深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

秋に燃ゆる国民のコンサート

秋に燃ゆる国民のコンサートが、今年も開催されることになりました。2014年から開催されてますので、今年で3回目になりますね。

まだ、広告やポスターなども出てませんので詳細は分かりませんが、深見東州さんのラジオ番組「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」では少し紹介されてました。

深見東州さんに日本歌曲を歌ってほしいというリクエストがとても多いそうで、「今回のコンサートでは、日本歌曲を私一人で二十数曲歌いまくります」と言われてました。

日本歌曲の夕べということで、みんなが知っている日本の名曲を歌うそうです。これまでも、日本歌曲や童謡などをコンサートでは、よく歌われてました。先日のアンジェラ・ゲオルギューとの共演でも、日本の歌をピアノ演奏だけで歌われました。そんな感じのコンサートになるのかもしれません。


深見東州さんが歌う日本歌曲には、とても定評があります。発音がまず正確ですね。声楽家の人が声楽の歌い方できっちりと日本の歌を歌うと、「う」母音が「お」母音に聞こえてしまう人もいますね。だから、日本語の歌詞の意味と違って聞こえることがありますよね。

深見東州さんの歌う日本歌曲には、そういうことが全くありません。とても綺麗な発音で、日本語を大事に歌っているのが感じられます。

もともと西洋で発達した声楽の技法で、日本語を歌うのは、かなり難しいという話を、音楽をやってる人から聞いたことがありました。

深見東州さんの、日本における声楽の恩師である栗林義信前二期会理事長も、「最終的に歌曲をどう歌うかが、声楽で一番難しい」と言ってたそうです。これは、特に日本歌曲のことだけではないと思いますが、日本の歌はシンプルで美しいメロディゆえに、どのようにそれを表現するのかで、歌の力量が試されるようですね。

ベルカント唱法は、イタリア語にあう発声で発達してきたのでしょうから、その発声で日本語を乗せるとなると、難しさもあるのでしょうか。

しかし、ホセ・カレーラスやドミンゴ、またキャサリーン・バトルなどは、日本歌曲を歌っても最高に素晴らしいと、深見東州さんは絶賛されていました。ということは、日本語であっても、歌い方次第だと言えそうですね。

そういう観点から聴いてみるのも、面白い気がします。


それから、当たり前なのかもしれませんが、何より日本語の歌詞をよく理解した歌い方をされていますね。だから、その歌詞の意味する情感が伝わってきて、情景が浮かぶように感じます。これは、ただ綺麗に歌うだけでは、決してそうはならないと思いますね。

あと、日本語の性質についても、とても研究されていると思います。どうやったらより素晴らしく歌えるのか、日本語の美しさを損なわずに歌えるのか、歌手なら誰でもやってることだと思いますが、そこの工夫に一味も二味も違うものがあるように思いますね。


それから声が美しいことは今さらいうまでありません。そして、声にとても表情があるのですが、かといって押し付けがましくなく、仰々しくなく、他の歌手の声よりも、澄み切った心地よい声に感じます。勇気づけられるし、暖かく包まれてしまうような声なんですよね。


今回の選曲については、まだわかりませんが、明治大正の頃の日本歌曲だけでなく、昭和平成のスタンダードになってるような楽曲も含まれないかなと期待してます。

衣装も毎回楽しませてくれますが、今回は日本歌曲なので和風になるのでしょうか。どのような姿で登場されるかにも期待してます。


20151119064620271

昨年の第3回秋に燃ゆる国民のコンサート



ヘンデルのメサイアは歌詞が英語ですね。ヘンデルはドイツ人なのに何故と思いましたが、この大作を作った時にはイギリスに帰化していたそうです。そして、歌詞もチャールズ・ジェネンズという人が書いていて、ヘンデルはそれに曲をつけたということです。しかもたったの24日で仕上げたというから凄まじいスピードで制作したようです。

このオラトリオという音楽形式は、オペラから演技を抜いたような形式のものだそうですが、テーマもキリスト教に関する宗教的なものになるそうです。なので、アリアあり、合唱ありで、聞き応えがあったのでしょう。しかし、このメサイアはフル演奏だと3時間というから、大変なものですね。今回は半分くらいを歌われたようですが、それでも聞き応えが十分にあったと思います。


もう一つ、「秋に燃ゆる国民のコンサート」の、これで最後になりますが、デイリースポーツの記事を掲載します。(2015年11月20日)
kokumino konsertjpg



しかし、スポーツ紙が中心になって、記事を今回もよく書いていました。
日本では、ここまで多彩な活動する人は皆無でしょうからね。また、社会貢献に取り組む人も少ないでしょうから、それだけ報道する価値があるのでしょうね。

たまにツイッターとかで、何もご存じない人が、マスコミは広告もらってるから記事を書くとか、悪いことは書かないとか書いてますが、それは考えすぎでしょうね。中国ならばありえそうですけどね。ここは日本ですから。
マスコミは、広告をもらっていてもいなくても、悪いニュースも書くし、良いニュースも書いてますよね。しかも深見東州さんの会社は大企業ではないですし、普段広告を載せるような大企業でも、悪いニュースがあれば書かれてるでしょうから、もし、深見東州さんに何か悪いニュースでもあれば、やはり書かれるでしょう。

私には、深見東州さんが創立した宗教法人ワールドメイトを始め、深見東州さんが関わっている組織や会社に何も怪しいことがないから、そしてご本人にも怪しいところがないし、それどころか素晴らしいことを次々されているから堂々と書いているとしか思えません。怪しければ、第一に広告も載せないと思いますけど、どうなのでしょうね。その前に、本当に怪しいのでしたら、ドミンゴやマイケル・ボルトンが共演したり、国内や欧米諸国で、ゴルフのレギュラートーナメントを開催することなども不可能でしょうね。それは間違いないと思います。


第2回秋に燃ゆる国民のコンサートに出演した、オペラ・オーストラリアの若手テノール、ジョン・ロングミュアさんを今日は紹介します。

この方の歌は何度か聴いてますので、私の中ではかなりお馴染みになっています。スコットランド生まれだそうですが、オーストラリアン・オペラ・スタジオを2008年に優等で卒業してます。そのスタジオを深見東州さんが支援されていたので、深見東州さんとは、その時からのおつきあいになるのかもしれません。

その後、2011年、2012年と、連続でオペラオーストラリアのヤングアーティストに選ばれ、色々なオペラに出演しています。日本にも何度か来て、2012年は第1回グランドオペラ「ドン・パスクワーレ」では、エルネスト役を務め、素晴らしい歌と演技を披露しました。
このドン・パスクワーレは喜劇で、とても面白かったことを思い出します。深見東州さんが、タイトルロールを演じ、独り身の老人役で笑いを誘う演技を見せてくれました。笑いはお得意ですからね。映画「ローマの休日」を参考にしたという衣装や舞台もオシャレで、とても見応えがありました。演出は、オペラオーストラリアのチームが行いました。こちらが、その動画です。深見東州さんがチラっと見えますね。

John Longmuir - excerpts from 'Don Pasquale' - Donizetti


そして、2010年には、IFACオペラ「ナブッコ」のイズマエーレ役で出演しています。この時は、メトロポリタン歌劇場でも歌っていたマリー・テ・ハプクさんも出演し、日本で演出されたオペラとは思えないような、素晴らしさがありました。タイトルロールのナブッコ役で、深見東州さんが鬼気迫る演技と歌を披露されました。

オペラ 「ナブッコ」我が愛する地球よ!

4532612108622_1L
ナブッコのDVD

こちらが、その動画です。

John Longmuir - "Che si vuol?... Il maladetto non ha fratelli!" - Nabucco - Verdi


今回は、オペレッタ「微笑みの国」より、スー・ホン王子のアリア『君こそ我が心のすべて』と、「リゴレット」より、マントヴァ公爵のカンツォーネ『女は気まぐれ(女心の歌)』の2曲のアリアを歌いました。やはり、レベル高いです。

あと、スポーツニッポンにも、コンサートの記事が書かれてますので、掲載いたします。(2015年11月23日)
dcc9d28e

深見東州さんの真剣に気合が入った表情もいいですね。




第2回秋に燃ゆる国民のコンサートに出演されたメゾのタニア・フェリスさんを、少し紹介します。素晴らしい歌を聴かせてくれました。

オーストラリア生まれで、西オーストラリア州のエディスコーエン大学で音楽教育の学士をとって卒業し、現在はオペラ・オーストラリアに所属しているそうです。エディスコーエン大学といえば、深見東州さんが、長年の芸術活動と福祉活動の実績を認められ、名誉文学博士を授けられた大学ですね。
2013年には、深見東州(半田晴久)さんが支援する、ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーで上演された「カルメン」に、カルメンの友人のメルセデス役でも出演しています。

2013 ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー「カルメン」



今回は、そのカルメンの中から、「ハバネラ」「セギディーリャ」の2つのアリアを歌いました。

ハバネラは「恋は野の鳥」というタイトルでも呼ばれてますが、誰でも聞いたことがある有名な歌ですね。「あなたが好きじゃないなら、私が好きになる。私が好きになったら、用心することね。」という歌詞どうり、妖艶に歌いました。



こちらは「セギディーリャ」です。


20151119064840834日中新聞
タニア・フェリスさん。とても美人な方ですね。


もう一人の、やはり美人のソプラノのロリーナ・ゴアさんも2曲歌ってくれました。
「ラ・トラヴィアータ(椿姫)」よりヴィオレッタのアリア『花から花へ』と、「ラ・ボエーム」よりムゼッタのワルツ『私が街をあるけば』の2曲です。

動画にゴアさん本人が、椿姫の「そは彼の人か〜花から花へ」を歌っているものがありました。第一幕のラストで歌われる曲で、恋の葛藤に揺れる気持ちをコロラトゥーラを駆使して歌っています。

   
この動画は、深見東州さんが支援されているオーストラリア・シンギング・コンペティションの2013年にゲストで出演したとてのもののようです。ゴアさんも過去、このコンペティションで受賞しているそうです。

20151119064814917日中新聞
ロリーナ・ゴアさん。素敵な方でした。


サンケイスポーツの記事も掲載します。(2015/11/20)
IMG_kokumin (1)

今回のコンサートは、深見東州さんが会長を務める東京芸術財団と国立オペラ・オーストラリアとの共演で開催されました。

15日に開催された、第2回秋に燃ゆる国民のコンサートの記事が出ていましたので掲載します。

IMG_2kokumin
日刊スポーツ 2015年11月19日


深見東州さんの熱唱する姿がいい感じですね。それを微笑んで見つめているタニア・フェリスさんの表情も楽しそうで、いい感じです。深見東州さんが出てくると、みんなを笑顔にしてしまいますね。

今回、深見東州さんは、木村裕平さんのピアノで、日本の有名な唱歌、童謡を数曲披露されました。日本で、昔から親しまれてきたこういう歌は、普段はもう、聞くことがあまりないですが、たまに聴くととてもいいですねぇ。しかも、深見東州さんの哀愁のこもった、しっとりとした低音の魅力と、柔らかい響きの歌声が、歌の雰囲気にとてもマッチしています。こういう歌を歌われると、日本で右に出る人はいないのではないでしょうか。なんだか情景が浮かんでくるようで、ホロっときそうでした。

大貫裕子さんの日本歌曲の歌声も、とても美しくて情緒があり、うっとり聴いてました。衣装も素敵でした。日本のオペラでアリアを歌う時は着物でしたね。和服姿がお似合いでした。深見東州さんは、派手目の鮮やかな色の和風の衣装で、4回ほど着替えられて歌いました。いつもそうですが、衣装も見所の一つと言えますね。

そして最後のメサイアでは、バリッとタキシードで決めて、豊かなバリトンボイスでソロパートを歌われました。オラトリオのような荘厳な雰囲気に、声質がとてもあってる感じがします。何かに圧倒されるような思いで聞いていました。



↑このページのトップヘ