深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

深見東州

J2リーグは、現在第8節まで終了しました。今年から東京ヴェルディと、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会、株式会社ミスズがコーポレートバートナー契約を結びました。
今までは、特に応援しているチームはなかったんですけどね。でも、私も今年からは東京ヴェルディを応援することにしました。と言っても、かなりライト層になると思いますけど。

東京ヴェルディは、日本のクラブの中では、名門中の名門ですし、今年はぜひJ1への復帰が叶うといいですね。深見東州さんは、J1への復帰とか初めから眼中にないようなそぶりで、J1での優勝は当たり前、クラブワールドカップでの優勝ということで、最初から目標にするところが違いますけどね。笑いそうなほど、スケールの大きな目標ですけど、でも、それくらいの心意気を持ってやらないと、なかなか現状を打破することもできないのかもしれませんね。何か最近、そう感じるようになりました。

ところで、年間42試合のうち8試合が終わり、まだ序盤戦というところでしょうけど、現在3位につけています。先々週は1位でした。出足としては、とても良いのではないでしょうかね。5連勝して1位になった時は、WEBニュースや、サッカーファンのコメントなどでも、誰もこんな東京ヴェルディを予想できなかった、などと書かれてましたからね。

10-min


長いシーズン、山あり谷ありだとは思いますけど、この後、かなり期待を抱きたくなる結果なのかなと思いますね。

そんなわけで、とりあえず、これまでの戦いの結果を簡単にまとめておきたいと思います。


35-min





45-min







54-min







00-min







07-min







50-min







59-min







07-min







この後はゴールデンウィークに向かって、群馬、福岡、千葉と対戦が続きます。楽しみです。




深見東州さんは、NACK5のラジオ番組「レオナルドTOSHUの遊びがNight」のパーソナリティーを、2009年4月から3年間務めていました。DJロニさんとの絶妙なコンビの、楽しい番組でした。

その放送とは別に、オリジナルコンテンツとして、「レオナルドTOSHUの年中非日常的ポッドキャスト」「レオナルドTOSHUの年中非日常的ザ・ムービー」の二つのシリーズが配信されていました。

今日はその、「レオナルドTOSHUの年中非日常的ポッドキャスト」の中から、VOL35の内容を紹介します。

リスナーからの相談は、お仏壇の置き方についての質問でした。知ってそうで実は知らない仏壇の様々な知識を、今回は聞くことができました。これは、なかなか日常では教えてもらえないことだと思いますので、参考にしてください。



妻の家庭の仏壇位牌はあるけども、夫の家庭の仏壇が家にないのは良くない?というような質問です。

結論から言うと、妻の家に夫が養子に入ったのであれば問題ないそうです。しかし、そうでないのであれば、あまりご主人にとっては良くないようでした。

それはなぜかは、ぜひ直接理由を聴いてみてください。先祖を祀る仏壇とリアルな現実の生活の関わり合いには、とても興味深いものがあります。
自然な慣習のようになっているものは、それなりの訳があってそうなっているのかなと思いました。




なを、仏壇は東南か東側に向けるのが良いそうです。そして、あまり大きな仏壇ではない方が良いようですね。
言われてみるとなるほどと思える理由ですし、そんなに難しいことではなく、どれもすぐにできそうなものばかりなので安心しました。

深見東州さんは、20世紀最高のプリマと称されるマイヤ・プリセツカヤさんを日本に呼び、自らもバレエダンサーとしてデビューし、共演されたことがあります。かなり前に、「天の安河のうけひ」というタイトルだけを紹介していましたけど、今回は、もう少し内容にも触れてみたいと思います。

直接この公演を見たわけではありませんけど、DVDを見た限りでは、とても楽しい公演だったのではと思います。

19931228_01


脚本、構成、台本、演出は、三方建氏、作曲と指揮は近衛秀健氏、そして横瀬三郎バレエ団を主宰する横瀬氏の振り付けによるものでした。

深見東州さんのお話では、1993年という20年に一度の式年遷宮の年を祝して、伊勢神宮の神様に捧げるために創作したオラトリオ・バレエだそうです。

オラトリオとはバロック音楽を代表する楽曲形式で、宗教的(キリスト教的)なものを題材として、独唱・重唱・合唱・管弦楽のために劇的に構成した宗教音楽なのだそうです。
本来のオラトリオは、キリスト教が題材になるようですけど、それが日本神話に変わり、またオラトリオには演技はないそうですが、バレエが結びついたということで、オラトリオ・バレエというふうに言われたのかもしれませんね。

日本神話の物語がモチーフとなって、舞台が進んでいきます。かなり脚色はされていますが、イザナギ・イザナミから天照大神、須佐之男、月読尊が誕生するところと、天照大神が岩戸に隠れて、再び出てくるシーンが中心になっていました。

19931228_04


美男美女のバレエダンサーもたくさん登場しますから、見てるだけでも楽しいですね。ラストに近いところで、ようやく深見東州さんが颯爽と登場され舞われます。プロローグでは、和太鼓をかっこよく叩かれてました。手力男の神の役で、アマテラス大神を岩戸から連れ出します。ここの部分は、盛り上がりのピークになる部分でした。
40代前半だと思いますが、やはり若いですね。そして、舞台のメークのせいもありますけど、とても舞台映えする顔立ちなんですよね。ダンスもきまってて、カッコ良すぎですね。

19931228_05


そして、岩戸から出てくるアマテラスの役が、マイヤ・プリセツカヤさんなんですが、もう、さすがというしかないですね。出てきただけで感動するものがありましたから。そして、それほど背は高くないと思いますけど、とっても大きく見えましたね。それに、この時がとても68歳とは思えないほどの美しさでした。激しく舞うシーンはありませんが、優雅で繊細で柔らかな体の動きをたっぷりと見せてくれました。

19931228_07


深見東州さんは、体が柔らかいとは聞いていますが、足も上がるし、跳躍も高さがあるのですごいなと思いました。今は、バレエはされてないと思いますが、このころから何にでも挑戦されてきたんですね。そのことにも感心しました。
とても見応えのある素晴らしい舞台でした。

ほとんど話題になりませんでしたけど、4月2日から5日まで、ISPS HANDA 日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権という大会が日本で開催されていました。

これは、日本高等学校ゴルフ連盟と、韓国中学・高校ゴルフ連盟が共催する日韓の中高生ゴルファーのアマチュア団体対抗戦ということです。2002年に日韓国民交流年記念事業の一環として、それまでの「全国高校ゴルフ選手権春季大会・中学生大会」から名前が変わって始まったようです。

handa_kankoku-min


そして2010年からは、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会がスポンサーになって今日まで続いているそうです。今回で16回目の大会になるそうですが、このようなゴルフのジュニアの育成にも、貢献されていたんですね。

過去の大会には、石川遼や池田勇人選手、宮里藍、横峯さくら、上田桃子、宮里美香、そして現在国際スポーツ振興協会専属プロの酒井美紀選手なども参加していました。

ISPS HANDA 日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権 / 日本高等学校ゴルフ連盟

政治の世界では、日韓は慰安婦問題で大きく揺れていますが、日韓合意を平気で破ってしまう行為にはさすがに呆れましたけどね。とはいえ、そんな時期だからこそ、スポーツや文化の交流を続けていく意味が、一層高くなってるのかもしれませんね。

スポーツは、政治情勢に翻弄されたり、国民感情に左右されることもありますけど、南アフリカのマンデラ元大統領は、ラグビーを用いて人種間の激しい対立感情を融和しました。深見東州さんは、そのことや、自身の体験を引き合いに出されて、「スポーツはばらばらになった人々を一つにし、協力、発展、さらには平和をも推進します」と言われていました。そのスポーツの持つ力を信じて、国際スポーツ振興協会は、今後も社会に貢献する活動を世界で続けていくのでしょう。

ゴルフの4大メジャー、マスターズで、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、残念ながら予選落ちしましたね。日本からは池田選手も惜しいところで予選カットになり、あとは、松山英樹選手だけになりました。

谷原秀人選手は、英国のブックメーカー「ウィリアムヒル」で、マスターズ優勝オッズ81倍という数字になっていたそうです。松山英樹選手の15倍とはかなり開いているものの、「伏兵」の1人として注目されていたようですけどね。世界1位のダスティン・ジョンソンとのマッチプレーで、互角の戦いを演じたのが印象に残っていたのかもしれません。

masters-TITLE2


谷原選手の談話として、「完全にやられました。悔しいです。もう1回出直してこいってことでしょう。今は出直す意欲はないですけど」
「経験不足なんですかね。風に対応しきれない自分がいる。この風の中で自分の球筋、何ヤードまで打とうといったコントロールができない。マキロイとかはできていますから」ということでした。

同組で回ったローリー・マキロイやジョン・ラームは、世界でも屈指の飛ばし屋で、現在上位につけているだけに、力不足と経験不足を感じたそうです。

でも今後は、池田選手ともども、次週開催の米国男子ゴルフツアー「RBCヘリテージ」への出場をエントリーをしているそうです。また、5月末の欧州男子ゴルフツアーのフラッグシップイベント「BMW PGA選手権」にも参戦する予定だそうです。
そのように今年は、国内ツアーと並行して、海外ツアーにも積極的に参加するのかもしれませんね。マスターズ直前の欧州のポイントレース (レース・トゥ・ドバイ) では5位につけていました。

そうやって、海外でたくさんトーナメントをこなして、また来年もマスターズに挑戦してほしいです。


国際スポーツ振興協会会長の深見東州(半田晴久)さんは、海外の一流ゴルファーを、何度も日本に招聘されてきました。彼らは過酷なスケジュールで世界を転戦しているので、どのようなコースでも、どのようなコンディションや気候でも、対応できるというようなことを言われていたように思います。

松山英樹選手は、すでに、そういう選手なのでしょう。谷原秀人選手や池田勇人選手も、今後海外での経験を積むことで、世界のトップクラスになってほしいですね。日本の後輩ゴルファーたちへの良い刺激にもなるでしょうから。



↑このページのトップヘ