深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

武道館コンサート

今日は、深見東州単独武道館オリジナルコンサートのマスコミの記事から、評判などを紹介してみます。

はじめに、深見東州さんを紹介するときの言葉が、ますます多彩になってきましたね。以前からある深見東州さんを表す言葉には、「現代のルネッサンスマン」「稀代のエンターティナー」「国内屈指のオペラ(バリトン)歌手」などがありましたが、今回はそれに加え、「総合芸術家」「マルチクリエーター」「芸術全般に活躍する多彩すぎる顔を持つ」など、あらゆるものに精通することを表現した紹介が増えていました。

単に優れた歌手というだけではないことを、取材する人たちも気がつき始めているようですね。この数年間に、深見東州さんのあらゆる活動を取材してきた人なら、そろそろそこに気がつくはずですから。

取材する人たちが、毎回同じ人がするのかどうか知りませんが、様々な活動の全てに密着して取材をしないと、深見東州さんの真骨頂はわかりませんからね。例えば、音楽、絵画、演劇、能、ゴルフ、サミットなど、分野ごとに分かれて取材していたら、その偉大な部分を見落としてしまう結果になるでしょう。

コンサートの評判としては、「まさに変貌自在の歌声だった、音楽の才能を炸裂させた」

「ピアノ演奏のみで歌われたマリアと共にでは、美しいメロディーに涙する人もいた」

「会場に集まった1万2千人、様々な年齢層のファンで溢れかえっていた。どのファンもハッピやTシャツなどの深見グッズで全身を決めており、まるでアイドルコンサート会場のような雰囲気だ」

「どれだけ観衆の心を揺さぶれば満足するのだろう。歌い、話し続けた3時間半。日本武道館を完全に自分のものにした深見は、まさに人間ジュークボックス、全身ギャグマシンだった」

「オリジナルなロック、ジャズ、ポップス、演歌とバラエティー豊かな曲と自在なトークによって、客席は時に熱くなり、時にはしんみり。これぞクラシカル・クロスオーバー歌手の真骨頂と言える瞬間だった」

「観客は、現代のルネッサンスマンの持つ、天衣無縫な歌の世界をたっぷりと満喫した」

「3時間30分、全28曲を休むことなく歌い上げた、深見氏のパワーには驚くとともに感動させられた」

「深見氏は、溢れる見識とユーモアで、その豊かな世界観を武道館の客席に届けた」

などなど、様々な表現で、レポートされてました。


IMG_3DO4
デイリースポーツ2016/7/27


IMG_NN93
日刊スポーツ2016/7/27


IMG_BU5
スポーツニッポン2016/7/28


IMG_3KA6
スポーツ報知2016/7/30



私の感想は前にも書きましたけど、今回の新聞記事の評判を見ていて、そろそろスタジオ録音のCDが待ち遠しくなってきました。ライブをそのままCDにしたものでもいいですけどね。おそらく、かなり完成度の高いCDになると思いますね。完璧な音で歌ってましたから。

しかし、せっかく出すのでしたら、プロモーションをしてくれる人に頼んで出すのもいいんじゃないかと個人的には思いますが、どうなんでしょうかね。私が心配しても仕方ありませんが、そうすると、もっと深見東州さんの歌の素晴らしさを知る人が増えるでしょうけどね。




これで最後になりますが、デイリースボーツの深見東州武道館コンサートの記事を掲載します。


IMG_budou1
デイリースボーツ2015年9月29日


武道館が甲子園球場に、という見出しが関西を拠点にするデイリースボーツらしいですね。深見東州(半田晴久)さんも関西出身ですので、共有する思いがあるのかもしれません。

この記事にもあるように、アンコールの「ルパン三世のテーマ」の時のジェット風船は見事で綺麗でした。けっこう膨らませる途中で、バンバン鳴ってましたから、割ってた人も多かった気がしますけどね。
ところで、この準備している時に、バックに流れていたインスト曲が、深見東州さん作曲の「マッキーミウスとダノルドドッグのマーチ」でした。「ミッキーマウスとドナルドドッグのマーチ」ではありませんよ。ブランドの商標の関係でこんな曲名になったのでしょうね。名前見て笑ってしまいました。


「ルパン三世のテーマ」は野球応援歌の定番ソングでもあるそうですが、とても、かっこいい曲ですね。オリジナル曲はどんなんだったかなと思って聞いてみました。





なかなかいいですね。でも、やっばり深見東州さんの歌は、どう見てもうまいなと思いました。そして持ち歌のように歌いこなされてましたね。

今日から10月ですから、秋が来たかな〜という気分になりますが、温暖化のせいか、まだ残暑気分がどこか抜けてない気もしますね。

今日も、新聞記事を掲載しますが、東京スボーツは、他にないユニークなものを扱ってたりするので、いろいろ目がいってしまいますね。気を取り直して、深見東州さんの武道館コンサートの記事を読んでみました。


IMG_budou0
東京スボーツ2015年9月29日


たった一人で3時間半も歌い続けたと書かれてました。たしかに、冷静に考えると、私だったらカラオケを3時間一人で歌い続けることだって、おそらくできないですね。休憩をはさんでならできるでしょうけども。しかも写真のような、ステージアクションもけっこうありましたし、若く見えるけども深見東州さんは64歳ですからね。2時間くらいなら集中力も緊張感も続くでしょうけど、3時間半もノンストップですから、考えられない体力と精神力ですね。

あと、簡単に1万2千人が熱狂したとか興奮したとか書かれてますが、これも考えたらすごいなと思いました。一人のコンサートのために、全国から1万2千人の人が集まって盛り上がったなんて、簡単にはできないことでしょうからね。武道館やスタジアムを満員にするロックアーティストはたくさんいますが、彼らは、それだけを専門にやってますからね。深見東州さんのような、ほかにいくつも違う分野で活躍しながら、そのひとつでここまでやるというのとは、やはり違うでしょう。

いまさらですが、やはり万能の天才なんですねと、思ってしまいました。

今日はスポーツ報知に載っていた、深見東州武道館コンサートの記事を掲載します。


IMG_budo8
スポーツ報知2015年9月29日


今回のコンサートでは、深見東州(半田晴久)さんのオリジナルソングからも、4曲披露されました。
深見さんは、オリジナルソングのことを、歳をとると他人の歌ばかりではなく自分の歌も歌いたくなるんですよといいつつ、オジジナルソングという造語まで生み出されますが、曲の方はとてもご機嫌なものばかりです。まだCDになってませんので、何度も聞けないのが残念です。

毎回必ずどこかに一工夫をされますが、コンサートの定番となってきたAKB48の「ヘビーローテーション」も、今回はブラスして「フライングゲット」まで歌われました。これがなかなかいい歌で、こっちの方が好きでしたね。あまりAKB48 を真剣に聞いたことはないんですが、いい曲を歌ってますね。

それから記事には、「プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと、世界3大テノールのふたりまで共演を果たすなど、オペラ歌手としての活動が注目される深見だが、その活動はクラシック界だけには止まらない。オペラ以外にも、ロック、ジャズ、ポップス、フォーク、アニメソングまで歌いこなすその実力は、マイケル・ボルトン、ジョー・リン・ターナーなど、米ロックの大御所や、歌手・俳優の小林旭など、大物アーティストたちのお墨付きだ。」と書かれてます。こうしてみると、かえって海外の大物たちの方が、いち早くその才能を評価している気がしますね。日本ではそれを見て、すこし遅れぎみに評価が広まりつつある感じでしょうか。

ジョー・リン・ターナーは、「はじめて半田晴久氏の歌を聴いた時、深みのある豊潤な声と、完璧な音程に驚嘆しました。じっくりと聴くと、彼が歌詞とメロディーに込める、深く繊細な情感が伝わってきます。それはまさに、彼が『本物の歌手』である証だと思います。彼は、歌い手に必要な要素をすべて融合し、ひとつひとつの歌を、本来歌われるべき表現で、リスナーに届けています。私は半田晴久氏の熱烈なファンです。」と絶賛してました。かなり具体的に指摘していますから、本当にそう感じていることがわかりますね。
日本では、海外とか周りの人たちが言い出して、ある程度評価がかたまってきてから、それからみんなが評価しはじめるところがありますよね。なかなかじれったい気もしますね。

先日の深見東州さんの武道館コンサートの様子が、次々と新聞記事になってますので、順番に掲載したいと思います。

まずは、こちらです。


IMG_budo9
サンケイスボーツ2015年9月29日


このサンケイスボーツの記事を書く人は、どなたか知りませんが、いつも臨場感あふれる文章を書かれますね。毎回、記事になるわけではありませんが、なったときは力がこもったいい内容のように思います。時間がある方は、画像だと読みにくいかもしれませんが、拡大して読んでみてください。

ラストで、アリアの最も有名な曲、「誰も寝てはならない」を歌おうとされて、結局は長渕剛の「乾杯」になったのですが、その時のことについて書かれてますね。

前曲からのつながりや、会場のノリノリの状態から、とっさの判断で、選曲をクラシックからニューミュージックに変えられるのは、深見氏でなくてはできない力業だろうと書かれてます。
「深見氏は、バリトンの実力派オベラ歌手であるが、どんなジャンルも上手に歌いこなす。それは深見氏が持つ間口の広さや、包容力がなせる業である。深見氏は歌を含めた芸術や文化、スボーツなど、あらゆるジャンルで多様な価値感、考え方を持ち、それを受け入れる用意がある。もちろん専門分野に軸足を置き、矜持も持ち合わせている。だが、ひとつの尺度にとらわれすぎると、広がりや発展を妨げることも熟知している。
何事も門前払いすることなく、咀嚼してから、受け入れるか否かを決める。そんな寛容さを持ち続ける深見氏だからこそできた、ラストソングの差し替えだったのだ。」

と、なかなかするどい分析が書かれてました。深見東州さんのことを深く理解されてるのでしょうね。 あの時の曲の差し替えには、そんな背景があったんですね。

↑このページのトップヘ