深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

国際スポーツ振興協会

深見東州(半田晴久)さんが会長を務める国際スポーツ振興協会が、東京ヴェルディと、コーポレートパートナー契約を締結したそうです。

国際スポーツ振興協会(ISPS HANDA)とのコーポレートパートナー契約締結のお知らせ

今年から東京ヴェルディのユニフォームの胸にISPSハンダのロゴが入るようですね。

ISPS (2)



深見東州(半田晴久会長)さんは、この契約に関して、次のようなコメントをされていました。

「ISPSと言えば、ゴルフやボーリングアーチェリーのスポンサーで知られています。
それらは、スポーツの力で社会をより良くする試みです。
しかし、世界の人々が、どんなに貧しくても楽しめるものではありません。
その点、サッカーは偉大です。国境を越える、世界のメジャースポーツです。
今年から歴史と伝統ある東京ヴェルディを支援することになり、スポーツの力で社会をより良くする試みを深めます。
さらに、サッカーを通してニュージーランドとの交流を図ります。いずれも、心ときめくエキサイティングな事ばかりです。
今年は酉年ですが、ヴェルディ君の翔く年であって欲しいです」


つい先日は、ニュージーランド・フットボールという、ニュージーランドのサッカー連盟をまとめているサッカー組織を、ISPSハンダがサポートするというニュースを紹介しました。

ニュージーランド・フットボールを国際スポーツ振興協会が支援

そして、すでにケープタウンでインドアフットボールを展開する「ファイブス・フットボール」と、プレミアサッカーリーグに加盟しているムプマランガ・ブラックエーシズ・フットボールクラブを後援していることも紹介しました。 (2016/17シーズンから、チームは買収されてケープタウン・シティ・FCに名前が変わり、プレミアサッカーリーグで引き続き今年もプレーしています。ブラックエーシズとしては、アレックス・ブラックエーシズとして新たに始動し、ISPSハンダはそちらを支援されているようです。)


そして、いよいよ今度は日本のJリーグで活躍する名門「東京ヴェルディ」のパートナーになるんですね。

サッカーが、世界のメジャースポーツであることはいうまでもありませんが、スポーツの力で社会をより良くするという国際スポーツ振興協会の目的にあっているのでしょうね。
南アフリカでは、貧しい子供たちがサッカーをすることで、犯罪率が激減することがはっきりと示されているそうです。そして、サッカー選手の言うことにはよく耳を傾けるそうなので、子供たちへのエイズ予防などの、健全な教育にも役に立ってるようです。

日本では、どのような貢献を考えてあるのかわかりませんが、きっと驚くようなことをされるかもしれませんね。いつも深見東州さんには驚かされますから。

そして、東京ヴェルディの今年の活躍を期待してます。応援しますね。






















深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会は、ニュージーランドでも、スポーツ活動の支援をしてきました。これまでに、ISPSハンダ・ニュージーランド女子オープン(2012年〜)、ISPSハンダ・ニュージーランドオープン(2016年〜)、の2つのナショナルオープンの冠スポンサーとなっています。また、ニュージーランド・オリンピック委員会とニュージーランド・パラリンピック委員会にも今年支援されました。
ニュージーランド女子オープンの開催では、クライストチャーチでの巨大地震による被害の後で、クライストチャーチの復興に主導的役割を果たしたと言われています。

そして、今度はニュージーランド・フットボールを支援するというニュースがありました。

New Zealand Football is pleased to announce ISPS Handa as a new funding partner for the sport for the next three years


CzGP8UNVEAAtvXy



ニュージーランド・フットボールというのは、ニュージーランドのサーカー組織で、ニュージーランドに7つあるサッカー連盟の監督を行い、代表チームを編成したり、国内の男女リーグ戦の運営や、チャサムカップなどのトーナメントの運営を行っているそうです。2007年まではニュージーランドサッカーという名前だったようです。FIFAにも加盟する、ニュージーランドのサッカー協会の役割を果たしてきた組織と思えばよさそうですね。

ニュージーランドのサッカーについて調べてみると、オールブラックスで有名なように、国内では国技ラグビーが最も人気があり、それにクリケットが続き、サッカーには優秀な人材がこないと言われていたようです。クラブに所属する選手も大半は別に仕事を持っているセミプロかアマチュア選手で、ヨーロッパでプレーする選手も少ないようですね。
それでも2010年のW杯には2度目となる出場資格を勝ち取り、本戦でも決勝トーナメントへの出場こそ逃しますが、世界チャンピオンのイタリアと1-1で引き分けるなど予想外の大健闘をしたそうです。ちなみに、チームの愛称はラグビーのオールブラックスに対して、オールホワイト(上下白一色のユニフォームなので)と呼ばれているそうです。また、試合前にユニフォームを脱ぎ捨て、ハカ(マオリ族の民族舞踊)を踊る事もあるそうです。深見東州さんも、よくゴルフ場でされてる映像が残ってますけどね。



その後、ここ数年では、ラグビーやクリケットに負けないほど人気が出て、小学生レベルでは競技人口が最も多くなっているそうです。

オーストラリアがオセアニアを脱退してアジアに移ったため、オセアニア地区では最強チームになっているそうです。FIFAランキングでは、100位前後のようですね。日本やオーストラリアは50位前後です。


そんなニュージーランドのサッカースポーツを支援されることになったんですね。
国際スポーツ振興協会は、営利を追求する企業ではないので、費用対効果なども関係なく、その社会に対して有意義なものであるかを大事にされているように思います。

数年前から、南アフリカでもサッカーの支援を始められました。ケープタウンでインドアフットボールを展開する「ファイブス・フットボール」と、プレミアサッカーリーグに加盟しているムプマランガ・ブラックエーシズ・フットボールクラブを後援し、社会的投資を行われています。
深見東州さんは「ファイブス・フットボール」のアダム・ファイン氏から、サッカーが、南アフリカでいかに貧しい人々の教育に貢献しているのかを聞いたそうです。それで、南アフリカでサッカーがどれほど重要な位置を占めているのかを理解し、支援を決めたそうです。子供達はサッカーをするようになると、薬物使用や犯罪率が下がり、学校の成績も良くなるそうです。

そして、ムプマランガ・ブラックエーシズの選手にも、地元の子供達に良い教育をしてくれるように頼んでいるそうです。サッカー選手は子供達のヒーローであり憧れなので、先生がいうよりも効き目があるそうです。

そのように、この二つの団体は、スポーツのユニークなアプローチを通じて、人間性の最も善良な性質を引き出しているそうです。

深見東州さんは、スポーツが果たす決定的で、かつ奇跡的な役割に注目されています。スポーツは教育的、文化的障壁を打ち破り、ばらばらになった人々を一つにし、協力し、発展させ、さらには世界中のコミュニティを結び付け、平和をも推進すると言われてきました。

そのようなスポーツの持つ力により、ニュージーランドにも、良い影響があると良いですね。








































ISPSハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフが、いよいよ24日から始まります。出場選手の変更や、テレビ放送の時間、直前の情報などをまとめてみました。

まず、大会の冠スポンサーである「ISPSハンダ」ですが、こちらは深見東州(半田晴久)さんが会長を務める、一般社団法人国際スポーツ振興協会のことです。
国際スポーツ振興協会(ISPS)とは、世界中でスポーツを通じた慈善事業を遂行するために、深見東州(半田晴久)さんによって2006年に設立されました。主な活動として、世界中のゴルフ統括団体とパートナーシップを結び、ゴルフ大会の主催の他、あらゆる面でゴルフ競技の発展のために支援されています。また、ブラインドゴルフの世界的な支援などの社会福祉活動や、野生動物の保護活動も推進しています。そして、毎年スポーツ平和サミットを、東京やロンドン、ニューヨーク国連本部など、各国で開催し、スポーツ界の若いリーダーやベテランたちによる意見交換などにより、スポーツの持つ力を最大限に広げていくための様々な活動に繋げています。

2f62a1dde73673665c355a37b819dbf5

3度目の優勝がかかるチームジャパンの松山英樹選手と石川遼選手ですが、PGAツアーの公式サイトが出すパワーランキング(優勝予想番付)では2位になっているそうです。出場選手中最高の世界ランク6位ですし、直近5試合で5位、優勝、2位、優勝、優勝という松山選手が評価されているそうです。また、石川選手も調子を上げてきているとの評価だそうです。そして1位は、やはり地元、アダム・スコットを擁するオーストラリアチームだそうです。

本日早朝、福島沖で大きな地震が発生し、津波も観測されましたが、東北出身の松山選手もそのことを意識して気遣っているそうです。ただ、日本を背負うことを意識し過ぎでもよくないということで、あまり考えすぎずにいきたいということでした。


今回、大会が開催されるキングストンヒースGCは、評価がとても高いコースで、タイガー・ウッズによると、「このコースには本当に多くの異なる選択肢がある。ティグラウンドで、そしてグリーンの周辺でもだ。多くのゴルファーがキングストンヒースを絶賛しているし、私にもそれがなぜだか分かる」と評しているそうです。


<テレビ放送予定>

ゴルフネットワーク(生中継)
【初 日】
11月24日(木)10時〜15時(最大延長16時30分まで)
【2日目】
11月25日(金)10時〜15時(最大延長16時30分まで)
【3日目】
11月26日(土)10時〜15時(最大延長19時まで)
【最終日】
11月27日(日)10時〜15時(最大延長19時まで)


BSスカパー!(ダイジェスト)

11/24放送分 
11月24日(木) 午後8時〜午後9時 / 11月25日(金) 午前8時〜午前9時 ゲスト タケ小山(ゴルフネットワーク ゴルフW杯中継解説者)

11/25放送分 
11月25日(金) 午後8時〜午後9時 / 11月26日(金) 午前8時〜午前9時 ゲスト稲村亜美(ゴルフW杯応援サポーター)

11/26放送分 
11月26日(土) 午後8時〜午後9時 / 11月27日(日) 午前8時〜午前9時

11/27放送分 
11月27日(日) 午後8時〜午後9時 / 11月28日(月) 午前8時〜午前9時 ゲスト丸山茂樹(2002年W杯優勝) 

BSスカパー!(BS Ch.241/プレミアムサービス Ch.558)はスカパー!を契約中の人なら、24時間無料で視聴できるチャンネル)



<出場チーム(選手)と初日の組み合わせ>

1組     日本時間午前8時30分(現地時間午後10時30分)ティーオフ予定
インド      SSP・チャウラシア、S・チカランガッパ
マレーシア   ダニー・チア、ニコラス・ファン
2組
フランス    ビクター・デュビッソン、ロマン・ランガスク
台湾      C・T・パン、チャン・シーチャン
3組
ベネズエラ   ジョナサン・ベガス、ジュリオ・ベガス
ポルトガル   リカルド・ゴウベイア、ホセ・フィリペ・リマ
4組
オーストリア  ベルンド・ウィースバーガー、マーティン・ウィーグル
ドイツ     アレックス・チェイカ、スティーブン・ジェイガー
5組
ウェールズ   スチュアート・マンリー、ブラッドレイ・ドレッジ
カナダ     デビッド・ハーン、アダム・ハドウィン
6組
南アフリカ   ジャコ・ヴァン・ジル、ジョージ・クッツェー
フィリピン   ミゲル・タブエナ、アンジェロ・キュー
7組
中国      呉阿順(ゴ・アジュン)、李昊桐(リー・ハオトン)
オランダ    ヨースト・ルーテン、ダリウス・ファン・ドリエル
8組
スウェーデン  アレクサンダー・ノレン、デビッド・リングマース
デンマーク   ソレン・ケルドセン、トービヨン・オルセン
9組
韓国      アン・ビョンハン、金庚泰(キム・キョンテ)
タイ      トンチャイ・ジェイディ、キラデク・アフィバーンラト
10組
オーストラリア  アダム・スコット、マーク・リーシュマン
アメリカ     リッキー・ファウラー、ジミー・ウォーカー
11組
イングランド   クリス・ウッド、アンディ・サリバン
イタリア     フランチェスコ・モリナリ、マッテオ・マナセロ
12組    日本時間午前10時30分(現地時間午後12時30分)ティーオフ予定  
日本       松山英樹、石川遼
ニュージーランド ダニー・リー、ライアン・フォックス
13組
スペイン     ラファエル・カブレラ・ベロ、ジョン・ラーム
ベルギー     トーマス・ピータース、ニコラス・コルサーツ
14組
スコットランド  ラッセル・ノックス、ダンカン・スチュワート
アイルランド   ショーン・ローリー、グレアム・マクドウェル



























8日から10日にかけて、深見東州さんが会長の国際スポーツ振興協会が長年支援されてきた、2つのブラインドゴルフの大会が行われました。初日は日本ブラインドゴルフ協会主催による「外務大臣杯・文部科学大臣杯2016第13回ブラインドゴルフ ジャパンオープン チャンピオンシップ」が、埼玉・森林公園GC開催され、海外招待選手を含めて160人が参加したそうです。

18ホールのステーブルフォード競技で行われ、イタリアのステファノ・パルミエリ選手が優勝し、文部科学大臣杯を授かりました。ステーブルフォード競技とは、基準のスコアがあって、そこから打数の増減ごとにポイントが決められていて、そのポイント数の獲得によって勝敗を決める方式です。

その中でカテゴリー別のB3部門では、渡辺宣利さん(宮城県)1位、石山雄大さん(東京都)2位と、好成績を残されてました。

そして、ポイントではなく、最も少ない実際の打数で回ったベストグロス賞は、カナダのデレック・キブルホワイト選手で、外務大臣杯を獲得しました。

【ブラインドゴルフ】ジャパンオープンに海外招待選手ら160人参加
6d7c05c15b1c9430f87707b591aabec4-300x204



表彰式の写真にイギリスの美人ゴルファーのチャーリー・ハル選手の姿が見えますね。この大会のために来日しているのでしょうか。前回の大会では、アメリカのナンシー・ロペス選手と、ウェイン・グラディ選手がゲストとして来日していました。


続く9日、10日の2日間は、世界ブラインドゴルフ協会主催による「2016ISPSハンダ・ブラインドゴルフ世界選手権」が、開催されました。隔年の、各国持ち回りによる開催で、日本では10年ぶりの開催になりました。

そして、こちらは日本の唐澤俊生さんが優勝しました。すごいですね、日本人で初めてではないでしょうか。5位にも石山雄大さんが食い込んでます。
総合129ポイントで、逆転優勝とありましたので、こちらもステーブルフォード競技で行われたのではないかと思います。

「初日にブラインドゴルフのベストスコアが出て良かったと思っていたら、2日目はもう1打縮められた。これ以上は欲張りかと思っていたけど、まさか優勝できるとは」と話されていたそうです。ちなみに初日は3位だったそうですから、見事な逆転勝利ですね。おめでとうございます。

世界ブラインドゴルフ協会名誉総裁である深見東州(半田晴久)さんから、副賞のかぶととグリーン羽織が贈られたそうです。最近、かぶととグリーン羽織がよく出てきますね。日本での国際大会開催でしたから、日本らしさのあるものを贈られているのかもしれません。

【ブラインドゴルフ】「ISPSハンダ・ブラインドゴルフ世界選手権」唐澤さん逆転優勝 初の世界王者

それから2位になったジェレミー・ポインスノット(イングランド)選手は、WEB上にもたくさん情報がありました。2010年と2012年の世界ブラインドゴルフ選手権のチャンピオンだったようですね。とてもハンサムな青年です。この動画を見る限りでは、まるで普通に目が見えているような錯覚に陥りそうですね。



10代で、 難病により突然目が不自由になりながらも、ブラインドゴルフのチャンピオンになったり、難病の研究のためにも活動しているようですね。日本では聞きなれない言葉ですが、インスピレーショナル・スピーカーと紹介されていましたので、自らの体験から、人々を感動させ、鼓舞するような話をされるのでしょう。こちらに動画がありました。

この「タイム・フォー・チェンジ」は、10月24日から、南アフリカで開催されるワシントン条約(CITES)締約国会議に先駆けて開催されたものだそうです。

Tuskという団体は、ウィリアム王子をパトロンとする慈善団体で、アフリカの野生動物の保護などの活動を行っているそうです。

現代では、密猟や違法取引によって、複数の野生生物が絶滅の危機に瀕しているそうです。そのことを世界の人々に知ってもらい、問題の解決を訴えた内容だそうです。

そして今回は、東京とロンドンとヨハネスブルクとを衛星中継で結んで開催されたようですね。



ロンドンからは、ウィリアム王子が中継で出演されたそうです。これは基調講演でしょうか。
YouTubeに動画が投稿されています。



この講演の中で、象牙の違法な取引のために、野生の象が絶滅する危機を迎えてはならないと、ウィリアム王子は訴えたそうです。

今のペースで違法な密猟が続くと、娘のシャーロットさんが25歳になる頃には、野生のアフリカゾウは消えてしまうと言われています。なんと15分ごとに一匹が殺されている計算になるそうです。そのため、2007年から数が3分の1以下になったということです。

東京のパーティーでは、深見東州さんが会長をされる国際スポーツ振興協会が主催されてますが、英国の皇室の方たちとも親しいですし、協力してこの問題に取り組まれているのでしょうか?

これまでにもハリー王子と、レソト王国のエイズ撲滅のためのサンタバリーという慈善団体において、協力されてきました。また、ハリー王子が提唱して始まった傷痍軍人のためのスポーツの祭典、「インビクタス・ゲーム」でも協力されていました。20年くらい前から、エリザベス女王がオーナーの英国王立盲人協会に支援されてましたし、そこの副総裁に、日本人でありながら就任されています。

他にもいろいろなチャリティにおいて、英国王室の方達と協力して活動されているようですね。それで、ロイヤルファミリーの方たちと、とても親しくされているのではないかと思います。



東京のパーティーには、元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんや、フィギュアスケーターの安藤美姫さんたちも出席したそうです。

安藤美姫:黒のノースリーブワンピ姿で登場 「動物保護」に母の顔見せる





このパーティーの様子が、「絶滅危惧種の未来に向けて〜タイム・フォー・チェンジ〜」というタイトルで、ナショナル ジオグラフィックチャンネルにて放送される予定です。
11月の日曜朝10:30〜11:00(4回)


また、国際スポーツ振興協会の提供で「特集:絶滅危惧種を救え!」という番組が、同じくナショナル ジオグラフィックチャンネルにて、以下の予定で上映されるそうです。
 

11月6日(日)朝9:30〜10:30「象牙取引の悪しき真実」
11月13日(日)朝9:30〜10:30「シベリアトラを救え」
11月20日(日)朝9:30〜10:30「一角サイを守れ!」
11月27日(日)朝9:30〜10:30「オランウータン 最後の楽園」


こちらは24日の夕刊フジに掲載されたものです。

IMG_3413



深見東州さんも、このレセプションで、「象牙製品などの合法的な取引が、密漁の隠れ蓑となっている。(野生動物が)絶滅の危機に瀕していることから、目をそらしてはならない。Tuskを応援します」と、この野生動物保護に関して、Tuskと理念を共有され、賛同されています。

また新たに、地球の自然環境に貢献する活動へと、今年は広がっていくのでしょうか。助けが必要なのは人間だけではないですよね。自然や生き物たちとも共存していかないと、結局は豊かな社会にならないように思います。私もぜひ、この活動を応援したいと思います。

↑このページのトップヘ