深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

プラシド・ドミンゴ

先月の第5回東京国際コンサートは、とても素敵なコンサートでした。今後もますます期待されるクラシックコンサートとして、すっかり定着してきたように思います。

今回は、その東京国際コンサートの過去の公演について、まとめてみたいと思います。最近のコンサートで深見東州さんを知った人は、過去のコンサートのことを知らない人も多いでしょうからね。

この東京国際コンサートは、毎回、海外から超一流のオペラ歌手を招いて開催されています。主催する世界芸術文化振興協会の半田晴久会長によると、東京を世界一の文化都市にしたいということです。そして、たくさんの人にクラシックの素晴らしさを知ってもらい、ファンになってもらいたいということを言われていました。

東京は経済に関する分野では、間違いなく世界のトップに位置する都市だと思いますが、文化に関しては、ロンドンやニューヨーク、パリなどと比較すると、まだまだ弱いと言われているそうです。食文化に関しては、世界一ではないかと思いますけどね。音楽の分野になると、ポップス文化以上に、クラシックの分野は、まだまだのようです。
オペラや声楽に関しては、全く歴史が違うので仕方ないと思いますけどね。かなり昔の話ですが、日本は欧米から100年は遅れているとか、何かに書いてありました。
なので、メトロポリタンやコヴェント・ガーデンのようにはいかなくても、新国立劇場なんかが、素晴らしいオペラを常時開催できるようになると良いのでしょうけど。それには日本だけでは無理でしょうから、海外の、素晴らしい一流のオペラ団を呼ぶしかないでしょうね。

そうなると、東京国際コンサートで、なかなか来日する機会が少ない一流歌手を、深見東州さんの交流やプロモート力で呼ベるのは、日本文化にとって非常に大きな貢献になっていると思いますね。深見東州(半田晴久会長)さんの活動を、私が素晴らしいなと思うのも、日本の文化が豊かに世界的になるために努力されているのを感じたからです。それに全くの私心がないですよね。本当に文化を愛して、日本人の文化レベルの向上に貢献し、世界レベルにしようとされているように感じますからね。だから、ただ鑑賞するだけではなく、自ら声楽を極め、オペラ文化を体現されながら広げていかれてます。さらに日本人の後進の育成にも取り組んでこられました。

そういう深見東州さんの文化への情熱を知ると、なぜ、東京国際コンサートに、あのような超一流の歌手を呼び、そして自らも共演するのかの深い意図が理解できるように思います。


  • 第1回東京国際コンサート

2013年9月10日
なかのZERO大ホール
出演
キリ・テ・カナワ、コナル・コード、深見東州、大西宇宙、他ジュリアード音楽院卒業生
57eab09a

ニュージーランドのマオリの血をひくキリ・テ・カナワは、一時期は当代随一のソプラノという名声を得ていたそうです。この時は、すでに70歳近くでしたが、それでも美しい声だなと思ったのと、とても感情を込めて歌うその歌唱に、涙した覚えがあります。気品があり、一世を風靡したであろうオーラを強く感じました。
そして、深見東州さんが、若い声楽を目指す人たちを支援していることに、とても感心されていましたね。

この日は3部構成で、初めにコナル・コードさんと深見東州さんが交互に歌われ、第2部では、ジュリアード音楽院卒業生による、コンサートになりました。大西宇宙さんのバリトンを生で初めて聴きました。日本人離れした歌唱を聴かせてくれてましたね。日本人として、国際的なスターになる可能性を秘めた人だと期待されている人です。

余談ですが、このとき、9月6日には、トニーブレアらと「世界オピニオンリーダーズサミット」が開催され、9月7日はマイケルボルトン、ピーター・セテラとコラボでの初の武道館コンサート、そして10日に東京国際コンサートが開催され、直後の12日からは、ブラインドゴルフのジャパンオープンが盛大に開催されました。なんという過密スケジュールなんだろうと、いつも深見東州さんのされることには驚かされることが多いのですが、さすがにため息が出ましたね。


  • 第2回東京国際コンサート

2014年6月18日
新国立劇場オペラパレス
出演
ルネ・フレミング、コナル・コード、深見東州、ロベルト・アバド(指揮者)
10b950f4

キリ・テ・カナワの後、今はルネフレミングが、人気実力ともにソプラノの頂点に立っていると言われているそうです。あまり日本で見る機会がなかっただけに、すごく期待して見た人が多かったようでした。そして、期待通りの最高のコンサートだったと、専門家の評判も素晴らしかったようです。

私も、こちらに詳しい感想を書いています。

ルネ・フレミングと東京国際コンサートで共演


  • 第3回東京国際コンサート

2015年6月15日
新国立劇場オペラパレス
出演
ホセ・カレーラス、コナル・コード、深見東州
tokyoconcert03

ソプラノ歌手が2回続きましたが、この年は、3大テノールとの共演になります。まず、ホセ・カレーラスです。本当は、あるソプラノ歌手が来る予定だったのが、来れなくなって、それで急遽ホセ・カレーラスの来日が決まったということでした。あっさりと出演を受諾してくれたおかげで、初めてホセの公演を見る機会を得られました。この公演のホセ・カレーラスは、最近では最も声の調子が良かったそうです。私は、いつもこのぐらいは歌っているのだろうと思って、感動して聞いてましたが、とても素晴らしい出来だったのですね。クーラーも切って、声の調子には細心の注意を払っているそうです。何度でも行きたくなるような最高のコンサートでした。
こちらにも感想を書いてます。

東京国際コンサート ホセ・カレーラス、ずっと聞いていたい


  • 第4回東京国際コンサート

2015年8月26日
新国立劇場オペラパレス
出演
プラシド・ドミンゴ、ヴァージニア・トーラ、ミカエラ・エステ、深見東州、ユージンコーン(指揮者)
tokyoconcert04

まさかカレーラスのすぐ後に、ドミンゴと共演されるとは、さすがに驚きましたね。何歳になってもドミンゴの声は美しくて、しかも歌が上手いです。個人的に一番好きなテノールですね。さすがにこの時は、バリトンの曲を歌ってましたけど、それでも圧倒的に魅力的な歌でした。パヴァロッティもすごいなと思ってましたけど、ドミンゴも、こんな歌手はなかなか現れないだろうなと思いました。
二人の美しいソプラノたちも花を添えてました。
ドミンゴに関しては書きたいことがたくさんあったので、こちらのカテゴリーに色々書いています。

プラシド・ドミンゴ


  • 第5回東京国際コンサート

2015年8月26日
新国立劇場オペラパレス
出演
アンジェラ・ゲオルギュー、深見東州
tokyoconcert05

現在、ソプラノとして、ルネ・フレミングと双璧といわれるほどのゲオルギューの実績は、やはり輝かしいものがあります。同時に、キャサリーン・バトルとは、トラブルが多いソプラノ歌手の双璧とも言われているようですが、歌は二人とも素晴らしいですよね。これで世界的に著名で、実績のある歌手から、東京国際コンサートに登場したことになりますね。この後は、どなたを呼ばれるのでしょう?。

アンジェラ・ゲオルギューと深見東州さんの最高の共演

Haruhisa Handa in Tokyo: Lost and Found in Translation
Forbes/Art & Entertainment


アメリカの経済誌「フォーブス」で、深見東州さんのことが記事になってましたから、今回は、それを紹介しましょう。

書いた方は、欧米や中東などにオフィスを持つ資産家で、慈善家のBarrett Wissmanという方です。世界的な、芸能エンタテインメント事業などをされているようですね、IMGアーティストのチェアマンでもあり、フォーブスにもよく寄稿する方だそうです。

この方が、ホセ・カレーラスやプラシド・ドミンゴを紹介したようですね。もちろんドミンゴのことは、深見東州さんの声楽の師である世界的バリトン歌手グレゴリー・ユーリシッチさんの友人だったそうで、昔からユーリシッチさんによく聞かされていたそうです。ユーリシッチさんと共同で、パース市に「オーストラリアン・オペラスタジオ(Australian Opera Studio)」を設立した時には、プラシド・ドミンゴが、名誉総裁に就任してくれたそうです。

タイトルが「Haruhisa Handa in Tokyo: Lost and Found in Translation」

直訳すると、「東京で半田晴久氏に会う、翻訳で得たもの、失ったもの」という、何か意味が分からないタイトルになってますが、実はこれ、『ロスト・イン・トランスレーション』というソフィア・コッポラの映画があって、その映画で有名になったパークハイアットホテルのペントハウスバーで、深見東州(半田晴久)さんとお会いしたことに引っ掛けたタイトルになってるようですね。

20160214111414


バレットさんは、この寄稿で、深見東州さんの多面的な活動を一通り紹介されています。芸術活動における造詣の深さ、また、半田ファウンデーションによる慈善活動などに触れられています。
このブログでも幾つかは紹介してきましたが、例えばカンボジアのハンダメディカルセンターやシアヌーク病院の支援、ラオスのハンダ看護学校や、バッタンバンのワールドメイト救急病院の設立に尽力したこと、レソト王国の、ヘンリー王子とレソトのセーイソ王子が創設した慈善団体サンタバリーとの提携などです。

また、ISPS(国際スポーツ振興協会)が、障害者の人の才能が開花するために活動してきたことや、IFAC(世界芸術文化振興協会)が、声楽に取り組む若い人たちの才能を支援してきたこと、世界の芸術文化の分野で、シドニーハーバーのハンダオペラの創設など、多くの重要なイベントをしてきたことも紹介されていました。

ちなみに、オペラ・オーストラリアのリンドン・テラチニ芸術監督は、深見東州さんを評して、「Dr.ハンダは透察力があり、最も堅実で揺るぎない世界的芸術フィランスロピストの一人だ。『ハンダ・オペラ』の次に、どのようなところに私たちを導いてくれるのか、想像することもできない」と述べていたそうです。

また、深見東州さんと、昨年共演したプラシド・ドミンゴは、「個人として、また芸術家としての半田晴久氏の才能、カリスマ、勇気に感銘を受けた」と話していたそうですね。

バレットさんは、半田晴久氏の慈善事業は世界の隅々まで及ぶが、一方で彼は紛れもなく日本人である。その仕事のスケールは、一概に語れるものではなく、一部の人にとっては、彼自身が「ロスト・イン・トランスレーション」になってしまいかねないと書かれていますね。そして、これほど興味の幅が広く、何でもできる人を、私は知らない。半田晴久氏の世界的な業績に、今こそ注目しなければならない。それは「ロスト・イン・トランスレーション」になってはならないものだから、と締めくくられています。

映画の「ロスト・イン・トランスレーション」を、私は見てませんけど、映画の中で、アメリカ人俳優が、撮影現場で日本人カメラマンの言うことを理解できずに戸惑うそうです。そのような通訳の過程で大切な意味が失われてしまうという意味があるようです。もう一つは、自分の心を誰にでも分かる言葉にして伝えようとしても、大切なことが失われてしまい、なかなか伝わらないという意味があるようです。

なかなか含蓄のある表現で、バレットさんも書かれてると思います。深見東州さんの活動を、完全に理解することは私のような凡人には至難の技ですが、おそらく日本人から見るとあまりにもグローバルな活動すぎて、日本人離れしすぎているため、ほとんどの人が正しく理解してないように思います。その点は、海外のグローバルに活動している著名人の方が、かえって理解できているのかもしれませんね。しかし、日本人としての精神性の深い部分までは理解できないでしょうし、全てを理解するのは難しいような気もします。

だから深見東州さんは、大事な意義に関して何度でも丁寧に繰り返しお話されるそうです。それぐらいやっても、目的や情熱がなかなか伝わらないことをよくご存知だからでしょう。
しかし、それほどお話を聞く機会がない一般の私たちのような人間は、理解できるまでに、かなり時間を要することになるでしょうね。バレットさんが憂うるように、大切な意味が十分に伝わらないからだと思います。その結果、おかしな風に誤解をする人もたくさんいるでしょう。

しかし、バレットさんの寄稿のタイトルには、Lost and Found とありますから、大切なものを失いそうになったり、発見できたりという意味が込められているようです。私も、深見東州さんのことをいろいろと調べて書いていると、今までわからなかった、大切なものを発見できたことが多々ありました。

バレットさんの言うように、深見東州さんの活動が「ロスト・イン・トランスレーション」になることがないように、私もこのブログで、知りえたことを正しく紹介していこうと、ますます思うようになりました。


こちらは、バレットさんのツイッターからです。










今回で、ドミンゴや深見東州さんたちが出演された東京国際コンサート記事の掲載は最後となります。


どみんご5
日刊スポーツ2015年9月1日



もう書きたいことは書き尽くした気もしますが、今回ドミンゴの息子さんとお孫さんも、当日の会場で聴いていたそうで、アンコールの時には、通路に出て拍手をしていたそうです。それは気が付きませんでした。顔を知らないので見てもわからないでしょうけどね。
ドミンゴの大切な奥様も日本にいらしてたのでしょうか?
たしか、震災直後の時は、夫婦とお孫さんも一緒に来日されたと聞きました。

奥様のマルタ・ドミンゴさんは10代のころ、初めてプラシド・ドミンゴを見た時は、ただの一青年という感じだったそうです。しかし、19歳の時の、ドミンゴの公演のリハーサル準備の完璧さが素晴らしくて、それを見たマルタ夫人の目が、賞賛に変わったそうです。ドミンゴの芸術に対する真剣さがとても好きになったそうです。そして初めてオペラを一緒に歌った時に、相手を意識したそうですが、ドミンゴの方は、初めて会った時から、ずっと好きで気になっていたと言ってますね。お互いにそういうことを言いあえるところも、素晴らしい夫婦なのでしょうね。しかし、マルタ夫人は洗練されていて、ドイツ歌曲も歌い、近寄りがたい雰囲気があっとも言ってます。

そして結婚するのですが、その後、すごいスピードでドミンゴのキャリアが動き出し、ある時マルタ夫人は気がついたそうです。私には、母親、歌手、そしてドミンゴのキャリアをサポートする3役はいっしょにできないと。それで、歌をやめる決心をしたそうです。でも、マルタ夫人のソプラノの才能は、とても天才的なものを持っていたと言いますから、とても勇気がいる決断でしたでしょうね。ドミンゴは音楽家として、大変な量の勉強をしなくてはいけなかったそうなので、マルタ夫人が文献を調べたり、歴史のリサーチをしたりと、仕事を分担するようになったそうです。とても献身的な奥様ですね。そして、子供達もドミンゴの仕事に理解があり、協力的なのだそうです。家庭環境にとても恵まれていたんですね。でも、そうやって夫婦で助け合い、また、子供達のこともよく考え、大事にしてきたんだなと思いました。あのハードなスケジュールの中で、家庭を大切にできたのですからすごい人だと思いますね。

それでは、ドミンゴの当日の歌を思い出す、この動画を聞いてください。とても素晴らしい歌ばかりを、素敵に歌っています。





深見東州さんとプラシド・ドミンゴのコンサート前日のリハーサル風景がありました。なにかドミンゴのもとで、深見東州さんが歌っているようです。今回は、ドミンゴが音楽監督を務めてますが、リハーサルにも余念がないですね。少しでも良いものを聞かせようと、妥協せず、手を抜かない姿勢を感じます。

それから、東京国際コンサートの前には、北京でオベラを主演してきたようです。そのリハーサルの様子も見られます。
さらにその前は、思い出のふるさとメキシコでも歌ってきたようです。

そして、東京コンサートの次は、マカオにさっそく飛んでいます。とにかく世界中からひっばりだこなのでしょう。そのハードスケジュールをこなすドミンゴの音楽にかける情熱はすごいですね、心からオベラが好きなのでしょうか。それに、70代半ばとは思えないスタミナにも驚きです。この調子で、世界中を飛び回りながら、ロサンゼルス・オベラでは芸術監督を務め、指揮者としても活躍しているようです。いったいこのスーバー・テノールは、どこまで芸術へのチャレンジを続けていく気なのでしょう。深見東州さんもそうですが、本当に驚異的な人が世界にはいるものです。











こちらはメキシコでのコンサートです


北京で、オベラ「シモン・ボッカネグラ」の衣装を着ているようです


こちらは、そのリハーサルでしょう。


東京コンサート出演のヴァージニア・トーラとミカエラ・エステと




深見東州さんとのリハーサル風景




もうマカオに到着ですか。休む間も無く、忙しい方ですね。






深見東州さんが3大テノールのうちの二人、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと共演されるので、3大テノールへの関心が深まっている私ですが、本当に感激しましたね、今回の東京国際コンサートには。

6月のホセ・カレーラスとの共演も、とても良かったですが、今回はさらに素晴らしかったです。知っている曲が多かったのもありますけど、とても楽しめました。3大テノールがなぜ世界的な超スーバースターになったのかが、実際に見てみると、納得できますね。歌も演技もカリスマ性も温かみもユーモアも全てがドミンゴには備わっているのでしょうね。

さすがにプラシド・ドミンゴも74歳ですから、往年のように高音域をずっと歌うことはつらいのかもしれませんが、それでも一世を風靡したスーバーテノールの実力は、バリトンの曲からでも十分に伝わりました。こんなに上手に歌える人を、今までライブで聞いたことがありません。よく声を楽器になぞらえますけど、どんな楽器よりも美しい音色を自由自在に出せる最高の楽器を持つのがドミンゴなんでしょうね。バヴァロッティとツインピークで、世界最高のテノールの時代を作った生けるレジェンドという意味がわかりました。聞いていると背中に感動が走って震えましたよ。

そして、深見東州さんとのラストの「ふるさと」と、「勿忘草(わすれなぐさ)」での共演は、日本屈指のバリトンと、世界一のテノールとの、歴史的なステージになったのではないかと思います。後の人からは、20世紀の最高の芸術家と、21世紀最高の芸術家との共演だったと、言われるようになるでしょう。
ドミンゴは桁外れの才能を持つ音楽家ですが、この時代の音楽を創ってきた真の芸術家だと思いました。深見東州さんも、バリトンの声楽家でありオペラ歌手ですが、同時にジャンルを厭わず歌うボーダレス歌手でもあり、画家であり、作曲家であり、詩人であり、小説家であり、能と京劇をやる舞台人であり、21世紀のレオナルド・ダ・ビンチと称されるほどの万能の天才と言われる人です。

その新旧の天才たちの邂逅は、なにか、大きな今後の展開につながりそうな気がします。その優れた活躍に、ますます期待したいと思える、今回の素晴らしいコンサートでした。


IMG_domi6
スボーツニッボン 2015年8月28日




↑このページのトップヘ