深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

国際スポーツ振興協会

深見東州さんのロングインタビューが、ゴルフ月刊誌に掲載されていました。

小見出しに、「ゴルフが大好きなビジネス成功者に学ぶ」と書かれてますね。この雑誌の新企画になる「芝の武士」という連載記事の第一回目になるようです。

ビジネスで成功している人物は、分刻みで動くほど多忙を極めているのに、ゴルフも上手なケースが多いそうです。そんな人のビジネス哲学に耳を傾ければ、ゴルフの上達にも、人生の成功にも参考になるはずという趣旨のようですね。

それで、さっそく第一回目に深見東州(半田晴久)さんが選ばれたのでしょう。

IMG_3866-min
GOLF TODAY 2017/7


今や世界のゴルフの救世主などとも書かれてますが、プロフィール紹介の触りには、「彼はペンネーム・深見東州といい、本名は半田晴久だ。半田氏はプロフィールに書き切れないほどの経歴があり、多彩な顔を持つ。宗教家(神道系宗教法人・ワールドメイトのリーダー)、ビジネスマン(予備校のみすず学苑や時計会社を経営)、オペラ歌手、書家、画家、能楽師、シンガーソングライター、京劇役者、バレリーナ、ファッションデザイナー、陶芸家・・・と、これだけあげてもまだ足りないくらいだ。・・・」

と続いていき、最後に、「エネルギッシュで非常にポジティブ。陽気でバイタリティがあり、知的で好奇心旺盛な半田氏にこの度インタビューを敢行。彼の生き様、考え方に、ゴルフ界発展の鍵を見出すのみならず、我々が人生を楽しく有意義に生きるヒントがありそうだ。」と締めくくっています。

そこに書かれてるように、ゴルフに関する話題だけだと思っていたら、深見東州さんの人生観や哲学にまで踏み込んだ内容になってましたね。私もとても参考になりました。


一番興味深かったところは、インタビュアーが深見東州さんの発想に驚かれて、「半田さんの考え方の源は何ですか?」との質問への答えでした。


一言で言うなら、学問と教養の厚みが源になっているそうです。そして、宗教や哲学、国内外の経済など、あらゆるものを勉強した結果、日本人の私はどうあるべきなのかを考えてきたそうです。それは、昔の先人(偉人)たちも、そうやって考えていたから、もしその人たちだったら、今どうするかなと、思うそうです。

なるほどですね。そうやって、昔の素晴らしい業績を残した人たちの知恵や思想を学び吸収されているから、そこから豊かな発想がひらめき、今の時代にも通用するやり方が次々と生まれるのかもしれませんね。

IMG_3865-min
GOLF TODAY 2017/7

ちなみに宗教というと、変な目で見る人もいるそうです。しかし、宗教は哲学の最高峰だと深見東州さんは考えているそうです。
そして神道に関しては、現世の生業や家が繁栄するのが神様の祝福であるという考え方なので、反社会的なものにはなりようがないとも言われていました。

その上で、深見東州さん自身は、現代の宗教家として都会の人たちをどうやって救っていくのかを考えているそうです。

これは、なかなか大変なことですね。永遠のテーマにもなりそうなくらい、スケールが大きいことのように感じます。

深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会では、「チャリティーを進化させ、スポーツの力で世の中をより良く」、というスローガンを掲げられていますけど、そのチャリティを進化させると、そこには人類愛があるそうです。または、普遍的宗教性とも言われてますが、そういう世の中の究極のテーマにつながるのでしょうね。

人類愛といえば何か大仰な感じに聞こえますけど、実際には、このようなチャリティ活動の一つ一つから始まるのかもしれません。それがだんだんと進化していき、世の中(人類の営み)が良くなるのかもしれません。また、そうなるように活動しているのが深見東州さんであり、国際スポーツ振興協会も、そこを目指しての活動なのでしょうね。


最後に、深見東州(半田晴久)さんの哲学を3つ紹介されてました。

一、人生明るく楽しく。失敗してもいいから前人未到の世界を切り開く。
一、常に努力して、己を磨き、魂を磨くべし。
一、普遍的宗教性がないビジネスマンは世界から相手にされない。


ということだそうです。次は、ゴルフのことに関するインタビューの内容や、ジョン・キー元ニュージーランド首相へのインタビューも紹介しますね。

6月7日から、ISPSハンダ グローバルチャレンジカップが裾野カンツリー倶楽部で開催されます。
こちらは日本ゴルフツアー機構の2部トーナメントである、チャレンジトーナメントの一つになります。レギュラーツアーのシード権を持たない選手対象ですので、若手選手はもちろん、ベテランでシード権を失った選手たちも出場します。

深見東州さんは、若手選手や、レギュラー復帰を目指すベテラン選手たちの出場機会を増やすことにも熱心で、レギュラートーナメントに進出する前から取り組んできました。今年で6回目の開催になるそうです。そして今年は総勢144名の選手が凌ぎをけずり、優勝者には、「ISPSハンダマッチプレー選手権(1・2回戦)」の出場権も与えられるそうです。

「ISPSハンダマッチプレー選手権」は、今季最高の賞金額の大会なので、もしそこでも活躍すれば、レギュラーツアーへのシードも視野に入ってくるそうです。それだけに、ISPSハンダグローバルチャレンジカップでは、いっそうの激戦が繰り広げられるかもしれませんね。

2017_handa_challeange-thumb-230xauto-910-min


ところで、今年からマッチプレー方式で開催される「ISPSハンダマッチプレー選手権」は、いろんな意味で型破りな大会になるようです。ふつう、海外のマッチプレーの大会では、まずストロークブレーで予選を行い、上位32名にしてマッチプレーを行なっていくそうです。ところが、今回は、初めから96人の出場選手による18ホールのマッチプレーを行うそうです。具体的には、2つの期間に分けて行われます。到底4日間では終わらないからでしょうね。

まず、1、2回戦を8月1、2の2日間で行い、そこで96人から24人に絞ります。そしてその24人に、大会前の成績によって別途シードされた8選手を加えた総勢32人によって、3回戦から決勝までを、9月6〜10日に行うそうです。

つまり、優勝するには7回ほど、18ホールのマッチプレーで勝ち抜くことになりますね。体力と集中力も、かなり必要になりそうですね。ISPS会長の深見東州(半田晴久)さんと、日本ゴルフツアー機構の大西副会長の意見が一致して、どうせやるなら、そのくらいの大会にしようとなったそうです。

その奥には、日本男子プロのレベルを世界的なレベルに押し上げたいという思いがあるそうです。そのためには常識的な従来のやり方ではなく、後が無い真剣勝負のマッチプレーこそ、レベルアップになると思われたようです。それも初めから最後まで、全てをマッチプレーにすることで、技術体力精神力の総合力がこれまでより求められることになります。当然、それに勝ち抜く選手たちの実力もアップするでしょう。しかも、今季日本ゴルフツアー最高の5000万という優勝賞金がかかっていますから、各選手ともいっそう気合の入ったプレーになるでしょうね。

もともと、世界の名選手と言われるような人たちは、マッチプレーで鍛えられた選手も多いそうです。最近お騒がせしているタイガー・ウッズも、アマ時代から、マッチプレーにとても強い選手だったそうですね。マッチプレーの全米アマで3連勝してプロになっています。その後、世界選手権アクセンチュア・マッチプレーでも3度優勝してますね。


2016121618475523776
昨年までは、「ISPSハンダグローバルカップ」という名前で、海外から招待選手をたくさん呼んで開催されていました。


ところで、今回の開催にあたり、大きなネックもあったそうです。それは、マッチプレーはテレビ中継向きではないそうです。大差で早々と勝負がついたり、あるいは有名選手が早々と負けることもあるので、テレビ局の都合でいうと、視聴率が取れないこともあるようですね。そういうこともあって、テレビ局とスポンサーからも嫌がられてしまい、日本でのマッチプレーは、だんだんと姿を消していったようですね。

しかし今回、スポンサーは深見東州さんが会長の国際スポーツ振興協会ですから大丈夫ですね。費用対効果ではなく、対社会に対する貢献を第一にする組織ですから。

テレビ中継に関しても、なくても結構だそうです。代わりに、インターネットで全てのプレーを放映する予定のようです。大きなバソコンで見ればテレビの代わりになりますし、最悪スマホでも手軽に見れますよね。日本ゴルフツアー機構もそれに賛同してくれたそうなので、良いのではないでしょうか。

とても楽しみな大会になると思います。

前回も紹介しましたけど、来週の6月10日(土)は、東京ヴェルディのメインスボンサーになった国際スポーツ振興協会(= 半田晴久会長)の、「ISPS DAY」が、開催されるそうです。 深見東州さんのことですから、何かいろいろな企画を考えていると思います。

02
J2リーグ第2節 ISPS HANDA Presents MAN OF THE MATCHが内田達也選手に贈呈


その東京ヴェルディの話題ですけど、今月から「VERDY TV」という名称で朝日新聞から、情報発信があるそうです。どんなものになるのかよくわかりませんが、露出が増えることは良いことですね。

(緑の旗のもとに)選手の表情 SNSで広がる / 朝日新聞デジタル



現在東京ヴェルディは、今日の第17節終了時点で6位ですね。トップとは勝ち点で6点差です。しかし下位チームでも、17位とは勝ち点6しか変わりません。1位から4位までのチームは皆4敗してますが、16位や17位のチームも5敗です。あまり変わりませんね。あとは引きわけが多いか、勝利が多いかで順位が決まってますから、1位から17位までのチームに関してはわずかな差で順位が決まっていると言えそうですね。しかも現在18位以下のチームにしても、上位4チームに勝ったり引き分けたりしてるんですよね。今年のJ2は、現在のところどのチーム同士も接戦続きで、結果、混戦状態になってるのかなと思いました。


それから、先週は、サッカーダイジェストの東京ヴェルディ特集を紹介しましたが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督のインタビューも載ってました。

控えめな発言ながら、とても緻密な計算でチームを指導している様子が感じられました。強調されていたのは、順位や勝ち負けも大切だけど、今はそこまで重視してないそうです。それよりも、チームが機能する方法を考えてトレーニングをすることと、明確な哲学を持ってプレーしてもらえるように力を注いでいるそうです。

そして、勝った試合も全て苦しんでいるけども、選手たちはとても良いプレーをしていると、就任4カ月ということを考えると満足してますよ、ということでした。

まだまだこれからが本番ですし、後半戦になると、さらに成長したプレーになりそうで期待が持てますね。でも、今年は焦らずにやってもらいたいと思ってます。


ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督



ところでAFCチャンピオンズリーグの話題ですけど、5月31日の浦和レッズ対済州ユナイテッド(韓国)戦での乱闘騒動が、かなりネットでも取り上げられていますね。

「キャプテン翼」に、サッカーは格闘技なんて台詞がありますが、本当に格闘してしまってはダメですよね。熱くなるのはわかりますけど、暴力をふるってしまっては、スポーツ選手としては失格だと思います。特に有名な選手になれば、そのスポーツ選手に憧れを抱いているジュニア選手への影響も大きいし、みんなに夢を与えるのがスポーツの良いところのひとつなのにがっかりします。

深見東州さんはスポーツに関して、バラバラになりかけた人たちを一つにする力がある。南アフリカでは、サッカーをすることで、それまで犯罪に走っていたような子供達が、マナーを身につけ、ルールを守るようになり、チームワークの大切さを覚えるようになる。そういうことから、スポーツには、世の中を平和にする力があるとさえ言われていたと思います。

私も、オリンピックのスローガンのように、どのスポーツ競技大会も平和の祭典であり続けて欲しいと思ってますけどね。最近はオリンピックに出る一部の選手にまで、ドーピングなど不正がはびこってしまっていて、悲しいですけどね。それでも、オリンピックがあれほど世界中の人たちから愛され続け、熱狂するほど人気があるのも、そんな平和への思いが根底にあるからかもしれないと思っています。

サッカーもW杯になると、オリンピック並みの人気ですから、世界で最も影響力のあるスポーツと言っても良いですよね。選手たちには、それだけに大切な務めがあると思います。

サッカーダイジェストの6月8日号に、東京ヴェルディの特集がありました。メインスポンサーとなった国際スポーツ振興協会や、会長である深見東州さんのことも書いてありました。

付録として、レギュラー選手のポスターも付いてます。

IMG_315-min


J2はかなり混戦模様となってますよね。スペインの知将ロティーナ監督を迎えた東京ヴェルディは、現在のところ、しっかりと上位にいます。

今日、トップのアビスパ福岡が、最下位だった群馬に敗れ、またまた混沌としてきました。1位から22位までそんなに差がないようですね。とても面白い展開です。どこが勝ってもおかしくないという、先が見えない展開になってきましたね。今のところJ1からの降格組の3チームが上位にいますが、4位以下との差があまりない状態です。


怒涛の乱戦を制するのはいったいどこになるのでしょう。深見東州さん率いる国際スポーツ振興協会がパートナーになった東京ヴェルディも、大いにチャンスありだと思いますね。深見東州さんはきわどい勝負に強そうなイメージがありますから。もちろん戦うのは選手と監督なので、チームの底力と、ロティーナ監督の采配に期待してます。


今回の特集号には、「シーズン開幕から快進撃を続け、9年ぶりのJ1昇格を果たすべく、上々のスタートを切った東京ヴェルディ。若手とベテランの戦力が高次元で噛み合い、新指揮官ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督とチームの相性もすこぶるいい。昨季とは明らかに、空気感が違う。」と、ライターさんも書いてました。

IMG_387-min


それから、深見東州さんへのインタビューも載ってました。少し紹介しますね。

まずは、深見東州さんのサッカーへの想いについて。

「サッカーは無限の可能性を持っています。どんなに貧しい国でも貧しい子供でも、ボール1個でサッカーを楽しみ、熱狂できる。例えばチームに入ることによって、教育がない子供でもルールを守り、チームワークを作る。そしてお互いを理解し合い、高い目標を持って自己を練磨していく。最高の教育です」


深見東州さんのサッカーへ取り組む想いは、エンターテイメント的な話題性でもなく、また、スポーツで企業の宣伝をするためでもないんですね。スポーツを通じて社会に貢献し、より良い社会に、という願いが込められていると思います。だから、南アフリカ・プレミアリーグのムプラマンガ・ブラックエイシス(現在FCケープタウン)のメインスポンサーにもなったのでしょう。南アフリカの子供たちを救うために。


日本は、南アフリカとは国の状況が全く違いますけど、東京ヴェルディのスポンサーになった経緯についても語られてます。

「運命を感じました。数年前からスポンサードしてほしいというお話をいただいていたが、メインコーポレートパートナーとなると桁が違ってきます。同じやるなら徹底的にやらないと」


なので、初めのうちは、中途半端になるといけないと思い、断っていたそうですね。そしてついに、何かを感じて決断されたんでしょうね。

では、その東京ヴェルディの魅力については。

「東京ヴェルディは40年を超える歴史と伝統のあるクラブ。なかでも素晴らしいところは、育成システムです。他チームに先駆けて小中高と一貫した指導方法で将来のJリーガーを発掘し、しっかりと育てています。女子サッカーチームを含めてサッカーの底辺を広げ、サッカー人口を増やして育ててきた。一番共鳴したのは、まさにそこです。」


サッカーというスポーツを普及させる東京ヴェルディのシステムと努力に、注目されていたようです。

そして、今季の東京ヴェルディの目標は、もちろんJ1昇格だと思いますが、深見東州さんの視線は、少し違うそうです。

「わたしはJ1で優勝、さらにはクラブワールドカップでも優勝し、賞金を稼いでみんなでロマネコンティを開けるのが目標です。せこい目標ではなく、そういう気持ちで振興しているので、東京ヴェルディさんにもそういう大志を抱く気持ちで頑張って欲しい。」


さらに、

「大砲は目標よりも高いところに撃って初めて的に当たる。ゴルフのロリー・マキロイはメジャー大会で勝ちたいとは言わないし、サッカーのクリスチアーノ・ロナウドもスペインリーグで優勝したいとは言わない。マキロイは歴史に残るゴルファーに、ロナウドは永遠の伝説に残る選手になりたいと言う。だから、楽にメジャーに勝つし、リーグでも優勝するんですよ」


と言うことで、深見東州さんらしい、ふつうじゃない発想ですね。とてもスケールが大きなお話です。そうやって、今まで成功してきた体験と実績があるので、言葉に重みを感じますね。



また、この特集の最後には、6月10日「ISPS DAY」開催の告知がありました。

内容は、名古屋グランパス戦(15時)の味の素スタジアムにおいて、様々な特典やイベントがあるようです。

まず、これまでに、みすず学苑に関わりのあった人は、証明できるものを持参すればチケットが半額になるそうです。さらにファミリーで来場すると、小学生以下は無料だそうです。

当日のスタジアム内に設置される特別ブースに来場すると、株式会社ミスズからの豪華な腕時計が抽選でプレゼントされるそうです。

あと、ユニフォーム型座布団を、スタジアム入場先着3000名にプレゼントされるそうです。

こういうファン感謝デーというのか、スポンサーデーのようなものを、たまにされるんでしょうね。それから、この日の対戦相手の名古屋グランパスは目下首位のチームです。盛り上がると良いですね。

あまり知られてないと思いますが、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会は、ボウリング界も支援しています。
日本でシニアゴルフを支援され始めた後の、2007年ごろから男女プロボウリングを、今日まで地道に支援されてきました。

馴れ初めは、シニアゴルファーで、ISPS専属契約プロの中山徹選手から、ボウリング業界の厳しい状況を聞いてからだと聞きました。中山徹選手のお姉さまが、ボウリング界では有名な中山律子さんだそうです。

ここで、40年以上前のことになりますけど、1970年代にボウリングが異常なくらいのブームになったそうです。今では想像つきませんが、ボウリング場は現在の約4倍の約3900箇所近くあり、それでも平日ですら、数時間待ちでプレーしていたそうです。何がそんなブームの原因になったのでしょうね。

そのボウリングの全盛期に華やかに活躍し、元祖ボーリングアイドルであり、国民的アイドルと言われたのが中山律子さんだったそうです。当時のプレーの様子ですけど、本当に綺麗な素敵な方だったようですね。

o0480064011886481658-min


女子プロが誕生したのが1969年で、その時から中山さんはプロとして活躍し、TV中継でパーフェクト達成したことが大反響となって、一気に大ブレイクしたそうです。ライバルの須田開代子選手らとともに、爆発的なブームの原動力になったと言われています。

その後、2012年まで、日本プロボウリング協会の会長も務めたそうです。現在は名誉会長です。また、ジャパンレディースボウリングクラブの設立に尽力し、現在は会長に就任しています。日本のボウリング史上、人気実力とともに、最も貢献してきた選手だと言えそうですね。

しかし、日本のボウリングブームも、後に続く人気選手が出なかったのか、レジャースポーツが多様化してきたためか、様々な要因が重なり衰退の道をたどってきました。ボーリング場も、往年の4分の1近くに減少し、競技人口も激減しています。それでもレジャーとして楽しむ人たちは、約1200万人いるという世界ボウリング連盟の調査結果がありました。ゴルフ人口よりもかなり多いです。ちなみに男性だけで見ると、日本ではゴルフの方が多いそうですけどね。

P★Leagueとか、女子プロボウリングのテレビ番組もありますけどね。しかしボーリングの公式試合に、スポンサーとなって支援する企業がほとんどつかなくなったのが現状のようです。深見東州さんも、そのような話を聞いてから、このままではプロボウラーが育たないということで、支援に乗り出されたようです。

国際スポーツ振興協会は、株式会社のように費用対効果ではなく、社会に貢献することを主にして支援されています。ボーリング業界を支援することで、プロボウラーが育ち活性化できれば素晴らしいことですね。


今のオーストラリアのゴルフも、日本のボウリングの状況と似ているかもしれません。ゴルフを楽しむ人は多いそうですけど、プロゴルフにはあまり関心がないそうですから。
ジェイソン・デイやアダム・スコット、過去にはグレッグ・ノーマンなどの名選手を輩出したゴルフ大国なのに、プロの試合はあまり人気がないのか、リーマンショック後はスポンサーがつきにくくなったようですね。強い選手はアメリカに行きプレーするのもあるのでしょうか。

豪州男子ツアーは、去年、国際スポーツ振興協会と合体して、PGAツアー・オブ・オーストラレイジアになりました。もともと国際スポーツ振興協会は、オーストラリアのゴルフ界を地道に支援していましたけど、そのあたりの事情もあって、合体という話になったのかなという気もします。これで、豪州男子ツアーも、活性化すると良いですけどね。

2017_masters_A-min


6月には、第8回HANDA CUP・プロボウリングマスターズが開催されるそうです。

そして、毎年年末には、最も歴史があり、プロボウラー日本一決定戦と呼ばれている女子プロボウリングの試合が開催されています。

20170303_04-min

昨年の、「HANDA CUP」・ 第48回全日本女子プロボウリング選手権大会

↑このページのトップヘ