深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

国際スポーツ振興協会

サッカーダイジェストの6月8日号に、東京ヴェルディの特集がありました。メインスポンサーとなった国際スポーツ振興協会や、会長である深見東州さんのことも書いてありました。

付録として、レギュラー選手のポスターも付いてます。

IMG_315-min


J2はかなり混戦模様となってますよね。スペインの知将ロティーナ監督を迎えた東京ヴェルディは、現在のところ、しっかりと上位にいます。

今日、トップのアビスパ福岡が、最下位だった群馬に敗れ、またまた混沌としてきました。1位から22位までそんなに差がないようですね。とても面白い展開です。どこが勝ってもおかしくないという、先が見えない展開になってきましたね。今のところJ1からの降格組の3チームが上位にいますが、4位以下との差があまりない状態です。


怒涛の乱戦を制するのはいったいどこになるのでしょう。深見東州さん率いる国際スポーツ振興協会がパートナーになった東京ヴェルディも、大いにチャンスありだと思いますね。深見東州さんはきわどい勝負に強そうなイメージがありますから。もちろん戦うのは選手と監督なので、チームの底力と、ロティーナ監督の采配に期待してます。


今回の特集号には、「シーズン開幕から快進撃を続け、9年ぶりのJ1昇格を果たすべく、上々のスタートを切った東京ヴェルディ。若手とベテランの戦力が高次元で噛み合い、新指揮官ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督とチームの相性もすこぶるいい。昨季とは明らかに、空気感が違う。」と、ライターさんも書いてました。

IMG_387-min


それから、深見東州さんへのインタビューも載ってました。少し紹介しますね。

まずは、深見東州さんのサッカーへの想いについて。

「サッカーは無限の可能性を持っています。どんなに貧しい国でも貧しい子供でも、ボール1個でサッカーを楽しみ、熱狂できる。例えばチームに入ることによって、教育がない子供でもルールを守り、チームワークを作る。そしてお互いを理解し合い、高い目標を持って自己を練磨していく。最高の教育です」


深見東州さんのサッカーへ取り組む想いは、エンターテイメント的な話題性でもなく、また、スポーツで企業の宣伝をするためでもないんですね。スポーツを通じて社会に貢献し、より良い社会に、という願いが込められていると思います。だから、南アフリカ・プレミアリーグのムプラマンガ・ブラックエイシス(現在FCケープタウン)のメインスポンサーにもなったのでしょう。南アフリカの子供たちを救うために。


日本は、南アフリカとは国の状況が全く違いますけど、東京ヴェルディのスポンサーになった経緯についても語られてます。

「運命を感じました。数年前からスポンサードしてほしいというお話をいただいていたが、メインコーポレートパートナーとなると桁が違ってきます。同じやるなら徹底的にやらないと」


なので、初めのうちは、中途半端になるといけないと思い、断っていたそうですね。そしてついに、何かを感じて決断されたんでしょうね。

では、その東京ヴェルディの魅力については。

「東京ヴェルディは40年を超える歴史と伝統のあるクラブ。なかでも素晴らしいところは、育成システムです。他チームに先駆けて小中高と一貫した指導方法で将来のJリーガーを発掘し、しっかりと育てています。女子サッカーチームを含めてサッカーの底辺を広げ、サッカー人口を増やして育ててきた。一番共鳴したのは、まさにそこです。」


サッカーというスポーツを普及させる東京ヴェルディのシステムと努力に、注目されていたようです。

そして、今季の東京ヴェルディの目標は、もちろんJ1昇格だと思いますが、深見東州さんの視線は、少し違うそうです。

「わたしはJ1で優勝、さらにはクラブワールドカップでも優勝し、賞金を稼いでみんなでロマネコンティを開けるのが目標です。せこい目標ではなく、そういう気持ちで振興しているので、東京ヴェルディさんにもそういう大志を抱く気持ちで頑張って欲しい。」


さらに、

「大砲は目標よりも高いところに撃って初めて的に当たる。ゴルフのロリー・マキロイはメジャー大会で勝ちたいとは言わないし、サッカーのクリスチアーノ・ロナウドもスペインリーグで優勝したいとは言わない。マキロイは歴史に残るゴルファーに、ロナウドは永遠の伝説に残る選手になりたいと言う。だから、楽にメジャーに勝つし、リーグでも優勝するんですよ」


と言うことで、深見東州さんらしい、ふつうじゃない発想ですね。とてもスケールが大きなお話です。そうやって、今まで成功してきた体験と実績があるので、言葉に重みを感じますね。



また、この特集の最後には、6月10日「ISPS DAY」開催の告知がありました。

内容は、名古屋グランパス戦(15時)の味の素スタジアムにおいて、様々な特典やイベントがあるようです。

まず、これまでに、みすず学苑に関わりのあった人は、証明できるものを持参すればチケットが半額になるそうです。さらにファミリーで来場すると、小学生以下は無料だそうです。

当日のスタジアム内に設置される特別ブースに来場すると、株式会社ミスズからの豪華な腕時計が抽選でプレゼントされるそうです。

あと、ユニフォーム型座布団を、スタジアム入場先着3000名にプレゼントされるそうです。

こういうファン感謝デーというのか、スポンサーデーのようなものを、たまにされるんでしょうね。それから、この日の対戦相手の名古屋グランパスは目下首位のチームです。盛り上がると良いですね。

あまり知られてないと思いますが、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会は、ボウリング界も支援しています。
日本でシニアゴルフを支援され始めた後の、2007年ごろから男女プロボウリングを、今日まで地道に支援されてきました。

馴れ初めは、シニアゴルファーで、ISPS専属契約プロの中山徹選手から、ボウリング業界の厳しい状況を聞いてからだと聞きました。中山徹選手のお姉さまが、ボウリング界では有名な中山律子さんだそうです。

ここで、40年以上前のことになりますけど、1970年代にボウリングが異常なくらいのブームになったそうです。今では想像つきませんが、ボウリング場は現在の約4倍の約3900箇所近くあり、それでも平日ですら、数時間待ちでプレーしていたそうです。何がそんなブームの原因になったのでしょうね。

そのボウリングの全盛期に華やかに活躍し、元祖ボーリングアイドルであり、国民的アイドルと言われたのが中山律子さんだったそうです。当時のプレーの様子ですけど、本当に綺麗な素敵な方だったようですね。

o0480064011886481658-min


女子プロが誕生したのが1969年で、その時から中山さんはプロとして活躍し、TV中継でパーフェクト達成したことが大反響となって、一気に大ブレイクしたそうです。ライバルの須田開代子選手らとともに、爆発的なブームの原動力になったと言われています。

その後、2012年まで、日本プロボウリング協会の会長も務めたそうです。現在は名誉会長です。また、ジャパンレディースボウリングクラブの設立に尽力し、現在は会長に就任しています。日本のボウリング史上、人気実力とともに、最も貢献してきた選手だと言えそうですね。

しかし、日本のボウリングブームも、後に続く人気選手が出なかったのか、レジャースポーツが多様化してきたためか、様々な要因が重なり衰退の道をたどってきました。ボーリング場も、往年の4分の1近くに減少し、競技人口も激減しています。それでもレジャーとして楽しむ人たちは、約1200万人いるという世界ボウリング連盟の調査結果がありました。ゴルフ人口よりもかなり多いです。ちなみに男性だけで見ると、日本ではゴルフの方が多いそうですけどね。

P★Leagueとか、女子プロボウリングのテレビ番組もありますけどね。しかしボーリングの公式試合に、スポンサーとなって支援する企業がほとんどつかなくなったのが現状のようです。深見東州さんも、そのような話を聞いてから、このままではプロボウラーが育たないということで、支援に乗り出されたようです。

国際スポーツ振興協会は、株式会社のように費用対効果ではなく、社会に貢献することを主にして支援されています。ボーリング業界を支援することで、プロボウラーが育ち活性化できれば素晴らしいことですね。


今のオーストラリアのゴルフも、日本のボウリングの状況と似ているかもしれません。ゴルフを楽しむ人は多いそうですけど、プロゴルフにはあまり関心がないそうですから。
ジェイソン・デイやアダム・スコット、過去にはグレッグ・ノーマンなどの名選手を輩出したゴルフ大国なのに、プロの試合はあまり人気がないのか、リーマンショック後はスポンサーがつきにくくなったようですね。強い選手はアメリカに行きプレーするのもあるのでしょうか。

豪州男子ツアーは、去年、国際スポーツ振興協会と合体して、PGAツアー・オブ・オーストラレイジアになりました。もともと国際スポーツ振興協会は、オーストラリアのゴルフ界を地道に支援していましたけど、そのあたりの事情もあって、合体という話になったのかなという気もします。これで、豪州男子ツアーも、活性化すると良いですけどね。

2017_masters_A-min


6月には、第8回HANDA CUP・プロボウリングマスターズが開催されるそうです。

そして、毎年年末には、最も歴史があり、プロボウラー日本一決定戦と呼ばれている女子プロボウリングの試合が開催されています。

20170303_04-min

昨年の、「HANDA CUP」・ 第48回全日本女子プロボウリング選手権大会

米国女子ツアーで、野村敏京選手が優勝しましたね。これで米国女子ツアー3勝目になりました。世界のトップクラスが出場していた大会での優勝ですからすごいですね。世界ランキングも17位に上昇しました。

<速報>野村敏京、死闘6ホールプレーオフ制しツアー通算3勝目!/ ALBA

米国女子ツアー「ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウト」はテキサス州のラスコリナスCCで最終ラウンドを行い、トータル8アンダーの単独首位からスタートした野村敏京は強風にも苦しめられ、2バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの“76”でスコアを5つ落とし、トータル3アンダーでフィニッシュ。同スコアで並んだクリスティ・カー(米国)のプレーオフに持ち込まれたが6ホールに及ぶ死闘を制した。



男子では松山英樹選手が世界のトップクラスにいますが、女子では野村敏京選手がトップクラスに一番近い位置にいますね。初優勝は昨年、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会の冠大会、ISPSハンダ・オーストラリア・女子オープンでした。それから活躍し始め、その後すぐに2勝目を挙げたものの、しばらくは優勝から遠ざかっていたので、今回の優勝を機に、さらなる活躍をしてほしいですね。



米国男子ツアーも、松山英樹選手と、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手がチームを組み、最後まで健闘しましたが、最後は32位タイで終わりました。


お互いに刺激を受けた4日間、松山&谷原コンビは32位タイでフィニッシュ / ALBA

今季よりダブルス形式となった米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」の最終日。トータル6アンダー・34位タイからお互いの良いほうのスコアを採用するフォアボール方式で第4ラウンドを戦った松山英樹、谷原秀人コンビは“65”をマーク。7つ伸ばしトータル13アンダー32位タイで競技を終えた。


この大会、リオオリンピックの金銀メダリストのペアや、世界ランク3位と9位のペアなどが予選落ちするなど、波乱含みの大会になりました。それだけペアを組んでプレーするというのは難しいのでしょうね。優勝は、−27まで伸ばした2組によるプレーオフの結果、ヨナス・ブリクスト(スウェーデン)、キャメロン・スミス(オーストラリア)組という全く予想外のペアが優勝しました。

谷原秀人選手はこの後日本に帰国し、少し休みをとるようです。今年の初めから世界各地を転戦して頑張ってきましたからね。なかでもオーガスタ行きを決定した、世界選手権シリーズWGCデルテクノロジーズマッチプレーでの4位は、日本人は松山選手だけではないということを世界のゴルフファンに強く印象付けたように思います。後に続く国内の若手選手たちも、刺激を受けているかもしれません。


その国内のゴルフツアーでは、谷原秀人選手が出場していない間、同じ国際スポーツ振興協会所属の藤本佳則選手と、同アンバサダー契約選手の片岡大育選手が活躍していました。特に藤本佳則選手は、直近の3試合で2位9位2位と安定して優勝争いに絡んでいますね。先週の中日クラウンズでは、1打差で優勝を逃し、2013年以来の優勝にあと一歩及びませんでしたが、今季は、大活躍を期待できそうな感じがしますね。先輩の谷原選手の活躍にも刺激を受けているのでしょうか。

その中日クラウンズは、最終組が18番のところで、1打差内に5人がいるという大混戦になり、大いに盛り上がったようです。最後は、宮里優作選手の劇的なバーディーによって勝負がつきました。こんな試合ばかりだと、国内男子ゴルフも、もっと面白くなりそうですけどね。

宮里優作 劇的バーディパットで選手会長初勝利 / ゴルフダイジェスト

163009


前の組でプレーした藤本、谷口徹と並んで迎えた18番。勝負を決めたウィニングパットも「そうそう入るパットじゃない。とにかくカップ周り50cmにつけよう」という、プレーオフを想定した冷静さが生んだ一打だった。



藤本佳則&谷口徹は惜敗2位「あれを入れられたらしょうがない」/ ゴルフダイジェスト

2打差を追った藤本は14番で初めてのボギーを叩いた直後、15番(パー5)で1.5mのチャンスを活かしてこの日4つ目のバーディ。トップタイに浮上したが、ホールアウト後、プレーオフに備えていたグリーン脇で宮里のウィニングパットを目にし「勝ちたかった…もうちょっとでした。最後、優作さんにあれを入れられたらしょうがない」と苦笑い。4日間安定して60台をマークしたが、2013年シーズン以来となるツアー3勝目はならず「正直、勝てなかったら(好スコアも)意味がないです。次は勝ちたい」と唇をかんだ。






















米国男子ゴルフツアーのチューリッヒ・クラシックで、松山英樹選手と、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手がペアを組んで出場しています。スポーツニュースでもかなり話題になっていますね。


このチューリッヒ・クラシックは、今年から2人で1チームを結成してのチーム戦になりました。米国ツアー公式戦としては36年ぶりのことだそうです。
残念ながら世界ランキングの対象にはならないそうですが、賞金ランキングとフェデックスカップポイントには反映されます。

谷原秀人選手は、この試合の成績次第では、来季のPGAツアー(米国男子ゴルフツアー)のシード権も獲得できるそうです。

現在、松山英樹選手は別格として、米国ツアーで結果を残している日本人選手2番手といえば、谷原秀人選手になるかと思います。このままずっとアメリカでプレーするには、この大会で優勝しないと難しいかもしれませんけど、世界の谷原になるためにも、まず来季のシード権を獲得できるといいですね。


さて、初日の成績ですが、ー3で、11位という良いスタートを切っていますね。トップとは3打差ですね。

予想では、ジャスティン・ローズ&ヘンリック・ステンソンのチームを筆頭に、ジェイソン・デイ&リッキー・ファウラー、ブランデン・グレース&ルイ・ウーストハイゼン、ライアン・パーマー&ジョーダン・スピースなどの強豪ペアが優勝候補に上がっていました。

ちなみに優勝すると、チーム戦ですけど公式な優勝数としてカウントされるそうです。そして、松山選手はすでに資格を持っていますけど、今シーズンの残りと翌年から2年間のシード権が与えられます。また、「ザ・プレーヤーズ選手権」や「全米プロゴルフ選手権」の出場有資格者にもなるそうです。


残り3日間の戦いに注目したいと思います。


松山は新パターを実戦投入 谷原と噛み合い「良いスタート」/ ゴルフダイジェストオンライン

162701


谷原は「英樹はショットもパットも良かったので安泰」とした。対して松山は「きょうはとにかくパットが決まってくれた」と手ごたえを感じた初日となった。チームワークも抜群の様子で、東北福祉大の先輩の谷原が「ティショットでなかなかフェアウェイをとらえられなかった。でも英樹なら寄せてくれるだろう(と思っていた)」とおどけると、2人で笑顔を作った。





















4月22日に、ISPS Handa Art of Polo Invitationalというイベントが、南アフリカで開催されました。

C92KT2WWsAAV_UG-min


場所は、ワインの街として有名であり、絵画のように美しいと言われるパールやフランシュフックの山々に抱かれた、SAのプレミア・ポロ会場、Val de Vie Estateです。ケープタウンからは、70キロくらいのところのようですね。

Val-de-Vie-completed-homes-scenic-surrounds-min


ポロ競技とクラシック音楽とアートと高級なディナーが合わさった、とても素敵なイベントだったようです。

ISPS-Moodboard-no-logo-min-min


VIVIDLUXURYとVAL DE VIE EVENTSという2つの組織のジョイントベンチャーとなるVDUXUXの主催で開催されました。国際的に有名なポロイベントなども、これまでに主催してきたそうです。今回のイベントは、深見東州さんの国際スポーツ振興協会が、支援されているのでしょう。

深見東州さんは、ゴルフやサッカーだけでなく、ポロ競技もいくつか支援されています。ハリー王子のサンタバリー・ロイヤルサルーン・ポロカップなども支援されてきました。

また、ローレウス・ファウンデーションという国際的なスポーツ組織も支援されているそうです。このローレウス・ファウンデーションというのは、「ローレウス・ワールド・スポーツ・アカデミー」「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード(ローレウス世界スポーツ賞)」の3つから構成され、スポーツの力で社会的な改善を推進し、スポーツの素晴らしさを世に広めている団体だそうです。国際スポーツ振興協会の活動と、何だか似ている気がしますね。世界規模で、トップレベルのスポーツ活動と社会貢献を行ってきたようです。


今回のイベントは、アート、音楽、ポロを愛している深見東州さんのインスピレーションを得て開催されたそうです。多くのビジネス、スポーツ、芸術のリーダーたちが集まったようですね。
南アフリカの可能性に投資することで、才能のあるアーティストを紹介したり、ビジネスやスポーツ、芸術分野における慈善団体のリーダーたちを結びつけるイベントでもあるそうです。
このような社交場は、様々なネットワークや事業が広がっていくための、良い出会いを提供する機会になるのでしょうね。

Slide1-2-min


有名な彫刻家やアーティストから寄付された芸術作品も展示されていて、オークションが開かれたそうです。その作品の収益が奨学金として、才能のある若い学者たちを育て、南アフリカの将来のリーダーになるための必要な基金になるようですね。

Live-Lot-4-Janko-de-Beer-1080x721-min



ポロ競技は、アフリカで最も優れたポロの才能を持つチームが、ヨーロッパとアジアの選手たちの国際チームと対戦したそうです。































↑このページのトップヘ