深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

デービット・フォスター

DFHT


ジャズジャパン5月号に、3月18日に開催された「深見東州と友人たちのコンサート」のコンサートレポートが掲載されています。

IMG_31D


このコンサートで深見東州さんは、ジャズナンバーを、かなり歌ってました。そして、デービット・フォスターは、ジャズの名門レーベル「ヴァーヴ」のチェアマンであり、敏腕プロデューサーとして知られているそうですので、そんなことから、再びジャズ雑誌にも取り上げられたのでしょう。
深見東州さんがステージの始めに歌った時は、日本歌曲は木村裕平さんのピアノで、ジャズの時はヘアーバンドというニュージーランドのピアニストが演奏しました。

また、ステージ後半に再登場した時には、デービット・フォスターのピアノをバックに再びジャズナンバーを披露し、デービットから、”エクセレント”と賞賛されていました。

この記事のライターは、「ジャズやアメリカンポピュラーソングを愛し、その音楽的な価値を理解する深見のスピリット。それこそが、デービット・フォスターやマイケル・ボルトンなど、欧米のビッグアーティストたちと共鳴する所以である。そのことを実感した充実のステージだった」と、感想を書いてます。

ここまで書かれると、深見東州さんのジャズの実力を一層見直してしまいました。私としては、やはりクラシックの歌曲や日本歌曲の歌唱に特に優れていると思ってましたが、ジャズが好きな人からすると、貴重で素敵なジャズを聴かせてくれるという評価のようです。

そういえば以前、ジャズの名曲を、大きなバンドで聞かせるコンサートや歌手がなくなったと、ポップスの専門家やファンが嘆いているという話を聞きました。
そして、中低音の魅力でセクシーに、ジャジーに歌う歌手は、ほとんどいなくなったそうです。昔は、日本ではフランク永井という歌手がいたそうですが、そして、海外ではフランク・シナトラ始め、ナット・キング・コールなどのような優れたジャズの歌手が綺羅星のごとくいたのでしょう。


話は逸れますが、ジャズというと、先日「セッション」という映画を見ました。制作費3億でアカデミー賞を3つも受賞したという話題作で、かなり人気作のようです。
ジャズの鬼教師と一流のジャズドラマーを目指す青年の物語で、その厳しい指導はスパルタなんてものではないですね。監督の実際の体験が、ストーリーに反映されているので、ジャズに賭けるミュージシャンの中には、こんなレッスンに耐えている人もいるのでしょうか。

この中に出てくるようなジャズは、個人的にはほとんど聞くことがないですが、映画としては、なかなかのインパクトがあり、評価が高いのもわかる気がしました。ただ、ちょっと苦手な映画だったかもしれません。
そして、本格的な演奏だけのジャズよりは、やはり聴きやすいヴォーカルが入るものが好きですね。この映画を見ててそう思いました。まあ、軽いフュージョン系でしたら、まだ聞けそうかなと思いますけど。
スタンダードな曲をジャズアレンジで、ビート感覚、裏拍感覚、スウィング感覚、フェイクに優れた深見東州さんのような歌手が歌ってくれると、私なんかでも素直にジャズを楽しめそうです。

あと、こちらは、ジャバンタイムズ3/29に掲載されていた記事です。

IMG_S27


このコンサートのあと、ロックの殿堂入り受賞者のセレモニーが行われ、ピーター・セテラがかつて所属していたシカゴも、ついに今年ロックの殿堂入りを果たしたそうです。ただその記念の式典には、ピーターは参加しなかったそうで、他のメンバーも残念がっていたようですね。


最後に当日のセットリストを、紹介しておきます。
これを見ると、また、コンサートのシーンがよみがってきますね。
毎年こんなコンサートがあればいいな〜なんて、贅沢すぎますかね。

IMG_3F8


いくら深見東州さんでも、これ以上のコンサートは、もう考えられない気がしますけどね。また、次も何かやってくださるんでしょうか。


The Japan Times に、先日開催された、「深見東州と、友人たちのコンサート」の記事が掲載されました。
p5-taf-a-20160329-870x580

Global musicians welcome the arrival of spring


The Tokyo Art Foundation (TAF) held the “Toshu Fukami and Friends Concert,” in which TAF Chairman Haruhisa Handa, former Chicago vocalist Peter Cetera, and other renowned singers performed just outside of Tokyo on March 17.

The concert, supported by AirAsia, The Japan Times and the Handa Foundation, also featured composer David Foster, a multiple Grammy, Emmy and Golden Globe award winner, mezzo-soprano Katherine Jenkins, singer and songwriter Kenny “Babyface” Edmonds and former Spice Girl Melanie C.



そして、セットリストが掲載された新聞記事も出ていました。

改めて曲を見ると、こんなにたくさんの曲を歌っていたんだと思いました。しかも名曲揃いですからね。見てるだけで、当日の感動が思い出されてきます・・。

IMG_kyajpg
夕刊フジ2016/3/25

この下の方の写真に写っていますが、深見東州さんの初めの衣装は、着物でした。しかも富士山柄というなかなか気合が入ったものでした。ゲストが海外の著名なアーティストばかりなので、一人日本人を代表して、日本らしさを演出されたかったのでしょうか。でも、一曲目の早春賦を歌われると、いつものように、ステージ上での着替えが始まりました。この後には、得意のマジンガーZ、そしてポップスのスタンダードナンバーなどを数曲歌い、ピアノ伴奏とソロの素敵な歌が続きました。

また、こちらの記事にあるように、「深見氏はお笑い好きな人物でもあり、MCはユーモアが溢れ、オヤジギャグも連発。そのたびに会場は爆笑で埋め尽くされ、まるで松山千春やさだまさしのコンサートを見ているようだ。」と書かれてますね。ついにさだまさし級のトークになってしまったようですね。
私はさだまさしのコンサートに行ったことはないですが、歌ってる時間よりも、喋ってる時間の方が長いと聞きました。トークも漫談みたいだそうで、なんだか、深見東州さんにとても似てるような気がします。曲の趣向に関しては、深見東州さんは明るい音楽が好きなようで、全く違いますけどね。

一旦ステージを去り、また終盤登場して、デービット・フォスターと写真のように、いい感じで歌ってくれました。この時は、ジャズなどのスタンダードを歌いました。デービットのピアノのアレンジが巧みで、歌唱力を上手に引き出していたように感じました。さすが世界の超一流プロデューサーは違いますね。

デービット・フォスターも、自分自身で作曲した曲を次々と弾いてくれたので、それも良かったです。ファンキーな曲から、ジャジーな曲、AORや映画のサントラなど、本当に幅広い音楽性と大ヒットの数々、音楽のGODのような人なんだなと実感しました。

でも、ラストに登場したケニー”ベイビー・フェイス”エドモンズも、音楽界のキングと言っても良い人ですよね。デービットと二人合わせるとグラミー賞27回の受賞なんて、どれほど凄い偉業を達成した二人の共演なんでしょう。それだけでも貴重なコンサートですよね。

ベイビーフェイスは、ボーイズIIメンに曲を提供しプロデュースして、全米で13週連続、14週連続1位の驚異的大ヒットとなった2曲をメドレーで歌い、また、エリック・クラプトンが歌って、グラミー賞最優秀レコード賞・最優秀楽曲賞・最優秀ポップ男性ボーカル賞を獲得したチェンジ・ザ・ワールドも歌ってくれました。ソフトに甘く歌い上げていました。

Iw0
スポーツニッポン2016/3/27

ピーター・セテラは、前日のタイの食べ物にあたって直前まで体調を崩していたそうですけど、しっかりと歌ってくれました。ピーターや、デービットがつくったバラードの名曲は、何度聞いても素晴らしいです。シカゴ時代の初期にグラミー賞をとった曲も披露してました。それもとってもいい曲でした。

そして、ここでスパイス・ガールズの曲が聴けたのも嬉しかったですね。メラニー・Cのダンスとヴォーカルは健在でしたし、ソロになってヒットした曲もかっこいい曲でした。歌唱力があるので、ずっと活躍できるんでしょうね。

キャサリン・ジェンキンスは、曲はジュピターですが、歌詞が違うワールド・イン・ユニオンと、タイム・トゥ・セイ・グッドバイなど、聞きたかった曲をメゾの魅惑の美しい声で歌ってくれました。チャーミングで、上品な雰囲気を持った、とても素敵な人でした。英国のロイヤルファミリーや安倍首相のようなVIPな方達から愛されるのも、わかる気がします。深見東州さんが、安倍首相が大ファンだというのを紹介し、サインをもらったら渡しにいきますとか言われていましたね。
それから、今開催中の深見東州バースデー書画展の会場では、キャサリン・ジェンキンスからのバースデー・メッセージの映像も紹介されています。投げキッスも見れますよ。



こんなゴージャスで素敵なショーが日本で見れるなんて、なんて有りがたいことなんでしょう。贅沢な夢心地のひと時を過ごすことができました。また、来年もやってほしいなぁ〜なんて思うのは、ほとんどの人がそう感じたことでしょうね、きっと。

3/17舞浜アンフィシアターでの「深見東州と、友人たちのコンサート」を観に行ってきましたよ。
とっても素晴らしいステージを、心ゆくまで堪能できました。日本でも、こんなコンサートが見れるなんて最高ですね。とにかくメンバーが豪華すぎです。
今回も深見東州さんのおかげですね。ドミンゴやルネ・フレミングのコンサートも、貴重なものでしたけど、今回はそれに勝る貴重で希少なコンサートになったと思います。


メラニー・Cは、ステージの動きもさすがきまってました。スパイス・ガールズ時代の曲も歌ってました。とにかくかっこよかったですねー。

スパイス・ガールズの中でも、音楽的にはひときわ輝いていたメラニー・Cですが、ソロになった後も活躍していますね。やはり歌が上手いです。

これは、スパイス・ガールズのデビュー曲ですが、これも当日歌っていました。


ところで、メラニー・Cとピーター・セテラとデービット・フォスターは、16日のバンコクでのコンサートからそのまま来たそうですが、ピーター・セテラとデービット・フォスターは、バンコクで食べ物にあたってしまったそうです。それで、少し開演時間の遅れになったのかもしれません。
ピーターは、バンコクからガールフレンドを連れてきたんだと、デービットとやりとりしながら、その名前がヴィールスって言うんだよとジョークを言ってました。二人は見事に細菌にやられてしまってたようです。ピーター・セテラはハイトーンで歌いますから、お腹に力が入らないと歌えないでしょうし、冗談言ってる場合じゃなかったのかもしれませんが、なんとかしっかり歌ってくれました。デービット・フォスターは全く元気で、平気そうに見えましたけどね。

「Hard To Say I'm Sorry」「Glory of Love」は、二人による共作で、デービットのプロデュースですが、シカゴ時代を含め、ヒット曲をたくさん持ってるので、もっと聞きたいと思った人も多かったでしょう。拍手もひときわ大きかったですから。



キャサリン・ジェンキンスは、安倍首相が彼女のファンなのだそうで、そのことに感謝をしていました。安倍さんも癒されるんでしょうね、キャサリンの素敵な歌声には。私もなんだか癒されて、気持ちいい気分になりました。
この日は、「オペラ座の怪人」や「ジュピター」などを披露して、大きな喝采を浴びました。声が思ったより太いというのかしっかりした声ですね。お顔はとてもチャーミングで可愛らしい方ですけどね。そして気さくな感じで、歌も雰囲気も、人を惹きつける華がある人だなーと思いました。

クラシックがとても好きというキャサリンは、深見東州さんとも気が合いそうですね。深見東州さんの、イギリスのハーリー王子とレソト王国の王子が一緒に立ち上げた慈善団体への支援にも、とても共感を示していたバースデーメッセージを、この後の個展で見ました。




ケニー”ベイビー・フェイス”エドモンズは、反対に声質は軽いというのか細い感じですが、オシャレなムードのとてもいい感じですね。聞き惚れていました。客席まで来てくれたり、ハイタッチもやってくれるサービスぶりでした。

ステージ後ろから撮ったものですね。


こららは、2008年のデービット・フォスターとのコンサートです。甘い大人の歌を聴かせてくれます。

そして、深見東州さんですが、今回ははじめに出てきて、日本とニュージーランドのピアニストの伴奏で数曲まず歌われました。今までの深見東州さんの持ち味で、「早春賦」や「マジンガーZ」など、たっぷりと聴かせてくれました。



そして、途中で再び登場されて、今度はデービット・フォスターやバックバンドの演奏で、「サマー・タイム」「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」「ダニー・ボーイ」などを歌いました。リハーサルも今日だけでしょうけど、フォスターとのピアノとも見事なほど息があってて、素敵だなーって思わず身震いしてしまいました。

そして、この日の最後に、出演者と客席のみんなで、深見東州さんのバースデーを祝して歌いました。深見東州さんは、長いナイフを日本刀のように振り回してケーキカットをされてました。




そしてみんなで「イマジン」を熱唱し、アンコールでは、「オー・ソレ・ミヨ」を深見東州さんが歌い、デービット・フォスターが、最後は、インスト曲で素敵に締めくくりました。もう、お腹いっぱいになるほど大満足しました。幸せな余韻に、いつまでも浸っていたかったですけどね。


デービット・フォスターは、とにかくお話が上手で、どんどんコンサートを盛り上げていきました。登場して、オリンピック映像を見ながらカルガリーオリンピックテーマ曲で始まり、過去に作曲した曲を次々に弾いてくれたりもしました。あれもこれもデービットフォスターの曲なんだなって思いましたね、改めて。

最前列に座っていた、デービットからミスターTさんと名付けられた人は、何度も話しかけられていて、場内が笑いに包まれていましたね。デービットは、気さくで、フレンドリーな方ですね。けっこうそのやりとりが面白くて、楽しい、人柄の良さが滲み出てました。
同時通訳があったので、それは大成功でしたね。

そして、サプライズもあり、客席に向かって、ここにグレートなシンガーはいないかなと呼びかけると、一人の女性が紹介され、ステージにあげられて「アメイジング・グレイス」を歌うということがありました。
そちらが、この下の人で、歌手デビューもされていました。とても上手でしたからね、大きな拍手で迎えられてました。結局そのあとも、ホイットニーのこの曲歌えると聞かれて、もう一回歌ってくれました。アメリカのタレントオーデション番組でも見てるような気になりましたけどね。この方、頑張って欲しいですね。






ということで、素晴らしいコンサートありがとうございました。
深見東州さん、お誕生日おめでとうございます。

201603concert

舞浜アンフィシアターで、今月17日に行われる「深見東州と、友人達のコンサート」の新聞広告が出ていました。こちらには記載されてませんが、マイケル・ボルトンも参加すると、深見東州さんのラジオ番組で言われてました。

DF60


説明するまでもなく、今回のコンサートは、デービット・フォスターの来日ということで、とてつもないインパクトがある公演と言えます。まだ、信じられないような感じですね。音楽ファンで、それも洋楽が好きな人にとって、デービット・フォスターは音楽界の大御所とか巨人なんてものでは済みませんよね。彼自身がミュージシャンとして演奏するというよりは、音楽プロデューサーとして、また、近年はエグゼクティブプロデューサー的な働きを担っているようですが、クインシー・ジョーンズと並んで世界で最も有名なプロデューサーと言えるかと思います。
そして、デービット・フォスター&フレンズと名打って、関係の深いミュージシャンをゲストに招いてのコンサートツアーもしています。ジャバンツアーも過去にありましたね。

その「デービット・フォスター&フレンズ」と、「深見東州と世界の友人コンサートツアー」が一緒になったような、今回の公演と言えそうです。まだ、開催前ではありますが、こんな素晴らしいコンサートはなかなかお目にかかれないと思います。

それから、深見東州さんと一緒に出演するミュージシャンは、なぜか、みんな最高の調子で歌えるという話もあります。去年ホセ・カレーラスが来た時も、あの歳で、まだあれだけすばらしい声で歌えるんだと思いました。さすがカレーラスだと思ったら、カレーラスの関係者の話では、ここ数年のカレーラスの歌で、最も良い声が出ていたと言ってたそうです。

ピーター・セテラと一緒に共演された時も、こんなご機嫌のピーターを見たことないというほど、とてもいい感じだったそうです。ピーター・セテラは、繊細なことにこだわる、かなり気難しい部分があるそうです。それは、ピーター・セテラだけではなく、一流の歌手の場合、そういうこだわりのある人が多いそうです。あの、パヴァロッティも調子悪いとドタキャンしてたようですし、一流の人は完璧に歌おうとするからでしょうか、公演前に神経質になるのは当たり前なのかもしれません。

マイケル・ボルトンも、歌う前は誰とも会わないで、部屋でじっとしているそうですからね。だけど、深見東州さんと一緒に歌うと、元気になるのか、深見東州さんのような高いテンションで歌えるようになるにはどうすればいいのかなんて聞いてくるそうです。面白いですね。

ジョー・リン・ターナーと共演した時も、まさかあそこまでやってくれるのというレベルで歌っていました。会場は興奮の坩堝になりましたからね。リッチー・ブラックモアから、ジョーは昔のように歌えなくなったと思われているなんて、とても信じられませんでしたね。

yjimage


ということで、そんなすばらしいコンサートの前に、今日は出演者の中から、メラニー・Cの曲の動画を貼り付けておきます。スパイス・ガールズ時代には、世界的な大ヒットを飛ばしてきました。ソロになってからは、ヨーロッパを中心に人気があるようですが、とても良い曲が多くて、歌がとても上手いですね。しっとり聴かせる歌から、ダンスナンバーまで幅広く、ヨーロッパ的な陰影を感じさせる歌い方が魅力的だなと私は思いました。

こちらはスローな曲で、優しく歌っています。何かとても感動した曲でした。
First Day Of My Life



こちらの曲もいい曲です。同じスパイス・ガールズのエマ・バントンとのデュエットで歌ってます。
I Know Him So Well



こちらはかっこいいロックナンバーになってます。
Rock Me


これもノリノリの曲で、PVもいいですね。
I Want Candy



この曲は、ソロで最もヒットした曲です。英国ではNO1ヒットになってます。
Never Be The Same Again


この曲もヨーロッパを中心に大ヒットして、アメリカでもダンスチャートで1位になってます。
I Turn To You



これもダンスナンバーですが、いい曲作ってますね。
Think About It


本当は、まだまだたくさん紹介したい曲がありますが、これで最後にします 。これもとてもいい曲です。
The Moment You Believe

深見東州さんの今年のバースデーは、深見東州バースディフェスティバルということで、3つのイベントが開催されるそうです。

第1弾は、3月の17日に舞浜アンフィシアターで行われる、デービット・フォスターとの「深見東州と、友人達のコンサート」です。これは既にたちばな出版のホームページを見ると、チケットが発売されていました。詳細は、お知らせが出るでしょうから、その時にでもまた紹介するとして、それにしてもデービット・フォスターと共演するなんて、ドミンゴとの共演よりも驚いてしまいますね。深見東州さんはクインシー・ジョーンズともお友達だそうですので、それを考えると驚かなくても良いのかもしれませんけど、欧米のポップシーンが好きな人が聞いたら、驚愕するしかありませんね。今年もとんでもないことをやってくれそうな深見東州さんの動きから目が離せません。

そして第2弾の3月18日は、深見東州さんの65歳の誕生日だそうですが(そんなお年にはとても見えませんけどね)、「世界の医療と、国際政治」サミットが、開催されるようです。これは無料のようですが、ピーター・ピオット博士とのサミットのようです。この博士は、ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院学長で、元国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長だった方のようです。エボラウイルスの発見からエイズ対策に至るまで、命がけでアフリカに渡り、感染症との闘いに一生を捧げてきた人だそうです。2014年から、再びエボラが大流行しましたけど、「エボラの父」とも呼ばれていて、極めて重大なお働きをされてきたようです。

第3弾は、このチラシでも紹介されているように、第16回深見東州・バースデー書画展「かいがいしく絵画を見て、ショーのような書を見て、コテコテのギャグを楽しむ個展」が3月19日から31日まで開催されるそうです。
毎回たくさんの新作絵画をこの時にお披露目されていますが、今回はどのような素晴らしい作品を描かれているのか、楽しみにしている人も多いでしょう。私も、いつも楽しく観に行っています。開会式が、19日の11時からだそうですので、できたら行ってみたいと思ってます。一昨年の開会式の様子は、HANDA.TVでも見ることができます。毎回、歌あり、巨大な書のパフォーマンスありの楽しい開会式ですね。

fesjpg



絵画だけでなくコラボ陶磁器作品も展示されるようです。これに関しては、深見東州さんのコメントが掲載されています。
「レオナルド・ダ・ヴィンチや空海、本阿弥光悦に勝ることはできません。しかし、素晴らしいところを学び、手がけなかったことをやれば、個性が輝きます。彼らに追いつき、追い越そうとする気概や研究、努力が尊いのです。これを50年続けるのが、深見東州の”劣るとも勝らない美学”です。偉大な巨匠に学び、正統な絵画の技法を踏まえ、絵画、書、陶芸、木版画、B級食品など、自由な心で創作します。しかし、どうしてもギャグの要素が入るのが、深見東州の性質なので、いかんともしがたいところです。これが、深見東州の作品を理解するヒントです。」
ということで、巨匠に劣るとも勝らない美学という、新しいキャッチフレーズが登場してますね。うっかり聞いてると気が付きませんが、これには深い意図が隠されていたのですね。

ということで、今年の深見東州さんのバースデーでは、3つのイベントが開催されることがわかりました。これに関しても、深見東州さんのコメントが掲載されています。
「誰にでも、誕生日は毎年来ます。それを65才になるからと言ってて、フェスティバルを3日間もやるのは、本当に大げさです。しかし、控え目にすればする程、派手になる運命を悟った深見東州は、やけくそで開き直り、バースディフェスティバルをやるのです。それは、欧米ではバースディを大切にするので、この3日間に、世界の友人が集うからです。まるで、十日戎の祭りを宵戎、本戎、残り戎とやるみたいです。それにしても、すべてが大げさです。」
なんだか、笑える解説ですが、とにかくコンサート、絵画展、サミットという3つの異なるイベントが連続で開催されるという、離れわざのような3日間となりそうです。

中でも、初日のデービット・フォスターは、世界的に著名なプロデューサーとして、また、ソングライターとして40年間にわたり活躍しているミュージシャンですね。年代的には70年代から90年代に一斉を風靡したスーパースター達を多く手がけていますね。その後も、今日まで音楽シーンに影響を与え続けてきた、生きた伝説のような人といえそうです。

有名なところでは、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、マドンナ、バーブラ・ストライサンド、セリーヌ・ディオン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、ポール・アンカ、フランク・シナトラ、アース・ウインド&ファイアー、ボズ・スキャッグス、シカゴ、ピーター・セテラ、マイケル・ボルトン、ロッド・スチュワート、チャカ・カーン、ナタリー・コール、アンドレア・ボッチェリなどなどと、プロデュースや曲の提供などで関わってきたそうです。

深見東州さんとも親しい、ピーター・セテラやマイケル・ボルトンもプロデュースしているんですね。グラミー賞も15回受賞しているそうです。


またチャリティーにも積極的に取り組んできたそうです。1986年にデヴィッド・フォスター・ファウンデーションをスタートし、ライヴ・イベントやスポーツ大会を催して資金を集め、病気の子供たちやその家族に寄付金を送ってきたそうです。そのつながりも、スーパースターのミュージャン、ハリウッドの大スター、アスリート、ビル・ゲイツなど著名な実業家、元カナダ首相やビル&ヒラリー・クリントンなどの政治家にまで及ぶ幅広い交友関係があるそうです。なんだか深見東州さんと似てますね。

ISBN9784860203696


深見東州さんの交友関係も、普通にされていますけども、信じられないような人たちとの交流が多いですよねー。いったいどれくらい幅広い関係があるのか、まとめてみようかと思いますけど、親しくしている人たちに絞っても、数百人単位の著名人との交際があるのではないかと思います。

今年も、世界的に著名な人たちとのつながりがますます増えて行くのでしょう。深見東州さんの場合は、それが、社会の役に立つことにつながるから、素晴らしいですね。自分の名誉や名声のためにやってるのではないですから。だからこそ、どんどん交流がインターナショナルに広がっていくのかもしれませんね。世界の素晴らしい人たちは、フィランスロピー精神豊かな人が多いですから、深見東州さんと、どこかで気があうのかもしれません。

↑このページのトップヘ