深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

マイヤ・プリセツカヤ

深見東州さんは、20世紀最高のプリマと称されるマイヤ・プリセツカヤさんを日本に呼び、自らもバレエダンサーとしてデビューし、共演されたことがあります。かなり前に、「天の安河のうけひ」というタイトルだけを紹介していましたけど、今回は、もう少し内容にも触れてみたいと思います。

直接この公演を見たわけではありませんけど、DVDを見た限りでは、とても楽しい公演だったのではと思います。

19931228_01


脚本、構成、台本、演出は、三方建氏、作曲と指揮は近衛秀健氏、そして横瀬三郎バレエ団を主宰する横瀬氏の振り付けによるものでした。

深見東州さんのお話では、1993年という20年に一度の式年遷宮の年を祝して、伊勢神宮の神様に捧げるために創作したオラトリオ・バレエだそうです。

オラトリオとはバロック音楽を代表する楽曲形式で、宗教的(キリスト教的)なものを題材として、独唱・重唱・合唱・管弦楽のために劇的に構成した宗教音楽なのだそうです。
本来のオラトリオは、キリスト教が題材になるようですけど、それが日本神話に変わり、またオラトリオには演技はないそうですが、バレエが結びついたということで、オラトリオ・バレエというふうに言われたのかもしれませんね。

日本神話の物語がモチーフとなって、舞台が進んでいきます。かなり脚色はされていますが、イザナギ・イザナミから天照大神、須佐之男、月読尊が誕生するところと、天照大神が岩戸に隠れて、再び出てくるシーンが中心になっていました。

19931228_04


美男美女のバレエダンサーもたくさん登場しますから、見てるだけでも楽しいですね。ラストに近いところで、ようやく深見東州さんが颯爽と登場され舞われます。プロローグでは、和太鼓をかっこよく叩かれてました。手力男の神の役で、アマテラス大神を岩戸から連れ出します。ここの部分は、盛り上がりのピークになる部分でした。
40代前半だと思いますが、やはり若いですね。そして、舞台のメークのせいもありますけど、とても舞台映えする顔立ちなんですよね。ダンスもきまってて、カッコ良すぎですね。

19931228_05


そして、岩戸から出てくるアマテラスの役が、マイヤ・プリセツカヤさんなんですが、もう、さすがというしかないですね。出てきただけで感動するものがありましたから。そして、それほど背は高くないと思いますけど、とっても大きく見えましたね。それに、この時がとても68歳とは思えないほどの美しさでした。激しく舞うシーンはありませんが、優雅で繊細で柔らかな体の動きをたっぷりと見せてくれました。

19931228_07


深見東州さんは、体が柔らかいとは聞いていますが、足も上がるし、跳躍も高さがあるのですごいなと思いました。今は、バレエはされてないと思いますが、このころから何にでも挑戦されてきたんですね。そのことにも感心しました。
とても見応えのある素晴らしい舞台でした。

毎年恒例になってます、深見東州・バースデー書画展は、今年は3月19日から31日までの開催になります。恒例と言っても、毎回何かが加わるか、変化していて、同じような絵画展はされませんけどね。

第16回となる今年の深見東州・バースデー書画展は、正式名称を「かいがいしく絵画を見て、ショーのような書を見て、コテコテのギャグを楽しむ個展」なのだそうです。去年の第15回は、「墨で個展個展、絵具で個展個展、見るのにてんてこ舞いの個展、通称第15回 深見東州バースディ個展、別名深見東州大英博物館凱旋個展!!!」となっていました。長いタイトルですね。

去年は、深見東州さんにバースデーメッセージが、世界の著名な友人たちからたくさん届いていて、心温まりました。ルネ・フレミングからのビデオメッセージが、中でも印象に残りました。そして、ジミー・ジェイミソンが生前に作曲したという深見東州さんの歌もあったそうで、それをストーム・ブリンガー・バンドが演奏して、ビデオで紹介されてました。正直な歌詞もとても良かったです。今、HANDA.TVでは、その去年の個展の様子が放映されています。

そして、一昨年の2014年深見東州バースデー個展は、先日も少し紹介しましたが、紹介できなかったところをあと少し紹介しておきますね。こちらもHANDA.TVの、お見のがし分のところから、見ることができます。2014年のタイトルは、「れでぃ画画のような肩こってんのほぐれる個展!!」でした。

20140405032816426 (1)


オープニング・セレモニーには、親しい政治家の人たちも駆けつけて、挨拶をしてました。結構笑ってしまう楽しい挨拶でした。亀井静香衆議院議員は、深見東州さんの絵画のことを、絵の価値は私にわかるはずはないですがと前置きしながら、私の直感ではシャガールの絵を超えていると思うと、感想を述べてましたね。ヨーロッパでシャガールの絵を見られてきたのでしょうか。

どことなく作風が似ているものもありますよね。色使いなどでも、似てる感じもします。でも、ジョアン・ミロのような作風もあるし、マチスのような絵もあるし、初めはゴッホみたいと思ったこともありましたけど、最近は独特な誰の絵にも似てないものが多くて、年々高みに昇って行かれてる気がします。

鳩山邦夫さんも、おかしなことばかり言って笑いを取ってましたが、絵に関しては、天才性が十二分に発揮されていると真剣に言われてました。そして、母方の祖父の石橋正二郎(ブリジストンの創業者)の話を始めて、青木繁の絵画を集めまくっていたけど、今生きていたら、深見東州さんの絵画を集めていただろうとか言ってました。ただ、深見東州さんの絵画は売り物にはされてないようですけどね。

また、「深見先生は芸術活動のほかに多くの国々と親交を深め、特にカンボジア政府は、日本政府以上に、深見先生に大変感謝している」ということも教えてくれました。そしてこの時の挨拶で、深見東州さんに日本ロシア協会の副会長を引き受けて欲しいとお願いして、引き受けていただいことも感謝されていました。その日本ロシア協会50周年の時の挨拶がネットに掲載されてますが、深見東州さんの挨拶に、「日頃より親しい鳩山邦男会長より、『私が大切にしている日ロ協会を支えて欲しい。半田先生のお力が必要です。会長代行・副会長を引き受けてください』と、突然のお願いがあり、鳩山先生のお願いであればと、お引き受けした次第です。これが、日ロ協会との出会いです。その後、日ロ協会理事会の推挙もあり、NPO法人東京日本・ロシア協会を設立しました。私が会長を務めることになり、名誉会長に鳩山邦夫氏、最高顧問に高村正彦日ロ友好議員連盟会長に就任をお願いしました」と書かれていました。

深見東州さんは、ロシアの不世出のバレリーナ、マイヤ・プリセツカヤさんを2度も日本に呼んで、一緒に創作バレエの舞台に立たれています。深見東州さんは、政冷経熱文温という、政治関係が冷えている時でも、文化の交流が温かければ、やがて政治関係も改善されますと言われ、いかなる時も文温が大切ですと言われていました。小泉政権の時、日中関係が冷えていた時も、そう思って、京劇や創作オペラなどで日中の文化交流に務めてこられたそうです。日ロにおいても、文温を専門にやっていきたいそうです。芸術は世界共通語と言いますが、音楽やアート活動が、世界の平和に貢献できると私も感じます。まずは2国間の関係にも、良い影響を与えてくれるのではないかと期待しています。

それから、日本国際フォーラムの伊藤憲一氏の挨拶もいい話でした。カンボジアで、シルブッド・ノルドム王子から、日本人でぜひ紹介したい人がいると言って紹介されたのが、深見東州さんとの初めての出会いだったそうです。伊藤氏は、半田晴久さんは、レオナルド・ダヴィンチ以上の人だと思うとしみじみ語っていました。

トニーブレアやビル・クリントンを日本に呼んだときも、世界中から呼びたいと思っている人がたくさんいるのだから、難しいんじゃないかと思っていたそうですが、実現したので驚いたそうです。伊藤憲一氏によると、今、あの二人を日本に呼んでこれるのは、半田さんしかいないと思うと言われていました。世の中には、お金を出せば呼んでこれると思っている人がいるようですが、とんでもないと言われてました。お金をいくら積んでも来ませんよということです。人間が人間に惚れるような、そういう人間の心理学を実行しているような人であって、向こうも応えてくれるようになるそうです。あのクラスの人達になると、相手にもそれだけのものがないと、来てくれないということなのでしょう。

あと、伊藤憲一氏によると、「半田晴久さんは、どんなに地位が高い人でも、不遇な人に対してでも、態度は変わらない」のだそうです。これはなかなか誰にでもできることではないし、そういう人はいませんと言われていました。普通は強い人にはビビってしまうし、弱い人には馬鹿するのが、人間の弱いところなんですよと言うことです。
それから、外交国際問題でも、急に喋って欲しいと言われても、30分くらいとうとうと、外交問題を専門とする大学教授クラス以上のことを話すんですよと言われてました。そういう部分や、半田さんの人間としての魅力を加味するとダビンチ以上だと思うとのことです。

20140405032816876 (1)


それから、この第14回バースデー個展では、深見東州さんによる、巨大な書のバフォーマンスが行われました。龍という字を、巨大な筆を使って渾身の気合を込め、書かれました。力作ですね。その後は、和太鼓のパフォーマンスと続き、これは、途中から太鼓を離れて招待席へと乱入されるという予想外のパフォーマンスで、会場からやんやの拍手と笑いが絶えませんでした。いつでも深見東州さんが行くところ、周りが和んでしまい、笑いの中に包まれてしまいます。こういう懐の深い、周りの人を自然となびかせてしまう雰囲気を持つ人が、大きな仕事ができる人なんでしょうね。

今年の第16回深見東州・バースデー書画展は、どんなオープニングになるのか、それも楽しみの一つです。

↑このページのトップヘ