明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、難関女子大の合格率が、選抜クラスで91.07%、標準クラスでは、準難関校を含めて87.2%だったそうです。昨年は医学部受験者が増えて、もう1年浪人しても良い大学に行きたい生徒が増えたため、若干合格率が下がったようですね。

準難関校というのは、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、武蔵大学、日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学、大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学、國學院大学などになるそうです。

商業高校や工業高校、定時制や通信制高校の生徒で、偏差値が30そこそこの生徒が1年間でこれらの大学に合格するのは、都立高からGMARCHに合格する以上の快挙だと言っても良いそうです。そういう生徒も受け入れて伸ばすのがみすず学苑のようですね。

そのようにみすず学苑で伸びる生徒を知っていて、少人数に絞って募集することで、そのような合格実績に繋がっているのかもしれませんね。

合格率91.07%の背景にあるものは、すごいものです。/ みすず学苑ホームページ



それでは、広告に関することが多いですけど、ツイッターから最近の評判を見て見ましょう
























































































みすず学苑の2017年度のテレビCMがお目見えしました。

今年も、もうそんな季節なんですね。受験シーズン真っ只中で、一番寒い頃に登場しますよね。

今年のCMも、相変わらずはじけてます。わけがわかりませんね。

見てない方はさっそく、みてみましょう。

2017年 みすず学苑CM それも言うなら篇




そして、不思議なキャラが登場する爬虫類編の2本がでています。

2017年 みすず学苑CM 爬虫類篇



今年のヤマトタケルさんはピコってるようですね。
世間の流行なんか関係ないのがみすず学苑さんかなと思っていたんですが、今年は反応
されたんですね。名前も「ヤマトタケピコノミコト」に変わってました。
去年は「ヤマトタ毛深ノミコト」でしたけど。

お母さんと赤ちゃんの場面の声は、おそらく深見東州さんの声じゃないかと思いますが、恐竜や爬虫類の中に、なんでここだけ親子がって感じですね?

みすず2017




では、ツイッターでも話題になってましたので、少しみてみましょう。















































































深見東州さんのISPSハンダが、東京ヴェルディのパートナーになったことが話題になってるようですね。

土曜日には、東京ヴェルディの新体制発表会見が、京王プラザホテルにて開催されたそうです。

会見の様子の動画や写真がいくつかネットにありました。

J2東京V、ISPSとパートナー契約 半田会長「運命を感じた」

20170115-00000054-spnannex-000-0-view


 J2東京Vは今季、新たに国際スポーツ振興協会(ISPS)とメインコーポレートパートナー契約を締結した。ユニホームの胸に「ISPS HANDA」のロゴが掲出される。

 半田晴久氏が会長を務めるISPSは「チャリティーを進化させ、スポーツの力で社会をより良く」をスローガンに掲げており「運命を感じたのでスポンサードすることにした。特に素晴らしいことは東京Vの育成システム」と話した。さらに「年間を通じて2万人くらいファンを増やしたい。J1昇格といわずにJ1優勝、そしてクラブW杯を制して、皆で乾杯したい」と高い目標を口にした。




2017シーズン東京ヴェルディ新体制発表会見を行いました


それによるとこの発表会の場は、深見東州さんが開催のお膳立てをされたようですね。





見に言った方のブログを拝見すると、深見東州さんのことだと思いますが、めちゃくちゃ元気な社長で頼もしかったと書かれてますね。深見東州さんが何かをされたんでしょうか。

この中に書いてある大砲の話は、私も何度か聞いたことがありますね。

深見東州さんは、数年前から世界のプロゴルフツアーをいくつもスポンサードしていて、有名なゴルファー達との親交もあります。ロリー・マキロイとラウンドした時に聞いたそうですが、マキロイは歴史に名が残るようなゴルファーになることを目標にしているそうです。
だから、メジャーで優勝したくらいでは、全然、まだまだと思い続けているんだろうと言われてました。そういう高い目標をあげているから、米国ツアーで何度も優勝できると言われてましたね。

だから、例えば米国ツアーで優勝したいのなら、米国ツアーで優勝することを目標にしてはいけないそうです。それではなかなか勝てないそうです。大砲の玉を打とうと思ったら、重力が働くので、的の少し上に狙いを定めてその少し下の的に当たるように、狙いよりも上に目標を掲げないといけないそうです。

だからマキロイのように高い目標を持っていると、米国ツアーで優勝することなんて、普通のことのようにできるようになるのでしょう。それでもマキロイは、まだまだと思ってるわけですからね。

意識のレベルが、米国ツアーで一勝したいと思っている意識では、なかなか優勝の壁を越えることは大変です。でも、もっと高いところに意識を置くと、それよりも低い壁は意識がすでに超えているので、現実でもスッと勝つことができるようになるのかもしれませんね。









それから、怒涛の英語で関東圏では有名な「みすず学苑」、そしてロベルトカヴァリ・バイ・フランクミュラーなど、海外の一流時計の総代理店をする時計のミスズも、今回スポンサーになったそうです。ISPSハンダのようにユニフォームにロゴがいるメインスポンサーではないと思いますが、プラクティスシャツにロゴが入るそうです。女子の日テレ・テレーザもサボートされます。

株式会社ミスズとのコーポレートパートナー契約締結のお知らせ


misuzu











私も一枚欲しいな。4色もあると迷いますよね。

Jリーグで応援しているチームがなかったので、これを機会にヴェルディファミリーにも入ろうかな。


超東京ヴェルディ掲示板

超東京ヴェルディ掲示板というのもあるんですね。初めて見ました。

サポーターの皆さん、深見東州さんがワールドメイトという宗教団体の教祖もしている関係で、気にしてる人もいるようですね。

国際スポーツ振興協会は社団法人ですし、ワールドメイトのことを話されたり、宗教的なことを持ち込まれることは無いですよね。

国際スポーツ振興協会は国内のゴルフやボーリングの試合も、これまでにたくさんされてますけど、来場した人たちにワールドメイトが布教しているという噂は聞いたことが無いです。

あるいはコンサートや絵画展、政治家さんや専門家とのサミットなど、いろんなことをされてますが、全部行ったわけではありませんが、そこでも同じですね。そもそも深見東州さんが宗教活動やワールドメイトのことを話されたという記憶が無いですね。パンフレットのプロフィールにすら載せられていません。

みすず学苑も、まるでワールドメイトが母体のように言われてますけど(もちろん違いますが)、そこで勧誘されたなんて話は、Web上で私が見た限りはありませんでした。

もしあれば、すぐに噂になりますからわかりますよね。

別に宗教がいけないという意味ではありませんが、そのように混同することはされないのでしょう。
































たまに、みすず学苑のことが気になるんですよね。別に予備校と接点のある生活してるわけでもないのに。

みすず学苑でググると、相変わらず予備校の授業や内容の評判そのものよりも、みすず学苑謎のCMには意味があったとか、その手の広告に関する話題の方が豊富なのも好きです。


いつの間にかみすず学苑のことに触れたサイトが増えてたので、ちょっとだけまとめてみました。


みすず学苑の学苑長「半田晴久氏」またの名を「深見東州氏」のペンネームが多すぎる件
http://rocketnews24.com/2016/10/20/813746/


こちらは、昨日でたばかりの記事のようですが、面白かったです。
深見東州さんの、多岐にわたる活動と、いろんな分野の本を出していることに驚かれたようです。それにしてもペンネームが多すぎない?ということで、終わってました。

お気持ちよくわかりますね。この方の疑問に対して私が付け加えるなら、深見東州や半田晴久や戸渡阿見の名前で本の著者名を使い分けてるのは、書店での販売に対応するためという現実的な面があるということでしょうか。
詳しくはこちらに書いてますけど、意外に深い意味があるんですよね、教えてもらうまで全く気が付きませんでした。

深見東州さんが3つの名前を使い分ける理由
http://fukami.blog.jp/archives/cat_50041576.html

あと、ここに書いている以外でも、私の個人的な考えでは、深見東州さんが神道家であることも関係してるんじゃないかと思いました。以前、日本神話に出てくる日本の神様で、大国主命の話をされてましたけど、名前をたくさん持ってますよね。日本の神様だけがそうなのかは知りませんが、いくつも名前を使い分けてるそうです。それは、それだけ能力に多面性があるからのようです。その活動に合わせて名前が変わり、名前が変わるとその活動が変わるようです。

たとえば結婚して子供がいる女性のことを、妻と呼ぶ時には配偶者として夫婦の意味が強くなりますよね。でも子供がママと呼ぶ時には、親子という関係が強調されると思います。同じ人でも呼び方によって、その意味にあった内容が濃く出てくるんでしょう。なるほどなと思いました。
だから、深見東州さんも、あれだけいろんな分野のことをする方ですから、名前なんかいくつあっても足りない気がしますね。普通の人の場合は、名前の下に先生とか、学苑長とか、博士とか、社長とかつけて、肩書きで呼ばれてるとおもいますが、それでも、ある程度は間に合うのでしょうけどね。



2016-03-17_183646

みすず学苑の広告のヤマトタケルやプリンの意味とは?実績・CMまとめ
http://fukami.blog.jp/archives/cat_50041576.html

こちらのサイトでは、みすず学苑のホームページに書かれている広告についての解説を読んで、驚愕したことが書かれていました。そんな深い意図があったのか!という感じでしょうか。このサイトを書いた方と同じような意見を持つ人は、かなり多いようで、ツイッターなどでも見かけますね。CMを見て気に入らない思う人は代ゼミや駿大、河合塾などに行きます、という潔い解説に、拍手を送る人も多いようです。そして、CMによって実は生徒を選別していたのだと知ると、かなり愕然とする反応が多いようでした。

私は個人的に、この深見東州さん(半田晴久みすず学苑長)の書いた、みすずのホームページに掲載された解説は、かなりの名文ではないかと思いますね。



みすず学苑の2016年度版CM!今年もひどい・気持ち悪いと評判!
http://omoiomoi.com/404.html

こちらにも、同じようなことも書かれてますけど、CMは酷いという評判だけど、予備校自体は高評価だということを書いてました。たしかに、実績はかなりのものですよね。じゃないと、そもそも何十年も続いてこないでしょう。一発屋の芸人とは違いますからね。



【怒涛の合格】みすず学苑ってなんで毎回変な広告出してるの?
http://www.daddo.jp/?p=13471

これもまあ、広告のことをメインに書いてますが、もう少し突っ込んで調べて書かれていましたね。
そして、最後は、「意外に深かったみすず学苑のプロモーション。成績もしっかり出るようだし、受験を控えたお子さんをお持ちのパパは、予備校にみすず学苑を検討してみてはいかがでしょうか?」なんて、しっかりと好意的な宣伝までしてくれてます。




そんな感じのサイトが多く、CMは相変わらずだけど、それには深い意味があったことを、かなりの人たちが認知しつつあるようですね。そして、予備校そのものはまともで高評価というのが、だいたい共通してました。

それでは、最近のツイッターからも、少し拾ってみました。




































































深見東州さんは、みすず学苑という予備校の経営者であり、学苑長もされています。

前から感じていたことですが、他の予備校に比較すると、学苑長の存在がかなり前面に出ているように感じますね。大手は、有名な教育者が創設しているようですが、すでに、お亡くなりになっていたり、後を継いだ人たちも、それほど表に出てくることはないようですね。

学校法人や予備校を創立する人の多くは、教育に対して情熱を持ってる人たちでしょうから、深見東州さんのように、ご自身の教育思想や学習の指導方法を積極的に発信することは、とても大事なことのように思います。その情熱や教育に対する信念が、学校全体に行き渡り、生徒にも良い影響を与えるように感じます。

日本には、優れた教育者がたくさん出てきましたが、現代では、教育に関して熱意と気骨のある教育者の一人が、深見東州さんなのではないかと思います。

ちなみにみすず学苑の学苑長の他には、海外で私立カンボジア大学の総長に就任されています。この大学は、政治・文化・経済系の総合大学がなかったカンボジアにおいて、次期世代のリーダーを育成するために2003年に設立されました。国際レベルのMAやPh.Dを取得できる、カンポジアではトップクラスの大学になっているそうです。また、この大学の運営や新キャンパスの建設を、宗教法人ワールドメイトが支援しているそうです。

今日は、そんな教育者としての深見東州さんの一端を紹介しています。

みすず学苑のホームページには、深見東州さんの大学受験に対する考え方なども、いくつか掲載されていますね。

深見東州さんは、難関校へ合格を「努力の継続」という言葉で表されています。受験に当たって、努力するのは当たり前のように思いますが、受験生の中には、頭の良い人が難関校に合格するという意識の強い人が、かなりいるのかもしれません。

たしかに頭が良い人は、合格しやすいでしょうね。それでも難関校受験においては「努力の継続」こそが最も大事であり、「努力に勝る天才はなし」という言葉を重く受け止めるべきということが書かれてました。
おそらく、いくら努力しても自分には難関校合格は無理だと思う生徒も、多いのかもしれませんね。そんな意識の生徒を、勉強の仕方と努力によって、難関校に合格できるように指導してこられたのでしょう。

もともと頭が良くて勉強を継続してやれる人は、みすずに来なくても、どこに行っても合格するでしょうけど、頭がそこまで良くないと思っている人も、努力の継続で難関校に合格できることを実践されてきたように感じました。


それから、出願直前になって希望する受験校のレベルを下げる生徒もいるそうです。しかし、これは避けるべきだと書かれてました。一見すると下げることで合格する確率は高くなりそうですが、下げることによって油断とスキが生じ、当然受かるべき学校に落ちたりするそうです。

そう言われてみると、私の友人に、まさにそう人がいました。学力からして、少し頑張れば受かるかもしれない難関校を受験せず、その下の確実な学校を受験したことろ、まさかの不合格でした。本人のショックは、それは大きかったですね。そんなことがあるのかと、先生たちも私も驚きました。

実際は、「合格するならばどこでも」との思いがあって志望校を下げる生徒が多いのだそうです。しかし、入試に合格するには「何が何でもあの学校に!」という強い意欲が不可欠だと書かれてました。そういう強い意欲を持ち続ける受験生が勝利するとのことでした。

なるほどなと思います。


現役の高校生たちは、夏休みも終わって、いよいよ受験勉強も大事な後半に入ります。これからが、不安になってくることも多くなるでしょう。そんな時に、そういうアドバイスを受けることができるのと、できないのでは、一見するとわずかな違いでしょうけど、結果は大きな違いになってくるのかもしれませんね。

そんな受験生の悩み、行き詰まりなどは、必ず誰もが持っているでしょう。そんな時に、ちょっとしたことのノウハウを、たくさん持っている予備校ほど、本番の受験を乗り切るのに強いように思いますね。

ロボットのように、ひたすら勉強し続けることができる学生は別として、普通は、そんなに集中して勉強ばかりできない生徒が多いでしょう。また、心の弱気を克服し、士気を上げ、気力を保てない生徒も多いでしょうね。そんな生徒に対するノウハウを、いろいろ持ってるのがみすず学苑のような気がしました。

私は、みすず学苑に通った経験はありませんが、もし、浪人していたら、みすず学苑に通ってたかなぁ〜と思いますね(笑)。

























↑このページのトップヘ