深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

株式会社ミスズ

スイスのゴルフ専用機械式時計メーカーの、ヤーマン&ストゥービのオーナー社長に、半田晴久(深見東州)さんが就任したそうです。

IMG_3983-min


深見東州さんが経営する株式会社ミスズは、昨年ヤーマン&ストゥービの、総輸入元になりました。ヤーマン&ストゥービから積極的な働きかけがあったようです。
ただその時は、別な会社が輸入元になっていたようで、そこがクリアにならないと難しいと言われていたそうです。しかしその会社も、ミスズさんだったら、その方がいいんじゃないかとなって、ミスズが輸入元になることになったようでした。

そして、その後も良好な関係を築かれていたようですが、今回、ヤーマン&ストゥービを買収し、傘下に収められることになったようです。そこの経緯は書かれてませんが、でもその方が良いのかもしれませんね。

深見東州さんは30年近く時計事業に関わりながら、同時に近年は国際スポーツ振興協会においてゴルフ業界との関係もひときわ深くなり、社会貢献に尽力されてきましたからね。深見東州さん以上に、時計とゴルフの両方の業界に深く関わる人もいないでしょう。




(去年のローンチパーティの写真ですね。右から2人目の恰幅の良い方がCEOですね)


ヤーマン&ストゥービについて調べて見ると、無類のゴルフ好きなウルス・ヤーマンさんと、時計の機械設計を行っていたパスカル・ストゥービさんとの出会いから始まったそうです。ヤーマンさんも、もともと機械式時計に理解があり、スコアカウンターを記録できる時計を求めていたそうです。そして2人は互いの夢を語り合うところから始まり、意気投合し、『ヤーマン&ストゥービ』というゴルファー専用の高級機械式腕時計を製造する会社を設立したそうです。

そして、機械式腕時計ムーブメントとゴルフカウンター機構を備えた世界初の高級腕時を発表します。それが2007年のことですから、まだ設立されて10年ほどの新しい会社なんですね。

しかし、翌2008年には、「ゴルフ発祥の地」セント・アンドリュース・リンクスの公式時計を務めるブランドになります。



一番の特徴は、やはりゴルフをしながらホールごとのストローク数をカウントしたり、総スコアを記録したり、プレイしたホールを表示したり、スコアとハンディキャップを比較することができる、機械式ゴルフカウンターの搭載でしょう。その考えつくされた設計は、クロノグラフにも引けを取らない革新的な発明であり、特許を取得しているそうです。

69434b210490556e86b669c69bbaa4c8-1-min




さらに、ゴルフをする時にはめるからには、球を打つ時の衝撃も相当なものになるでしょう。その衝撃から機械式時計のデリケートな内部機構を守る、特別なショック・アブソーバーを開発し備えているそうです。したがって、ゴルフをする時には、『ヤーマン&ストゥービ』以外の機械式時計はしない方が良いと言われているようですね。

ショックに強いといえば、リシャール・ミルと双璧とも言われているそうですが、リシャール・ミルは数千万円という超高額ですよね。こちらは70万から300万くらいの設定になっていますね。



あと、世界的なチャンピオンズゴルファーのクラブを溶かして製造したレジェンド・ウォッチも特徴の一つでしょうね。

これまでに、セベ・バレステロス、ニック・ファルド、ベン・クレンショー、イアン・ウーズナムのモデルがあります。





女性用に作られたシリーズもありますね。






サッカーダイジェストの6月8日号に、東京ヴェルディの特集がありました。メインスポンサーとなった国際スポーツ振興協会や、会長である深見東州さんのことも書いてありました。

付録として、レギュラー選手のポスターも付いてます。

IMG_315-min


J2はかなり混戦模様となってますよね。スペインの知将ロティーナ監督を迎えた東京ヴェルディは、現在のところ、しっかりと上位にいます。

今日、トップのアビスパ福岡が、最下位だった群馬に敗れ、またまた混沌としてきました。1位から22位までそんなに差がないようですね。とても面白い展開です。どこが勝ってもおかしくないという、先が見えない展開になってきましたね。今のところJ1からの降格組の3チームが上位にいますが、4位以下との差があまりない状態です。


怒涛の乱戦を制するのはいったいどこになるのでしょう。深見東州さん率いる国際スポーツ振興協会がパートナーになった東京ヴェルディも、大いにチャンスありだと思いますね。深見東州さんはきわどい勝負に強そうなイメージがありますから。もちろん戦うのは選手と監督なので、チームの底力と、ロティーナ監督の采配に期待してます。


今回の特集号には、「シーズン開幕から快進撃を続け、9年ぶりのJ1昇格を果たすべく、上々のスタートを切った東京ヴェルディ。若手とベテランの戦力が高次元で噛み合い、新指揮官ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督とチームの相性もすこぶるいい。昨季とは明らかに、空気感が違う。」と、ライターさんも書いてました。

IMG_387-min


それから、深見東州さんへのインタビューも載ってました。少し紹介しますね。

まずは、深見東州さんのサッカーへの想いについて。

「サッカーは無限の可能性を持っています。どんなに貧しい国でも貧しい子供でも、ボール1個でサッカーを楽しみ、熱狂できる。例えばチームに入ることによって、教育がない子供でもルールを守り、チームワークを作る。そしてお互いを理解し合い、高い目標を持って自己を練磨していく。最高の教育です」


深見東州さんのサッカーへ取り組む想いは、エンターテイメント的な話題性でもなく、また、スポーツで企業の宣伝をするためでもないんですね。スポーツを通じて社会に貢献し、より良い社会に、という願いが込められていると思います。だから、南アフリカ・プレミアリーグのムプラマンガ・ブラックエイシス(現在FCケープタウン)のメインスポンサーにもなったのでしょう。南アフリカの子供たちを救うために。


日本は、南アフリカとは国の状況が全く違いますけど、東京ヴェルディのスポンサーになった経緯についても語られてます。

「運命を感じました。数年前からスポンサードしてほしいというお話をいただいていたが、メインコーポレートパートナーとなると桁が違ってきます。同じやるなら徹底的にやらないと」


なので、初めのうちは、中途半端になるといけないと思い、断っていたそうですね。そしてついに、何かを感じて決断されたんでしょうね。

では、その東京ヴェルディの魅力については。

「東京ヴェルディは40年を超える歴史と伝統のあるクラブ。なかでも素晴らしいところは、育成システムです。他チームに先駆けて小中高と一貫した指導方法で将来のJリーガーを発掘し、しっかりと育てています。女子サッカーチームを含めてサッカーの底辺を広げ、サッカー人口を増やして育ててきた。一番共鳴したのは、まさにそこです。」


サッカーというスポーツを普及させる東京ヴェルディのシステムと努力に、注目されていたようです。

そして、今季の東京ヴェルディの目標は、もちろんJ1昇格だと思いますが、深見東州さんの視線は、少し違うそうです。

「わたしはJ1で優勝、さらにはクラブワールドカップでも優勝し、賞金を稼いでみんなでロマネコンティを開けるのが目標です。せこい目標ではなく、そういう気持ちで振興しているので、東京ヴェルディさんにもそういう大志を抱く気持ちで頑張って欲しい。」


さらに、

「大砲は目標よりも高いところに撃って初めて的に当たる。ゴルフのロリー・マキロイはメジャー大会で勝ちたいとは言わないし、サッカーのクリスチアーノ・ロナウドもスペインリーグで優勝したいとは言わない。マキロイは歴史に残るゴルファーに、ロナウドは永遠の伝説に残る選手になりたいと言う。だから、楽にメジャーに勝つし、リーグでも優勝するんですよ」


と言うことで、深見東州さんらしい、ふつうじゃない発想ですね。とてもスケールが大きなお話です。そうやって、今まで成功してきた体験と実績があるので、言葉に重みを感じますね。



また、この特集の最後には、6月10日「ISPS DAY」開催の告知がありました。

内容は、名古屋グランパス戦(15時)の味の素スタジアムにおいて、様々な特典やイベントがあるようです。

まず、これまでに、みすず学苑に関わりのあった人は、証明できるものを持参すればチケットが半額になるそうです。さらにファミリーで来場すると、小学生以下は無料だそうです。

当日のスタジアム内に設置される特別ブースに来場すると、株式会社ミスズからの豪華な腕時計が抽選でプレゼントされるそうです。

あと、ユニフォーム型座布団を、スタジアム入場先着3000名にプレゼントされるそうです。

こういうファン感謝デーというのか、スポンサーデーのようなものを、たまにされるんでしょうね。それから、この日の対戦相手の名古屋グランパスは目下首位のチームです。盛り上がると良いですね。

今年1月28日にオープンした、8つの海外ブランドをミックスした直営店舗「HANDA Watch World 西荻本店」に続き、「HANDA Watch World 時計の恋人 キッスは手にして・西荻本店」が、5月27日にグランドオープンするそうです。深見東州さん(株式会社ミスズ社長)が名付けられたのでしょうけど、とても長い、楽しい店舗名になってますね。

IMG_3810


すぐ隣の道になるので、とても近いところに、2つ時計店が揃うことになりました。

気になるブランドですが、株式会社ミスズと取引がある60種類以上のブランドの中から、厳選した品揃えになると書かれてます。


ロンジン、ラドー、ハミルトン、ティソ、ミドー、カルバンクライン、スウォッチなど、スウォッチグループのブランドがメインになるのでしょうか。ニクソンやGショックのようなスポーティーカジュアルな時計も充実していそうですね。元々は、新宿伊勢丹にあった「時計の恋人」がグレードアップしてオープンするということですので、その時のブランドはそのままに、さらにブランドも増え、充実した品揃えになるのでしょう。


メモリジンという、トゥールビヨン搭載でありながら、40万から70万代の価格で販売するブランドも、世界一品揃えしているそうです。「パーペチュアルカレンダー」「ミニッツリピーター」と並んで、機械式腕時計における三大複雑機構の「トゥールビヨン」ですが、だいたいこのどれかが搭載されると1000万円を越えるとも言われてますよね。

それがこの香港最大の時計メーカーとなったメモリジンのトゥールビヨンのおかげで、「トゥールビヨン」の価格破壊になるという批判もあるようです。しかし昨年は、タグホイヤーも、160万くらいのトゥールビヨンのクロノグラフを出したそうです。だんだんトゥールビヨンも手が届く範囲になってくるのかもしれませんね。

それにしても100万円を切るメモリジンは、やはりすごいと思います。もともと父親の会社がトゥールビヨンを製造していて、スイスやフランス、ドイツのメーカーなどに供給していたそうです。それを使って、リーズナブルな価格で時計を制作し、それが今やインフルエンサーとなる時計コレクターから高い評価を受けるようになったそうです。細やかな部分でいうと、数千万のトゥールビヨンとの違いが認められるけども、価格差ほどのものではなく、またトゥールビヨン・ムーブメントの設計・動作に関しては申し分ないという評価になりつつあるようです。
それにしてもこの価格でしたら、あのトゥールビヨンでも、ちょっと無理すればなんとか買えるかなという気分にしてくれそうですね。

pd2-min
メモリジンは、マーベルやディズニーなどともコラボレーションしています。


それから、日本ブランドで初めてトゥールビヨンを発表した自衛隊時計のケンテックスも、50万円代という価格です。こちらも日本一の品揃えになるそうです。防衛省から正式に支給された、ブルーインパルスのエンブレムが入ったモデルなども、常時あるそうです。

深見東州さんの描いた「太平洋のご来光」をモチーフに限定制作された、「太平洋のご来光トゥールビヨン」は95万円でしたが、こちらは完売したようですね。


5月27日13時グランドオープンになるそうです。前回の「HANDA Watch World 西荻本店」の時のように、何かセレモニーをされるかもしれませんね。来場者には、記念品としてオリジナルカレーがもらえるそうです。おそらく、ミスズさんが作っているレトルトものでしょうね。


「HANDA Watch World 時計の恋人 キッスは手にして・西荻本店」

〒167-0053
東京都杉並区西荻南2-17-8 ミスズビル1F
TEL.03-3332-8755

04


すでに営業はしているようです。

ISPS主催のミックスロングランコンペの発展形として、ISPS HANDA・ヤーマン&ストゥービ オーナーズカップが4月24、25日に開催されるそうです。

ミックスロングランコンぺというのは、詳しくは知りませんけど、シニア、若手のプロ、ジュニアの選手、さらに女子プロ、グランドシニアの選手などの混合で開催されてきた、珍しいトーナメントのようです。
毎月のように開催されていたようなので、ひと試合の賞金総額は大きくはないですが、それでもレギュラートーナメントに出場できない選手にとっては、賞金が出る貴重な試合になっていたようです。やはりプロである限りは、コーチなどでお金を得るより、試合に出て賞金を稼ぐというものがないと、プロとしてのモチベーションも上がらないようですね。また、様々なクラスの人たちが同時にプレーするので、公式試合とは違った刺激になる面や、楽しい面があるそうです。

以前、「深見東州のぜんぶ私の歌、私の話」の中でも、そのロングランコンペに出場した選手を取材して放送したものがありました。

国際スポーツ振興協会主催、半田晴久会長のコンペはユニークなものばかり


そして、今回のISPS HANDA・ヤーマン&ストゥービ オーナーズカップというのは、その発展形で開催されることが書かれています。
そのお知らせには、尾崎将司選手の顔が掲載されていました。肩書きには、ヤーマン&ストゥービ アンバサダー、ISPSアンバサダーとなっていますので、深見東州さんの国際スポーツ振興協会のアンバサダーに就任したようですね。ということは、今回出場する予定なのかもしれませんね。

いまさら書くまでもないことですけど、日本男子ゴルフツアーで94勝(うちメジャー20勝)、賞金王が12回はもちろん歴代最多記録で、プロ通算優勝回数113回は世界プロツアーでも最多になる、日本のゴルフ史上最高のプレーヤーの一人ですよね。

それから、同じくISPSアンバサダーである、片岡大育選手、2013年全米プロシニアゴルフ選手権優勝の井戸木鴻樹選手、リオ・オリンピックフランス代表のビクター・デュビッソンも掲載されていますね。
また、最近ISPS契約プロになり、先日のISPS HANDA ニュージーランドオープンで優勝したマイケル・ヘンドリー、そして国内の専属プロの谷原秀人選手、藤本佳則選手、塩見好輝選手など、そして女子も酒井美紀選手らの顔も掲載されています。

男子、女子のレギュラーツアーの現役で優勝している選手や、シニアのトップ選手、海外のランキング選手など、多彩な顔ぶれになっていますね。ここのポスターに登場しているのは一部でしょうから、これ以外にもプロの選手が多数出場するのかもしれません。

isps_2017


この大会の特徴は、まずプロアマ形式になることでしょう。具体的にどのような競技方法になるのかは、このお知らせだけでは、それ以上のことはわかりませんけど、先日のニュージーランドオープンのような大会になるのかもしれませんね。あの時は、世界からセレブたちが出場し、プロと2人でチームを組んで競い合うという、日本には無いユニークな大会でした。海外では珍しいわけでは無いそうですけど。

今回は、ヤーマン&ストゥービの時計を購入した人は、無料で招待されるそうです。共催に、ヤーマン&ストゥービ日本総輸入元の株式会社ミスズがなっていますからね。主催は、国際スポーツ振興協会ですね。
ちなみに、ヤーマン&ストゥービ取扱店舗として、HANDA Watch World西荻本店だけでなく、日本一の時計屋さんと言われるヨシダ時計店や、アイアイイスズ、oomiya大阪心斎橋店、カネミ トアロード店と書かれてますから、スイスの時計メーカーや全国の小売店も巻き込んだ、新しいゴルフトーナメントにるように思います。

そして\2日間の開催ですが、1日ごとに優勝者が決まるそうです。面白いですね、1日だけでしたら、その日調子の良い選手が飛び出すこともあるので、誰にでも勝つチャンスがありそうですね。
そして、プレー後は歌と食事の楽しいパーティもあるそうです。それも先日のニュージーランドオープンでも、大会前にそういうパーティーがいくつも開催されていたそうです。日本ではそのような大会がありませんので、ゴルフツアーを楽しくし、また、ファンを広げツアーを発展させるための参考になるのではないかという声もあったようです。

次々といろいろなアイデアを考え、新しいことを日本のゴルフ界に導入される深見東州さんらしい工夫を凝らした大会になりそうですね。面白い大会になるような気がします。



ヤーマン&ストゥービ公式サイト

「ゴルフ」の歴史は1400年から始まり、「時計」の歴史は1524年から始まりました。ヤーマン&ストゥービは、2007年に設立された スイス・チューリッヒを拠点とする新しいブランドです。 このブランドが大切に考えるのは、 伝統ある「ゴルフ」と「時計」の二要素の統合と、 マス・プロダクトにはないオリジナリティです。
ヤーマン&ストゥービの時計には、 特許取得の機械式ゴルフ・カウンターが搭載されています。さらにゴルフプレイ中の衝撃に耐える構造と 雨天下で使用できる防水性を備えています。 最新鋭の技術によって手作業で作り上げたその製品は いかなるシーンにもふさわしい贅沢さと品格を備え 身につければ「ゴルファーの証」に為るでしょう


イアンウーズナムのモデルもあるそうです。



ヤーマン&ストゥービは、海外のゴルフトーナメントのスポンサーにもなってるようですね。




4

今年の1月に、深見東州さんが会長をされる国際スポーツ振興協会と、みすず学苑や時計のミスズでおなじみ株式会社ミスズが、東京ヴェルディとパートナー契約を結んだことをお知らせしました。以下の記事がそれです。


ISPSハンダ(半田晴久会長)と東京ヴェルディがパートナー契約


みすず学苑の株式会社ミスズ(半田晴久社長)と東京ヴェルディがパートナー契約


新体制発表会やキックオフパーティーも盛大に都内のホテルで開催されていました。その時の映像を、HANDA.TVで見ることができました。上の記事でも紹介しましたけど、深見東州さんの2度の挨拶のスピーチも全部聞けます。また、選手や監督の紹介など、ダイジェスになりますが、見ることができます。

キックオフパーティーの会場では、深見東州さんが男子と女子の選手たちに時計をプレゼントされていましたね。選手たちの喜んでいる姿が映っていました。それからロティーナ監督には、イタリアオペラの歌曲を歌って激励されていました。ロティーナ監督や、それを見ているブラジルの選手の楽しそうに笑ってる姿を見ると、いいムードで盛り上がっているように感じました。



ISPSが東京ヴェルディのメインパートナーに就任 / デイリースポーツ

09846874


半田会長はサッカーの魅力を「無限の可能性を持っている」と語り、「どんなに貧しい国も貧しい子供でも、ボール1個でサッカーを楽しんで熱狂する。サッカーをやることによって犯罪率が減り、ドラッグをやめることもある。チームに入ることによって、教育がない子供でも、ルールを守り、チームワークを作る。そしてお互いを理解しあい、高い目標を持って自己を錬磨していく。最高の教育です」とサッカーが果たしている社会的意義を強調する。
東京ヴェルディからは数年前からスポンサーの依頼があったものの、「中途半端は申し訳ないとお断りしていた」という。だが、昨年ニュージーランドの「チャサムカップ」を、さらに今年はニュージーランドのサッカーリーグのスポンサーになり、「ISPSハンダ ニュージーランドプレミアリーグ」となることも決定。運命を感じた半田会長は「それならば、ヴェルディとニュージーランドの交流と、サッカーのあらゆる可能性を求めて徹底的にやろう」と決意、東京ヴェルディのスポンサーになることを決めたという。



ところで、すでに2017年のJリーグが開幕していますね。ISPSハンダが胸スポンサーになっているので、私も東京ヴェルディの試合が気になってきました。
プロ野球の試合は見に行ったことがありますが、サッカーは一度もない私にサッカーを語ることはできませんけど、時々ブログで試合結果くらいは書いてみようかなと思っています。

とりあえず、第1節の徳島戦に負けたことはニュースで知っていました。そして第2節の昨日は、ホームで今年初の試合でしたので、勝てばいいのにと思っていました。

東京ヴェルディは、ホームである味の素スタジアムでの試合において、昨年8月11日の勝利以降、ずっと負け続けだったそうです。だからよけいに勝たないとこれはマズいんじゃないかと思ってました。なんとか勝利できたので良かったですね。

深見東州さんも味スタの会場に足を運ばれていたとか?
私は行ってませんが、いつになるかわかりませんけど応援に行きたいなと思います。

なにはともあれ、今季初勝利ですし、またホームで7ヶ月ぶりの勝利ですから、サポーターの人たちの喜びもひとしおだったことでしょう。

東京Vの19歳MF井上潮音が今季初先発、ロティーナ監督「僕たちにとってのメッシ」 / ゲキサカ

Gekisaka_210806-210806-fl_1-min



FWアランが3年連続のホーム開幕弾!東京Vが大分に完封勝利でロティーナ体制初白星 / ゲキサカ

J2の第2節が5日に各地で行われた。東京ヴェルディは大分トリニータに1-0で勝利し、今季初白星を手に入れた。前半41分にFWアラン・ピニェイロが決めたゴールが決勝点。アランの3年連続となるホーム開幕戦ゴールでロティーナ監督体制での初勝利を飾った。


ロティーナ監督の話では、前半は互角でいいプレーが出来ていたけど、後半は良くなかったということでした。相手チームの怒涛の攻撃を受けていたようですね。それでも、前半ラストにあげた虎の子の一点を守りきることができたのでよかったですよね。いいプレーをする相手に勝てたという印象だったそうです。


東京ヴェルディ vs 大分トリニータ戦を、ハイライトで観れます。


熱戦でしたね。そしてこれからも長いシーズンが続きますね。優勝目指して熱い戦いを期待しています。
新しい楽しみが増えました。









この柴犬君は、マスコット的な扱いになってきつつありますね。ヴェルディ君が焦ってないといいですけどね。
























ブラジルやスペインの国旗も振られてますね。ロティーナ監督も踊ってます。











↑このページのトップヘ