深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

戸渡阿見

深見東州さんは10年前に、小説家としてデビューされました。

最近、新作の短編小説集「おじいさんと熊」が刊行されましたので、過去の小説も含めて紹介しようと思います。

03117


ちなみに深見東州さんが詩集や小説を書く時は、戸渡阿見というペンネームを使われます。深見東州という名前もペンネームですけどね。本名は半田晴久さんですから、3つの名前を使い分けていることになりますね。

なぜそうするのか、その理由を、こちらに書いてます。なるほどという理由がありました。

深見東州さんが3つの名前を使い分ける理由



記念すべきデビュー作は、今からちょうど10年前の、2007年9月に刊行されました。

「蜥蜴」というタイトルと、深紅の表紙がとても目を引きました。そして中身も、ある意味とても斬新な小説だったと思います。ファンタジーとSFが混じったような、なんとも不思議な物語が、ふんだんなギャグの言葉遊びと、素朴な児童文学を読んでいるかのような表現で書かれていました。でもユーモアの中にも、スッと心に響いてくる文体も魅力で、とてもメルヘンな詩情に溢れていました。

なかなかこのような小説にお目にかかることはできませんね。わかりやすい表現だから、簡単に書けそうに思えますが、真似して書こうと思っても書けるものではないと思います。ましてやストーリーになると、戸渡阿見さん以外には思いつかない内容だと思いますね。

その独特な世界は、2作目も、今回の3作目になっても全く変わっていませんでした。いよいよ唯一無二の世界へと深化しているように思いました。

そして、こちらは朗読CDも発売されています。声優の玄田哲章さんと、小山茉美さんのお二人によるもので、声も素敵なんですが、目の前に情景が浮かんできて、何度も吹き出してしまいました。

tokage


2作目は、2008年の10月に刊行されました。
「バッタに抱かれて」というタイトルで、鮮やかな黄色の表紙でした。

一作目も、かなり話題になったと聞いてますが、2作目の短編小説集は、日本図書館協定選定図書にも選ばれました。

2作目もまた愉快な内容ですが、よりシュールさが増したようにも思います。そして、ギャグが少なめの作品や、ちょっぴり泣けてしまうピュアなラブストーリーもありました。
さらに長編小説のような鑑賞解説がついているのも特徴になっています。それが唸らせるような、ためになる内容なので必見ですね。

img_shosetsu_batta



そして3作目が、2017年2月に刊行されたばかりの「おじいさんと熊」になります。2作目から随分と年月が経ちましたけどね。おそらく内容は、かなり前からできていたのではないかと思います。すでにこの短編小説の中の多くは、明るすぎる劇団東州の定期公演で上演されていましたから。

演劇は、芝居というまた別な楽しみがありますが、それを小説で読むと、また全然違う面白さを感じますね。ギャグの面白さは、むしろ活字の方が私はストレートにきますね。短い作品なんですが、文体にリズム感があってノリが良いので、思わず引き込まれ、気がついたらおかしくて吹き出していました。


戸渡阿見さんのどの作品にも言えることですけど、読んだ後にあったかい気持ちになりますね。何か優しくて、前向きな気持ちにもなります。ベストセラーになる小説の中には、読むと暗い気持ちになるものもありますが、戸渡阿見さんの小説は、シュールな世界ですけど、どれも明るくポジティブな気持ちになれるのも私が大好きなところの一つになってます。
そして、純真な少年少女のような気持ちになれるのではないかと思います。そういう世界観が嫌いな人にはオススメしませんが、何度も読むと、大人になって忘れかけていた大切なものを思い出すと思います。

みすず学苑のホームページはときどき更新されてますが、また新しいコーナーができていました。そこに、深見東州さんの名前の謎が書いてあったのに気がつきました。

私は深見東州さんというふうに、いつも書いていますが、ご存知のように本名は半田晴久さんです。宗教家(ワールドメイト)、あるいは画家、歌手、著述家の時に深見東州の名を使うそうです。演劇、詩人、俳人、歌人、小説家の時は戸渡阿見の名を使い、パスポートを要求される外国での活動、経済人や公益財団の代表、大学教授として講義を行う時、また、外交や経済、医療などのサミットの時には官公庁の要請があり半田晴久という本名を使うというふうに、使い分けているそうです。

なかなか大変ですが、それには、実はもっと深い訳があったんですね。

それは、書店での販売に対応するためなのだそうです。どういうことかというと、34歳で初めて本を書かれた時は、深見東州の前の名前である深見青山だったそうですが、それ以来著述家として、深見東州(深見青山)というペンネームで、いろいろなジャンルの本を書いてきたそうです。ところが書店では、ビジネス書だろうが、教育の本だろうが、深見東州のペンネームで書いたものは、すべてが精神文化や宗教書コーナーに並ぶんだそうです。
そうすると経営の本を書いても、それでは経営の本を探している人が見つけることができないですから、当然、売上に繋がりにくくなってしまいますね。困りますよね。そこで、名前を変えて出すようにされたそうです。すると、小説は小説のコーナーに、ビジネス賞はビジネス書のコーナーに並ぶようになったそうです。

そのように、それまではどんな本を書いても、置かれるコーナーが決まってしまってたそうです。それが名前を使い分けたことで、おくべき場所に分かれて置かれるようになったそうです。これは書店が内容をよく把握してないというのもあるんでしょうけど、深見東州さんのように、全く違う分野の書籍を、しかも複数の分野にわたって書くという人がいないことも、原因だったのかもしれませんね。

ちなみに、現在までに著作は280冊を超え、累計で600万部以上売れているそうです。それ以外に、CDやDVDなどもありますから、ものすごい文筆活動、創作活動になりますね。

それから、もう一つ理由がありました。それは深見東州さんが、能楽師であることにも関係しているようです。一流の能楽師というのは、お面を付け替えるだけで、全く違う役柄になりきることができるそうです。それと似ていて、ペンネームにも、そのキャラや世界があるそうなので、名前を使い分けることで、様々な分野の役柄になりきれるそうです。その方が、創作がやりやすいそうです。

なるほどですね。そういう理由があって、面倒でも3つの名前を使い分けていたんですね。

もっと詳しく読んでみたい方は、こちらからどうぞ

himitsu-01

学苑長の、秘密の一部を紹介します。(その,箸修劉)
http://www.misuzu-gakuen.jp/himitsu/index01.html




IMG_7geki


戸渡阿見(深見東州さん)率いる、明るすぎる劇団・東州定期公演2016が、5月14日、15日に開催されるそうです。たちばな出版のサイトにもお知らせがありました。
場所は、いつもの新国立劇場になります。

ticket_head_concert20160514


昨年は、劇とコンサートがまるで合体したような、とっても斬新でユニークな公演となりました。今回は、いったいどんな公演となるのでしょうか。毎年、一筋縄ではいかないことをされますので、始まるまで何が出るのかドキドキしています。
今回で7回目となりますが、これまでの公演も、少しふりかえってみたいと思います。


明るすぎる劇団・東州定期公演2009

この記念すべき第1回目の公演は、東京と大阪の2か所での公演でした。以後は、東京だけになります。演目はほぼ同じで、深見東州さんによるパントマイムは、2か所で、違うものを披露されていました。

3月18日 IMAホール(東京)
3月21日 サラダホール(大阪)

演目
1.ある沼の伝説
2.蝿
3.広辞林
4.黄金伝説 清拭篇
5.バッタに抱かれて

戸渡阿見(深見東州)団長の幕間パントマイム
犬の散歩、Busu Stop、ニワトリの産卵、ニワトリの鳴きマネ、ジャグラーによるパフォーマンス、イグアナのモノマネ、ウサギとネズミのモノマネ、ダンシングフラワー、セミ
IMG_3110



明るすぎる劇団・東州定期公演2010
4月13日、14日 浅草公会堂

演目
1.風の子
2.地面
3.カフカ
4.白熊

戸渡阿見(深見東州)団長の幕間パントマイム
風にゆれる樹木
カメレオンの食事
TOSHUチャップリンの果物手品
IMG_3110 (1)



明るすぎる劇団・東州定期公演2012
4月20日、21日浅草公会堂

演目
1.人食い熊
2.フランケンシュタイン
3.仲人
4.春が来た

戸渡阿見(深見東州)団長の幕間パントマイム
マネキンのまねキン、東州キャットリン(子猫、若人猫、中年猫、晩年猫、化け猫)
IMG_3110 (2)



明るすぎる劇団・東州定期公演2013
4月13日、14日 浅草公会堂

演目
1.五大聖人
2.最後の手段
3.泡立つ紅茶
4.蝶々夫人

戸渡阿見(深見東州)団長の幕間パントマイム
東州茶っプリンのツーピース(ゴムゴムの手、ゴムゴムの足、ゴムゴムの舌)
東州茶っプリンの筆記用具・文房具(えんぴつ、シャープペン、ボールペン、万年筆、消しゴム、定規、下敷き)
IMG_3110 (3)



明るすぎる劇団・東州定期公演2014
10月11日、12日 新国立劇場

演目
1.黄金伝説〜清拭篇
2.アレー人 (初日と2日目では、ストーリーも出演者も違う)
3.雨
4.広辞林

戸渡阿見(深見東州)団長の幕間パントマイム
妖怪クロック、謎のパントマイム 魚介類篇(黒アワビ、ハコフグ、アワビ、紫雲丹、馬糞雲丹、カレイ、ヒラメ、マンタ、コバンザメ、頬白鮫、ジンベイザメ)
IMG_3110 (4)



明るすぎる劇団・東州定期公演2015
7月4日、5日 新国立劇場

演目
1.南極物語
挿入歌「南極」「雪の降るまちを」「雪国」「ペンギンの歌」「アザラシの歌」
2.民宿
挿入歌「イヨマンテの夜」「北酒場」
3.盛り場
挿入歌「赤いグラス」「ルパン三世のテーマ」「さそり座の女」
4.バッタに抱かれて
挿入歌「I lost my love」「レッツゴーライダーキック」「朝が来たら」「残酷な天使のテーゼ」

戸渡阿見(深見東州)団長の幕間コンサート&ウタントマイム
「知床旅情」「霧の摩周湖」「熱き心」「恋するオトメ」「君は我が運命(You are my destiny)」「おまえに」「君恋し」
カーテンコール
「ヘビーローテーション」「誰も寝てはならぬ(4日は「オー・ソレ・ミオ」)
6kouen


なを、2011年だけは、東日本大震災が発生したため、中止になりました。

そして今回の7回目です。

明るすぎる劇団・東州定期公演2016
5月14日、15日 新国立劇場

演目(予定)
1.団長挨拶(パントマイムあり)
2.残酷な天使のナットウキナーゼ
3.へそ
4.団長挨拶(パントマイムあり)
201604gekidan


ということになっています。

毎年2日間の公演をされますが、初日と最終日では、内容が違うと言われています。深見東州さんのパントマイムの種類が違ったり、時には同じタイトルの演目でも、演出もストーリーも変わることもありました。なので、通のファンの中には、2日間とも見る人もいるそうです。

ところで去年はコンサートのような歌あり、そして劇ありの内容で、団長である深見東州さんの出番が一番多いという忙しさでしたが、今年も演出、脚本、衣装、音楽、パントマイムと、八面六臂の活躍になりそうですね。でも、去年と同じことはされない可能性が高いので、何か新しいことをされるのではないかという気がしています。今年は、ついに演目の中に組み込まれている団長挨拶というのが、曲ものですね。何か企んであるのかもしれません。
また、新作が、2作エントリーされています。タイトルを見ただけですが、笑いを期待できそうな気がしますね。


こちらは、2014年に特別出演されたグレートサスケさんのオフィシャルブログからです。この時は、初代タイガーマスク対グレートサスケの対決シーンがありました。こうやってリハーサルをしていたんですね。
グレートサスケオフィシャルブログ/明るすぎる劇団・東州

そして、こちらの方のブログにも、リハーサルの楽しい写真が紹介されていました。
会長のひとりごと/第5回定期公演 明るすぎる劇団・東州


それからこちら、チンドンコンクールにも出場したことがあるんですね。動画を見る事ができます。なかなかの評判だったようです。
素人チンドンコンクール・平成24年(富山)動画

深見東州さんのラジオ新番組「深見東州のぜんぶ私の歌 ぜんぶ私の話」が金曜日から始まりましたね。
私も聞こうと思いながら、つい聞きそびれてしまいましたが、あとからでも、いろいろ聞く方法があるので助かります。

深見東州さん、本名半田晴久さん、ペンネーム戸渡阿見さんについて、ときどき10人くらいいるんじゃないかとか、架空の人物じゃないかとか言われたりしているそうです。ありえないような、なんでもできる人ですから、誤解を受けやすいんでしょうね

なんでいろいろできるかというと、未完成なままでいいから、ずぅっと止めないで続けて、10年、30年、50年と先生について継続していくことが大事なのだそうです。深見東州さんは、40歳くらいから始められたものが多いようなので、まだまだ、これからもっともっと凄くなるのかもしれませんね。

それから深見東州さんは、室町時代の阿弥のような芸術家を目指されているとのことです。その室町期には、日本の芸術のアイデンティティーがあるとのことです。なので、日本型ルネッサンスともいえる室町期の阿弥の、どこまでも芸術を通して境地や内面性を磨くという生き方を目指しているそうです。いろんな芸術をするんですが、すべて作品はその人の内面性の表れであるという人たちが、好んで阿弥を名乗っていたようです。戸渡阿見というペンネームもそこに由来するそうです。そんなに深い意味がある名前だったんですね。

明るすぎる劇団・東州第6回定期公演が、演劇ブックで紹介されていました。
7月4・5でしたが、昨日のことのように思い出しますね。


IMG_gekida5
演劇ブックOCT.2015p84〜



バカバカしいまでの明るさで人生を照らす作品作りが、観るものの心を温めてくれるという見出しで書かれてます。

バカバカしいまでの明るさ!!ってなにか言い得て妙ですね。その突き抜けたところが、たしかに大きな特徴ですね。

「芝居のコンセプトはシンプル。いい意味でベタにストレートに、笑いと涙で押しまくるステージは、まさにライブの楽しさに溢れている。なによりも、主催者みずからが獅子奮迅し、観客を楽しませようとする思いが、公演のすべて反映して、とりこにしている。」
「劇場のエントランスからすでにコスプレのスタッフが待ち構えていて、子供たちは大喜び。このサービス精神が作品全体に貫かれていて、人に優しくわかりやすく、誰もが入り込みやすい世界が「明るすぎる劇団・東州」のポリシーなのだろう。」

いちいち頷いてしまいますね。

この底抜けの明るさと、わかりやすいようでいて不思議な独特の世界が、なんともいえずミックスして深見東州さんの世界が表現されているのでしょう。本当は想像以上に深い世界なのかもしれません。まだまだ底が見えない、明るすぎる劇団の底知れぬバワーは、来年はどこまでいくのだろうなーと期待がふくらみます。

↑このページのトップヘ