深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

世界芸術文化振興協会

第18回高校生国際美術展の表彰式の様子をユーチューブで見ることができます。
8月9日にリッツ・カールトン東京からライブ配信されたものですね。

今回は書の部、美術の部、合わせて応募点数14936点の中から、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、12都道府県の知事賞など、多くの表彰が行われました。また、海外18カ国からの作品応募があり、それぞれの国の代表アーティスト賞が選出されていました。

23-min


プレゼンターは各国大使館の方達、主催する世界芸術文化振興協会会長の深見東州(半田晴久会長)さん、絹谷幸二さん、そして愛知県から大村知事も来ていました。

これらの海外作品と、日本の奨励賞以上、約400点の上位入選作品は、国立新美術館に20日まで展示されています。

この動画からも、上位入選作品を見ることができます。



実物を見ないと、なかなか良さがわからないと思いますので、期間中に観に行きたいと思っています。

表彰式で、ブルネイから来た高校生は、頭や全身を地味な色の布で隠すイスラムの衣装を着ていましたね。でも描いた絵が、「女性イスラム教徒の隠された色」というもので、ダークで質素な色合いではなくカラフルな色を使った、隠された内面を表現しているような興味深い絵でした。また、東南アジアの国々の高校生は、毎年、仏教に影響された絵を書く人が多いですが、今年は日常の風景や文化を描いているものが目立ちました。

それからべルラーシやロシアの高校生も来ていました。またアイルランド、英国、ドイツ、イスラエル、中国からも来ていました。世界の文化の縮図のような、国際美術展と呼ぶにふさわしい第18回の表彰式でした。

日本の高校生たちとの交流もあり、互いに良き体験になる気がしますね。
言語の壁があるので、もどかしい部分もあると思いますが、深見東州さんによると、日本式の英語でもいいから、どんどん話していくのが良いと言われていました。綺麗な英語で話さなければと思うと話せなくなってしまうから、日本的な訛りの英語でもたくさん話す方が良いし、その方が気持ちが伝わるからと言われてました。海外では、それぞれの国の訛りのある英語を話す人も多いそうで、インド英語を話す深見東州さんのモノマネに笑えました。




















今年で第18回目となる高校生国際美術展の審査結果が、高校生国際美術展のサイトで発表されていました。

今年は応募総数が、書と美術を合わせて14,936点になったそうです。その中から各賞の選出結果が掲載されていましたが、今年はスポーツ新聞各社とのタイアップは無いようですが、その分、各都道県による知事賞が、12都道府県に増えていました。


そして、今年の国立新美術館での展示は、8月9日(水)から20日(日)までとなっていました。例年よりも今年はかなり遅めですね。

恒例のリッツ・カールトンでの表彰式も、8月9日に開催されるようです。11時から、YouTubeライブでその様子を配信するそうです。




毎回、ホテルで盛大な表彰式が行われ、入賞者は名前を呼ばれ、壇上で手渡しの賞状をもらいます。こういうセレモニーで表彰されると、後々まで思い出に残りますし、また、喜びも一層大きくなって、また頑張ろうという気にさせてくれますよね。
もちろん国立新美術館に作品が展示されるだけでも、とても嬉しいと思いますけどね。

入選した高校生たちの喜びの声がネットにも上がってました。






















ストレートな嬉しさの表現が微笑ましいですね。
そして今年も世界各地から、高校生を招待されているのでしょう。
日本と海外の高校生たちの交流の場でもありますからね。

毎年見に行ってるわけではありませんけど、どんな作品が展示されるのか楽しみです。大人の画家が書く絵画と何か違う、この年代にしか表現できない初々しさを感じますからね。

この高校生国際美術展を主催する世界芸術文化振興協会の深見東州(半田晴久会長)さんの描く絵や書も、とても斬新だったりしますけどね。若い才能ある芸術家を育て、世界に通用する人になってもらいたいと、そんな願いを持って、この美術展を開催されているのでしょう。

高校生に絞った展覧会であり、何のしがらみもなく、作品だけで評価するそうですし、その評価も、必ずしも完成度が高い作品というよりも、荒削りでも才能の片鱗を感じさせるものが選ばれるそうです。だから、見ていて面白いのかもしれませんね。


以下の動画は昨年の美術展の模様です。

【FOX BREAK】第17回高校生国際美術展 表彰式


2017年度の高校生国際美術展の作品募集のお知らせが、世界芸術文化振興協会(=半田晴久会長)のホームページに掲載されていました。

毎年日本や世界の高校生の作品が集まる、高校生に絞った美術展としては、今や国内最大級と言われていますね。

出品される作品も、とてもレベルが高くて驚かされます。そして、荒削りな完成度の高くない作品でも、才能の片鱗を感じさせるものを選んでいくそうですね。
また、学校の権威とか名前ではなく、全く何のしがらみもない審査で選ばれることでも知られています。

18_poster-min



毎年出品作品は増えているようですね。去年は書の部に10125点の応募があり、1次審査入選作品(佳作以上)が、1144点でしたので、およそ9人に1人が入選したことになります。

美術(絵画・デザイン・イラスト・立体)の部には1731点の応募があり、うち302点が入選していました。およそ6人に1人が入選してますね。

しかし、国立新美術館で開催される美術展に展示されるのは、そこからさらに絞られ奨励賞以上となる、書が248点、美術が150点ほどでした。書が40人に1人、美術は12人に1人くらいの割合になりますね。かなり狭い門といえますが、それだけに喜びも大きそうです。

高校生国際美術展のホームページには、過去の奨励賞の一つ上になる秀作賞以上の書と美術の作品(それぞれ約20点ほど)が、掲載されています。

高校生国際美術展過去の美術展 / 高校生国際美術展(こうこうび)公式サイト


ここで、去年応募した高校生たちのツイートを少し紹介します。

































やっぱり、高校生の時に何かの賞を取ると、とても嬉しいし、これからの励みなるのかなと感じますね。
才能のある人でも、何らかの賞をもらって、自信をつけていかないとなかなか続かないでしょうからね。

そして、もし落ちたとしても、高校生の間は何度でもチャレンジすればいいだけですからね。何度かチャレンジした末に賞を取った時は、感動もひとしおでしょうから。


それでは、去年の高校生美術展を見に行った人の感想も見て見ましょう。





















見に行った人たちの評判はかなり良い感じがしますね。今年も素晴らしい作品がたくさん出てくるとよいですね。


第17回「高校生国際美術展」表彰式を開催 / dod.asahi


img_top-min

 会に先立ち挨拶を行った同協会会長の半田晴久氏は「高校生は大人の入口で、感性を磨く上でも大切な時期。同協会としても、若者の芸術文化の支援を続けていきたい」と高校生にメッセージを送った。

 同協会は、国内に約2、000人の個人会員及び法人会員により、音楽や芸術関連イベントを通じて福祉活動を支援するために、1999年に東京都から特定非営利活動法人の認証をうけた団体である。

昨日は、午前中に深見東州さん主演のオペラ「リゴレット」を視聴しました。こちらは、FOXTVと契約してなくても見ることができます。その代わり、FOXTVの入会キャンペーンのお知らせ字幕が左下にずっと出ますけどね。

現在、月替わりで深見東州さんが出演しているIFACオペラが上演されていて、6月は「ドン・パスクワーレ」で、こちらだけ東京芸術財団とオペラ・オーストラリアの共催で、そのあとの7月は「ナブッコ」、8月は「ドン・ジョヴァンニ」、9月は「フィガロの結婚」、そして10月は「リゴレット」が放映されました。

過去、IFACで主催したオペラの、「ファルスタッフ」、「ボエーム」、「椿姫」、「聖徳太子」(オリジナルのオペラ)などが、今後も、放映されるのではないかと思います。


「ドン・パスクワーレ」以外のIFACオペラにおいては、すべて、ここでしか見れないある独特の演出がなされています。

原作のイタリア語はそのままですが、それ以外の衣装や時代設定、登場人物の名前など様々な面において、和風の演出がしっかり取り入れられています。

たとえば今回の「リゴレット」でしたら、公爵に仕える宮廷道化師が、武家に仕える狂言師という設定に変わっていました。それを能楽師でもある深見東州さんが演じますので、ぴったりな企画だった思います。
そしてジルダが学生に変装したマントヴァ公爵に出会うのは、教会から神社に変わるなど、日本人としては親しみの湧きやすい設定になっていて新鮮でしたね。衣装も、色やデザインは派手ですが、和風の着物風のものがほとんどで、ビジュアル的にも綺麗で楽しめました。


なぜ、そんな演出をされるのかというと、オペラの舞台に出てくる昔のヨーロッパ王宮のドレスや衣装を、日本人の歌手が来ても、いまひとつ違和感を感じたそうです。それよりも、日本人の長所を生かし、短所をカバーできるような和風な演出にした方が、見る日本人も楽しめるのではないかという発想のようですね。

その方がずっと違和感なく見ることができますね。欧米の借り物のような舞台ではなく、まるで日本で生まれた伝統的な舞台芸術のような気がしましたから。

その感覚は、おそらく下記に紹介するIFACオペラすべてにおいて感じられると思いますよ。




20021114_t

オペラ 『聖徳太子 〜和を以って貴しとなす〜』 全三幕

公演:2002年11月14日
会場:新宿文化センター 大ホール
主催:NPO法人 世界芸術文化振興協会

指揮 山田慶一
演出 大島尚志
総合プロデューサー 深見東州
音楽監督 栗林義信

厩戸皇子(聖徳太子) 深見東州
蘇我馬子 栗林義信
刀自古 岩井理花
炊屋姫(推古天皇) 杉野麻美
小野妹子 伊達英二
泊瀬部大王(崇峻天皇) 牧川修一
慧慈 多田康芳
救世観音 渡邊筍之助
管弦楽 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団



20030828_t

オペラ 『元禄のトラヴィアータ』
ヴェルディ作曲「椿姫」全三幕

公演:2003年8月28日
会場:新宿文化センター 大ホール
主催:NPO法人 世界芸術文化振興協会

指揮 山上 純司
演出 大島 尚志
総合プロデューサー 深見東州
音楽監督 栗林義信
美穂麗多(ヴィオレッタ)小林菜美
春普麗徒(アルフレード)井ノ上了史
慈兵衛流門(ジェルモン)深見東州
浮浪羅(フローラ)大貫裕子
賀須頓(ガストン)田代誠
管弦楽 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団



20040902_t

オペラ 『大正時代のボエーム』 
プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」全四幕

公演:2004年9月2日
会場:ゆうぽうと簡易保険ホール
主催:NPO法人 世界芸術文化振興協会

指揮 河地良智
演出 大島尚志
総合プロデューサー 深見東州
音楽監督 栗林義信

ミミ(美実)羽山 弘子
ムゼッタ(夢是多)小林 菜美
ロドルフォ(樓鳥鳳)大間知 覚
マルチェッロ(麿千絵浪)深見 東州
ショナール(潮鳴)栗林 義信
コッリーネ(個理念)峰 茂樹
アルチンドロ(有珍泥)筒井 修平
管弦楽 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団



20050915_t

オペラ 『雛祭りのフィガロの結婚』
W・A・モーツァルト作曲「ファイガロの結婚」 全四幕

公演:2005年9月15日
会場:ゆうぽうと簡易保険ホール
主催:NPO法人 世界芸術文化振興協会

指揮 河地良智
演出 大島尚志
総合プロデューサー 深見東州
音楽監督 栗林義信

フィガロ(日賀朗)深見東州
スザンナ(寿山奈)大貫裕子
伯爵夫人ロジーナ(露慈汝)小林菜美
アルマヴィーヴァ伯爵(有魔美馬)佐野正一
ケルビーノ(蹴美野)エマ・フォスター
マルチェリーナ(丸地恵利奈)諸田広美
バルトロ(春瀞)彭康亮
バジリオ(馬尻男)大間知覚
管弦楽 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団



20060916_t

オペラ『リゴレット in ジャパン』
G・ヴェルディ作曲「リゴレット」全三幕

公演:2006年9月16日
会場:新宿文化センター 大ホール
主催:NPO法人 世界芸術文化振興協会

指揮 河地良智
演出 大島尚志
総合プロデューサー 深見東州
音楽監督 栗林義信

詈業劣徒(リゴレット)深見東州
慈流多(ジルダ)大貫裕子
漫兎魔(マントヴァ公爵)大間知覚
須腹付血礼(スパラフチーナ)劉月明
魔多麗菜(マッダレーナ)イリアナ・ボドナラス
悶諦牢寝(モンテローネ伯爵)栗林義信
知恵腐乱脳(チェプラーノ伯爵)斉木健詞
チェプラーノ伯爵夫人小林菜美
丸老(マルッロ)松尾健市
棒折左(ボルサ・マッテーオ)田代誠
助姥汝(ジョヴァンナ)西川裕子
管弦楽 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団




20070913_t

オペラ 『大江戸版 好色男のファルスタッフ』
G・ヴェルディ作曲「ファルスタッフ」全三幕

公演:2007年9月13日(木)
会場:東京文化会館 大ホール
主催:NPO法人 世界芸術文化振興協会

指揮 ドブス・フランクス
演出 大島尚志
総合プロデューサー 深見東州
音楽監督 栗林義信

春舌夫(ファルスタッフ)深見東州
放戸(フォード)ロバート・タッカー
有智恵(フォード夫人 アリーチェ)大貫 裕子
目愚(ページ夫人 メグ)ミリアム・シャラッド
食栗(クイックリー夫人)劉珊
何年田(ナンネッタ)王燕
変豚(フェントン)大間知覚
医師カイウス(毒多回臼)田代誠
筆虎(ピストラ)彭康亮
馬流道方(バルドルフォ)アンドリュー・グローバー
(ファルスタッフ三幕歌唱のみ)グレゴリー・ユーリシッチ
管弦楽 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団



opera_don_jovanni_thumb

ゼウスの化身 『怪人ドン・ジョヴァンニ』
W.A.モーツアルト作曲「ドン・ジョヴァンニ」全二幕

公演:2009年 9月27日(日)
会場:新宿文化センター大ホール
主催:NPO法人 世界芸術文化振興協会

指揮 ドブス・フランクス
演出 大島尚志
総合プロデューサー・音楽監督 深見東州
音楽顧問 栗林義信

ドン・ジョヴァンニ(貪・女蛮兄)深見東州
騎士長(奇死懲)劉月明
ドンナ・アンナ(遁男・案名)小林菜美
ドン・オッターヴィオ(豚・追田猫)大間知覚
ドンナ・エルヴィーラ(呑男・屁鼻来)劉珊
レポレッロ(麗惚露)彭康亮
マゼット(混徒)ロバート・タッカー
ツェルリーナ(智恵入名)大貫裕子
管弦楽 東京国際フィルハーモニー交響楽団



nabucco_omote_thumb

「ナブッコ」・我が愛する地球よ!
G. ヴェルディ 作曲 歌劇「ナブッコ」全4幕

公演:2010年9月24日(金) 
   2010年9月26日(日) 
会場:新宿文化センター 大ホール
主催:NPO法人 世界芸術文化振興協会

指揮 ドブス・フランクス
演出 大島 尚志
総合プロデューサー・音楽監督 深見東州
音楽顧問 栗林 義信
音楽副顧問 井正浩
管弦楽 ソルノク市立交響楽団・ハンガリー
合唱 戸渡阿見合唱団
ダンス リチャード・オルストン・ダンス・カンパニー
合唱指揮 河原哲也
副指揮 高野 秀峰/マーク・サマーベル

ナブッコ(名武鼓)深見東州
アビガイッレ(阿鼻我逸礼)マリー・テ・ハプク
ザッカリア(雑歌里愛)コナル・コード
イズマエーレ(居住英麗)ジョン・ロングミュア
フェネーナ(笛音波)ジェイド・モファット
アンナ(安魚)エミリー・バーク
アブダッロ(阿武達郎)アンドリュー・グローバー
ベルの大祭司(屁龍之台砕至)デイビッド・コステッロ



FOXスポーツ&エンターテインメントの、「たちばな出版 エンターテイメントパラダイス」という番組で、第2土曜日 9時〜11時30分、第4日曜日 9時〜11時30分の2回、放映されています。

「リゴレット」は10月23日(日)に再放送がありますね。


オーストラリアのシドニーハーバーで、3月24日から開催されていた、ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー (Handa Opera on Sydney Harbour)が、4月24日に終わったようです。
ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー とは、深見東州(半田晴久)さんが会長の世界芸術文化振興協会と、ニューサウスウェールズ州政府の観光およびビッグイベント担当機関であるニュー・サウス・ウェールズ・デスティネーションの支援により、毎年シドニーハーバー特設会場で公演されるオペラ・オーストラリアの野外オペラです。

2012年に初めて開催され、以来、年々人気を博し、今回で5回目になりました。
もともとは「オペラをもっと身近に」のスローガンの下に開催が始まったそうです。そして、すぐにオーストラリアで最も人気の高い文化イベントのひとつになり、多くの賞を受賞しています。
2014年は、日本人の大村博美さんが活躍したことでも有名になりました。また、この時のオペラ公演は大変高い評価を受け、大村博美さんのアンコール公演も設けられるなど大変な成功となり、映画化もされ、オーストラリア、ヨーロッパなどで上映されました。DVDも発売されています。

HiromiOmura_Madama_Butterfly_sydney2014_cinema1

映画 <プッチーニ「蝶々夫人」— シドニー ハーバ― ハンダ オペラ(オペラ オーストラリア 2013/14) in Cinema>(イタリア語上演・英語字幕、140分)
指揮 : Brian Castles-Onion
演出 : アレックス・オリエ(La Fura dels Baus ラ・ フーラ・ デルス ・バウス)
出演 : 大村博美(蝶々さん)、Georgy Vasiliev(ピンカートン)ほか

舞台上方に直径12mの巨大な太陽と月が設置され、シドニー湾から昇ってくるかのように演出されていたそうです。

HiromiOmura_Madama_Butterfly_sydney2014_cinema2


シドニー湾に浮かぶ「蝶々夫人」 日本人プリマの大村博美に大喝采
http://style.nikkei.com/article/DGXBZO69623040Z00C14A4000000

大村博美さんは二期会の会員で、フランスに在住し、この時のオペラでは「かつて観た蝶々夫人の中で最高の一つ」と、メディア、聴衆から共に高い評価を受けています。

それにしても、このハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーは、シドニーを代表する大掛かりな文化イベントのひとつとなり、毎年楽しみにしているファンが大勢いるそうです。そして、海外からも、このためにシドニーを訪れる人もいるほどだそうです。

floating-opera-sydney-opera-to-boost-tourism-australia


会場は、シドニー湾内のポート・ジャクソン湾という屈指の絶景スポットになるそうです。ここは、王立植物園(Royal Botanical Gardens)の敷地内で、対岸を望んで、湾の右端部分に、海に突き出すようにステージが設営されています。この湾の左端には、ハーバーブリッジやシドニーオペラハウスなどがあり、このステージから望むアングルでは、格別な風景となるようです。

公演は野外ですが生演奏で、数百のスピーカーが会場内にあって、その音響設計は受賞歴があるほどの、とても素晴らしいものだそうです。

hosh-dining-venue-fireworks-03-highres


会場内には、飲食サービススポットが数ヶ所あり、予算やスタイルに合わせて選べるそうです。中でも木の上に建てられたポップアップ・レストラン、プラチナ・ラウンジは人気のようです。
早めに来て、これらのレストランやバーなどで食事をとり、夕日を見たりする人も多いそうです。また、モーターボートに屋根をつけたような水上タクシーがあり、シドニー湾を行き来できるそうですが、それでこの会場に乗り付ける人もいるそうです。

屋外ですから、雨天の場合が気になりますが、よほど激しい雷雨などでない限りは、予定通り雨の中でもパフォーマンスを行うそうです。雨が降った場合でも、傘を差すことはできないそうですが、防寒・防水の服装で来場していれば、なんとかなるようですね。ポンチョは配布されるようです。

シドニーは、オーストラリアでも他に例を見ない、世界的な、ユニークなイベントを受け入れる体勢がある都市なのだそうです。深見東州さんとともにこの公演を支援するニュー・サウス・ウェールズ・デスティネーションは、世界クラスのイベントを企画し、実施しているそうです。そうしてシドニーを世界的に魅力ある都市にするけん引役となってきたそうです。
一連のイベントによって、シドニーを訪れる観光客は毎年600万人を超えるという、とても魅力的な都市なんですね。ハンダオペラが開催されているうちに、私もぜひ一度行きたいと思ってます。


それでは、今年の、トゥーランドットの様子を、ハイライトで見てみましょう。



そして、観劇した人のツイッターに、公演の画像がいくつもアップされていました。





こちらは、犬を連れて来ても良い日を設けているのでしょうか。たくさんの人が可愛いペット同伴で来場し、中にはおしゃれに着飾っている犬もいますね。




アリア「誰も寝てはならない」を歌い終わる頃に、バックで花火が毎回上がるというゴージャスな仕掛けです。ドラゴンも火を噴くそうです。前の方の席の方は大丈夫なんでしょうかね。




















ここが、例のプラチナ・ラウンジというところですね。セレブな人がたくさんいそうです。


他にもたくさんの人が、ドラゴンを背景に記念撮影してました。去年は巨大な女王の顔でしたが、今年はドラゴンが大人気ですね。


細部にわたるまで、とても精密に仕上げられていますね。



↑このページのトップヘ