深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

藤本佳則

米国女子ツアーで、野村敏京選手が優勝しましたね。これで米国女子ツアー3勝目になりました。世界のトップクラスが出場していた大会での優勝ですからすごいですね。世界ランキングも17位に上昇しました。

<速報>野村敏京、死闘6ホールプレーオフ制しツアー通算3勝目!/ ALBA

米国女子ツアー「ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウト」はテキサス州のラスコリナスCCで最終ラウンドを行い、トータル8アンダーの単独首位からスタートした野村敏京は強風にも苦しめられ、2バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの“76”でスコアを5つ落とし、トータル3アンダーでフィニッシュ。同スコアで並んだクリスティ・カー(米国)のプレーオフに持ち込まれたが6ホールに及ぶ死闘を制した。



男子では松山英樹選手が世界のトップクラスにいますが、女子では野村敏京選手がトップクラスに一番近い位置にいますね。初優勝は昨年、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会の冠大会、ISPSハンダ・オーストラリア・女子オープンでした。それから活躍し始め、その後すぐに2勝目を挙げたものの、しばらくは優勝から遠ざかっていたので、今回の優勝を機に、さらなる活躍をしてほしいですね。



米国男子ツアーも、松山英樹選手と、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手がチームを組み、最後まで健闘しましたが、最後は32位タイで終わりました。


お互いに刺激を受けた4日間、松山&谷原コンビは32位タイでフィニッシュ / ALBA

今季よりダブルス形式となった米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」の最終日。トータル6アンダー・34位タイからお互いの良いほうのスコアを採用するフォアボール方式で第4ラウンドを戦った松山英樹、谷原秀人コンビは“65”をマーク。7つ伸ばしトータル13アンダー32位タイで競技を終えた。


この大会、リオオリンピックの金銀メダリストのペアや、世界ランク3位と9位のペアなどが予選落ちするなど、波乱含みの大会になりました。それだけペアを組んでプレーするというのは難しいのでしょうね。優勝は、−27まで伸ばした2組によるプレーオフの結果、ヨナス・ブリクスト(スウェーデン)、キャメロン・スミス(オーストラリア)組という全く予想外のペアが優勝しました。

谷原秀人選手はこの後日本に帰国し、少し休みをとるようです。今年の初めから世界各地を転戦して頑張ってきましたからね。なかでもオーガスタ行きを決定した、世界選手権シリーズWGCデルテクノロジーズマッチプレーでの4位は、日本人は松山選手だけではないということを世界のゴルフファンに強く印象付けたように思います。後に続く国内の若手選手たちも、刺激を受けているかもしれません。


その国内のゴルフツアーでは、谷原秀人選手が出場していない間、同じ国際スポーツ振興協会所属の藤本佳則選手と、同アンバサダー契約選手の片岡大育選手が活躍していました。特に藤本佳則選手は、直近の3試合で2位9位2位と安定して優勝争いに絡んでいますね。先週の中日クラウンズでは、1打差で優勝を逃し、2013年以来の優勝にあと一歩及びませんでしたが、今季は、大活躍を期待できそうな感じがしますね。先輩の谷原選手の活躍にも刺激を受けているのでしょうか。

その中日クラウンズは、最終組が18番のところで、1打差内に5人がいるという大混戦になり、大いに盛り上がったようです。最後は、宮里優作選手の劇的なバーディーによって勝負がつきました。こんな試合ばかりだと、国内男子ゴルフも、もっと面白くなりそうですけどね。

宮里優作 劇的バーディパットで選手会長初勝利 / ゴルフダイジェスト

163009


前の組でプレーした藤本、谷口徹と並んで迎えた18番。勝負を決めたウィニングパットも「そうそう入るパットじゃない。とにかくカップ周り50cmにつけよう」という、プレーオフを想定した冷静さが生んだ一打だった。



藤本佳則&谷口徹は惜敗2位「あれを入れられたらしょうがない」/ ゴルフダイジェスト

2打差を追った藤本は14番で初めてのボギーを叩いた直後、15番(パー5)で1.5mのチャンスを活かしてこの日4つ目のバーディ。トップタイに浮上したが、ホールアウト後、プレーオフに備えていたグリーン脇で宮里のウィニングパットを目にし「勝ちたかった…もうちょっとでした。最後、優作さんにあれを入れられたらしょうがない」と苦笑い。4日間安定して60台をマークしたが、2013年シーズン以来となるツアー3勝目はならず「正直、勝てなかったら(好スコアも)意味がないです。次は勝ちたい」と唇をかんだ。






















一昨日紹介した2016ISPSハンダグローバルカップ記者会見のことが、大きく記事になっていました。

前回に紹介してない内容をお伝えすると、今回も、優勝者にはグリーン羽織に優勝兜を用意しているそうです。そして、プレゼンターを、先のサミットでも話題になった忍者と、会場のある羽咋市のマスコットキャラクターである宇宙人サンダーくんが務めるプランがあるそうです。写真を見る限り、ゆるキャラには見えませんし、どちらかというと不気味な感じのサンダーくんですね。なぜ宇宙人が羽咋市のキャラクターなのかというと、これには深い訳がありました。

私が知らなかっただけかもしれませんが、この羽咋市は、昔UFOが飛来していたという伝説が残っているそうですね。そして、高橋乗宣というスーパー公務員が、町おこしをするためにその伝説を取り入れて成功して以来、羽咋市は、今やUFOのまちとして、知るひとぞ知る有名な街になったそうです。

そして、羽咋市のシンボルとして観光名所になった宇宙科学博物館には、数多の本物の宇宙船やUFOにまつわる資料などが展示されているそうです。サンダーくんも、実はそこにいて、肩書きとしては、地球に飛来した時に壊れてしまった宇宙船を修理するお金を稼ぐためにアルバイトしている、という設定だそうです。

深見東州(半田晴久会長)さんが、今回は地域おこしもテーマと言われてましたので、この大会にサンダーくんが登場することで、羽咋市の町おこしに一役買うことになるんでしょう。ということで、羽咋市に観に行く方がいらっしゃれば、この宇宙博物館もついでに見るのもいいかもしれませんね。


IMG_記者0
スポーツニッポン 2016/6/10

それから、写真左下に写っているオーストラリアPGAツアーのブライアン・ソーバーンCEOが、今回のISPSハンダとのパートナーシップ締結に際し、「半田会長を総裁として迎えることをうれしく思う。誠意、情熱、ゴルフに対する貢献が素晴らしい方。今後もツアーを充実させ、選手にチャンスを与えられるようISPSハンダと協力していきたい」と語ってました。
また、今後は、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、パプアニューギニア、ニューカレドニアという5つの国と地域で17トーナメントを開催する予定だそうです。オセアニアの新興国も強力にバックアップし、ゴルフの大会が、どんどん太平洋の島国にも広がっていくんでしょうね。そして、これらの国々は日本とも関係が深いですが、ニューカレドニアやフィジーは、ぜひ行ってみたい人気リゾート地ですよね。

それから、日本ゴルフツアー機構副会長に就任した松井功氏も出席していて、深見東州(半田晴久会長)さんのことを、「私がPGAの副会長だった頃、低迷している時に助けていただいた。ゴルフを通じた社会貢献をなさっている方で、心から感謝している」と、述べられたそうです。日本ゴルフツアー機構は、今年から青木会長という新体制になりましたが、副会長になった松井功氏とは、以前、男子シニアゴルフの支援などを通じて協力されていました。今は、PGA会長に倉本昌弘氏が就任されていますが、男子シニアへの支援も続いています。

谷原秀人選手と藤本佳則選手の顔も見えますね。谷原選手は、去年のこの大会で不本意な予選落ちしましたけど、今年は優勝したいと、きっぱりと意気込みを示していますね。藤本選手はホストプロが優勝するのは難しいんですよと、去年は言ってました。でも、10位とまずまずの上位に入りましたね。今年はどうでしょうか。今年も予選だけは最低通過したいと控えめのようですけどね。

この大会には出ませんが、日本の女子ゴルフツアーで活躍する酒井美紀選手も、深見東州さんの隣に写ってます。彼女は先日の「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」で、2日目までトップでしたが、惜しくも最終日に崩れました。2年前には2勝を挙げ、ホテルオークラで祝勝会も開いてもらってました。それを見に行った人のブログから引用します。

天下のホテル・オークラで祝勝会を開いた 酒井美紀のスポンサーとは? 森田理香子の次にプロの女王を狙うアマ女王・美紀

数々の肩書を持ち、文学博士でもあるISPS半田晴久会長は、一方で世界のゴルフ界にも大きな影響力を持つ″ゴルフ国際大使爐任發△蠅泙后その半田会長にみそめられた美紀は幸せです。出会いは、美紀が高校時代に男女プロにアマチュアを集めて行ったISPS主催のゴルフ大会で豪州西海岸のパースに遠征したときでした。真摯にゴルフに取り組む純朴な美紀にほれ込んだ半田会長は、美紀がプロになって4年目の昨年1月「所属契約」というビッグなプレゼントをしたのです。大きなバックボーンを得た美紀は、めきめきと本来の″強いゴルフ爐鬚澆擦襪茲Δ砲覆蝓∈魑┐魯肇奪廛謄鵤兄邱隋覆Δ腺外味害鵝砲如◆屬△箸禄虱ゾ 廚箸いΔ箸海蹐泙馬咾鮠紊欧討いました。そして今年。6月のアース・モンダミンカップ(千葉・カメリアヒルズCC)で強敵アン・ソンジュ(韓国)とのプレーオフを制してついにツアー初優勝。9月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンでは4打差6位からの大逆転で2勝目と、順調な歩みを始めた今シーズンでした。



写真後列左の中山徹選手は、愛弟子の加瀬秀樹選手をはじめ、室田淳選手など千葉県のプロが集う雑草軍団のリーダーで、プロ仲間からは「大将」の愛称で呼ばれているそうです。深見東州さんから、中山さんは、今までずっと若い選手の面倒を見てきたから、これからは中山さんの面倒を私が見ますよと声をかけられ、感激して、絶対この人についていこうと思ったとか。俠気のありそうな方ですね。


そして、同じく国際スポーツ振興協会所属の塩見好輝選手と中西直人選手は、今日まで開催されていた、「ISPSハンダグローバルチャレンジカップ」に出場していました。しかし残念ながら、予選落ちしたようですね。今日の最終日の結果を紹介します。


中里光之介、初優勝の裏には偉大な先輩からのメッセージ
2016174018702

腰痛の怪我から、休養に専念するため帰国した石川に再会し、LINEを交換したという。
2日目を終え単独首位に立った中里には目に見えないプレッシャーがあったのだろうか、無意識のうちに偉大な先輩へLINEのメッセージを送信していた。「いつも先輩は優勝争いをしていますが、その時はどういう気持ちなんですか?」と。

すぐに返事がきた。「優勝することは大事だけど、優勝に向けて良い緊張感の中でやれることが大事なんだ。その結果、優勝すれば自信になる。負けてしまったら、そこから上手くなるだけ。楽しんで!」幾多の優勝争いを演じてきた偉大なる先輩からの言葉に奮い立たされた中里は、12番でバーディーとすると、4連続バーディーを奪い、一気に2位以下を引き離した。


3月10日から13日まで、ニュージーランドのクイーンズタウンで「BMW ISPSハンダ ニュージーランドオープン」が開催されました。これはニュージーランドで最も権威あるゴルフトーナメントで、深見東州(半田晴久)さんが会長を務める国際スポーツ振興協会は、今回からタイトルスポンサーとなっています。

主催はオーストラレーシアPGAツアーです。そして、日本ゴルフツアー機構の公認大会でもあり、日本ツアーの賞金ランキングには加算されませんが、世界ランキングの対象にはなるそうです。日本選手も今年からは20名と、多数参加していました。クイーズタウンはリゾート地として世界的に有名なところですので、一度は行ってみたいところですよね。こんな観戦&ツアーレポーターも募集していました。



まずはジェットスキーなんでしょうか。はるばる日本から行ってますから選手も楽しまないとですね。私も乗って見たいです。




この大会は、4日間ともプロアマ形式で争うそうです。アマとプロがペアで最終ラウンドまで周るため、予選の2日間はザ・ヒルズGCとミルブルック・リゾートの2コースで分けて開催されたそうです。珍しい大会ですね。ゴルファーはプロアマ大会を、スポンサーやその関係者をもてなすために大事にするそうですが、今回は場所もクイーンズタウンですから、最高のロケーションですね。今回の大会のスポンサーとなる企業の名前が、たくさん連なっていました。

深見東州(半田晴久)さんの国際スポーツ振興協会の場合は、企業の宣伝とは違って、チャリティや社会貢献という目的しかないので、反対にいつも周りをもてなし楽しませてばかりのような気がしますけどね。



こちらはコースではないので練習でしょうか。

こちらは、本番が始まったようです。



相変わらず、どこでも人を笑わさずにはいられない深見東州さんですね。


谷原選手が、今回、3日目に、トップに立ちました。一緒に4日間ペアを組んだ深見東州さん(半田晴久会長)のことを、「笑いを提供してくださったので。優勝争いの中でも楽しいものがありました」と言ってたそうです。緊張しすぎると固くなるので、リラックスは何よりですよね。




最終日も3日目同様、マシュー・グリフィン(オーストラリア)選手とのマッチプレーのような緊迫した展開になったようです。ただ、惜しくも1打差リードで迎えた最終ホールで谷原選手はボギー、対するマシュー・グリフィン選手はバーディーを決め、逆転優勝となりました。谷原選手惜しかったですね。海外ツアーでの自身初優勝、尾崎将司、青木功に続く3人目の豪州ツアー優勝はお預けになりました。



谷原は1打差のリードで、最終18番パー4を迎えた。しかし、2打目をグリーン手前のバンカーに入れ、4mのパーパットも決められずボギーとした。バーディを獲ったグリフィンに逆転でタイトルを奪われ「残念。きょうは3パットが3回でこれに尽きると思う。これがゴルフ」と肩を落とした。
薗田峻輔とマイケル・ヘンドリーが通算14アンダーの3位で続いた。藤本佳則が通算13アンダーの5位に入った。永野竜太郎が通算8アンダー16位、宮里優作は通算2アンダー40位。片岡大育は48位、太田直己は54位で4日間を終えた。ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)



「もう少し伸ばせたと思うと、もったいなかった。ホストプロとしては、やっている限りは勝ちたいという思いもあったけど、残念。マシューが良いゴルフをした」と谷原選手は言ってたそうですが、またチャンスはあるでしょうからね。それよりも、悔しさをバネにして、今年の日本ツアーで初の賞金王を目指してもらいたいところです。




表彰式の様子です。あたりまえですけど、ゴルフは、優勝者だけしか表彰しないんですよね。オリンピックでは、さすがに3位まで表彰するのでしょうけどね。






国際スポーツ振興協会所属契約選手の、左から藤本佳則選手、谷原秀人選手、そして今回から契約を結んだ塩見好輝選手です。


NZO

スボーツニッボン 2016/3/14日

↑このページのトップヘ