深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

ISPSハンダマッチプレー選手権

ISPSハンダマッチプレー選手権 1・2回戦が、千葉県浜野ゴルフクラブで開催されました。初日は雷雲接近のため、試合の半分くらいは翌日に持ち越されたそうですが、無事に2日間終わったようですね。

1・2回戦とは言っても、見ごたえのある好カードが随所にあったのではないでしょうか。マッチプレーは、格上の選手が順当に勝つとは限りませんが、1回戦では、藤本佳則選手や、小田孔明選手が早くも姿を消しました。藤本選手は、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会の冠スポンサーの大会では、そこそこ上位の成績を残してきましたけど、今回はダメだったようですね。残念です。

2回戦になると、さらに厳しい戦いが繰り広げられたようですが、藤田寛之選手、宮里優作選手も姿を消しました。ホストプロの塩見好輝選手も、1回戦は圧勝したそうですが2回戦で沈みました。

スコアしか見てませんけど、一対一の勝負の一つ一つに駆け引きやドラマがありそうですね。

3回戦からは、今回勝ち残った24選手にシードの8選手が加わり、合計32人で9月6日から10日に同ゴルフ場で開催されます。アメーバFRESH!で、9月9日(土)の準決勝と10日(日)の優勝決定戦を、生放送でみることができるそうです。
スマホやパソコンで気軽に見れますね。


ISPSハンダマッチプレー選手権 1回戦2回戦 全結果 / GOLF PARK

20170623-thumb-230xauto-911-min


ところで、シード8選手の一人、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手の最近の動向ですが、7月20日から開催されていた全英オープンは予選落ちでしたね。なかなかメジャーの壁は厚いですね。

今後の予定ですが、今週は松山英樹選手や小平智選手とともに、世界選手権シリーズ第3戦、WGC-ブリジストン招待に出場しています。今日からアメリカのオハイオ州で開催されます。
メジャーに次ぐ大会ですので、ランキング上位の強豪選手ばかりが出場しているようですね。日本人選手の活躍に期待したいです。

そして、次週の8月10日からは、今年の最後のメジャー大会となる全米プロゴルフ選手権が、ノースカロライナ州で開催されます。ビッグトーナメントが続きますね。

谷原選手も、ここまでは出場が決定しているそうです。結局、今年最初のメジャー大会であるマスターズ出場資格を劇的に成し遂げて以来、4つのメジャー全ての出場資格を得ましたね。最後の全米プロでは、あのWGC-デルマッチプレー選手権の時のように、世界の強豪たちが驚くような活躍をしてもらいたいですね。


それ以降の出場予定は決めてないそうですけど、日本に戻って、後半のトーナメントに出場するのではないかと思いますけどね。

ただ、いろんな選択肢があるようで、まず、来季シード選手として米ツアーでプレーする資格が、この2戦にかかっているそうです。そのためには、最低でも一桁台の成績が必要になりそうです。

仮に、来シーズンの米ツアー出場権が得られなかった場合は、シード権をかけた入れ替え戦に参戦することができるそうです。ただしそうなると、日程的に9月6日からのISPSハンダマッチプレー選手権を挟んで、その前後、8月末から9月の間に、計4回参戦することになりそうです。これは超ハードな日程ですよね。

今年は欧州男子ツアーと、4大メジャーと世界選手権シリーズを転戦してきた谷原選手ですが、来季は欧州ツアーを主戦場にするのか、それともアメリカPGAツアーに本格参戦するのか、悩ましいところですね。

今年の欧州男子ツアーでは、かなりの成績を残してますので、日本人としては松山英樹につぐポジションになっているようです。それでも、世界ランキングは50位前後ですけどね。

もう一つ良い話があるのは、9月末に開催される、米国選抜と世界選抜(欧州選手を除く)の対抗戦「プレジデンツカップ」の出場選手に選ばれるかもしれないそうです。


9月4日付の世界ランキングで、上位10人は自動選出されるそうですが、谷原選手は現在11位の位置にいるそうです。そして、あと2人の枠は、世界選抜のキャプテンとなるニックプライス選手の推薦で決まるそうです。微妙な位置にいますけど、今年の欧州男子ツアーでブレイクした谷原選手の印象は強いとの話もあるようです。最近、ニックプライスからも挨拶をされているそうです。

もし出場が決まると、ゴルフ選手としては大変な名誉になるそうですね。そして、9月以降の過密なスケジュールが予測される中で、どうやりくりするのかも悩ましいでしょうけどね。

『ISPSハンダマッチプレー選手権』の1、2回戦は8月1、2日に開催されますが、石川遼選手も参加するようですね。

先日の概要発表会見のことが各スポーツ紙で報道されていて、デイリースポーツに、石川遼選手と塩見好輝選手が1回戦で激突すると書かれてました。

デイリースポーツ-min
デイリースポーツ 2017/6/29


今回の大会は104名が出場する、オールマッチプレーという珍しい大会になります。出場資格を決めるのに、去年一年と、今季の日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップまでの獲得償金額を合算し、ISPS半田マッチプレーランキングを設けて、そのランク上位者の103名が出場します。104人目は、2017年のISPSハンダグローバル・チャレンジカップ優勝者になってました。

うち、ブリヂストン招待出場資格保持者と、ランクの上位選手を合わせた8名はシード選手として、9月6日から開催する3回戦からの出場になります。

ノーシードの96名は、8月1日開催の1回戦では、ランクの最上位者と、最も下位の選手による組み合わせとなり、以下も、その順で組みあわせが決まるようです。ランキングに基づく公平な組み合わせですね。今回はスポンサー推薦もありません。

アメリカでは苦戦が続く石川遼選手ですけど、日本の試合に出場するとなれば、大きな話題になりそうですね。

国際スポーツ振興協会所属の塩見好輝選手と、どちらにも勝ってほしいなと思いますけどね、そういうわけにも行きませんから注目しておきたいと思います。


ところで、7/2付世界ランキング2位の松山英樹選手と、日本人2番手につけている谷原秀人選手(現在50位)は、今週6日からの欧州男子ゴルフツアー「アイルランド・オープン」に参戦するそうです。他にも、ローリー・マキロイなど世界のトップ選手が参加します。さらに2週間後に開催される「全英オープン」に、松山選手、谷原選手はそのまま出場するようです。日本人選手によるメジャー優勝を期待したいですね。

谷原秀人選手は、先週6月29日から開催された「フランスオープン」にも参戦しました。このフランスオープンは、欧州大陸最古のナショナルオープンで、賞金総額7億8千万という4大メジャーに次ぐほどの高額賞金の大会になっています。

5月の「BMW PGA選手権」では見事3位タイの成績を残し、欧州男子ゴルフツアーのポイントレースで8位、平均パット数でも3位と健闘しています。
しかし「フランスオープン」では、かなりの乱調だったようで予選落ちしました。ここまで、メジャーを除けば安定して予選を通過していたので残念ですけどね。

その谷原選手は、今年の欧州のツアーに積極的に参加していますね。
「ヨーロッパはコースが楽しい。まだ知らないコースもたくさんある。それにいい選手と回れるのが魅力」と話しているそうです。また、「世界ランクも上がれば上がるだけいい。優勝もしたい。出られる試合に出る」と、非常に意欲的な発言をしています。


ここまでの谷原秀人選手の海外と国内のトーナメントの成績を書いてみました。

  • 1/12〜ソニーオープンINハワイ(米国ツアー)27位(スコア-11)

  • 1/19〜SMBCシンガポールオープン(アジアンツアー、日本ツアー)9位(スコア-6)

  • 1/26〜レオパレス21ミャンマーオープン(アジアンツアー、日本ツアー)22位(スコア-5)

  • 2/16〜ワールドスーパー6パース(欧州ツアー)15位、(マッチプレー)

  • 3/2〜WGC メキシコ選手権(米国ツアー)32位(スコア-1)

  • 3/23〜WGC デルテクノロジーズ マッチプレー(米国ツアー)4位(マッチプレー)

  • 4/6〜マスターズ(米国ツアー)84位予選落ち(スコア12)

  • 4/13〜RBCヘリテージ(米国ツアー)39位(スコア-3)

  • 4/27〜チューリッヒクラシック(米国ツアー)32位、(スコア−13)。松山英樹とペアで出場したチーム戦

  • 5/25〜BMW PGA選手権(欧州ツアー)3位、(スコア−8)

  • 6/1〜日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ(日本ツアー)15位、(スコア1)

  • 6/15〜全米オープン(米国ツアー)92位予選落ち(スコア4)

  • 6/29〜フランスオープン(欧州ツアー)143位予選落ち(スコア12)

  • 7/6〜アイルランドオープン(欧州ツアー)

  • 7/20〜全英オープン


『ISPSハンダマッチプレー選手権』の会見のときに、深見東州さんは、谷原選手のデルマッチプレーでの活躍を見て涙が出てきたと言われてました。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンに対して、世界60位の谷原秀人選手が一歩も引かずに戦っている姿に感動したそうです。

また、谷原選手のことを、「俺はもう38歳なんだから」なんてことはなく、38歳になっても新しいことにチャレンジしているし、いつも、何かを掴んで次に大きくジャンプしていると言われていました。若い選手にとっても、谷原選手の海外での活躍は刺激になりますよね。
そんな志を持っている谷原選手が、国際スポーツ振興協会の仲間であることを誇らしい感じますと賞賛されていました。

それにしても谷原選手の顔はゴルフ焼けでしょうか、以前よりもかなりいい色してますね。となりの藤本佳則選手がとても色白に見えました。

東スポ-min
東京スポーツ 2017/6/29

196daca260650bd56b02fd34f08ee7d1-min


また、今回の大会をプロデュースされたJGTO大西久光副会長は、バブル崩壊以降の日本経済の停滞によって、男子ゴルフも停滞していると言われていました。最盛期の半数近くまで、試合数が減っているそうですからね。それに対して、誰もやったことがない試みや、色々な改革を取り入れて活性化したいという思いを強く感じました。

試合が減った原因は日本経済の停滞のためだけではないと思いますが、深見東州さんは、ゴルフ界が発展するような具体的な方策を今回も実行されているように思います。

今年の賞金総額をツアー最高の2億1千万にしたのも、いきなり3億とかにすると、他のトーナメントとの兼ね合いがあるので難しいそうで、少しづつ毎年上げていくそうです。
以前、男子シニアトーナメントにおいて、史上最高額の賞金1億で開催したところ、次の年は、それに刺激されて他のトーナメントも償金額が上がり、またスポンサーも増えるという結果につながりました。今回の最高償金額にも、そのような意味合いがあるのかもしれませんね。

世界に通じる日本選手の育成と同時に、国内ツアーの充実や、JGTOの年金のことなど、ゴルフ界全体のことをよく考えてされているように感じました。深見東州さんは経営者としての才覚も素晴らしいので、良い結果につながっていくといいですね。

昨日、このブログでも何度か紹介してきた『ISPSハンダマッチプレー選手権』の、概要発表会見が都内のホテルで開催されたそうです。

さっそく、いくつかの記事が出ていました。

『ISPSハンダマッチプレー』賞金総額は国内最高2億1千万!谷原秀人「ハードな戦い」/ ALBA

過去2年は国内男子ツアーで4日間競技の『ISPSハンダグローバルカップ』が開催されていたが、今回からはマッチプレー形式で大会を開催。8月1日〜2日に1回戦・2回戦が開催され、2016年1月の『SMBCシンガポールオープン』から2017年『ツアー選手権』までの賞金ランク上位者と、同期間開催の『WGC-ブリヂストン招待』に出場する選手を合わせた8名を除いた96名が戦う。勝ち抜いた選手にシード選手を加えた36名が、9月6日〜10日に開催される3回戦以降の決勝大会に進出するシステムだ。

20170621192711347282-min



【ISPSハンダマッチプレー選手権】
○開催コース:浜野ゴルフクラブ(千葉県・市原市)
○競技方法:マッチプレー方式
○賞金総額:2億1,000万円
○優勝賞金:5,000万円
○出場人数:104名(シード8名+1回戦出場者96名)
○日程:
8月1日(火)1回戦
8月2日(水)2回戦 ※24名が3回戦進出
9月6日(水)3回戦 ※24名+シード選手8名が参加
9月7日(木)4回戦
9月8日(金)5回戦
9月9日(土)準決勝、5位タイ・7位タイ決定戦
9月10日(日)優勝決定戦・3位決定戦



この1、2回戦免除になるシード選手には、まず、同時期8月3日〜6日に開催される米国ツアーのWGC-ブリヂストン招待2017に参加が決定している、小平智選手とショーン・ノリス選手の2人がなってます。この2選手は、WGC-ブリヂストン招待への出場資格の一つになる、昨年の日本ゴルフツアーのブリヂストンオープンと、今年の日本ゴルフツアー選手権の優勝者だそうです。

ちなみにWGC-ブリヂストン招待は、直前の7月24日付、または7月31日付け世界ランキング上位50位内の選手も出場できるそうです。おそらく、現在世界ランク50位台につけている谷原秀人選手や池田勇太選手も、出場する可能性がありそうですね。
しかし、この2人も今回シードになってますので、どちらに転んでも大丈夫のようです。残りの6人のシードは、昨年度の日本ツアー獲得賞金プラス、本年度6月開催の日本ゴルフツアー選手権までの獲得賞金で選出されていました。

昨年度の賞金王池田勇太選手をはじめ、ギリギリまでデッドヒートを演じた2位の谷原秀人選手、3位のキム・キョンテ選手、4位のソン・ヨンハン選手、5位の片岡大育選手、そして去年は10位ながら今年度目下5位につけている今平周吾選手が選出されていました。本年度絶好調の宮里優作選手や藤本佳則選手は、昨年度の成績がそこまで上位ではなかったので、シードから漏れてますね。


「(シードの)谷原さんと違って僕は1回戦からだけど、コンディションを整えてしっかりと準備したい。しっかり勝ち進んで(主催者に)恩返ししたい」と、この日の会見で藤本佳則選手は語っていたようです。

その谷原秀人選手は、6月20日現在、世界ランク51位ですが、日本人では松山英樹の2位に次ぐものです。ちょっとその間が空いているのは寂しいですけどね。
しかし谷原選手は今年の「WGC-メキシコチャンピオンシップ」で32位タイ、「WGC-デルテクノロジーズ・マッチプレー」では、世界1位のダスティンジョンソンをあと一歩まで追い詰めて4位、5月末の欧州男子ツアー旗艦トーナメントの一つである「BMW PGAチャンピオンシップ」では、世界ランク5位のヘンリク・ステンソンと同じ3位タイなど、世界のビッグトーナメントで、堂々たる好成績を納めています。

6月15日から開催されていた今年の全米オープンでは、残念ながら予選落ちに終わりましたが、このあと7月20日から開催の全英オープンの出場資格を有してますので、その活躍次第では、WGC-ブリヂストン招待や全米プロゴルフ選手権などのビッグトーナメントへの出場資格を得る可能性もあるので、今後の活躍にも期待しています。

今回の会見で谷原選手は、「(参加条件、システム、放送の手法など広い意味で)素晴らしい大会。賞金的にも大きい大会で、JGTO公認の試合だからランキングにも反映される。シーズン終盤の時期にココの結果は賞金王争い、シード権などへの影響も大きい。マッチプレーというのは、優勝を掛けたプレイオフを毎ホールやるような、メンタルを削られるハードな戦い。自分は3回戦からの出場なので、しっかりと見据えて挑みたいと思う」
「勝てば一気に賞金王に近づくから、皆、目の色を変えてくると思う。みんな優勝を狙っていくでしょう。」と語っていたそうです。


国際スポーツ振興協会(ISPS)の深見東州(半田晴久会長)さんは、今回のハードなマッチプレー開催に関して、「選手を甘やかさない環境と場所を与え、グローバルで戦える人材を育てる」と言われ、今季日本ツアー最高の賞金額2億1千万に関しては、「日本ツアー全体の賞金が上がるように、ちょっとだけ“出ベソ”にしました。来年は2億2000万円とかにするかもしれません」と、いうことでした。優勝賞金の5000万円も、もちろん最高額になりますね。

深見東州さんは、今までもこうやって、思い切ったことをよくされてきましたけど、それでその業界全体が盛り上がり、活性化に繋がったりするようです。大きな社会貢献にもなっていると思いますね。賞金額が大きいと、なんとなく景気が良い感じがしますからね。日本の経済指標も徐々に持ち直してますけど、景気ももっとよくなって欲しいですね。


こちらにも、マッチプレーに至るまでの経緯やTV放映のことなどを書いています。
「ISPSハンダマッチプレー選手権」は、世界に類を見ない方式で開催




6月7日から、ISPSハンダ グローバルチャレンジカップが裾野カンツリー倶楽部で開催されます。
こちらは日本ゴルフツアー機構の2部トーナメントである、チャレンジトーナメントの一つになります。レギュラーツアーのシード権を持たない選手対象ですので、若手選手はもちろん、ベテランでシード権を失った選手たちも出場します。

深見東州さんは、若手選手や、レギュラー復帰を目指すベテラン選手たちの出場機会を増やすことにも熱心で、レギュラートーナメントに進出する前から取り組んできました。今年で6回目の開催になるそうです。そして今年は総勢144名の選手が凌ぎをけずり、優勝者には、「ISPSハンダマッチプレー選手権(1・2回戦)」の出場権も与えられるそうです。

「ISPSハンダマッチプレー選手権」は、今季最高の賞金額の大会なので、もしそこでも活躍すれば、レギュラーツアーへのシードも視野に入ってくるそうです。それだけに、ISPSハンダグローバルチャレンジカップでは、いっそうの激戦が繰り広げられるかもしれませんね。

2017_handa_challeange-thumb-230xauto-910-min


ところで、今年からマッチプレー方式で開催される「ISPSハンダマッチプレー選手権」は、いろんな意味で型破りな大会になるようです。ふつう、海外のマッチプレーの大会では、まずストロークブレーで予選を行い、上位32名にしてマッチプレーを行なっていくそうです。ところが、今回は、初めから96人の出場選手による18ホールのマッチプレーを行うそうです。具体的には、2つの期間に分けて行われます。到底4日間では終わらないからでしょうね。

まず、1、2回戦を8月1、2の2日間で行い、そこで96人から24人に絞ります。そしてその24人に、大会前の成績によって別途シードされた8選手を加えた総勢32人によって、3回戦から決勝までを、9月6〜10日に行うそうです。

つまり、優勝するには7回ほど、18ホールのマッチプレーで勝ち抜くことになりますね。体力と集中力も、かなり必要になりそうですね。ISPS会長の深見東州(半田晴久)さんと、日本ゴルフツアー機構の大西副会長の意見が一致して、どうせやるなら、そのくらいの大会にしようとなったそうです。

その奥には、日本男子プロのレベルを世界的なレベルに押し上げたいという思いがあるそうです。そのためには常識的な従来のやり方ではなく、後が無い真剣勝負のマッチプレーこそ、レベルアップになると思われたようです。それも初めから最後まで、全てをマッチプレーにすることで、技術体力精神力の総合力がこれまでより求められることになります。当然、それに勝ち抜く選手たちの実力もアップするでしょう。しかも、今季日本ゴルフツアー最高の5000万という優勝賞金がかかっていますから、各選手ともいっそう気合の入ったプレーになるでしょうね。

もともと、世界の名選手と言われるような人たちは、マッチプレーで鍛えられた選手も多いそうです。最近お騒がせしているタイガー・ウッズも、アマ時代から、マッチプレーにとても強い選手だったそうですね。マッチプレーの全米アマで3連勝してプロになっています。その後、世界選手権アクセンチュア・マッチプレーでも3度優勝してますね。


2016121618475523776
昨年までは、「ISPSハンダグローバルカップ」という名前で、海外から招待選手をたくさん呼んで開催されていました。


ところで、今回の開催にあたり、大きなネックもあったそうです。それは、マッチプレーはテレビ中継向きではないそうです。大差で早々と勝負がついたり、あるいは有名選手が早々と負けることもあるので、テレビ局の都合でいうと、視聴率が取れないこともあるようですね。そういうこともあって、テレビ局とスポンサーからも嫌がられてしまい、日本でのマッチプレーは、だんだんと姿を消していったようですね。

しかし今回、スポンサーは深見東州さんが会長の国際スポーツ振興協会ですから大丈夫ですね。費用対効果ではなく、対社会に対する貢献を第一にする組織ですから。

テレビ中継に関しても、なくても結構だそうです。代わりに、インターネットで全てのプレーを放映する予定のようです。大きなバソコンで見ればテレビの代わりになりますし、最悪スマホでも手軽に見れますよね。日本ゴルフツアー機構もそれに賛同してくれたそうなので、良いのではないでしょうか。

とても楽しみな大会になると思います。

↑このページのトップヘ