深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

ホセ・カレーラス

先月の第5回東京国際コンサートは、とても素敵なコンサートでした。今後もますます期待されるクラシックコンサートとして、すっかり定着してきたように思います。

今回は、その東京国際コンサートの過去の公演について、まとめてみたいと思います。最近のコンサートで深見東州さんを知った人は、過去のコンサートのことを知らない人も多いでしょうからね。

この東京国際コンサートは、毎回、海外から超一流のオペラ歌手を招いて開催されています。主催する世界芸術文化振興協会の半田晴久会長によると、東京を世界一の文化都市にしたいということです。そして、たくさんの人にクラシックの素晴らしさを知ってもらい、ファンになってもらいたいということを言われていました。

東京は経済に関する分野では、間違いなく世界のトップに位置する都市だと思いますが、文化に関しては、ロンドンやニューヨーク、パリなどと比較すると、まだまだ弱いと言われているそうです。食文化に関しては、世界一ではないかと思いますけどね。音楽の分野になると、ポップス文化以上に、クラシックの分野は、まだまだのようです。
オペラや声楽に関しては、全く歴史が違うので仕方ないと思いますけどね。かなり昔の話ですが、日本は欧米から100年は遅れているとか、何かに書いてありました。
なので、メトロポリタンやコヴェント・ガーデンのようにはいかなくても、新国立劇場なんかが、素晴らしいオペラを常時開催できるようになると良いのでしょうけど。それには日本だけでは無理でしょうから、海外の、素晴らしい一流のオペラ団を呼ぶしかないでしょうね。

そうなると、東京国際コンサートで、なかなか来日する機会が少ない一流歌手を、深見東州さんの交流やプロモート力で呼ベるのは、日本文化にとって非常に大きな貢献になっていると思いますね。深見東州(半田晴久会長)さんの活動を、私が素晴らしいなと思うのも、日本の文化が豊かに世界的になるために努力されているのを感じたからです。それに全くの私心がないですよね。本当に文化を愛して、日本人の文化レベルの向上に貢献し、世界レベルにしようとされているように感じますからね。だから、ただ鑑賞するだけではなく、自ら声楽を極め、オペラ文化を体現されながら広げていかれてます。さらに日本人の後進の育成にも取り組んでこられました。

そういう深見東州さんの文化への情熱を知ると、なぜ、東京国際コンサートに、あのような超一流の歌手を呼び、そして自らも共演するのかの深い意図が理解できるように思います。


  • 第1回東京国際コンサート

2013年9月10日
なかのZERO大ホール
出演
キリ・テ・カナワ、コナル・コード、深見東州、大西宇宙、他ジュリアード音楽院卒業生
57eab09a

ニュージーランドのマオリの血をひくキリ・テ・カナワは、一時期は当代随一のソプラノという名声を得ていたそうです。この時は、すでに70歳近くでしたが、それでも美しい声だなと思ったのと、とても感情を込めて歌うその歌唱に、涙した覚えがあります。気品があり、一世を風靡したであろうオーラを強く感じました。
そして、深見東州さんが、若い声楽を目指す人たちを支援していることに、とても感心されていましたね。

この日は3部構成で、初めにコナル・コードさんと深見東州さんが交互に歌われ、第2部では、ジュリアード音楽院卒業生による、コンサートになりました。大西宇宙さんのバリトンを生で初めて聴きました。日本人離れした歌唱を聴かせてくれてましたね。日本人として、国際的なスターになる可能性を秘めた人だと期待されている人です。

余談ですが、このとき、9月6日には、トニーブレアらと「世界オピニオンリーダーズサミット」が開催され、9月7日はマイケルボルトン、ピーター・セテラとコラボでの初の武道館コンサート、そして10日に東京国際コンサートが開催され、直後の12日からは、ブラインドゴルフのジャパンオープンが盛大に開催されました。なんという過密スケジュールなんだろうと、いつも深見東州さんのされることには驚かされることが多いのですが、さすがにため息が出ましたね。


  • 第2回東京国際コンサート

2014年6月18日
新国立劇場オペラパレス
出演
ルネ・フレミング、コナル・コード、深見東州、ロベルト・アバド(指揮者)
10b950f4

キリ・テ・カナワの後、今はルネフレミングが、人気実力ともにソプラノの頂点に立っていると言われているそうです。あまり日本で見る機会がなかっただけに、すごく期待して見た人が多かったようでした。そして、期待通りの最高のコンサートだったと、専門家の評判も素晴らしかったようです。

私も、こちらに詳しい感想を書いています。

ルネ・フレミングと東京国際コンサートで共演


  • 第3回東京国際コンサート

2015年6月15日
新国立劇場オペラパレス
出演
ホセ・カレーラス、コナル・コード、深見東州
tokyoconcert03

ソプラノ歌手が2回続きましたが、この年は、3大テノールとの共演になります。まず、ホセ・カレーラスです。本当は、あるソプラノ歌手が来る予定だったのが、来れなくなって、それで急遽ホセ・カレーラスの来日が決まったということでした。あっさりと出演を受諾してくれたおかげで、初めてホセの公演を見る機会を得られました。この公演のホセ・カレーラスは、最近では最も声の調子が良かったそうです。私は、いつもこのぐらいは歌っているのだろうと思って、感動して聞いてましたが、とても素晴らしい出来だったのですね。クーラーも切って、声の調子には細心の注意を払っているそうです。何度でも行きたくなるような最高のコンサートでした。
こちらにも感想を書いてます。

東京国際コンサート ホセ・カレーラス、ずっと聞いていたい


  • 第4回東京国際コンサート

2015年8月26日
新国立劇場オペラパレス
出演
プラシド・ドミンゴ、ヴァージニア・トーラ、ミカエラ・エステ、深見東州、ユージンコーン(指揮者)
tokyoconcert04

まさかカレーラスのすぐ後に、ドミンゴと共演されるとは、さすがに驚きましたね。何歳になってもドミンゴの声は美しくて、しかも歌が上手いです。個人的に一番好きなテノールですね。さすがにこの時は、バリトンの曲を歌ってましたけど、それでも圧倒的に魅力的な歌でした。パヴァロッティもすごいなと思ってましたけど、ドミンゴも、こんな歌手はなかなか現れないだろうなと思いました。
二人の美しいソプラノたちも花を添えてました。
ドミンゴに関しては書きたいことがたくさんあったので、こちらのカテゴリーに色々書いています。

プラシド・ドミンゴ


  • 第5回東京国際コンサート

2015年8月26日
新国立劇場オペラパレス
出演
アンジェラ・ゲオルギュー、深見東州
tokyoconcert05

現在、ソプラノとして、ルネ・フレミングと双璧といわれるほどのゲオルギューの実績は、やはり輝かしいものがあります。同時に、キャサリーン・バトルとは、トラブルが多いソプラノ歌手の双璧とも言われているようですが、歌は二人とも素晴らしいですよね。これで世界的に著名で、実績のある歌手から、東京国際コンサートに登場したことになりますね。この後は、どなたを呼ばれるのでしょう?。

アンジェラ・ゲオルギューと深見東州さんの最高の共演

舞浜アンフィシアターで、今月17日に行われる「深見東州と、友人達のコンサート」の新聞広告が出ていました。こちらには記載されてませんが、マイケル・ボルトンも参加すると、深見東州さんのラジオ番組で言われてました。

DF60


説明するまでもなく、今回のコンサートは、デービット・フォスターの来日ということで、とてつもないインパクトがある公演と言えます。まだ、信じられないような感じですね。音楽ファンで、それも洋楽が好きな人にとって、デービット・フォスターは音楽界の大御所とか巨人なんてものでは済みませんよね。彼自身がミュージシャンとして演奏するというよりは、音楽プロデューサーとして、また、近年はエグゼクティブプロデューサー的な働きを担っているようですが、クインシー・ジョーンズと並んで世界で最も有名なプロデューサーと言えるかと思います。
そして、デービット・フォスター&フレンズと名打って、関係の深いミュージシャンをゲストに招いてのコンサートツアーもしています。ジャバンツアーも過去にありましたね。

その「デービット・フォスター&フレンズ」と、「深見東州と世界の友人コンサートツアー」が一緒になったような、今回の公演と言えそうです。まだ、開催前ではありますが、こんな素晴らしいコンサートはなかなかお目にかかれないと思います。

それから、深見東州さんと一緒に出演するミュージシャンは、なぜか、みんな最高の調子で歌えるという話もあります。去年ホセ・カレーラスが来た時も、あの歳で、まだあれだけすばらしい声で歌えるんだと思いました。さすがカレーラスだと思ったら、カレーラスの関係者の話では、ここ数年のカレーラスの歌で、最も良い声が出ていたと言ってたそうです。

ピーター・セテラと一緒に共演された時も、こんなご機嫌のピーターを見たことないというほど、とてもいい感じだったそうです。ピーター・セテラは、繊細なことにこだわる、かなり気難しい部分があるそうです。それは、ピーター・セテラだけではなく、一流の歌手の場合、そういうこだわりのある人が多いそうです。あの、パヴァロッティも調子悪いとドタキャンしてたようですし、一流の人は完璧に歌おうとするからでしょうか、公演前に神経質になるのは当たり前なのかもしれません。

マイケル・ボルトンも、歌う前は誰とも会わないで、部屋でじっとしているそうですからね。だけど、深見東州さんと一緒に歌うと、元気になるのか、深見東州さんのような高いテンションで歌えるようになるにはどうすればいいのかなんて聞いてくるそうです。面白いですね。

ジョー・リン・ターナーと共演した時も、まさかあそこまでやってくれるのというレベルで歌っていました。会場は興奮の坩堝になりましたからね。リッチー・ブラックモアから、ジョーは昔のように歌えなくなったと思われているなんて、とても信じられませんでしたね。

yjimage


ということで、そんなすばらしいコンサートの前に、今日は出演者の中から、メラニー・Cの曲の動画を貼り付けておきます。スパイス・ガールズ時代には、世界的な大ヒットを飛ばしてきました。ソロになってからは、ヨーロッパを中心に人気があるようですが、とても良い曲が多くて、歌がとても上手いですね。しっとり聴かせる歌から、ダンスナンバーまで幅広く、ヨーロッパ的な陰影を感じさせる歌い方が魅力的だなと私は思いました。

こちらはスローな曲で、優しく歌っています。何かとても感動した曲でした。
First Day Of My Life



こちらの曲もいい曲です。同じスパイス・ガールズのエマ・バントンとのデュエットで歌ってます。
I Know Him So Well



こちらはかっこいいロックナンバーになってます。
Rock Me


これもノリノリの曲で、PVもいいですね。
I Want Candy



この曲は、ソロで最もヒットした曲です。英国ではNO1ヒットになってます。
Never Be The Same Again


この曲もヨーロッパを中心に大ヒットして、アメリカでもダンスチャートで1位になってます。
I Turn To You



これもダンスナンバーですが、いい曲作ってますね。
Think About It


本当は、まだまだたくさん紹介したい曲がありますが、これで最後にします 。これもとてもいい曲です。
The Moment You Believe

HANDA.TVの番組で、「深見東州と世界の友人たち音楽編」という、深見東州さんが、マイケル・ボルトンや、ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴたちと去年共演したときの裏話などが聞けるものが放映されています。

もともとドミンゴやカレーラスとも知り合いだったそうですが、去年の6月のカレーラスとの公演は、急遽決まったそうです。はじめの予定では、米国の世界的なソプラノ歌手であるジェシー・ノーマンが来日するはずだったのが、来れなくなったので、それで急遽カレーラスに声をかけたそうです。カレーラスは11月に日本公演が決まっていたのですが、無料で、クラシック音楽の振興のためならというので急遽決まったようです。知りませんでしたね、そんな舞台裏があったとは。

私は抽選で当たったので、去年の公演を見ることができました。カレーラスの公演は初めてでしたが、あまりに素晴らしい歌声だったので本当にうっとりと、いつまでも感動の余韻に浸っていたのを、今でも思い出せます。そして、深見東州さんのお話によると、この日のカレーラスは、ここ数年で一番良いコンディションで歌っていたということです。歌声というのはとても繊細なもので、その上カレーラスはとても繊細な感性を持っているので、その時の雰囲気によっても左右されるのかもしれません。
しかしその日は、とても気持ち良く歌っていたそうで、ここ数年では最も良かったと言われていたそうです。その話を聞いて、あの公演では、カレーラスのベストの歌声を聴くことができたことを知りました。とってもラッキーだったわけですね。

深見東州さんの世界の友人、マイケル・ボルトン、でも書きましたけど、深見東州さんと共演したアーティストは、コンサート前にとても気むずかしくなるタイプの人でも、気持ち良く最高の状態で歌えるようですね。一流の歌手は細かいことまでこだわる人が多いようですが、だからこそ完璧に歌えるのかもしれませんが、周囲の関係者は気を使うようです。そんな神経質になる歌手たちでも、深見東州さんと一緒だと機嫌良く、気持ち良く歌えるというのが面白いですね。深見東州さんの人柄やジョークで和むのでしょうか。

ドミンゴとの共演の時と違って、カレーラスの公演の時は知らない歌ばかりだったので、はっきり言うと初めて聞く歌ばかりでしたけど、それでもすごく感動したんですよね。なんて素晴らしい歌声、なんて素晴らしい歌唱力、と、その日来ていた聴衆は、みんなそう思ったのではないかと思います。アンコールも凄まじい歓声でしたし、それに応えるように、カレーラスも予定になかった曲まで歌ってくれたと後から聞きました。そんなことは珍しいようです。よほど気分良く歌えていたんでしょう。

ところで、来日できなかったジェシー・ノーマンという歌手も、数々の実績を誇る素晴らしい歌手なので、ぜひまたチャンスがあれば聞きたいですね。

それから、海外のサイトですが、世界で、エンタテインメントの事業を行っているBarrett Wissman氏
が、フォーブスに書いた記事を掲載しておきます。深見東州さんのやってきた芸術活動などを中心に、紹介されていました。

Haruhisa Handa in Tokyo: Lost and Found in Translation
I recently had the opportunity to travel to Tokyo to present the great tenors Jose Carreras and Placido Domingo.
In our modern world of globalization, shrinking borders and culinary uniformity, Japan is always a refreshing example of a culture that adopts only the thinnest veneer of foreign influence. Despite the onslaught of McDonald’s, digital gadgetry and western architecture, Japan’s nods to global trends are often only skin deep.
02-PM

MOSTLY CLASSIC9月号に、第3回東京国際コンサートのことが記事になっていました。


IMG_hose3



ホセ・カレーラスを迎えての、深見東州さん、コナル・コードさんとのコンサートでしたが、6月15日開催ですから、まだ、2ヶ月前のことです。時が経つのが早い気がしますね。


短い寸評ですが、少し紹介すると、「カレーラスは、わかいころ、イタリアの巨匠ディ・ステファノのレコードを聴いて学んだという。このイタリア歌曲の数々もディ・ステファノが得意とした作曲家たち。カレーラスは情熱的だが、陰影のある歌い方と、明瞭な言葉で旋律を浮かび上がらせ、聴き手を歌の世界に誘う。」「歌曲にはオベラのような大げさな身振り手振りは必要ない。美しいピアニシモとほんの少しの仕草で、全ての聴衆を魅了した夜だった」

ということで、この日のカレーラスは、ピアノに軽くて手を置いて、ときおり白いハンカチで汗を拭う程度で、切々と感情をこめて歌いました。その姿はクールで、しかし情熱的な、カレーラスの世界に引き込まれていくものを感じました。

3大テノールで歌う時のようなバフォーマンスはなくて、一曲、一曲の歌の繊細な良さが伝わるような歌い方、そんな気がしました。そして、聴いていると、いつのまにかその世界に会場全体が浸って、とてもいいムードになっていましたね。

最後に深見東州さんと、コナル・コードさんの3人で歌った時は、最高にスバークした何かを感じました。これは凄いと、歌のもつエネルギーに、感動が走りましたね。

今日は、プラシド・ドミンゴを迎えてのコンサートですが、音楽監督もドミンゴが行うというので、それにも注目しています。

p5-ifac-b-20150623-870x579


感激でした。ホセ・カレーラスの歌を生で聴けるなんて。

CDや動画で見るのとは違う、なんというか、これが3大テノールの実力というものでしょうか。
歌は、知らない曲が多かったのに、涙がジワ〜っと、からだは感動で震えますし、終わったあともしばらく放心してぼーっとしていました。

しかも、あんなに何回もアンコールに応えてくれるなんて、ホセ・カレーラスって、なんていい人なんでしょう。

そして、かっこいい。シルバーグレーの髪もヨーロピアンスタイルのスーツもきまっていて、渋く洗練され、まったく69歳なんかに見えませんでした。声も40代のツヤのある声です。本当に素晴らしい歌を聴かせてもらいました。

抽選に落ちたホセ・カレーラスのファンという知り合いから、ホセは必ず空調を止めて歌うから、夏は暑いかもよと聞いてましたが、暑苦しい温度にもならず、快適でした。おそらく、新国立劇場のおかげかもしれないですね。


ところで最後の方で、深見東州さんとコナル・コードさんと3重唱で、日本歌曲などを歌われました。しかし、声の美しさと響の良さは、深見東州さんも素晴らしい、負けてないですね。やはり日本には希少な、そうとうな声楽の歌い手だと思います。よいしょなんかではありませんよ。最後に一緒に歌われたときにそう感じました。私の個人的な感想ですけどね。


それから、このような世界最高峰の歌唱を楽しむ機会を与えてくださっているのですから、そのことも素晴らしいことです。

パンフレットには、深見東州さんの日本のクラシック界への愛情と、発展を望む熱い思いあふれる文章がありました。また、それを読むと、正しいクラシックの聞き方がよく理解できた気がしました。ここまで具体的に説明できることに、わたしなんかは感心していまいます。芸術やクラシックの本質をしっかりと理解している人にしか書けない内容だと思います。

これからも、日本のクラシック界に良い刺激と影響を与えてくれるイベントを期待しています。


それでは最後に、ツイッターでの評判を少し見てみましょう。


























































↑このページのトップヘ