深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

マイケル・ボルトン

舞浜アンフィシアターで、今月17日に行われる「深見東州と、友人達のコンサート」の新聞広告が出ていました。こちらには記載されてませんが、マイケル・ボルトンも参加すると、深見東州さんのラジオ番組で言われてました。

DF60


説明するまでもなく、今回のコンサートは、デービット・フォスターの来日ということで、とてつもないインパクトがある公演と言えます。まだ、信じられないような感じですね。音楽ファンで、それも洋楽が好きな人にとって、デービット・フォスターは音楽界の大御所とか巨人なんてものでは済みませんよね。彼自身がミュージシャンとして演奏するというよりは、音楽プロデューサーとして、また、近年はエグゼクティブプロデューサー的な働きを担っているようですが、クインシー・ジョーンズと並んで世界で最も有名なプロデューサーと言えるかと思います。
そして、デービット・フォスター&フレンズと名打って、関係の深いミュージシャンをゲストに招いてのコンサートツアーもしています。ジャバンツアーも過去にありましたね。

その「デービット・フォスター&フレンズ」と、「深見東州と世界の友人コンサートツアー」が一緒になったような、今回の公演と言えそうです。まだ、開催前ではありますが、こんな素晴らしいコンサートはなかなかお目にかかれないと思います。

それから、深見東州さんと一緒に出演するミュージシャンは、なぜか、みんな最高の調子で歌えるという話もあります。去年ホセ・カレーラスが来た時も、あの歳で、まだあれだけすばらしい声で歌えるんだと思いました。さすがカレーラスだと思ったら、カレーラスの関係者の話では、ここ数年のカレーラスの歌で、最も良い声が出ていたと言ってたそうです。

ピーター・セテラと一緒に共演された時も、こんなご機嫌のピーターを見たことないというほど、とてもいい感じだったそうです。ピーター・セテラは、繊細なことにこだわる、かなり気難しい部分があるそうです。それは、ピーター・セテラだけではなく、一流の歌手の場合、そういうこだわりのある人が多いそうです。あの、パヴァロッティも調子悪いとドタキャンしてたようですし、一流の人は完璧に歌おうとするからでしょうか、公演前に神経質になるのは当たり前なのかもしれません。

マイケル・ボルトンも、歌う前は誰とも会わないで、部屋でじっとしているそうですからね。だけど、深見東州さんと一緒に歌うと、元気になるのか、深見東州さんのような高いテンションで歌えるようになるにはどうすればいいのかなんて聞いてくるそうです。面白いですね。

ジョー・リン・ターナーと共演した時も、まさかあそこまでやってくれるのというレベルで歌っていました。会場は興奮の坩堝になりましたからね。リッチー・ブラックモアから、ジョーは昔のように歌えなくなったと思われているなんて、とても信じられませんでしたね。

yjimage


ということで、そんなすばらしいコンサートの前に、今日は出演者の中から、メラニー・Cの曲の動画を貼り付けておきます。スパイス・ガールズ時代には、世界的な大ヒットを飛ばしてきました。ソロになってからは、ヨーロッパを中心に人気があるようですが、とても良い曲が多くて、歌がとても上手いですね。しっとり聴かせる歌から、ダンスナンバーまで幅広く、ヨーロッパ的な陰影を感じさせる歌い方が魅力的だなと私は思いました。

こちらはスローな曲で、優しく歌っています。何かとても感動した曲でした。
First Day Of My Life



こちらの曲もいい曲です。同じスパイス・ガールズのエマ・バントンとのデュエットで歌ってます。
I Know Him So Well



こちらはかっこいいロックナンバーになってます。
Rock Me


これもノリノリの曲で、PVもいいですね。
I Want Candy



この曲は、ソロで最もヒットした曲です。英国ではNO1ヒットになってます。
Never Be The Same Again


この曲もヨーロッパを中心に大ヒットして、アメリカでもダンスチャートで1位になってます。
I Turn To You



これもダンスナンバーですが、いい曲作ってますね。
Think About It


本当は、まだまだたくさん紹介したい曲がありますが、これで最後にします 。これもとてもいい曲です。
The Moment You Believe

2013年9月5日、深見東州さんは初の武道館公演を大成功させます。「深見東州と世界の友人コンサートツアー日本武道館」と題して、マイケル・ボルトン、元シカゴのピーター・セテラとのコラボが実現しました。

1401028909


マイケル・ボルトンとの出会いについては、「深見東州さんの世界の友人、マイケル・ボルトン」に書きましたのでそちらをご覧ください。
ピーター・セテラは、マイケル・ボルトンの友人として来日しました。

二人ともグラミー賞にも輝く世界的な大物歌手であり、このコンサートが開催されるのを知った時は、少なからず驚きました。それはビッグネームの歌手たちとの共演もそうですし、武道館での開催というのもそうですが、それまでは主にクラシック分野でのステージがほとんどでしたから、いきなりメジャーな音楽シーンに登場されることに驚きました。

しかし、冷静に考えてみると、その頃すでにシンガーソングライターとしてオリジナルアルバムも出されていました。また、少し前にはゴールデンポップスのCDも出ましたし、ライブでもいろいろな歌を歌ってありました。そして、海外ではカーネギーホールなどで、もっとすごいコンサートも開催されてますので、日本ではまだやってなかったというだけで、このようなコンサートを開催されても別に不思議ではなかったんですね。ただ、いきなり武道館コンサートと聞いたので驚いたんでしょう。実は、その年の5月に、すでにジミ・ジェイミソンと名古屋でジョイントコンサートを開催されていたんですよね。

オペラ歌手でありながら、ポップスの歌手としても、日本のメジャーシーンに大きく打ち出されたのが、この2013年の一連のコンサートだったと言えるでしょうね。そういう意味で、とても記念すべきコンサートだったと思います。

IMG_30


この日の曲目は、深見東州さんは「ルパン三世のテーマ」、「残酷な天使のテーゼ」、「ゴー・ザ・ディスタンス」など、アニメで使われた曲を続けて歌われました。これは、深見東州さんの得意のジャンルですし、初めから一気に盛り上がりましたね。その後、ミュージカルナンバーでしっとりと酔わせ、続いて演歌で年配の方たちのリクエストに応え、最後は「タイガーマスクのテーマ」、「マイウェイ」、そしてオリジナルロックナンバーの「恋に狂って支離滅裂」で、皆が総立ちになるなか、締めくくられました。

続いてはピーター・セテラですが、まず舞台転換が行われます。何せこの日は、3人のアーティストがそれぞれにバックバンドを引き連れての公演ですから、なかなか大変だったと思います。ピーター・セテラは、いつもなら舞台転換に時間がかかると機嫌が悪くなるそうですが、この日はニコニコと、大変な上機嫌だったと後になって聞きました。
そのピーター・セテラは、初っ端からかっこいいナンバー「Restless Heart」で、がっちり会場の雰囲気をつかみました。続いて、「グローリー・オブ・ラブ」、「アフターオール」、シカゴ時代にグラミー賞に輝いた「君こそすべて」と、ヒット曲でたたみかけてきて、会場の興奮と熱気はすごかったです。そして女性歌手も連れてきていたので、デュエットで「ネクストタイム・アイ・フォール」「フィールズ・ライク・ヘブン」などを歌い、名曲「素直になれなくて」で最高潮に達しました。

最後に登場したマイケル・ボルトンは、この日はリズム&ブルース色の強いステージで、とても渋い魅力を放ってました。マイケルの歌はこの頃から聞き出したのですが、このライブでファンになってしまいました。途中で女性ボーカルに変わったかと思ったら、いきなりアリーナ席に登場して「男が女を愛するとき」を歌い出したので、周りの女性たちはパニック状態でした。

そして、時間が押してしまったのでしょう、アンコールで3人揃って歌うのは1曲だけでしたが、ジョン・レノンのイマジンの熱唱で、とっても素敵なラストとなりました。

このときマイケル・ボルトンは、インタビューで、「再び共演できて嬉しい。半田氏とは、人権問題を通して一緒に活動しており素晴らしい男だ。今後も共演していきたい。」と話しています。また、深見東州さんの歌に関しては、「1度聴くだけで、半田氏が歌うことをどれほど愛しているかがすぐにわかった。その圧倒的な美声、卓越した歌唱力、幅広い声域と歌にかける情熱は、音楽を愛する多くの人を魅了するだろう。私は半田氏の大ファンである」と述べています。また、その前年にシンガポールで初めて一緒に歌った時は、音程があまりにきっちりと取れていることに感心していたそうです。以外と完璧に音程が取れる歌手は少ないそうなのです。ただ、深見東州さんにすれば、オペラ歌手ですから、音程が完璧に取れていると言われても、当たり前なんだけどなと思っていたそうですね。

深見東州さんとマイケル・ボルトンは、過去にシンガポール、武道館、パシフィコ横浜において、3度共演しています。
また、深見東州さんが総裁を務める、世界開発協力機構(WSD)が支援する「人権と国際正義の為の、スタンフォード大学WSD半田センター」のアンバサダー(大使)に、マイケルボルトンが就任し、マイケル・ボルトン・ファンドのボードメンバー(理事)に深見東州さんがなるという、互いに人権問題に関心が深く、協力している関係です。

「人権と国際正義の為の、スタンフォード大学WSD半田センター」は、平和と社会正義、経済発展を支える基盤となる法治主義やガバナンス、人権意識を強化する活動をしています。マイケル・ボルトンは、1993年に貧困と虐待に苦しむ女性や子供たちを救済するために「マイケル・ボルトン・チャリティーズ」を設立し、その他にも社会的、政治的団体を通じて活動しているそうです。

このように意気投合して活動しているお二人の出会いは、2012年の秋に、女子ゴルファーのジャン・スティーブンスンさんの紹介によって実現します。ジャンさんは、マイケルと深見東州さんの共通の友人であり、それぞれに会ってみないかと、ずっと言い続けていたそうです。
深見東州さんは、当時マイケル・ボルトンのことを知らなかったそうですが、あまりに熱心に勧めるので会うことになったようです。マイケル・ボルトンもジャンから深見東州さんの活動を聞かされていて、それで当時シンガポールに人権センターを作る計画があり、その縁でシンガポールでチャリティコンサートを行い、マイケルのコンサートに深見東州さんが出演する形で実現したそうです。前日にはジャンとマイケルと三人でゴルフをハーフラウンド行ったそうですが、深見東州さんは初めてマイケルを見たときの印象を、ギリシャ彫刻のような風貌で、雰囲気はギリシャの仙人という、この世の人と思えないような不思議な感じを持ったそうです。マイケルもまた、この人はただの人ではないと、直感で思ったそうで、お互いにとって運命の出会いだったのでしょうね。

20150803025502561


深見東州さんが言われるには、マイケルは細かいところまで完璧にするそうで、だからこそあれだけの音楽を作れるのだろうということです。マイケルはポップスの歌い方ですが、パヴァロッティやドミンゴ、カレーラスなど大物テノール歌手との共演もあり、クラシックの歌もとても上手に歌えるそうです。ハイCよりも上の高音も楽に出せるそうです。ハスキーな声で、かなり高い声で歌ってると思ったら、やはりそれだけの歌唱力と抜群の音程を持つ素晴らしい歌手なんですね。ポップスの曲ではほとんど出てこない音でしょうけども。

20150803025445975


余談ですが、武道館で共演したマイケルの友人のピーター・セテラも、とても細かいところまでこだわる難しい人だそうです。繊細な芸術家にはそういうタイプが多いですよね。しかし、だからこそ完璧に歌えると言えます。気に敏感で、長く同じところに入れないことが多いそうですが、2013年に武道館でマイケルとピーターと深見東州さんが共演したときは、そのあとの食事と打ち上げで、最後まで機嫌良く帰らなかったらしく、こんなピーターを初めて見たと周りが言ってたそうです。相手が気の良い人だとそうなるようです。深見東州さんと一緒だと、誰でも同じかもしれませんけどね。マイケル・ボルトンも深見東州さんとコンサートの後に食事をすると、やはり遅くまでずっと一緒にいるそうです。そして、深見東州さんに、なぜ、そんなに高いエネルギーで歌えるのか教えて欲しいと言ってたそうですね。マイケルも、年を取ってもいつまでもそんな風に歌いたい思ったそうです。


マイケルボルトン

グラミー賞、最優秀男性歌唱賞2回(ノミネート4回)、アメリカンミュージックアワード受賞6回、アルバムとシングルでレコード売上全世界で5500万枚。アルバム「Soul Provider」が1250万枚、「Time,Love,& Tenderness」が1600万枚を売上る。






今日はスポーツ報知に載っていた、深見東州武道館コンサートの記事を掲載します。


IMG_budo8
スポーツ報知2015年9月29日


今回のコンサートでは、深見東州(半田晴久)さんのオリジナルソングからも、4曲披露されました。
深見さんは、オリジナルソングのことを、歳をとると他人の歌ばかりではなく自分の歌も歌いたくなるんですよといいつつ、オジジナルソングという造語まで生み出されますが、曲の方はとてもご機嫌なものばかりです。まだCDになってませんので、何度も聞けないのが残念です。

毎回必ずどこかに一工夫をされますが、コンサートの定番となってきたAKB48の「ヘビーローテーション」も、今回はブラスして「フライングゲット」まで歌われました。これがなかなかいい歌で、こっちの方が好きでしたね。あまりAKB48 を真剣に聞いたことはないんですが、いい曲を歌ってますね。

それから記事には、「プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと、世界3大テノールのふたりまで共演を果たすなど、オペラ歌手としての活動が注目される深見だが、その活動はクラシック界だけには止まらない。オペラ以外にも、ロック、ジャズ、ポップス、フォーク、アニメソングまで歌いこなすその実力は、マイケル・ボルトン、ジョー・リン・ターナーなど、米ロックの大御所や、歌手・俳優の小林旭など、大物アーティストたちのお墨付きだ。」と書かれてます。こうしてみると、かえって海外の大物たちの方が、いち早くその才能を評価している気がしますね。日本ではそれを見て、すこし遅れぎみに評価が広まりつつある感じでしょうか。

ジョー・リン・ターナーは、「はじめて半田晴久氏の歌を聴いた時、深みのある豊潤な声と、完璧な音程に驚嘆しました。じっくりと聴くと、彼が歌詞とメロディーに込める、深く繊細な情感が伝わってきます。それはまさに、彼が『本物の歌手』である証だと思います。彼は、歌い手に必要な要素をすべて融合し、ひとつひとつの歌を、本来歌われるべき表現で、リスナーに届けています。私は半田晴久氏の熱烈なファンです。」と絶賛してました。かなり具体的に指摘していますから、本当にそう感じていることがわかりますね。
日本では、海外とか周りの人たちが言い出して、ある程度評価がかたまってきてから、それからみんなが評価しはじめるところがありますよね。なかなかじれったい気もしますね。

JaZZ ZAPAN Vol61に、深見東州さんとマイケルボルトンの記事が特集されていました。

短いですが、的を得た、なかなか鋭い批評が書かれています。


IMG_mfy



「驚かされたのは、前回の初のジャズ・ライブから約半年という短期間で、深見がまた一段とジャズやスタンダードナンバーを自分のものにしていること。バンドのサウンドに心地よく乗って、終始リラックスした雰囲気でステージは進行。オベラの手法を駆使してドラマティックに聞かせたり、低音から高音までを幅広く効かせて軽やかに聴かせたり、前回からさらなる進化を感じさせた。」
「歌う際にも必ずその楽曲の意味や自分の所感(そしてギャグも)を話し、音楽に対する真摯な姿勢を強く感じさせる。ジャズもオベラもロックもポップスも演歌も、深見にとってはあくまでも同じ音楽なのだ。」

というように、ジャズの専門家から見ても、深見東州さんのヴォーカルの進化している姿が印象に残ったようですね。しかし深見東州さんはジャズばかり歌うわけではないし、ましてや歌ばかり歌っている暇もないはずなのに、確実に進化させていくところが、深見東州さんの持つ優れた特質でしょうね。努力といっても、研究し尽くされた努力であり、最も効果的な努力の方法を知っているのでしょう。そうじゃなければ、2回目でそんなに変化しないはずですからね。

そしてステージ上はでは、いつもリラックスして歌うことも、とても大事なことだと思います。3大テノールのステージを見ても、リラックスして楽しんでいる姿が映し出されてますが、だからこそ歌が伸びやかに素晴らしく歌えるし、聞いている聴衆もノリがよく、楽しめるのでしょう。もちろん、歌ってる歌手は、からだや喉はリラックスしていても、頭のなかは忙しく動いていると思います。そうじゃないと、最高の歌唱を聴かせることはできませんからね。

深見東州さんの場合は、ステージの歌の合間に、ギャグを必ずかまされますけど、あれは、演奏者や聴衆もリラックスされる効果があるとおもいます。そうすることで、聴衆も演奏者も歌う深見東州さんも、不思議な一体感に包まれてしまう気がしますね。ただ上手に歌うだけではなく、ライブではステージと観客の一体感が大事になると思いますが、その雰囲気を作るのはなかなかできないことだと思います。あの才能も、深見東州さんが天性の、天才的なバフォーマーである証明になるでしょう。

ロックにおけるライブでは、10代20代の子たちとの間に、そういう雰囲気ができやすく思います。ロックフェスなんかが流行るのも、そういう一体感を楽しめるからではないかと思うのですが、深見さんのステージにも、我を忘れてみんながひとつになる感覚がありますね。そうなった時のライブは、いつまでも心地よい余韻が残るんですよね。この横浜の時も、そんな感じでした。音楽は、みんなの心を一つにする不思議なパワーがあるようです。

↑このページのトップヘ