深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

深見東州

今日まで開催されていた「深見東州バースデー書画展」に関する記事をまとめました。

こちらは、ジャバンダイムズのWEB記事です。

‘Modern Da Vinci’ celebrates birthday with art exhibition

p5-tachibana-c-20170327-1-870x580


夕刊フジには、初日の開幕式のことが書かれていました。

国内外の様々の分野から、深見東州さんと親交を持つ方が毎年集まりますが、今年はやはりジョン・キー元ニュージーランド首相の出席が目を引きました。そのことが、夕刊フジにも少し書かれていました。

IMG_376in
夕刊フジ 2017/3/28

「深見氏は本名の半田晴久名義で国際スポーツ振興協会の会長を務め、3月9日〜12日には男子ゴルフのプロトーナメント『ISPS HANDA NZオープン』を開催したほか、社会貢献活動などを行ってきた。そうして築き上げた関係もあり、書画展で「こんにちは」と日本語で挨拶したキー前首相は、『深見先生のおかげで多くの人が生活を、人生を変えることができました。NZを代表してご尽力に感謝します。』とお礼の言葉を述べていた」(夕刊フジ)

それから、今年は日本を代表する画家の、東京芸術大学名誉教授の絹谷幸二氏も出席していました。

「絹谷幸二氏は、『ハートの強さを感じている。ものすごいエネルギーをもらいました』と、同じ芸術家として深見氏を高く評価する」(夕刊フジ)

他にも、亀井静香衆議院議員をはじめ、各党から幅広く政治家の人たちも出席し、何人かは挨拶にも立たれていました。 
それから、深見東州さんの挨拶に関しても、少し触れていました。

「個展のおかげで大勢の来場者や来賓に感謝ができるとしつつ、『原点に立ち戻りたい』と今年は歌手活動などを一時的に控え、公益活動や本業であるビジネスを中心に展開していくと語った。常に新しいことにチャレンジし、『昨年はえらい一年だった』と振り返った深見氏。何事もバランスが大事だと説くが、同時に『新しいものを始めると同じことを繰り返すよりも時が長く感じている』と言う。」(夕刊フジ)

深見東州さんは、今年66歳になられましたけど、60歳を超えると時間が経つのがとても速く感じられるそうです。一年が3ヶ月くらいに感じるそうですね。しかし、それは同じことを毎年やっているとそうなるけども、去年は、ビジネスにおいて海外の8つの時計ブランドの総代理店だけでなく、ブティックを立ち上げたりしたことで、とても長く感じたそうです。それで、引き続き今年もビジネスの領域を広げようと言うのが今年の抱負だそうです。

私から見ると、毎年色々なことにチャレンジされてきたように思えますけど、去年の時計に関するお仕事は、ひときわチャレンジなものだったんでしょうね。海外のビジネスマンたちとのお仕事も増え、また、ブティックの運営という新たな展開は、今までにないような、大変なご苦労があったのかもしれませんね。


そのことは、日刊ゲンダイの記事にも書かれてましたけどね。また、日刊ゲンダイには、ジョン・キー元ニュージーランド首相の挨拶も、もう少し詳しく書かれてました。

「深見先生は、偉大な仕事を日本だけでなく、世界中でおやりになっていて、多くの人たちの生活や人生を変えておられる。そのことに心から感謝したい。そして、深見先生のように才能があって、寛容なビジョンを持っている人が世界中にもっといればいいのにと思っています。」(日刊ゲンダイ)

IMG_376n
日刊ゲンダイ 2017/3/28

日刊ゲンダイの深見東州バースデー書画展の記事には、深見東州さんに関しての紹介もありました。

「画家、書家、音楽家、小説家、さらには世界を股にかけて活躍する実業家、福祉家と様々な分野でその才能を遺憾なく発揮している異能の人。一言では語ることのできないスケールの大きな人物だ」(日刊ゲンダイ)

また、今回の個展に関しては次のように書かれてました。

「ギャグクリエイターとしても世界的に知られる深見氏だけに、『えっ、絵ですか。しょう、書です。凝ってますね。個展ですから!!!』といういかにも深見氏らしいユニークな副題がつけられた今回の個展には最新作品9点、新作23点に加えて、これまでに深見氏が制作した3153作品の中から特に人気の高い作品150点の合計182点の水墨画、水彩画、アクリル画などを展示。中には開催初日の朝まで制作に勤しんでいたという、まさに本邦初公開の作品もあり、多くのファンは東州ワールドを堪能するとともに、改めて深見氏の魅力を確認したようだ。」(日刊ゲンダイ)


新作が32点というのは、例年の深見東州さんからすると少ない気がしますね。やはり昨年は、色々と新しいことで、えらい一年だったからでしょうね。それでもギリギリまで最新作を9点描きあげられたそうですけどね。


最後に、写真では見づらいですが、深見東州さんが経営する株式会社ミスズから限定発売された「太平洋のご来光トゥールビヨン」というオリジナル時計についても紹介されてました。
この時計は、深見東州さんの絵画の代表作の一つである「太平洋のご来光」と、トゥールビヨン搭載の複雑機械式腕時計による、芸術と機械工芸のコラボ作品になるそうです。
文字盤をキャンパスに見立てることで、「持ち運べる美術館」のコンセプトのもとに制作したそうです。

私も初日に参加した時に、見るだけですけど、しっかりと眺めてきました。絵に凹凸のある重厚な仕上げになってましたね。絵をそのまま時計の文字盤にして、毎日手にはめておけるという発想は、なかなか今までにないものかもしれません。



今年も、ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーが3月24日(金曜日)から4月23日(日曜日)までの予定で始まりました。

ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーは、深見東州(半田晴久)さんが会長を務める世界芸術振興協会と、ニュー・サウス・ウェールズ・デスティネーションの支援により、2012年からシドニー湾に特設ステージを作って上演される、オペラ・オーストラリアによる野外オペラ公演です。

ニュー・サウス・ウェールズ・デスティネーションというのは、シドニー市があるニュー・サウス・ウェールズ州の政府組織で、2011年に設立されました。ニュー・サウス・ウェールズ州における観光やイベントを促進するための支援をしていて、世界クラスのイベントの企画・実施においてシドニーを世界の最前線に立たせるけん引役となっています。
一連のイベントによりシドニーを訪れる観光客は毎年600万人を超えるそうです。その経済効果はおよそ64億豪ドルと推定されています。


オペラ・オーストラリアは、オーストラリアの国立オペラ歌劇団で、シドニー・オペラハウス専属オペラ団体として、世界の10大オペラ団と言われています。ここに2009年から、リンドン・テラチーニ氏が芸術監督として就任します。リンドン・テラチーニ氏は、世界芸術文化振興協会(IFAC)会長の深見東州(半田晴久)さんが、オーストラリアに設立したIFAC-Australiaの会長を務めています。

リンドン・テラチーニ氏は、オペラ団とオーケストラが全世界的に憂慮すべき速度で終わりを迎えようとしているが、我々は変化することができるはずであると語り、オペラ・オーストラリアが生き残るためには変わらなければならないと述べたそうです。また、大胆な演目を選択すれば、批評家達が非難する理由にもなるが、聴衆との真の結びつきをもたらすことになると述べて、より幅広い聴衆に訴える演目を目標にしたそうです。その情熱が、その後シドニー最大の文化イベントとなる、ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーとして結実したのでしょう。
最近の海外の雑誌では、セレブが見るべき世界のイベントの一つとして紹介されたそうです。

第1回目となる2012年は、「ラ・トラヴィアータ」が上演されました。翌2013年には、ゲイル・エドワーズ監督による「カルメン」が上演され、いづれも4万人規模の観客を動員したそうです。オペラ・オーストラリアの「オペラをもっと身近に」のスローガンの下に始まり、あっという間にオーストラリアで開催される最も人気の高い文化イベントのひとつとなり、数々の賞も受賞したそうです。

さらに2014年に上演された「蝶々夫人」は、野外オペラとして高い評価を受け、毎晩3,000人あまりが鑑賞し、大成功を収めました。タイム・アウト誌は、「オペラ・オーストラリアの3年目のハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー公演は世界的な大成功を収め、世界各地で今まで上演された野外オペラで最も壮麗なものの1つ」と評していました。
深見東州さんも、数万席のチケットがすぐに完売したことを言われていましたね。深見東州さんは、オペラ・オーストラリアの名誉総裁にも就任されています。またゲストアーティストでもあるそうです。

そして2015年は巨大な王妃の顔を製作して話題になった「アイーダ」、さらに昨年2016年は、火を噴く巨大なドラゴンが舞台に登場する「トゥーランドット」が上演されました。

2016ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー (Handa Opera on Sydney Harbour)の評判は?

2016年ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー で、トゥーランドットを上演中


そして今年は、再びゲイル・エドワーズ監督による「カルメン」が上演されていました。
カルメンを演じるのは、スペインのカターニャ出身のホセ・マリア・ロ・モナコと、シアン・ペンドリーというメゾソプラノです。


まだ、始まったばかりですが、少し様子を紹介します。
タイトルロールを演じるホセ・マリア・ロ・モナコさんは、小柄な美人メゾですね。




Handa Opera’s CARMEN spells out the opera in fierce red against the backdrop of Sydney Harbour (Performances until April 23rd)

hosh-carmen-17-prudence-upton-photo-10-high-res-768x512



こちらはもう一人のシアン・ペンドリーさんです。
Sian’s bringing sexy back to the opera

414183f7dcb563c92e20bf300edaa14e



毎回、こうやって湾に突き出すようにして、舞台を設営しているようですね。





いよいよ始まるようです。



舞台の間には花火もあるようですね。



IFACや、MAZDAのロゴも見えます。















Trailer | Handa Opera on Sydney Harbour - Carmen

世界ランク上位64人で競う世界選手権シリーズWGCデルテクノロジーズマッチプレーには、日本から松山英樹、池田勇人、谷原秀人選手の3人が出場していました。16ブロックに別れた予選で、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、強豪ジョーダン・スピースを撃破し、2勝1分のグループ1位で決勝トーナメントに進出しました。

それだけでもすごいと思ってましたけど、25日の1回戦では世界ランク16位のポールケーシーを破り、続く準々決勝ではロス・フィッシャーを破ってベスト4に進出するという素晴らしいことになってます。
準決勝は日本時間の今日の深夜、現在世界ランク1位のジャスティン・ジョンソンとのマッチプレーになります。これが事実上の決勝と言えるほどの強豪ですよね。

f-sp-tp2-170326-0003_thum630


谷原秀人選手はマスターズ出場資格を得るため、年明けから出場できる米国ツアーに参加し、世界ランク50位以内を目指してきました。
そして大会直前に世界ランク60位でしたので、今回の試合がいよいよ最後のチャンスだったそうです。最後まで諦め悪くやりますよと、試合前に語っていたそうですが、ベスト8で可能性があり、ベスト4に入れば確実に50位以内となりマスターズに出場できると言われていたそうです。

しかし賞金総額11億以上、優勝者には2億近い賞金が出るWGCマッチプレーには、世界中から強豪が勢揃いするそうです。4大メジャー並みの、世界一を決める大会といっても良い気がする大会ですから、そこでベスト4に入るとは、誰も予想してなかったでしょう。ジョーダン・スピースに勝利して予選通過しただけでも大金星と書かれてましたからね。

谷原選手は、「(海外に)行っていなかったら、ポイントも稼げなかった。こういう風にマスターズに入る日本人はいなかったと思う。『行けたら、こういう例もあるんだよ』と、若手にも見せたかった部分がある」とインタビューで語っていたそうです。

谷原選手が所属する国際スポーツ振興協会の深見東州(半田晴久会長)さんもさぞ喜ばれているでしょうね。松山選手に続き、世界で活躍する日本人選手が育つことをいつも願ってあるように思いましたから。
石川選手が伸び悩む中で、世界の檜舞台で活躍する日本人選手は松山選手だけでしたからね。今回のベスト4進出は、日本には谷原秀人もいるよと、世界にその存在を知らしめることになったように思いますね。そして日本の若いプロゴルファーにとって、それは大きな意味があるように思いました。

まだ、準決勝がありますので、最後まで素晴らしいプレーを期待したいですね。


谷原秀人、07年以来のマスターズ出場が確実に / 日刊スポーツ

f-sp-tp2-170326-0007


◆決勝T1回戦
 ○谷原秀人(日本、60位) 2アンド1 ●ポール・ケーシー(英国、16位)
◆準々決勝
 ○ビル・ハース 1アップ ●フィル・ミケルソン
 ○ジョン・ラーム 7アンド5 ●ソレン・ケルドセン
 ○谷原秀人 4アンド2 ●ロス・フィッシャー(英国、53位)
 ○ダスティン・ジョンソン 3アンド2 ●アレックス・ノーレン





























ISPS主催のミックスロングランコンペの発展形として、ISPS HANDA・ヤーマン&ストゥービ オーナーズカップが4月24、25日に開催されるそうです。

ミックスロングランコンぺというのは、詳しくは知りませんけど、シニア、若手のプロ、ジュニアの選手、さらに女子プロ、グランドシニアの選手などの混合で開催されてきた、珍しいトーナメントのようです。
毎月のように開催されていたようなので、ひと試合の賞金総額は大きくはないですが、それでもレギュラートーナメントに出場できない選手にとっては、賞金が出る貴重な試合になっていたようです。やはりプロである限りは、コーチなどでお金を得るより、試合に出て賞金を稼ぐというものがないと、プロとしてのモチベーションも上がらないようですね。また、様々なクラスの人たちが同時にプレーするので、公式試合とは違った刺激になる面や、楽しい面があるそうです。

以前、「深見東州のぜんぶ私の歌、私の話」の中でも、そのロングランコンペに出場した選手を取材して放送したものがありました。

国際スポーツ振興協会主催、半田晴久会長のコンペはユニークなものばかり


そして、今回のISPS HANDA・ヤーマン&ストゥービ オーナーズカップというのは、その発展形で開催されることが書かれています。
そのお知らせには、尾崎将司選手の顔が掲載されていました。肩書きには、ヤーマン&ストゥービ アンバサダー、ISPSアンバサダーとなっていますので、深見東州さんの国際スポーツ振興協会のアンバサダーに就任したようですね。ということは、今回出場する予定なのかもしれませんね。

いまさら書くまでもないことですけど、日本男子ゴルフツアーで94勝(うちメジャー20勝)、賞金王が12回はもちろん歴代最多記録で、プロ通算優勝回数113回は世界プロツアーでも最多になる、日本のゴルフ史上最高のプレーヤーの一人ですよね。

それから、同じくISPSアンバサダーである、片岡大育選手、2013年全米プロシニアゴルフ選手権優勝の井戸木鴻樹選手、リオ・オリンピックフランス代表のビクター・デュビッソンも掲載されていますね。
また、最近ISPS契約プロになり、先日のISPS HANDA ニュージーランドオープンで優勝したマイケル・ヘンドリー、そして国内の専属プロの谷原秀人選手、藤本佳則選手、塩見好輝選手など、そして女子も酒井美紀選手らの顔も掲載されています。

男子、女子のレギュラーツアーの現役で優勝している選手や、シニアのトップ選手、海外のランキング選手など、多彩な顔ぶれになっていますね。ここのポスターに登場しているのは一部でしょうから、これ以外にもプロの選手が多数出場するのかもしれません。

isps_2017


この大会の特徴は、まずプロアマ形式になることでしょう。具体的にどのような競技方法になるのかは、このお知らせだけでは、それ以上のことはわかりませんけど、先日のニュージーランドオープンのような大会になるのかもしれませんね。あの時は、世界からセレブたちが出場し、プロと2人でチームを組んで競い合うという、日本には無いユニークな大会でした。海外では珍しいわけでは無いそうですけど。

今回は、ヤーマン&ストゥービの時計を購入した人は、無料で招待されるそうです。共催に、ヤーマン&ストゥービ日本総輸入元の株式会社ミスズがなっていますからね。主催は、国際スポーツ振興協会ですね。
ちなみに、ヤーマン&ストゥービ取扱店舗として、HANDA Watch World西荻本店だけでなく、日本一の時計屋さんと言われるヨシダ時計店や、アイアイイスズ、oomiya大阪心斎橋店、カネミ トアロード店と書かれてますから、スイスの時計メーカーや全国の小売店も巻き込んだ、新しいゴルフトーナメントにるように思います。

そして\2日間の開催ですが、1日ごとに優勝者が決まるそうです。面白いですね、1日だけでしたら、その日調子の良い選手が飛び出すこともあるので、誰にでも勝つチャンスがありそうですね。
そして、プレー後は歌と食事の楽しいパーティもあるそうです。それも先日のニュージーランドオープンでも、大会前にそういうパーティーがいくつも開催されていたそうです。日本ではそのような大会がありませんので、ゴルフツアーを楽しくし、また、ファンを広げツアーを発展させるための参考になるのではないかという声もあったようです。

次々といろいろなアイデアを考え、新しいことを日本のゴルフ界に導入される深見東州さんらしい工夫を凝らした大会になりそうですね。面白い大会になるような気がします。



ヤーマン&ストゥービ公式サイト

「ゴルフ」の歴史は1400年から始まり、「時計」の歴史は1524年から始まりました。ヤーマン&ストゥービは、2007年に設立された スイス・チューリッヒを拠点とする新しいブランドです。 このブランドが大切に考えるのは、 伝統ある「ゴルフ」と「時計」の二要素の統合と、 マス・プロダクトにはないオリジナリティです。
ヤーマン&ストゥービの時計には、 特許取得の機械式ゴルフ・カウンターが搭載されています。さらにゴルフプレイ中の衝撃に耐える構造と 雨天下で使用できる防水性を備えています。 最新鋭の技術によって手作業で作り上げたその製品は いかなるシーンにもふさわしい贅沢さと品格を備え 身につければ「ゴルファーの証」に為るでしょう


イアンウーズナムのモデルもあるそうです。



ヤーマン&ストゥービは、海外のゴルフトーナメントのスポンサーにもなってるようですね。




4

深見東州バースデー書画展の開会式に行きました。今回も、すばらしい作品が新たに展示されていました。それはまた紹介したいと思いますが、今回の開会式では、ジョン・キー元ニュージーラント首相が登場するというサプライズがありました。
実は先日、HANDA.TVを見ていたら深見東州さんが、ジョン・キー元首相がISPSとWSDのアンバサダーになりましたとかさらっと言われていたので、気になっていました。

それが昨日わかりました。ジョン・キー元首相は、深見東州さんの活動にとても深い理解を示されていたようで、深見東州(半田晴久)さんが総裁を務める世界開発協力機構のパトロンになったそうです。

ジョン・キー元首相は、昨年12月までニュージーランド首相を8年間勤めてきた人ですよね。それが12月初め、突然辞任すると電撃発表して、そのニュースが日本でも大きく報道されてましたので、知ってる人も多いでしょう。その辞める理由が、家族のためという日本の政治家では考えられないような理由だったので強く印象に残ってました。

「僕が首相としての時間を過ごすために、僕は僕がもっとも大切な存在、家族を犠牲にしてきました。妻のBronaghは1人で過ごす時間が増え、彼女にとって大切なイベントや用事があっても、僕は同席・参加することができなかった。」と書かれてました。

AS20161212002198_commL


2008年11月に首相に選ばれて以来、2011年、2014年と再選され、8年間勤めて高支持率を維持していたので、周りも4期目もするものと思っていたでしょうね。まだ55歳という若さですからね。

オーストラリアのターンブル首相は、「間違いだと言ってくれ」とジョンキー首相にメッセージを送って、「ニュージーランドが今ほど良い状態だったことはない。ジョンが卓越した指導力を発揮した結果だ」と賛辞を贈ったそうです。

そして、その後深見東州さんとの間でこのようなことになったわけですね。
海外サイトでもそのことが報道されていました。

Meet John Key's new boss

深見東州さんのことは、日本の神道の司祭、オペラのバリトン歌手、フィランソロピスト、ビジネスマン、などとして紹介されています。また、フォーブス誌で「日本で最も魅力的な人物の一人」と紹介されたことも書かれてますね。そして、今週、日本に夫妻で来日する予定まで書かれてました。

とても有能な方のようですし、世界中に人脈もあるでしょうから、これからますます世界開発協力機構が推し進める活動が素晴らしくなりそうですね。もともと、伊藤憲一WSD副総裁が言われるには、外交官として18年勤務している間に、いろいろな国でいろいろな日本人がその国の福祉、医療、教育、国際交流などを支援するのを見てきたけども、これほど腰を据えて、本格的なスケールで支援している団体、個人は見たことがなかったそうです。

ジョン・キー元首相も、深見東州(半田晴久)さんがニュージーランドやオーストラリアなどでスポーツ、文化、学術などで幅広く連携しながら支援する活動を高く評価し敬意を持っていたことを、開会式の挨拶を聞いていて感じました。
そのように、お互いに相手のことを素晴らしいと感じていた結果として、必然的に世界の問題を解決するため、協力してやることになったのかもしれませんね。深見東州さんの社会貢献や国際協力に関する活動も、頼もしいパートナーを得て、今年からさらに素晴らしいことになっていくかもしれませんね。


なを、深見東州バースデー書画展の方は、今月いっぱい開催中です。新作の絵画も展示されていて、さらにこれまでの人気作品150点も同時に見ることができました。また新作に関しては、この期間中にもさらに描いて、追加するかもしれないそうです。










サッカーの応援にも行かれていたようですね。







↑このページのトップヘ