深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

国際スポーツ振興協会

9日からクイーンズタウンで開催されていた、ISPSハンダ・ニュージーランド・オープンが終わりました。

優勝は、最終日ー19で並んだ3人によるブレーオフを制したニュージーランドのマイケル・ヘンドリー選手でした。
日本勢では、武藤俊憲選手と若手の梅山知宏選手が−10の、24位タイが最高でした。
地元ニュージーランドの選手の優勝は、2003年以来になります。このところオーストラリア勢が5連勝していました。

list


今回は深見東州さんも、国際スポーツ振興協会所属の選手も参加していませんでしたね。昨年は谷原秀人選手がー19アンダーで2位という好成績を残し、深見東州さんと組んだプロアマチームでも、最終日に出場するトップ10チームに入っていました。去年は、ふぅ〜んというくらいにしか思ってませんでしたけど、これはかなりすごいことだったようですね。


このニュージーランドオープンは、日本にはないプロアマ形式での公式戦になります。
くわしく書くと、プロアマ形式のチーム戦と、プロだけによる通常のストローク戦が、両方同時に行われます。
プロアマ戦では、プロとアマチュアの選手が2人1組でチームを作り、良い方のスコアを記録するそうです。もちろんアマ選手にはハンディがありますので、それでハイスコアな戦いになるそうです。

ちなみに、今年の武藤俊憲・桑田真澄チームは、初日が−6でスタートし、2日目に−14と伸ばし、ここまでで34位タイとなり予選を通過します。さらに3日目は-24まで伸ばしたものの、最終日に進める10位タイには2打足りず、ここで終了となりました。かなりハイスコアなプロアマ戦になったようですね。

去年の深見東州さんと谷原選手のペアは、普通は大会スポンサーチームが最終日まで残ってくることは珍しいとまで言われたそうです。それだけアマチュアの選手も、プロ並みに上手な選手が出ているからでしょうね。今回出場した元ジャイアンツの桑田選手も、ベストスコア69を出したことがあるそうですし、一緒に回った武藤選手も、スイングの音がアマチュアじゃない!と称賛していたそうです。今回も実質78で回るなど、プロに近いレベルの実力を持っているようです。

この大会の桑田選手の動画がありましたので紹介します。




桑田選手は、野球ではピンチの時ほど場内が騒いでいるので、その中で集中できるようにしてきたせいか、むしろ周囲で騒いでくれていた方がやりやすいそうです。ゴルフはピンチだろうがチャンスだろうが、いつも静寂の中でプレーしますからね。

list-1


この大会で初優勝したマイケル・ヘンドリー選手は、日本男子ツアーでもおなじみの選手ですけど、最近、国際スポーツ振興協会のアンバサダーに就任したと聞きました。最近の国際スポーツ振興協会所属選手の活躍は、日本のゴルフ界でも話題になってるそうですが、アンバサダー契約ではありますけど、今回の優勝も、そんな流れに乗っかるような見事な勝利でしたね。

国際スポーツ振興協会と胸スポンサー契約を結んだ東京ヴェルディも、2連勝して開幕から良い滑り出しのようです。深見東州さんのISPSハンダと関わる選手やチームの活躍が、今年も期待できそうですね。


【最終スコア】
1位:マイケル・ヘンドリー(-19)
2位T:ブラッド・ケネディ(-19)
3位T:ベン・キャンベル(-19)
4位:ディエン・ローソン(-18)
5位:ジャック・ウィルソン(-17)
6位T:アンドリュー・ドト(-16)
6位T:マシュー・グリフィン(-16)
6位T:ライアン・フォックス(-16)
6位T:ジェームス・ニティーズ(-16)
6位T:ディミトリオス・パパダトス(-16)

24位T:武藤俊憲(-10)
24位T:梅山知宏(-10)


こちらは3日目の熱戦の動画です。




そして最終日、プレーオフの激戦の末、ガッツポーズを決めるマイケル・ヘンドリー選手です。


米国女子ゴルフツアー開幕第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」は、韓国のジャン・ハナ選手が優勝しましたね。日本選手では、昨年度の覇者、野村敏京選手が3位タイ、ルーキーの畑岡奈紗選手も米国女子ツアー2戦目ながら30位と健闘しました。横峯さくら選手は58位タイでした。

アリア・ジュタヌガーン選手が3位タイ、リディア・コ選手は2日目以降のスコアが伸びず46位タイに終わりました。昨年の後半から最終日の優勝争いに絡めなくなってますね。ちょっと調子を落としているのでしょうか。
アリア・ジュタヌガーン選手は、開幕戦は47位タイでしたが、今回は最終日中盤でトップに立つなど優勝の可能性がありました。しかし、強風でスコアが伸び悩むなかで、大混戦を抜け出したジャン・ハナ選手に最後は離されました。

ジャン・ハナ選手は最終日、バックナインで超ロングパットを沈めるミラクルショットを放ち、ガッツポーズを決めていました。優勝を確信する勢いを感じさせた1打で、後半は1イーグル・3バーディと伸ばして一気に逆転優勝を飾りました。

野村敏京選手も初日は出遅れたものの、追い上げて最終日の優勝争いに絡んできました。首位に2打差で折り返しましたが、残念ながら連覇はなりませんでした。







最終日のハイライトです。



ジャン・ハナが逆転優勝 前年覇者の野村敏京は3位 畑岡30位 / GDOニュース


畑岡奈紗、今季初の決勝ラウンドを終えて「4日間できて幸せだった」 / ALBA



今回は、深見東州さんのお姿は見かけませんでした。同日開催となった男子ゴルフの「ISPSハンダ ワールドスーパー6パース」でも見かけなかったので、オーストラリアには来られてなかったのかもしれませんね。


その「ISPSハンダ ワールドスーパー6パース」の結果ですが、新フォーマットでの戦いを制したのは、地元パース出身のブレッド・ランフォード選手でした。
「ISPSハンダ ワールドスーパー6パース」では、予選通過を挟んで、3日目まではストローク形式で行われました。4日目最終日は上位24人が、ノックアウト方式による6ホールマッチプレーで優勝を争うというこれまでにないような新フォーマットのトーナメントでした。今回のブレッド・ランフォード選手は、3日目までの成績もトップでしたので、完全優勝と言っても良い勝利でしたけどね。

深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会所属の谷原英人選手は、最終日の24人に残り、マッチプレー1回戦は突破したものの、2回戦で優勝したランフォード選手に惜しくも敗れ15位という結果でした。得意のパターの調子が、今回はもう一つだったようですね。
谷原秀人選手はマスターズ出場資格をかけて、この後もメキシコに飛び、海外での戦いは続くようです。3月2日から始まる、世界ゴルフ選手権第2戦目、WGC-メキシコ選手権に出場する予定だそうです。日本人では、松山英樹選手、池田勇太選手の3人に出場資格があるそうです。
















デンマークのトルビョルン・オルセン選手が、新しく国際スポーツ振興協会のアンバサダーに就任したようですね。


最終日のハイライトです。



ラムフォードが“完全勝利” 谷原秀人は2回戦で敗退 / GDOニュース


谷原秀人、新フォーマットの戦いで敗北も「この方式は面白かった」/ ALBA


B・ランフォードが新フォーマットを制し地元V 日本プロ覇者は全英覇者撃破で3位 / ALBA


深見東州さんのISPSハンダが、東京ヴェルディのパートナーになったことが話題になってるようですね。

土曜日には、東京ヴェルディの新体制発表会見が、京王プラザホテルにて開催されたそうです。

会見の様子の動画や写真がいくつかネットにありました。

J2東京V、ISPSとパートナー契約 半田会長「運命を感じた」

20170115-00000054-spnannex-000-0-view


 J2東京Vは今季、新たに国際スポーツ振興協会(ISPS)とメインコーポレートパートナー契約を締結した。ユニホームの胸に「ISPS HANDA」のロゴが掲出される。

 半田晴久氏が会長を務めるISPSは「チャリティーを進化させ、スポーツの力で社会をより良く」をスローガンに掲げており「運命を感じたのでスポンサードすることにした。特に素晴らしいことは東京Vの育成システム」と話した。さらに「年間を通じて2万人くらいファンを増やしたい。J1昇格といわずにJ1優勝、そしてクラブW杯を制して、皆で乾杯したい」と高い目標を口にした。




2017シーズン東京ヴェルディ新体制発表会見を行いました


それによるとこの発表会の場は、深見東州さんが開催のお膳立てをされたようですね。





見に言った方のブログを拝見すると、深見東州さんのことだと思いますが、めちゃくちゃ元気な社長で頼もしかったと書かれてますね。深見東州さんが何かをされたんでしょうか。

この中に書いてある大砲の話は、私も何度か聞いたことがありますね。

深見東州さんは、数年前から世界のプロゴルフツアーをいくつもスポンサードしていて、有名なゴルファー達との親交もあります。ロリー・マキロイとラウンドした時に聞いたそうですが、マキロイは歴史に名が残るようなゴルファーになることを目標にしているそうです。
だから、メジャーで優勝したくらいでは、全然、まだまだと思い続けているんだろうと言われてました。そういう高い目標をあげているから、米国ツアーで何度も優勝できると言われてましたね。

だから、例えば米国ツアーで優勝したいのなら、米国ツアーで優勝することを目標にしてはいけないそうです。それではなかなか勝てないそうです。大砲の玉を打とうと思ったら、重力が働くので、的の少し上に狙いを定めてその少し下の的に当たるように、狙いよりも上に目標を掲げないといけないそうです。

だからマキロイのように高い目標を持っていると、米国ツアーで優勝することなんて、普通のことのようにできるようになるのでしょう。それでもマキロイは、まだまだと思ってるわけですからね。

意識のレベルが、米国ツアーで一勝したいと思っている意識では、なかなか優勝の壁を越えることは大変です。でも、もっと高いところに意識を置くと、それよりも低い壁は意識がすでに超えているので、現実でもスッと勝つことができるようになるのかもしれませんね。









それから、怒涛の英語で関東圏では有名な「みすず学苑」、そしてロベルトカヴァリ・バイ・フランクミュラーなど、海外の一流時計の総代理店をする時計のミスズも、今回スポンサーになったそうです。ISPSハンダのようにユニフォームにロゴがいるメインスポンサーではないと思いますが、プラクティスシャツにロゴが入るそうです。女子の日テレ・テレーザもサボートされます。

株式会社ミスズとのコーポレートパートナー契約締結のお知らせ


misuzu











私も一枚欲しいな。4色もあると迷いますよね。

Jリーグで応援しているチームがなかったので、これを機会にヴェルディファミリーにも入ろうかな。


超東京ヴェルディ掲示板

超東京ヴェルディ掲示板というのもあるんですね。初めて見ました。

サポーターの皆さん、深見東州さんがワールドメイトという宗教団体の教祖もしている関係で、気にしてる人もいるようですね。

国際スポーツ振興協会は社団法人ですし、ワールドメイトのことを話されたり、宗教的なことを持ち込まれることは無いですよね。

国際スポーツ振興協会は国内のゴルフやボーリングの試合も、これまでにたくさんされてますけど、来場した人たちにワールドメイトが布教しているという噂は聞いたことが無いです。

あるいはコンサートや絵画展、政治家さんや専門家とのサミットなど、いろんなことをされてますが、全部行ったわけではありませんが、そこでも同じですね。そもそも深見東州さんが宗教活動やワールドメイトのことを話されたという記憶が無いですね。パンフレットのプロフィールにすら載せられていません。

みすず学苑も、まるでワールドメイトが母体のように言われてますけど(もちろん違いますが)、そこで勧誘されたなんて話は、Web上で私が見た限りはありませんでした。

もしあれば、すぐに噂になりますからわかりますよね。

別に宗教がいけないという意味ではありませんが、そのように混同することはされないのでしょう。
































深見東州(半田晴久)さんが会長を務める国際スポーツ振興協会が、東京ヴェルディと、コーポレートパートナー契約を締結したそうです。

国際スポーツ振興協会(ISPS HANDA)とのコーポレートパートナー契約締結のお知らせ

今年から東京ヴェルディのユニフォームの胸にISPSハンダのロゴが入るようですね。

ISPS (2)



深見東州(半田晴久会長)さんは、この契約に関して、次のようなコメントをされていました。

「ISPSと言えば、ゴルフやボーリングアーチェリーのスポンサーで知られています。
それらは、スポーツの力で社会をより良くする試みです。
しかし、世界の人々が、どんなに貧しくても楽しめるものではありません。
その点、サッカーは偉大です。国境を越える、世界のメジャースポーツです。
今年から歴史と伝統ある東京ヴェルディを支援することになり、スポーツの力で社会をより良くする試みを深めます。
さらに、サッカーを通してニュージーランドとの交流を図ります。いずれも、心ときめくエキサイティングな事ばかりです。
今年は酉年ですが、ヴェルディ君の翔く年であって欲しいです」


つい先日は、ニュージーランド・フットボールという、ニュージーランドのサッカー連盟をまとめているサッカー組織を、ISPSハンダがサポートするというニュースを紹介しました。

ニュージーランド・フットボールを国際スポーツ振興協会が支援

そして、すでにケープタウンでインドアフットボールを展開する「ファイブス・フットボール」と、プレミアサッカーリーグに加盟しているムプマランガ・ブラックエーシズ・フットボールクラブを後援していることも紹介しました。 (2016/17シーズンから、チームは買収されてケープタウン・シティ・FCに名前が変わり、プレミアサッカーリーグで引き続き今年もプレーしています。ブラックエーシズとしては、アレックス・ブラックエーシズとして新たに始動し、ISPSハンダはそちらを支援されているようです。)


そして、いよいよ今度は日本のJリーグで活躍する名門「東京ヴェルディ」のパートナーになるんですね。

サッカーが、世界のメジャースポーツであることはいうまでもありませんが、スポーツの力で社会をより良くするという国際スポーツ振興協会の目的にあっているのでしょうね。
南アフリカでは、貧しい子供たちがサッカーをすることで、犯罪率が激減することがはっきりと示されているそうです。そして、サッカー選手の言うことにはよく耳を傾けるそうなので、子供たちへのエイズ予防などの、健全な教育にも役に立ってるようです。

日本では、どのような貢献を考えてあるのかわかりませんが、きっと驚くようなことをされるかもしれませんね。いつも深見東州さんには驚かされますから。

そして、東京ヴェルディの今年の活躍を期待してます。応援しますね。






















深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会は、ニュージーランドでも、スポーツ活動の支援をしてきました。これまでに、ISPSハンダ・ニュージーランド女子オープン(2012年〜)、ISPSハンダ・ニュージーランドオープン(2016年〜)、の2つのナショナルオープンの冠スポンサーとなっています。また、ニュージーランド・オリンピック委員会とニュージーランド・パラリンピック委員会にも今年支援されました。
ニュージーランド女子オープンの開催では、クライストチャーチでの巨大地震による被害の後で、クライストチャーチの復興に主導的役割を果たしたと言われています。

そして、今度はニュージーランド・フットボールを支援するというニュースがありました。

New Zealand Football is pleased to announce ISPS Handa as a new funding partner for the sport for the next three years


CzGP8UNVEAAtvXy



ニュージーランド・フットボールというのは、ニュージーランドのサーカー組織で、ニュージーランドに7つあるサッカー連盟の監督を行い、代表チームを編成したり、国内の男女リーグ戦の運営や、チャサムカップなどのトーナメントの運営を行っているそうです。2007年まではニュージーランドサッカーという名前だったようです。FIFAにも加盟する、ニュージーランドのサッカー協会の役割を果たしてきた組織と思えばよさそうですね。

ニュージーランドのサッカーについて調べてみると、オールブラックスで有名なように、国内では国技ラグビーが最も人気があり、それにクリケットが続き、サッカーには優秀な人材がこないと言われていたようです。クラブに所属する選手も大半は別に仕事を持っているセミプロかアマチュア選手で、ヨーロッパでプレーする選手も少ないようですね。
それでも2010年のW杯には2度目となる出場資格を勝ち取り、本戦でも決勝トーナメントへの出場こそ逃しますが、世界チャンピオンのイタリアと1-1で引き分けるなど予想外の大健闘をしたそうです。ちなみに、チームの愛称はラグビーのオールブラックスに対して、オールホワイト(上下白一色のユニフォームなので)と呼ばれているそうです。また、試合前にユニフォームを脱ぎ捨て、ハカ(マオリ族の民族舞踊)を踊る事もあるそうです。深見東州さんも、よくゴルフ場でされてる映像が残ってますけどね。



その後、ここ数年では、ラグビーやクリケットに負けないほど人気が出て、小学生レベルでは競技人口が最も多くなっているそうです。

オーストラリアがオセアニアを脱退してアジアに移ったため、オセアニア地区では最強チームになっているそうです。FIFAランキングでは、100位前後のようですね。日本やオーストラリアは50位前後です。


そんなニュージーランドのサッカースポーツを支援されることになったんですね。
国際スポーツ振興協会は、営利を追求する企業ではないので、費用対効果なども関係なく、その社会に対して有意義なものであるかを大事にされているように思います。

数年前から、南アフリカでもサッカーの支援を始められました。ケープタウンでインドアフットボールを展開する「ファイブス・フットボール」と、プレミアサッカーリーグに加盟しているムプマランガ・ブラックエーシズ・フットボールクラブを後援し、社会的投資を行われています。
深見東州さんは「ファイブス・フットボール」のアダム・ファイン氏から、サッカーが、南アフリカでいかに貧しい人々の教育に貢献しているのかを聞いたそうです。それで、南アフリカでサッカーがどれほど重要な位置を占めているのかを理解し、支援を決めたそうです。子供達はサッカーをするようになると、薬物使用や犯罪率が下がり、学校の成績も良くなるそうです。

そして、ムプマランガ・ブラックエーシズの選手にも、地元の子供達に良い教育をしてくれるように頼んでいるそうです。サッカー選手は子供達のヒーローであり憧れなので、先生がいうよりも効き目があるそうです。

そのように、この二つの団体は、スポーツのユニークなアプローチを通じて、人間性の最も善良な性質を引き出しているそうです。

深見東州さんは、スポーツが果たす決定的で、かつ奇跡的な役割に注目されています。スポーツは教育的、文化的障壁を打ち破り、ばらばらになった人々を一つにし、協力し、発展させ、さらには世界中のコミュニティを結び付け、平和をも推進すると言われてきました。

そのようなスポーツの持つ力により、ニュージーランドにも、良い影響があると良いですね。








































↑このページのトップヘ