深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

深見東州

深見東州さんは、20世紀最高のプリマと称されるマイヤ・プリセツカヤさんを日本に呼び、自らもバレエダンサーとしてデビューし、共演されたことがあります。かなり前に、「天の安河のうけひ」というタイトルだけを紹介していましたけど、今回は、もう少し内容にも触れてみたいと思います。

直接この公演を見たわけではありませんけど、DVDを見た限りでは、とても楽しい公演だったのではと思います。

19931228_01


脚本、構成、台本、演出は、三方建氏、作曲と指揮は近衛秀健氏、そして横瀬三郎バレエ団を主宰する横瀬氏の振り付けによるものでした。

深見東州さんのお話では、1993年という20年に一度の式年遷宮の年を祝して、伊勢神宮の神様に捧げるために創作したオラトリオ・バレエだそうです。

オラトリオとはバロック音楽を代表する楽曲形式で、宗教的(キリスト教的)なものを題材として、独唱・重唱・合唱・管弦楽のために劇的に構成した宗教音楽なのだそうです。
本来のオラトリオは、キリスト教が題材になるようですけど、それが日本神話に変わり、またオラトリオには演技はないそうですが、バレエが結びついたということで、オラトリオ・バレエというふうに言われたのかもしれませんね。

日本神話の物語がモチーフとなって、舞台が進んでいきます。かなり脚色はされていますが、イザナギ・イザナミから天照大神、須佐之男、月読尊が誕生するところと、天照大神が岩戸に隠れて、再び出てくるシーンが中心になっていました。

19931228_04


美男美女のバレエダンサーもたくさん登場しますから、見てるだけでも楽しいですね。ラストに近いところで、ようやく深見東州さんが颯爽と登場され舞われます。プロローグでは、和太鼓をかっこよく叩かれてました。手力男の神の役で、アマテラス大神を岩戸から連れ出します。ここの部分は、盛り上がりのピークになる部分でした。
40代前半だと思いますが、やはり若いですね。そして、舞台のメークのせいもありますけど、とても舞台映えする顔立ちなんですよね。ダンスもきまってて、カッコ良すぎですね。

19931228_05


そして、岩戸から出てくるアマテラスの役が、マイヤ・プリセツカヤさんなんですが、もう、さすがというしかないですね。出てきただけで感動するものがありましたから。そして、それほど背は高くないと思いますけど、とっても大きく見えましたね。それに、この時がとても68歳とは思えないほどの美しさでした。激しく舞うシーンはありませんが、優雅で繊細で柔らかな体の動きをたっぷりと見せてくれました。

19931228_07


深見東州さんは、体が柔らかいとは聞いていますが、足も上がるし、跳躍も高さがあるのですごいなと思いました。今は、バレエはされてないと思いますが、このころから何にでも挑戦されてきたんですね。そのことにも感心しました。
とても見応えのある素晴らしい舞台でした。

ほとんど話題になりませんでしたけど、4月2日から5日まで、ISPS HANDA 日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権という大会が日本で開催されていました。

これは、日本高等学校ゴルフ連盟と、韓国中学・高校ゴルフ連盟が共催する日韓の中高生ゴルファーのアマチュア団体対抗戦ということです。2002年に日韓国民交流年記念事業の一環として、それまでの「全国高校ゴルフ選手権春季大会・中学生大会」から名前が変わって始まったようです。

handa_kankoku-min


そして2010年からは、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会がスポンサーになって今日まで続いているそうです。今回で16回目の大会になるそうですが、このようなゴルフのジュニアの育成にも、貢献されていたんですね。

過去の大会には、石川遼や池田勇人選手、宮里藍、横峯さくら、上田桃子、宮里美香、そして現在国際スポーツ振興協会専属プロの酒井美紀選手なども参加していました。

ISPS HANDA 日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権 / 日本高等学校ゴルフ連盟

政治の世界では、日韓は慰安婦問題で大きく揺れていますが、日韓合意を平気で破ってしまう行為にはさすがに呆れましたけどね。とはいえ、そんな時期だからこそ、スポーツや文化の交流を続けていく意味が、一層高くなってるのかもしれませんね。

スポーツは、政治情勢に翻弄されたり、国民感情に左右されることもありますけど、南アフリカのマンデラ元大統領は、ラグビーを用いて人種間の激しい対立感情を融和しました。深見東州さんは、そのことや、自身の体験を引き合いに出されて、「スポーツはばらばらになった人々を一つにし、協力、発展、さらには平和をも推進します」と言われていました。そのスポーツの持つ力を信じて、国際スポーツ振興協会は、今後も社会に貢献する活動を世界で続けていくのでしょう。

ゴルフの4大メジャー、マスターズで、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、残念ながら予選落ちしましたね。日本からは池田選手も惜しいところで予選カットになり、あとは、松山英樹選手だけになりました。

谷原秀人選手は、英国のブックメーカー「ウィリアムヒル」で、マスターズ優勝オッズ81倍という数字になっていたそうです。松山英樹選手の15倍とはかなり開いているものの、「伏兵」の1人として注目されていたようですけどね。世界1位のダスティン・ジョンソンとのマッチプレーで、互角の戦いを演じたのが印象に残っていたのかもしれません。

masters-TITLE2


谷原選手の談話として、「完全にやられました。悔しいです。もう1回出直してこいってことでしょう。今は出直す意欲はないですけど」
「経験不足なんですかね。風に対応しきれない自分がいる。この風の中で自分の球筋、何ヤードまで打とうといったコントロールができない。マキロイとかはできていますから」ということでした。

同組で回ったローリー・マキロイやジョン・ラームは、世界でも屈指の飛ばし屋で、現在上位につけているだけに、力不足と経験不足を感じたそうです。

でも今後は、池田選手ともども、次週開催の米国男子ゴルフツアー「RBCヘリテージ」への出場をエントリーをしているそうです。また、5月末の欧州男子ゴルフツアーのフラッグシップイベント「BMW PGA選手権」にも参戦する予定だそうです。
そのように今年は、国内ツアーと並行して、海外ツアーにも積極的に参加するのかもしれませんね。マスターズ直前の欧州のポイントレース (レース・トゥ・ドバイ) では5位につけていました。

そうやって、海外でたくさんトーナメントをこなして、また来年もマスターズに挑戦してほしいです。


国際スポーツ振興協会会長の深見東州(半田晴久)さんは、海外の一流ゴルファーを、何度も日本に招聘されてきました。彼らは過酷なスケジュールで世界を転戦しているので、どのようなコースでも、どのようなコンディションや気候でも、対応できるというようなことを言われていたように思います。

松山英樹選手は、すでに、そういう選手なのでしょう。谷原秀人選手や池田勇人選手も、今後海外での経験を積むことで、世界のトップクラスになってほしいですね。日本の後輩ゴルファーたちへの良い刺激にもなるでしょうから。



新学期の季節となりました。
社会人になるとそれほど代わり映えしませんけど、学生時代って、新しい年度になるたびにすごく気持ちが一新したことを思い出しますね。学年が上がるたびに、しっかり大人になっていく気分もありましたけど、先輩後輩の関係がどんどん変わっていくから、気持ちもガラッと変わりやすいのかもしれませんね。

そして進学する人にとっては、大学受験の年になる高3は、将来のことを一層身近に考える年になりますよね。

深見東州さんが経営するみすず学苑のホームページを見てると、そんな高校時代を思い出しました。

深見東州さんの考えでは、甲子園大会の地区予選の決勝のような、人生における、最も大切な試合の一つと思って、高校3年生と浪人の時は勉強に全力投球してほしいと書かれてました。逆にいうと、それだけ受験生には勉強から逃避してしまう人、また、誘惑に負けてしまう人が多いということなのでしょうね。

大学に行けない環境の人や、職業の目的意識がしっかりしてる人は、大学に行かない人生もよき選択だとしながら、いける環境にあるのならば、たとえ部活があってもまず勉強し、少しでも偏差値の高い、いい大学に入ることを考えるべきですと書かれてますね。

もちろん、ある程度の年になってから、がぜん目醒めて大飛躍する人もいるので、必ずしもそれだけがいい人生を送るとは限らないと言うことです。実際にそういう人はたくさんいますよね。

それで、レベルの高い大学を目指して勉強することによって何が良いかというと、就職に有利だからかなと思ったら、社会人として立派になるための、なくてはならない資質が身につくからだそうです。


志を貫く実体験でき、目的を達成するために意志と体力を統合する訓練ができ、気分や感情の浮き沈みを意志の力と知力で制御する訓練ができ、物事をやり遂げる全人的な努力の習慣が身につくそうです。

また、学科や先生の好き嫌いを越えて、嫌いなものでも勉強しなければなりませんから、それが、義務感、責任感、使命感のために、わがままを押さえて前向きに忍耐する訓練になるそうです。

こういう資質が、将来立派な社会人として活躍するために、社会から求められるものなのでしょうね。そして結果として、希望する会社に入社することにもつながっていくのでしょう。

そんなことは、私は高校時代には考えたこともありませんでした。そんな目的を知っていると、もっと勉強も頑張ったかもしれませんけどね。

私はここ数年、深見東州さんの色々な活動に参加し、見てきましたけど、みすず学苑のことに関しては、ほとんど知りません。広告が面白いくらいしか興味ありませんでしたけど、深見東州さんの受験勉強に関するお話は、とても参考になることが多いです。

みすず学苑の授業がどんなものかは知りませんけど、おそらく、そういう学苑長の考え方を反映した、良いシステムになっているのかなぁと思ったりしてます。

C-large-min



それから、株式会社ミスズのホームページが一新されていましたけど、そこにはポリシーとして、マーケット・セグメンテーションということが書かれてました。
みすず学苑は、少人数制予備校のパイオニアになるそうで、その分野で一番になるという戦略のようですね。

「怒涛の合格みすず学苑」は面白く、変わった珍しい広告を行う、少人数制予備校です。成績は真ん中で、明るく楽しく、面白いのが好きで、頭は悪くないが誘惑に弱い、そんな生徒が少人数制予備校に、ふさわしい生徒です。生徒を遊ばせない、というやり方で、難関大学へ93%以上の合格率を誇っています。関東近郊のみに8分校展開し、2千人強の生徒に限定して指導しています。



そんな戦略を知って、高く評価している人もいました。
あのダジャレCMで有名なみすず学苑から、あらゆる学校が広報戦略を学ぶべき理由


ちなみに、昨年度は、理系や医歯薬獣医系を含む、国公立大学、早稲田、慶応、上智、GMARCHと言われる明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、難関女子大の合格率が、選抜クラスで91.07%、標準クラスでは、準難関校を含めて87.2%だったそうです。昨年は医学部受験者が増えて、もう1年浪人しても良い大学に行きたい生徒が増えたため、若干合格率が下がったようですね。

準難関校というのは、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、武蔵大学、日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学、大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学、國學院大学などになるそうです。

商業高校や工業高校、定時制や通信制高校の生徒で、偏差値が30そこそこの生徒が1年間でこれらの大学に合格するのは、都立高からGMARCHに合格する以上の快挙だと言っても良いそうです。そういう生徒も受け入れて伸ばすのがみすず学苑のようですね。

そのようにみすず学苑で伸びる生徒を知っていて、少人数に絞って募集することで、そのような合格実績に繋がっているのかもしれませんね。

合格率91.07%の背景にあるものは、すごいものです。/ みすず学苑ホームページ



それでは、広告に関することが多いですけど、ツイッターから最近の評判を見て見ましょう
























































































東京ヴェルディが調子良いですね。今日の勝利で5連勝、とうとう首位に浮上しましたね。

サッカーには詳しくありませんが、スペインの有名な監督が来ただけで、こんなに変わるのかという声もネットで上がってるようです。
他にも、補強の選手が成功し、活躍しているという声もありますね。

深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会が、今年から胸スポンサーになったので、私も東京ヴェルディのことが気になるし、勝てばいいのになと思ってましたけどね。

シーズン前の予想なんかを見ると、どれを見ても真ん中あたりの予想で、下位争いにはならないだろうけど、上位争いにも絡まないという予想が多かったです。

まだ、ほんの序盤戦ですから、これからが勝負になると思います。

深見東州さんが関係しているチームなので、ゴルフの谷原秀人選手もそうですが、応援したくなりますね。

国際スポーツ振興協会のホームページを見ると、深見東州さんも、ヴェルディのホームに観戦に行き、「ISPS HANDA Presents MAN OF THE MATCH」という名前の、活躍した選手に贈られる賞金でしょうか、授与されていました。

深見東州さんの頭には、ヴェルディくんの被り物が。これをかぶって応援されたのでしょうね。

03


今日の試合、4試合連続得点中のアラン選手のヘディングシュートは幻のゴールになってしまい残念でした。

対戦相手チームのサポーターの声を聞くと、今回だけではありませんが,内容は悪くなかったのに勝てなかった、試合は押していたのに負けた、という声がけっこうあるようでした。東京ヴェルディ側としても、5連勝の中で楽に勝てた試合はないようですし、監督も、こちらに運があったというコメントを、岐阜戦ではされてましたね。それも実力のうちだと思いますけど。
















































↑このページのトップヘ