深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

リディア・コ

2/16〜2/19の日程で、オーストラリアのナショナルオープンである、ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープンが開催されます。今年も米国女子ゴルフツアー(LPGAツアー)、欧州女子ゴルフツアー(LET)、豪州女子ゴルフツアー(ALPGAツアー)の共催で行われます。

1376529_625989534110044_1018003136_n-thumb-230xauto-891


昨年は野村敏京選手が、最終日トップタイから、堂々世界ランキング1位のリディア・コ選手を振り切って初優勝を飾りました。日本人では4年ぶりの米国女子ツアー優勝だったそうです。さらにその後も1勝をあげるなど、一気に世界ランク上位に上がり、リオ・オリンピックでも、メダルまであと1打のところまで行きました。大飛躍の1年になりましたけど、深見東州さんも野村敏京選手が優勝したおかげで、ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープンのことが日本でも大きく報道され、良かったかもしれませんね。

その前の2015年はリディア・コが優勝しています。その2015年2月に、史上最年少で世界ランク1位となり、いったん2位に落ちますけど、返り咲いてからは現在まで67週連続1位をキープしていますね。昨年の米国女子ゴルフツアーでもメジャーを含む4勝を挙げています。もちろん今年も出場します。1月の開幕戦には参加してませんでしたので、この大会が、今年初めてのツアーになりますね。現在は国際スポーツ振興協会のアンバサダーも務めています。

そんな圧倒的な女王を昨年後半に捉え、ついに賞金ランキングで逆転した、タイのアリア・ジュタヌガーン選手も出場します。ジュタヌガーン選手は昨年の米国女子ゴルフツアーに彗星のごとく現れ、あっという間にメジャー1勝を含む5勝を挙げ、世界ランキング2位につけています。リディア・コ選手と並ぶ、女子ゴルフ界のトップに躍り出ていますね。

そして昨年のメジャー、女子PGA選手権でリディア・コ選手をプレーオフで下し、メジャー初制覇のカナダの新鋭ブルック・ヘンダーソン選手も出場します。ヘンダーソン選手は、リディア・コと同じ現在19歳ですが、その大会で優勝したあと世界ランク2位に上がり、リディア・コに最大のライバル出現とまで言われました。現在は世界ランク8位です。


それから世界ランク6位の韓国のジャン・ハナ選手。全米ツアーを席巻する韓国勢の筆頭ですが、昨年の米国女子ゴルフツアーでは3勝をあげています。世界ランキングはチョン・インジ選手の方が上で3位ですけどね。


そして、地元オーストラリア期待のミンジー・リー選手も出場します。昨年は2勝をあげていますね。現在の世界ランクは17位です。そして、大ベテランのカリー・ウェブ選手は、今年も健在です。カリー・ウェブ選手は、この大会では2014年を初め、5回の優勝を誇ります。最近の女子ゴルフは20歳前後の選手がトップを争い、次々と若いスター選手が登場していますけどね。その中にあって、42歳のカリー・ウェブ選手が、まだまだ世界で活躍しているのは本当に凄いと感じます。

イングランドのチャーリー・ハル選手20歳も、そんな次世代を担う若手と言われています。昨年11月のTOTOジャパンクラシックで来日し、ブラインドゴルフ ジャパンオープン チャンピオンシップにも駆けつけて挨拶をしていました。深見東州さんとは以前から親交があるそうで、国際スポーツ振興協会のアンバサダーに就任したそうですね。その直後に行われた最終戦、CMEグループツアー選手権で米女子ツアー初優勝を飾りました。現在の世界ランクは15位になってますね。

チャーリー・ハル


ということで、他にも強豪選手が多数出場するようなので、ハイレベルな戦いとなりそうですね。日本勢の活躍に期待したいです。日本からはディフェンディングチャンピオンの野村敏京選手をはじめ、横峯さくら、上原彩子、松森彩夏選手が出場するようです。そして、開幕戦のピュアシルク・バハマLPGAクラシックでは1打足りず予選落ちしましたが、この大会が米国女子ツアー2戦目の出場となる畑岡奈紗選手にも、非常に注目が集まってますね。

昨年5勝を挙げて、年間ポイントレース(レース・トゥ・CMEグローブ)と年間賞金王とプレーヤー・オブ・ザ・イヤー(最優秀選手賞)の3冠を達成したアリア・ジュタヌガーン選手と、リディア・コ選手との対決も楽しみです。


ところで今年も米国女子ゴルフツアーは、韓国をはじめとするアジア(アジア系)の選手たちが上位を占めています。それもあって、男子のようにはアメリカ国内のスポンサーがなかなかつかないようですね。米国選手は、トップ10に5位のレキシー・トンプソン選手だけですから、なかなか男子ツアーのようには人気が出ないようです。

それでアジアをはじめ、世界中での開催になっているようですね。ワールドツアーと言う方がしっくりするほど世界中のあちこちでの開催ですね。他の国からすると良いのかもしれませんけど、選手たちは大変でしょう。毎年世界一周旅行をしてるようで、楽しい部分もあるかもしれませんけどね。














リオ・オリンピックの閉会式での、日本の演出による「トーキョーショー」の評判が良かったようですね。
ゲームや、アニメなどもたくさん取り入れての演出は、見ていて楽しかったです。安倍マリオにはびっくりしましたけど、ちゃんとリオに行って東京オリンピックをアピールしてたんですね。

日本文化というと、アニメや漫画などのサブカルだけでなく、ファッション、グルメ、音楽などにおいても世界的に知られるものがいくつもありますね。また、伝統文化や歴史の中にも、世界の関心が高いものがあります。そして、最新テクノロジーを活かしたロボットや新幹線なども、日本の特徴ですから、きっと、そういうものの中から、素晴らしい演出が東京でも期待できそうですね。

リオ・オリンピックの閉会式


ところで、そのリオ・オリンピックで、最後まで気になっていた女子ゴルフ競技は、朴仁妃選手が逃げ切って金メダル、リディア・コ選手が銀メダルという結果でした。日本の野村敏京選手も、よく追い上げて4位タイまできましたけど、一歩メダルには及びませんでした。惜しかったですね。でも、ゴルフ関係以外のメディアにも取り上げられていましたので、日本のゴルフの存在感を少しでも示せて良かったと思いました。

深見東州さんも、日本のゴルフ界の将来を思ってありますし、また、オリンピックと並んでパラリンピックにも障害者ゴルフを種目に加えていけるように努力されています。

そのためにも、まず、今回のオリンピックのゴルフ競技が成功すると良いなと感じてました。

もともと世界的に見ると、圧倒的に男子ゴルフの関心が高くて、女子ゴルフはややその陰に隠れ気味ですが、女子は、現在の世界トップを代表する新旧女王2人の争いとなり、そういう意味では実力通りの展開で見ごたえがあったと言えたかもしれません。アジア系の3選手が上位を占めましたので、現在の世界の女子ゴルフの現状そのままが、オリンピックの結果にも現れました。

男子は、世界ランキングのトップ4を始め、かなりの選手が辞退した中、英国のジャスティンローズが、スウェーデンのヘンリク・ステンソンをかわして金メダルを獲得しました。こちらも実力のある選手が力を発揮しましたが、世界の強豪がそろう、4大メジャーに匹敵するようなゲームには程遠かった気がします。

そういうことで、選考方法や競技方法も含めて、いろいろな課題を残したように思いました。

次の東京大会までは、4年間ありますので、じっくりと良い形になるよう練り直す必要がありそうですね。

リオ・オリンピックの閉会式2


深見東州さんは、東京オリンピックが決まる少し前に、国際スポーツ振興協会と世界開発協力機構の共催で、スポーツ平和サミットを東京で開催されました。その時に打ち出された、スポーツの力というものが、オリンピック選考のプレゼンにも大きな影響を与えていたように思います。

オリンピック開催国を決める最終選考のブレゼンでは、東京で開催するいろいろなメリットや意義が語られました。その中でも、スポーツの真の力についても多く語られていました。

安倍首相は最後に、「東京を選ぶということ。それはオリンピック運動の信奉者を、情熱と、誇りに満ち、強固な信奉者を、選ぶことにほかなりません。スポーツの力によって、世界をより良い場所にせんとするためIOCとともに働くことを、強くこいねがう、そういう国を選ぶことを意味するのです。」という言葉で締めくくりました。

竹田恆和さんも、スポーツがいかに多くのことを教えてくれたか、そしてそのスポーツの価値を、オリンピックの価値を、伝えていかなければならないかを熱く語ってました。

パラリンピアンの佐藤真海選手もトップで、スポーツによっていかに救われたか、スポーツが人生で大切な価値を教えてくれたかを語りました。

それらは、とても説得力のあるテーマでしたし、スポーツ平和サミットでも語られていたことでした。

また、東京オリンピックの前には、東京でスポーツ平和サミットを開催してもらいたいですね。改めてスポーツの価値や、世界が取り組む様々な社会への貢献と、スポーツの推進について意見交換がされることは、東京オリンピックに向けて、その意義を伝え、価値を高め、成功につながるように思います。そして、東京オリンピックの開催によって、後々まで良い影響を世界に与えることができると良いですけどね。






















日本では、やたら動物の出現が話題になってましたね。海外では、ワニが出たりするのは、そこまで珍しくないようですけどね。日本のゴルフ場ではありえませんからね。



2016年のISPSハンダグローバルカップは、先週終わりましたが、今回も前夜祭が開催されていたそうです。大会前日の、障害者ゴルファーを招いてのプロアマ大会の後に、表彰式と一緒に行われたようですね。

今年の演出は、プロレスあり、舞踊あり、最後は深見東州さんの「ダニーボーイ」、オペラトゥーランドットから「誰も寝てはならぬ」を歌われたそうです。そして場内には、忍者、芸妓、宇宙人などがいて、もてなしをしていたようですね。今年は映像がないので見ることができませんが、去年以上に楽しそうな雰囲気が新聞の記事から伝わってきます。HANDA.TVで見ることができると嬉しいですけどね。それにしてもプロレスはどうやってやったんでしょうか。グレートサスケさんと、マッチョ・パンプの即興プロレスだったそうです。

そして、もちろん選手のインタビューも行われて、全米帰りのシュワーツェル選手や、グリッロ選手、そして急遽参戦が決まったパドレイグ・ハリントン選手に、あとデュビッソン選手らも参加して、盛り上がった前夜祭になったようです。

ISPSハンダ6
日刊スポーツ2016/6/30

今回は、外国勢の強さが際立った大会になりましたが、シュワーツェル選手に、羽川豊選手が聞いたところ、「やはり海外でプレーする経験が必要」と指摘していたそうです。ハリントン選手は、「インターナショナルな試合では、やはり距離が必要になってくる。より遠くに飛ばす必要がある」と言ってたそうです。プレーオフで敗れて2位になったグリジョ選手は、日本人より小柄な感じでしたけど、そうそう飛ばしていたそうです。シュワーツェル選手も完璧なショットで、飛距離が素晴らしいそうですね。その辺りを含めて、日本の選手は、海外でもっとたくさん経験することが重要だと羽川豊選手が言ってました。いろんな芝や気象の変化やコースへの対応力は、そうやって世界中を転戦して揉まれている選手がやはり強いそうです。だから急に日本に来ても、彼らは平然と実力どうりの活躍ができるんでしょうね。

ところで、そのハリントン選手は、同じアイルランドのマキロイ選手らがオリンピック出場を辞退しているため、繰り上がって出場できる可能性が高いそうです。それで、オリンピックで金メダルを取ることが目標なんだそうです。これを聞いて、もちろん過去にそれだけの実績を持っているからかもしれませんが、どこまでも目標高くチャレンジしていく精神を持っているんだなと思い、少し驚きました。日本選手は、控えめなのかもしれませんが、そんなことを言うゴルファーはいないですよね。

そのオリンピックも、そろそろ7月ですから、出場者が決定すると思います。メジャー大会や、リオのジカ熱の問題で、有力なゴルファーの辞退が相次いでいますので少し心配ですね。世界ランク1位のジェイソン・デイ選手も、東京だったら是非出たかったということですが、今回は辞退したそうです。あと、アダムスコット選手、シュワーツェル選手も辞退してますね。

日本男子選手は、松山選手は決まりでしょうけど、あと一人は池田勇太選手の可能性が高そうですね。今回活躍したグリッロ選手、デビュッソン選手も決まりでしょう。喜んで出るようです。

逆に女子選手の方は、あまり出ないという選手を聞きませんね。トップを独走中のリディア・コ選手、リディア・コのライバルかと言われているカナダの18歳ブルック・ヘンダーソン選手をはじめ、米国、韓国勢と、ほとんど出る予定のようで熾烈な争いを展開中です。


男子選手は、ジカ熱を理由に辞退する人が多いですが、本当はPGAツアーの過密スケジュールが大きな原因だとも言われてました。
ちなみにリディア・コは、オリンピックに関して、こんな風に言ってました。

「全ての試合がそれぞれに特別。メジャーはそれぞれ、伝統を持っている。試合はすべて違う。でも私にとっては、多分オリンピックは一番上。とっても興奮しているの。メダルはもちろん素晴らしい。オリンピックにはメダルや結果のことだけを考えるよりもたくさんの楽しいこともある。もうあと2カ月半を切ったのが信じられない。とても早いわ。ゴルフにとって素晴らしいことになると思う」


男子と女子の温度差はかなりあるようですね。男子も20代の選手は積極的に見えますので、年齢も関係あるんでしょうか?

オリンピックに出れるだけでもすごいことだと思いますけどね。




ISPSハンダグローバルカップ 1番ホール中継 1日目
https://www.youtube.com/watch?v=AeiDqpH4GAU

深見東州(半田晴久会長)さんの、楽しい実況が聞けますよ。

深見東州(半田晴久)さんが会長を務める国際スポーツ振興協会(ISPS)は、世界で、様々な活動を支えています。詳細まではわかりませんが、ネット上で幾つか目に付いたものを今日は紹介します。

アメリカのゴルフ作家の協会が選出する、GWAA賞というものがあるそうです。今年は、年間の男子・女子のゴルファーに、ジョーダン・スピース選手とリディア・コ選手が選ばれていました。シニアではJeff Magger選手が選ばれています。詳しい選出基準はわかりませんが、一年間の実績を見ると、ジョーダン・スピースとリディア・コの選出は妥当なところでしょうね。
他にも、いろいろな賞があるようですが、4月6日、ジョージア州のオーガスタで開催されたパーティーで表彰されていました。







次は5月上旬にフロリダで開催された、サンタバリー・ロイヤルサルート・ポロカップというポロ競技の大会です。
ローヤルサルートは、1953年に、現英国女王エリザベス2世の戴冠式を記念して造られた最高級クラスのスコッチウイスキーの名前だそうです。サンタバリーは、英国王室のハリー王子とレソト王室のセーイソ王子により、2006年に設立された慈善団体です。
ハリー王子がレソトに訪問した際、セーイソ王子に出会い、レソトの子供達を助けたいと考えるようになったのが始まりだったそうです。「レソトの子供達のことを、みんなが忘れることがないように」という願いが込められて名付けられています。レソト王国は、HIVに4分の1の国民が感染していて、成人死亡率が最も高い国だそうです。しかも、特に男性の識字率が低く、教育の機会が十分ではなかったことも一因だと思いますが、HIV予防の知識も乏しいそうです。
しかも、近年は干ばつと豪雨のために食料供給の深刻な不足をもたらしています。そんな状況の中で、傷つきやすい子供たちを支えることを第一に考えて、サンタバリーはとても困難な活動を行っています。深見東州さんも、様々な団体のチャリティ活動を通して、サンタバリーに支援を続けられています。










そして次は、傷痍軍人のためのスポーツの祭典、「インビクタス・ゲーム」です。5月8日から12日にかけて、フロリダのオーランドで開催されました。このオーランドは、ディズニーランドやユニバーサルスタジオ始め、リゾートのメッカと言える楽園のような観光地として世界的に有名な都市ですね。一度は行ってみたい場所ですね。

orlando


ここで、今年の「インビクタス・ゲーム」が開催されました。「インビクタス・ゲーム」は英国、米国、および同盟国の傷病兵らによるスポーツイベントとして、2014年にヘンリー英王子が主導して、ロンドンで初めて開催されました。パラリンピック形式の大会で、目的は、スポーツを通して、国の為に尽くした元兵士たちの回復を促し、リハビリテーションをサポートし、傷病兵たちへの理解と尊敬を得るために行われるものです。今回のフロリダは、第2回目となります。陸上競技、自転車、水泳、バレーボールなどが開催されました。

第1回目は、ケンブリッジ公爵と公爵夫人のロイヤル財団、ハリー王子そしてイギリス国防省の支援を受けて開催され、13か国から400人以上が参加して、9種目の試合が行われたそうです。
第2回目の今年は14カ国から約500人の選手が参加したそうです。開会式の式典では、アカデミー賞受賞俳優のモーガン・フリーマンさんも参加して選手宣誓が行われています。大会名誉会長のジョージ・W・ブッシュ前大統領も登壇していました。

ヘンリー王子は、選手らの勇気を賞賛し、「手足を失った選手たちと同時に、自宅から出られないほどの不安に打ち勝ってきた人々にも喝采を送ろう。そして、外傷後ストレスと戦ってきた女性たちに拍手しよう」と挨拶したそうです。
ミシェル・オバマ大統領夫人も、退役軍人らに謝意を表明し、「みなさんに敬意を表する。あなたがたは全員、本当に素晴らしい」と挨拶しました。














リディア・コは、今大会のアンバサダーになっているそうです。


そのプロモーションビデオには、米国のオバマ大統領夫妻とエリザベス女王も出演していますね。オバマ夫妻の真顔で挑発するシーンが面白い、ユニークな紹介ビデオになっています。こういうノリ好きですね。




深見東州さんも、視覚障害者ゴルフなど、障害者への支援を27年間続けてこられていますが、2014年の第一回目の、まだ大きなスボンサーがいない時から、支援されていたそうです。






こちらは、障害者ゴルフのデモンストレーションか何かでしょうか?
ちなみに、障害者ゴルフは、今回の大会の種目には入っていませんでした。





5月20日には、エリザベス女王の孫になるザラ・フィリップスさんの夫で、イングランドのラグビーチームを率いていたマイク・ティンダルさんのチャリティゴルフが、バーミンガムで開催されたそうです。英国の人気ゴルファー、チャーリー・ハル選手も参加していました。











5月25日の、これは、ヨーロピアンツアーのBMW PGAチャンピオンシップの前夜に行われたチャリティイベントのようです。詳しくはわかりませんが、楽しく盛り上がっているようですね。









深見東州さんの個展を見てきました。
開会式では、1100人もの人で賑わってました。とうとう3日間、深見東州さんのバースデーの追っかけをしてしまいました。
でも19日の開会式では、あまりの人の多さに絵が見れる状態ではなかったので、後日、絵と書を改めて見てきました。ゆっくり見ないと、見た気がしませんからね。

まず、開会式ですけど、深見東州と友人たちのコンサートに出演していたピーター・セテラと、医療と国際政治サミットでパネリストとして参加していたティムランケスターさんの顔も見えました。ピーター・セテラは、ファンのみんなに立ち上がって、挨拶をしてくれました。インナーに深見東州さんのプリントTシャツを着ているのを披露すると、場内から大きな喝采を浴びてました。

こちらの国際スポーツ振興協会所属プロボウラー鈴木理沙さんのブログに、ピーターとの2ショットがあります。顔色が赤いですけど、とってもダンディなピーターです。

☆キュンッキュキュキュンッ♡☆19日は…半田会長のbirthday書画展の開幕式に伺ってきました!

コンサートにも行ってきたそうです。私も行きました。

☆コンサートに感動しました☆

そして、たくさんのご友人や政治家さんたちの挨拶のスピーチが続きます。
毎回、笑いの絶えない開会式ですけど、今年は、特に笑いが止まらないスピーチが多くて、腹筋が痛い人も多かったんじゃないでしょうか。きっと、HANDA.TVで、上映されるのではないかと思いますので、見てない方も楽しみにしていたらと思います。

こちらの平沢勝栄さんのフェイスブックに、当日の写真が掲載されていました。この平沢さんの挨拶は、短いですけど、ひときわ場内を沸かしていました。いつもユーモア溢れる人ですね。そして、どの政治家さんの挨拶も楽しかったです。普段、国会で喧々諤々の戦いをしている人たちの集まりとは思えない、皆さんの和やかな挨拶でした。やっぱり芸術には、人の心を平和にする力があるんでしょうかね〜。

3月19日11時30分 深見東州先生のバースデー書画展で挨拶。内外から多くのゲストが参加。政治家は、亀井先生、原口先生、海江田先生、下村先生、城内先生、小沢先生など


さて、そのあとは、深見東州さんの巨大な水墨画のパフォーマンスが始まりました。今回は、大小の筆を巧みに使って、白山の画を描かれました。鳥や樹木は、細い筆で描かれました。細いと言っても、持つところは、とても長いです。写真にもあるように、とっても描きづらいと思いますけど、器用に書かれていました。とにかく一発勝負ですので、失敗は無しということで、気合も入りますね。

IMG_syo83
スポーツ報知2016/3/30

それから、海外の友人たちからの、映像によるバースデーメッセージも多数紹介されていました。ゴルファーが多かったですが、シャール・シュワーツェル、ジェイソン・ダフナー、ローラ・デイビス、イアン・ポールター、そしてリディア・コたちから、それぞれお祝いの言葉がかけられました。イアンポールターの映像は、ビリヤードが出てきたり、かっこよく出来てました。リディア・コからは、茶目っ気たっぷりのメッセージで、仲良しのフレンドという感じでしたね。

ゴルファー以外からも、ホセ・カレーラスや、英王室エリザベス女王の孫・ピーター・フィリップス氏の妻オータム・フィリップスさんから、親しみのこもったビデオメッセージが届いてました。そして、安倍首相や、チャールズ皇太子の弟であるアンドルー王子からも祝電が届いてました。プラシド・ドミンゴからの、バースデーソング入りのメッセージビデオも届いてました。歌が上手いです。開会式の時はなかったように思いましたので、後から届いたのかもしれませんね。

スポーツニッポン2016/3/29
IMG_syo84

今回の個展は、新たな作品としては、色彩がある絵画よりも、白黒の濃淡で描かれた水墨画が多いようでした。書もいつもより多く展示されていたように思います。書では、一つの文字を30種類ほどの書体で書き分けるという離れ業を見ることができます。どの書体も、決して適当に書いてるのではなく、不思議な味わいがある字体ばかりですね。4、5種類ならいけそうですが、30種となると、かなりすごい技でしょう。これらの作品は、なりきりの書と呼ばれているようです。

日本では、書は書いても水墨画書く人は少ないそうで、その逆も少ないそうです。しかし、中国では、書も水墨画も両方描く伝統があるそうです。そして、色彩があるものを絵と呼び、水墨画は画というそうです。絵画になると、両方を含むわけですね。深見東州さんは、その書と画と絵の全てを満遍なく描く、しかも絵は日本画も洋画も行う日本では極めて珍しい画人なんですね。

深見東州さんは35歳から絵も書も本格的に始められたそうですが、いろいろな先生について貪欲に学ばれたようです。そうでないと、35歳から始めて、そんなに上手くならないですよね。そして、西洋画のなんでもありの美術にのめり込み、自分に西洋画はとても合っていると感じられたそうです。今の、深見東州さんの西洋画を見ると、本当に何でもありなのが西洋画なんですねと実感できるものがあります。

そしてさらに美術を極めようと、中国清華大学美術学院美術学学科博士課程に入学されます。そこで中国でも有名な先生と出会い、充実した学びの3年間があり、そういう研鑽を忙しい中でも続けてきたからこそ、今のような絵画や書の達人になられたのだと思いました。半端ではない効率的な努力の賜物なのではないかと思います。決して一夜にしてここまでこられたのではなく、30年間の濃密な学びと研鑽を積み重ねてきた年季なんでしょうね。

ちなみに、清華大学では、美術に関する研究をしながら論文を書き、3年かけて博士号も取られています。論文審査は、非常に厳しい質疑応答に耐えうるものが必要で、研究結果の独創性や斬新な視点が認められた結果なのでしょう。書かれた論文も見ましたけど、なかなか全部読むのは大変なくらい濃い内容でした。まだ、読み切れていません・・




深見東州さんの書画展に興味のある方は、明日の17時まで、ラフォーレミュージアム六本木で開催中です。作品は、生で見てみないと、なかなかその良さや味わいが伝わりませんので、私が色々というよりも、それが可能な人には、見てもらいたいなと思います。

↑このページのトップヘ