深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

ジョン・キー元ニュージーランド首相

ゴルフと時計をテーマにした新しい試みとして、国際スポーツ振興協会主催、株式会社ミスズ共催による、第1回目のISPS HANDA・ヤーマン&ストゥービ オーナーズカップが箱根湖畔ゴルフクラブで開催されました。

この大会は男女のプロ、シニア、グランドシニア、アマチュアの混成で行われました。そのアマチュアも、プロを目指しているアマチュア選手ではなく、ゴルフが大好きというアマチュア選手たちですね。

ミスズの代表取締役である深見東州さん(半田晴久ISPS会長)は、ゴルフ専用の高級腕時計「ヤーマン&ストゥービ」の総輸入元になってますが、その時計を購入したゴルフ大好き人間たちが大集合したそうです。

そうして一日完結で2日間とも、プロの部、アマチュアの部、チーム戦で競い合ったそうです。プロの選手には賞金も出ていますね。ちなみにプロの部初日は、ー9でシニアの三好隆選手が優勝しました。2日目はー7アンダーで清水一浩選手と、牧野裕選手が優勝を分け合ったそうです。

y&s
スポーツニッポン2017/4/30

そして、何と言っても今回の大会は、ジャンボ尾崎選手と、ニュージーランドで昨年まで首相をしていたジョン・キー首相が出場したことも話題の一つだったようです。

今年から尾崎選手も、ヤーマン&ストゥービと、国際スポーツ振興協会のアンバサダーになったそうです。
尾崎選手の話では、「前から契約の話をいただいていたが、期待に応えられるかわからなかった。だから自分の気持ちが入っていかなかったが、半田会長と食事をした際に、これからの人生も有意義なものに、と言われた」

「本当に軽快にお話をする人。僕は人にパワーを与えるタイプだけど、僕にパワーをくれる人に、初めて会った」ということで、契約に至ったそうです。

今回の成績は+1と今ひとつでしたけど、表彰式では「-8、-9がいる前で僕のスコアを言うんじゃないよ!」と言って、みんなを笑わせていたそうです。


そんな尾崎選手に、深見東州さんは、「レジェンドといえばジャンボ尾崎さんです。シニアの試合には出ないとおっしゃいますが、我々の大会にはシニアもいればレギュラーの選手もいる。そして女子にもレギュラーやシニアがいて、どこのくくりで出ているのかわからない。それならば、我々の大会に出てもいいでしょう」と笑顔で語り、レジェンドの加入を大いに喜ばれていたそうです。

ISPS HANDA・ヤーマン&ストゥービ オーナーズカップ開催!/ デイリースポーツ

10138573


ジャンボは「今年の、僕のキャッチフレーズは『ラストタイム』。期待に(成績で)応えられるのか、複雑な思いはあるけど、会長に会っていいことが起きる、と信じてやっていきたい」と、契約を機に“もうひと花”の思いで2017年も、レギュラーツアーに臨むことを宣言、大きな拍手を浴びていた。



深見東州さんは、初日にジョン・キー元首相、ニュージーランドのマイケル・ヘンドリーらと一緒の組で、笑いの絶えない楽しいラウンドになったそうです。ジョン・キー元首相は、「半田先生とは何度もラウンドしているが、いつも楽しく面白い。今日の13番では、半田先生は18メートルのロングパットを沈めたんだ。取材のカメラが回っているとバッチリ決めるよね」とユーモアたっぷりに話されていたそうです。

深見東州さんは、海外の人たちとも楽しくコミニケーションができて、心から笑わせるユーモアを持っているので、海外で友人たちが増えていくのでしょうね。そして海外でのビジネスにおいても、どんどん取引が広がっていくのでしょう。

ただ、ビジネスにおいては、お互いが納得のいくまで喧々諤々の議論ができることも必要ということでした。そういうことが全てできる日本人はあまりいないでしょうから、ますます世界で貴重な存在になってるのかもしれませんね。

今日まで開催されていた「深見東州バースデー書画展」に関する記事をまとめました。

こちらは、ジャバンダイムズのWEB記事です。

‘Modern Da Vinci’ celebrates birthday with art exhibition

p5-tachibana-c-20170327-1-870x580


夕刊フジには、初日の開幕式のことが書かれていました。

国内外の様々の分野から、深見東州さんと親交を持つ方が毎年集まりますが、今年はやはりジョン・キー元ニュージーランド首相の出席が目を引きました。そのことが、夕刊フジにも少し書かれていました。

IMG_376in
夕刊フジ 2017/3/28

「深見氏は本名の半田晴久名義で国際スポーツ振興協会の会長を務め、3月9日〜12日には男子ゴルフのプロトーナメント『ISPS HANDA NZオープン』を開催したほか、社会貢献活動などを行ってきた。そうして築き上げた関係もあり、書画展で「こんにちは」と日本語で挨拶したキー前首相は、『深見先生のおかげで多くの人が生活を、人生を変えることができました。NZを代表してご尽力に感謝します。』とお礼の言葉を述べていた」(夕刊フジ)

それから、今年は日本を代表する画家の、東京芸術大学名誉教授の絹谷幸二氏も出席していました。

「絹谷幸二氏は、『ハートの強さを感じている。ものすごいエネルギーをもらいました』と、同じ芸術家として深見氏を高く評価する」(夕刊フジ)

他にも、亀井静香衆議院議員をはじめ、各党から幅広く政治家の人たちも出席し、何人かは挨拶にも立たれていました。 
それから、深見東州さんの挨拶に関しても、少し触れていました。

「個展のおかげで大勢の来場者や来賓に感謝ができるとしつつ、『原点に立ち戻りたい』と今年は歌手活動などを一時的に控え、公益活動や本業であるビジネスを中心に展開していくと語った。常に新しいことにチャレンジし、『昨年はえらい一年だった』と振り返った深見氏。何事もバランスが大事だと説くが、同時に『新しいものを始めると同じことを繰り返すよりも時が長く感じている』と言う。」(夕刊フジ)

深見東州さんは、今年66歳になられましたけど、60歳を超えると時間が経つのがとても速く感じられるそうです。一年が3ヶ月くらいに感じるそうですね。しかし、それは同じことを毎年やっているとそうなるけども、去年は、ビジネスにおいて海外の8つの時計ブランドの総代理店だけでなく、ブティックを立ち上げたりしたことで、とても長く感じたそうです。それで、引き続き今年もビジネスの領域を広げようと言うのが今年の抱負だそうです。

私から見ると、毎年色々なことにチャレンジされてきたように思えますけど、去年の時計に関するお仕事は、ひときわチャレンジなものだったんでしょうね。海外のビジネスマンたちとのお仕事も増え、また、ブティックの運営という新たな展開は、今までにないような、大変なご苦労があったのかもしれませんね。


そのことは、日刊ゲンダイの記事にも書かれてましたけどね。また、日刊ゲンダイには、ジョン・キー元ニュージーランド首相の挨拶も、もう少し詳しく書かれてました。

「深見先生は、偉大な仕事を日本だけでなく、世界中でおやりになっていて、多くの人たちの生活や人生を変えておられる。そのことに心から感謝したい。そして、深見先生のように才能があって、寛容なビジョンを持っている人が世界中にもっといればいいのにと思っています。」(日刊ゲンダイ)

IMG_376n
日刊ゲンダイ 2017/3/28

日刊ゲンダイの深見東州バースデー書画展の記事には、深見東州さんに関しての紹介もありました。

「画家、書家、音楽家、小説家、さらには世界を股にかけて活躍する実業家、福祉家と様々な分野でその才能を遺憾なく発揮している異能の人。一言では語ることのできないスケールの大きな人物だ」(日刊ゲンダイ)

また、今回の個展に関しては次のように書かれてました。

「ギャグクリエイターとしても世界的に知られる深見氏だけに、『えっ、絵ですか。しょう、書です。凝ってますね。個展ですから!!!』といういかにも深見氏らしいユニークな副題がつけられた今回の個展には最新作品9点、新作23点に加えて、これまでに深見氏が制作した3153作品の中から特に人気の高い作品150点の合計182点の水墨画、水彩画、アクリル画などを展示。中には開催初日の朝まで制作に勤しんでいたという、まさに本邦初公開の作品もあり、多くのファンは東州ワールドを堪能するとともに、改めて深見氏の魅力を確認したようだ。」(日刊ゲンダイ)


新作が32点というのは、例年の深見東州さんからすると少ない気がしますね。やはり昨年は、色々と新しいことで、えらい一年だったからでしょうね。それでもギリギリまで最新作を9点描きあげられたそうですけどね。


最後に、写真では見づらいですが、深見東州さんが経営する株式会社ミスズから限定発売された「太平洋のご来光トゥールビヨン」というオリジナル時計についても紹介されてました。
この時計は、深見東州さんの絵画の代表作の一つである「太平洋のご来光」と、トゥールビヨン搭載の複雑機械式腕時計による、芸術と機械工芸のコラボ作品になるそうです。
文字盤をキャンパスに見立てることで、「持ち運べる美術館」のコンセプトのもとに制作したそうです。

私も初日に参加した時に、見るだけですけど、しっかりと眺めてきました。絵に凹凸のある重厚な仕上げになってましたね。絵をそのまま時計の文字盤にして、毎日手にはめておけるという発想は、なかなか今までにないものかもしれません。



↑このページのトップヘ