深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

国際スポーツ振興協会

ゴルフの4大メジャー、マスターズで、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、残念ながら予選落ちしましたね。日本からは池田選手も惜しいところで予選カットになり、あとは、松山英樹選手だけになりました。

谷原秀人選手は、英国のブックメーカー「ウィリアムヒル」で、マスターズ優勝オッズ81倍という数字になっていたそうです。松山英樹選手の15倍とはかなり開いているものの、「伏兵」の1人として注目されていたようですけどね。世界1位のダスティン・ジョンソンとのマッチプレーで、互角の戦いを演じたのが印象に残っていたのかもしれません。

masters-TITLE2


谷原選手の談話として、「完全にやられました。悔しいです。もう1回出直してこいってことでしょう。今は出直す意欲はないですけど」
「経験不足なんですかね。風に対応しきれない自分がいる。この風の中で自分の球筋、何ヤードまで打とうといったコントロールができない。マキロイとかはできていますから」ということでした。

同組で回ったローリー・マキロイやジョン・ラームは、世界でも屈指の飛ばし屋で、現在上位につけているだけに、力不足と経験不足を感じたそうです。

でも今後は、池田選手ともども、次週開催の米国男子ゴルフツアー「RBCヘリテージ」への出場をエントリーをしているそうです。また、5月末の欧州男子ゴルフツアーのフラッグシップイベント「BMW PGA選手権」にも参戦する予定だそうです。
そのように今年は、国内ツアーと並行して、海外ツアーにも積極的に参加するのかもしれませんね。マスターズ直前の欧州のポイントレース (レース・トゥ・ドバイ) では5位につけていました。

そうやって、海外でたくさんトーナメントをこなして、また来年もマスターズに挑戦してほしいです。


国際スポーツ振興協会会長の深見東州(半田晴久)さんは、海外の一流ゴルファーを、何度も日本に招聘されてきました。彼らは過酷なスケジュールで世界を転戦しているので、どのようなコースでも、どのようなコンディションや気候でも、対応できるというようなことを言われていたように思います。

松山英樹選手は、すでに、そういう選手なのでしょう。谷原秀人選手や池田勇人選手も、今後海外での経験を積むことで、世界のトップクラスになってほしいですね。日本の後輩ゴルファーたちへの良い刺激にもなるでしょうから。



東京ヴェルディが調子良いですね。今日の勝利で5連勝、とうとう首位に浮上しましたね。

サッカーには詳しくありませんが、スペインの有名な監督が来ただけで、こんなに変わるのかという声もネットで上がってるようです。
他にも、補強の選手が成功し、活躍しているという声もありますね。

深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会が、今年から胸スポンサーになったので、私も東京ヴェルディのことが気になるし、勝てばいいのになと思ってましたけどね。

シーズン前の予想なんかを見ると、どれを見ても真ん中あたりの予想で、下位争いにはならないだろうけど、上位争いにも絡まないという予想が多かったです。

まだ、ほんの序盤戦ですから、これからが勝負になると思います。

深見東州さんが関係しているチームなので、ゴルフの谷原秀人選手もそうですが、応援したくなりますね。

国際スポーツ振興協会のホームページを見ると、深見東州さんも、ヴェルディのホームに観戦に行き、「ISPS HANDA Presents MAN OF THE MATCH」という名前の、活躍した選手に贈られる賞金でしょうか、授与されていました。

深見東州さんの頭には、ヴェルディくんの被り物が。これをかぶって応援されたのでしょうね。

03


今日の試合、4試合連続得点中のアラン選手のヘディングシュートは幻のゴールになってしまい残念でした。

対戦相手チームのサポーターの声を聞くと、今回だけではありませんが,内容は悪くなかったのに勝てなかった、試合は押していたのに負けた、という声がけっこうあるようでした。東京ヴェルディ側としても、5連勝の中で楽に勝てた試合はないようですし、監督も、こちらに運があったというコメントを、岐阜戦ではされてましたね。それも実力のうちだと思いますけど。
















































世界ランク上位64人で競う世界選手権シリーズWGCデルテクノロジーズマッチプレーには、日本から松山英樹、池田勇人、谷原秀人選手の3人が出場していました。16ブロックに別れた予選で、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、強豪ジョーダン・スピースを撃破し、2勝1分のグループ1位で決勝トーナメントに進出しました。

それだけでもすごいと思ってましたけど、25日の1回戦では世界ランク16位のポールケーシーを破り、続く準々決勝ではロス・フィッシャーを破ってベスト4に進出するという素晴らしいことになってます。
準決勝は日本時間の今日の深夜、現在世界ランク1位のジャスティン・ジョンソンとのマッチプレーになります。これが事実上の決勝と言えるほどの強豪ですよね。

f-sp-tp2-170326-0003_thum630


谷原秀人選手はマスターズ出場資格を得るため、年明けから出場できる米国ツアーに参加し、世界ランク50位以内を目指してきました。
そして大会直前に世界ランク60位でしたので、今回の試合がいよいよ最後のチャンスだったそうです。最後まで諦め悪くやりますよと、試合前に語っていたそうですが、ベスト8で可能性があり、ベスト4に入れば確実に50位以内となりマスターズに出場できると言われていたそうです。

しかし賞金総額11億以上、優勝者には2億近い賞金が出るWGCマッチプレーには、世界中から強豪が勢揃いするそうです。4大メジャー並みの、世界一を決める大会といっても良い気がする大会ですから、そこでベスト4に入るとは、誰も予想してなかったでしょう。ジョーダン・スピースに勝利して予選通過しただけでも大金星と書かれてましたからね。

谷原選手は、「(海外に)行っていなかったら、ポイントも稼げなかった。こういう風にマスターズに入る日本人はいなかったと思う。『行けたら、こういう例もあるんだよ』と、若手にも見せたかった部分がある」とインタビューで語っていたそうです。

谷原選手が所属する国際スポーツ振興協会の深見東州(半田晴久会長)さんもさぞ喜ばれているでしょうね。松山選手に続き、世界で活躍する日本人選手が育つことをいつも願ってあるように思いましたから。
石川選手が伸び悩む中で、世界の檜舞台で活躍する日本人選手は松山選手だけでしたからね。今回のベスト4進出は、日本には谷原秀人もいるよと、世界にその存在を知らしめることになったように思いますね。そして日本の若いプロゴルファーにとって、それは大きな意味があるように思いました。

まだ、準決勝がありますので、最後まで素晴らしいプレーを期待したいですね。


谷原秀人、07年以来のマスターズ出場が確実に / 日刊スポーツ

f-sp-tp2-170326-0007


◆決勝T1回戦
 ○谷原秀人(日本、60位) 2アンド1 ●ポール・ケーシー(英国、16位)
◆準々決勝
 ○ビル・ハース 1アップ ●フィル・ミケルソン
 ○ジョン・ラーム 7アンド5 ●ソレン・ケルドセン
 ○谷原秀人 4アンド2 ●ロス・フィッシャー(英国、53位)
 ○ダスティン・ジョンソン 3アンド2 ●アレックス・ノーレン





























世界ランク上位64人で競う世界選手権シリーズWGCデルテクノロジーズマッチプレーに、日本から、松山英樹、池田勇人、谷原秀人選手の3人が出場しています。

4人1組で16ブロックに分かれ、まずは総当たりの予選が昨日から行われています。国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、初日、同組のジョーダン・スピースとの対戦で、見事4&2で勝利したそうです。

本人も大金星ですねと言ってたそうですが、ジョーダン・スピースの現在の世界ランクは6位と、松山英樹の4位よりも下ですが、2年前には世界ランク1位になり、また、マスターズなどメジャーも2勝している強豪ですよね。テキサスの地元出身で、今回の公式の優勝予想では1位だそうです。

谷原秀人選手は、現在世界ランキング60位で、この大会でベスト8まで勝ち進めば50位以内に上がり、4月のマスターズ出場の可能性が高くなるようですね。谷原選手もまずはそこを目指しているそうです。

まだ、始まったばかりですので、この後予選でもう2試合、そして1位になった16人だけが土日に進み、そこからさらに勝ち抜いていくという過酷な戦いが続きます。そのように1戦1戦が勝負になるマッチプレーは、ゴルファーにとっては、集中力と実力がとても磨かれると言われているそうですね。


実は、今年の日本ゴルフツアーでも、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会がスポンサーとなって、「ISPSハンダ・マッチプレー選手権」の開催が決まっています。

この大会は、深見東州(半田晴久会長)さんと、日本ゴルフツアー機構の大西久光副会長の発想から決まったそうです。深見東州さんは、「日本のプロを世界的なレベルに押し上げるためには、従来のような常識的なやり方ではダメ。後がない真剣勝負のマッチブレーこそレベルアップに相応しい」と考えられていたそうです。

そして、大西副会長は、「マッチプレーは、真の実力を引き出す試合形式。だったら従来のような予選のストロークプレーをやめて、全てマッチプレーにして、技術、体力、精神力など総合力の戦いにすれば、必ず選手のレベルはアップするはず」という意見だったそうです。そうして生まれたのが、予選のストロークプレーを行わず、最初からマッチプレーで2回戦まで戦い、そこで残った24人にシード選手8人を加えた32人で、3回戦から決勝まで戦うというオールマッチプレーによるトーナメントなのだそうです。

なので優勝するには、7回の18ホールでのマッチプレーを勝ち抜くことになりますよね。これはすごいことになりそうですね。そのため試合日程も、8月1、2日に1、2回戦が行われ、9月6日から10日までの5日間で3回戦から決勝まで行うそうです。

なかなかハードな戦いですよね。しかし、今回のWGCデルテクノロジーズ マッチプレーは、予選こそ毎日1試合ですけど、勝ち抜いて土日に残った選手はそこからは1日2試合行い優勝者が決まりますので、もっと過酷になりますよね。だからこそ世界で活躍するトップ選手たちは、強靭な体力と精神力も兼ね備えているのでしょうね。

ローリーマキロイは、「欧州のゴルファーはマッチプレーで育つ。だから、マッチプレーの経験が少ないアメリカの選手よりマッチプレーに強い。」と言っていたそうです。ただ、去年はオーストラリアのジェイソンデイが、ロリー・マキロイを準決勝で下して優勝したそうです。そして、世界ランキングの1位の返り咲いたそうです。

今回のWGCデルテクノロジーズ マッチプレーでは、前回優勝者のジェイソン・デイ選手は途中棄権しました。お母さんが末期ガンの手術を受けるそうなので、それに付き添いたいからだそうです。深見東州さんによると、ジェイソン・デイ選手はとても貧しい家庭に育ち、お父さんはアル中で、11歳の時に亡くなったそうです。その後は母親によって育てられ、本来ならばゴルフなどできる環境ではないのに、母親が無理をして大変な苦労をしながら支えてきたそうです。だから、ジェイソンデイにとって、お母さんの存在は、ゴルフをする理由でもあるそうです。とても心の優しい人なんですね。

話は逸れましたけど、この後も、日本選手が活躍してくれると良いですね。そして、「ISPSハンダ・マッチプレー選手権」にも、その盛り上がりをつなげてほしいと思います。


コースメモにテキサスの旗 谷原秀人は完全アウエーで「大金星です」 / GDOニュース


2017032312113481216


谷原秀人が大金星!スピースを撃破し、「1ホールずつ集中してやることができた」 / alba











9日からクイーンズタウンで開催されていた、ISPSハンダ・ニュージーランド・オープンが終わりました。

優勝は、最終日ー19で並んだ3人によるブレーオフを制したニュージーランドのマイケル・ヘンドリー選手でした。
日本勢では、武藤俊憲選手と若手の梅山知宏選手が−10の、24位タイが最高でした。
地元ニュージーランドの選手の優勝は、2003年以来になります。このところオーストラリア勢が5連勝していました。

list


今回は深見東州さんも、国際スポーツ振興協会所属の選手も参加していませんでしたね。昨年は谷原秀人選手がー19アンダーで2位という好成績を残し、深見東州さんと組んだプロアマチームでも、最終日に出場するトップ10チームに入っていました。去年は、ふぅ〜んというくらいにしか思ってませんでしたけど、これはかなりすごいことだったようですね。


このニュージーランドオープンは、日本にはないプロアマ形式での公式戦になります。
くわしく書くと、プロアマ形式のチーム戦と、プロだけによる通常のストローク戦が、両方同時に行われます。
プロアマ戦では、プロとアマチュアの選手が2人1組でチームを作り、良い方のスコアを記録するそうです。もちろんアマ選手にはハンディがありますので、それでハイスコアな戦いになるそうです。

ちなみに、今年の武藤俊憲・桑田真澄チームは、初日が−6でスタートし、2日目に−14と伸ばし、ここまでで34位タイとなり予選を通過します。さらに3日目は-24まで伸ばしたものの、最終日に進める10位タイには2打足りず、ここで終了となりました。かなりハイスコアなプロアマ戦になったようですね。

去年の深見東州さんと谷原選手のペアは、普通は大会スポンサーチームが最終日まで残ってくることは珍しいとまで言われたそうです。それだけアマチュアの選手も、プロ並みに上手な選手が出ているからでしょうね。今回出場した元ジャイアンツの桑田選手も、ベストスコア69を出したことがあるそうですし、一緒に回った武藤選手も、スイングの音がアマチュアじゃない!と称賛していたそうです。今回も実質78で回るなど、プロに近いレベルの実力を持っているようです。

この大会の桑田選手の動画がありましたので紹介します。




桑田選手は、野球ではピンチの時ほど場内が騒いでいるので、その中で集中できるようにしてきたせいか、むしろ周囲で騒いでくれていた方がやりやすいそうです。ゴルフはピンチだろうがチャンスだろうが、いつも静寂の中でプレーしますからね。

list-1


この大会で初優勝したマイケル・ヘンドリー選手は、日本男子ツアーでもおなじみの選手ですけど、最近、国際スポーツ振興協会のアンバサダーに就任したと聞きました。最近の国際スポーツ振興協会所属選手の活躍は、日本のゴルフ界でも話題になってるそうですが、アンバサダー契約ではありますけど、今回の優勝も、そんな流れに乗っかるような見事な勝利でしたね。

国際スポーツ振興協会と胸スポンサー契約を結んだ東京ヴェルディも、2連勝して開幕から良い滑り出しのようです。深見東州さんのISPSハンダと関わる選手やチームの活躍が、今年も期待できそうですね。


【最終スコア】
1位:マイケル・ヘンドリー(-19)
2位T:ブラッド・ケネディ(-19)
3位T:ベン・キャンベル(-19)
4位:ディエン・ローソン(-18)
5位:ジャック・ウィルソン(-17)
6位T:アンドリュー・ドト(-16)
6位T:マシュー・グリフィン(-16)
6位T:ライアン・フォックス(-16)
6位T:ジェームス・ニティーズ(-16)
6位T:ディミトリオス・パパダトス(-16)

24位T:武藤俊憲(-10)
24位T:梅山知宏(-10)


こちらは3日目の熱戦の動画です。




そして最終日、プレーオフの激戦の末、ガッツポーズを決めるマイケル・ヘンドリー選手です。


↑このページのトップヘ