深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

ISPSハンダ・ニュージーランド・オープン

9日からクイーンズタウンで開催されていた、ISPSハンダ・ニュージーランド・オープンが終わりました。

優勝は、最終日ー19で並んだ3人によるブレーオフを制したニュージーランドのマイケル・ヘンドリー選手でした。
日本勢では、武藤俊憲選手と若手の梅山知宏選手が−10の、24位タイが最高でした。
地元ニュージーランドの選手の優勝は、2003年以来になります。このところオーストラリア勢が5連勝していました。

list


今回は深見東州さんも、国際スポーツ振興協会所属の選手も参加していませんでしたね。昨年は谷原秀人選手がー19アンダーで2位という好成績を残し、深見東州さんと組んだプロアマチームでも、最終日に出場するトップ10チームに入っていました。去年は、ふぅ〜んというくらいにしか思ってませんでしたけど、これはかなりすごいことだったようですね。


このニュージーランドオープンは、日本にはないプロアマ形式での公式戦になります。
くわしく書くと、プロアマ形式のチーム戦と、プロだけによる通常のストローク戦が、両方同時に行われます。
プロアマ戦では、プロとアマチュアの選手が2人1組でチームを作り、良い方のスコアを記録するそうです。もちろんアマ選手にはハンディがありますので、それでハイスコアな戦いになるそうです。

ちなみに、今年の武藤俊憲・桑田真澄チームは、初日が−6でスタートし、2日目に−14と伸ばし、ここまでで34位タイとなり予選を通過します。さらに3日目は-24まで伸ばしたものの、最終日に進める10位タイには2打足りず、ここで終了となりました。かなりハイスコアなプロアマ戦になったようですね。

去年の深見東州さんと谷原選手のペアは、普通は大会スポンサーチームが最終日まで残ってくることは珍しいとまで言われたそうです。それだけアマチュアの選手も、プロ並みに上手な選手が出ているからでしょうね。今回出場した元ジャイアンツの桑田選手も、ベストスコア69を出したことがあるそうですし、一緒に回った武藤選手も、スイングの音がアマチュアじゃない!と称賛していたそうです。今回も実質78で回るなど、プロに近いレベルの実力を持っているようです。

この大会の桑田選手の動画がありましたので紹介します。




桑田選手は、野球ではピンチの時ほど場内が騒いでいるので、その中で集中できるようにしてきたせいか、むしろ周囲で騒いでくれていた方がやりやすいそうです。ゴルフはピンチだろうがチャンスだろうが、いつも静寂の中でプレーしますからね。

list-1


この大会で初優勝したマイケル・ヘンドリー選手は、日本男子ツアーでもおなじみの選手ですけど、最近、国際スポーツ振興協会のアンバサダーに就任したと聞きました。最近の国際スポーツ振興協会所属選手の活躍は、日本のゴルフ界でも話題になってるそうですが、アンバサダー契約ではありますけど、今回の優勝も、そんな流れに乗っかるような見事な勝利でしたね。

国際スポーツ振興協会と胸スポンサー契約を結んだ東京ヴェルディも、2連勝して開幕から良い滑り出しのようです。深見東州さんのISPSハンダと関わる選手やチームの活躍が、今年も期待できそうですね。


【最終スコア】
1位:マイケル・ヘンドリー(-19)
2位T:ブラッド・ケネディ(-19)
3位T:ベン・キャンベル(-19)
4位:ディエン・ローソン(-18)
5位:ジャック・ウィルソン(-17)
6位T:アンドリュー・ドト(-16)
6位T:マシュー・グリフィン(-16)
6位T:ライアン・フォックス(-16)
6位T:ジェームス・ニティーズ(-16)
6位T:ディミトリオス・パパダトス(-16)

24位T:武藤俊憲(-10)
24位T:梅山知宏(-10)


こちらは3日目の熱戦の動画です。




そして最終日、プレーオフの激戦の末、ガッツポーズを決めるマイケル・ヘンドリー選手です。


3月9日から12日まで、ニュージーランドのクイーンズタウンでISPSハンダ・ニュージーランド・オープンが開催されます。

ニュージーランドのナショナルオープンとして、1907年に始まった伝統あるトーナメントになります。豪州男子ツアーであるISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジアの主催で行われます。去年はBMWとの共同タイトルでしたが、撤退したため今年からはISPSハンダ・ニュージーランド・オープンとなりました。

去年も日本から16人の選手が出場しました。今年も、日本ゴルフツアー機構とのパートナーシップが更新され、さらに多くの25人以上の日本選手が出場する予定のようですね。
公式サイトを見ると、今の所日本からは宮里優作、薗田峻輔、武藤俊憲、藤本佳則、片岡大育、竹谷佳孝選手らが紹介されていました。地元のニュージーランド、そしてオーストラリアからは、日本でもおなじみのマイケル・ヘンドリー、ブレンダン・ジョーンズ、ブラッド・ケネディ、アダム・ブランド、そしてディフェンディングチャンピオンのマシュー・グリフィン選手が紹介されています。

ISPS Handa New Zealand Open / 公式サイト


昨年の同トーナメントで、3日目にトップに立ちながら最終日の土壇場で逆転され、海外初優勝を逃した谷原秀人選手は今回どうなるのでしょう。目下、4大メジャーのマスターズ出場をかけ、世界各地のトーナメントに出場しているようですね。今週3月2日からメキシコで開催される世界選手権シリーズのWGCメキシコ選手権に参加するようです。現在世界ランク56位ですので、参加資格となる大会開催前週の50位以内を目指していると思います。


ところで、このニュージーランドオープンというのは、プロアマ形式での大会になります。まず、プロとアマがペアになり、そして2日間の予選ラウンドを戦い、そこから上位40組が3日目に進み、さらに上位10組が最終日に進出するというものです。もちろんプロの選手たちは、プロだけのスコアで個人戦を争います。上位60名がファイナルラウンドに進んで優勝を争うところは通常のトーナメントと同じです。それをうまく組み合わせて行うところが珍しいですね。日本では見られませんが、世界では、AT&Tペブルビーチナショナルプロアマや、アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権など、いくつかあるようです。初日2日は総勢140組以上のペアが出場するため、ザ・ヒルズGCと、ミルブルック・リゾートGCの2箇所で交互にプレーするようですね。
もともとクイーンズタウンそのものが美しい景観を誇る世界有数の保養地、リゾート地ですから、それらのコースも、とても美しいコースだそうです。

newzealand_image
ミルブルック・リゾート

特にザ・ヒルズ・ゴルフクラブは、人口1人当たりのゴルフ場の割合が世界一というニュージーランドでも屈指の名コースで、地元の名士であるマイケル・ヒル氏がつくったプライベートコースなのだそうです。自然の景観と彫像が点在し、マッチしている名コースだそうです。

Unknown
ザ・ヒルズ・ゴルフクラブ

ニュージランドは人口が460万人ほどに400以上のゴルフコースがあるそうですから、ゴルフの盛んな国だったんですね。
ちなみにゴルフ場が一番多い国はやはりアメリカで、世界の半数近い15000以上のゴルフ場があるそうです。2位が英国の約2800、そして3番目に日本が約2380と続きます。以下、カナダの2300、オーストラリアの1500、フィリピンの940と続きます。
こうして見ると日本も多いですよね。多くが高度成長時代からバブルの頃にできたようですけどね。オリンピックにコルフが採用されたこともあり、日本は改造が主で増えてませんが、世界においては増え続けているそうです。

Dr-Handa-and-John-Hart-sign-the-deal-284x300


このプロアマには、世界の政財界の要人や、有名スポーツ選手やエンターテインメント業界のセレブ達が集うそうです。ゴルフの他にも朝食会やランチョンパーティ、ウェルカムパーティなど、様々な交流の機会が用意されているそうです。ニュージーランドのジョン・キー首相も来ているようですね。

もともとはニュージーランドのクライストチャーチの大震災からの復興を支援するため、ニュージーランドの要請を受け、ニュージーランド女子オープンのスポンサードをするようになったのが、ニュージーランドでの社会貢献の始まりだったと思います。震災の影響でスポンサーがつかなくなり、深見東州さんのISPSハンダにお話が来たのでしょう。企業のような費用対効果を求めるのであれば支援するのは難しいのかもしれませんが、社会に対しての貢献度合いを重視するISPSだからこそ支援する決断に至ったのでしょう。

今年から、そのニュージーランド女子オープンは、5年間続いたISPSハンダから、マクケッソン・ニュージーランド女子オープンとして、新たに米国女子ゴルフツアーのトーナメントへと発展を遂げています。その過去5年に及ぶ大会では、地元ニュージーランドのリディア・コなどのトップスター選手も生まれました。ニュージーランドにとっても、世界のゴルフ界にとっても、素晴らしい結果になっていると思います。

そして昨年11月、ブラインドゴルブ国際大会が開催された森林公園における、今回のニュージーランドオープンの調印式では、トーナメントディレクターのマイケル・ダレンディング氏が、「半田先生、どうもありがとう。先生のおかげで、またおきな友好関係を築くことができた。この大会を通して、ニュージーランドと日本の友好がさらに深まることを願っている」と言われてました。

同席したニュージーランド日本関係政府特使(元駐日ニュージーランド大使)のイアン・ケネディ氏は、「ゴルフだけではなく、ビジネスのネットワークづくりや人材交流の機会としても期待している。これからも半田先生が、両国の架け橋となることを祈ってます」とスピーチされてました。

そのような両国の友好関係や経済交流にも、大きな役割を期待されているのが、このニュージーランドオープンなんでしょうね。



元プロ野球選手の桑田真澄がNZオープンに出場 / GDOニュース

3月9日(木)から12日(日)に、ニュージーランド・クイーンズタウンにあるミルブルックリゾートとザ・ヒルズの2コースを使用して開催されるPGAオーストラレイジアツアーの「2017 ISPSハンダ ニュージーランドオープン」に、元プロ野球選手の桑田真澄が出場することが分かった。

桑田は、プロ野球の読売ジャイアンツやメジャーリーグで活躍し、通算173勝を挙げた投手。過去には、2011年5月に国内男子下部のチャレンジツアー「富士カントリー可児クラブチャレンジカップ」、2012年9月に開催された国内男子ツアーの「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙」に主催者推薦で出場している(いずれも予選落ち)。出場について、「ゴルフと野球の投手は似ているところは、1球1球で気持ちを切り替える必要があることです。難しいコースセッティングの中で、一つでも多くパーを取りたいです」とコメントしている。


日本男子ゴルフツアーの一つとして、2年連続で開催されてきたISPSハンダグローバルカップが、今年から変わります。

昨年までは、ストロークプレー(全ホールの合計打数によって勝敗を決める方式。最小打数者が優勝)でしたが、今年からはマッチプレー方式に変わるそうですね。
マッチプレーは、2名(2組)が1対1で対戦して、1ホールごとにストローク数の多寡で勝敗を競い、より多くのホールで勝ったほうが勝者となる競技方法です。
一般的にはストロークプレーの試合がほとんどですけど、海外では、時々見られますね。ライダーカップなんかもそうですし、全英オープンもマッチプレーでした。

日本でも、以前は日本プロゴルフ・マッチプレー選手権という試合があったそうです。

次々と新しいことにチャレンジして、日本男子ゴルフ界に刺激を与える深見東州さんらしい感じがします。これまでの海外の強豪を多数招いてのISPSハンダグローバルカップも、日本の男子ゴルフ界に、よい刺激を与えてきたと思います。


名称が「ISPSハンダマッチプレー」となるそうで、8月1日から2日間で、96名の選手による1、2回戦が行われ、9月6日から10日までの5日間で、シード8選手を加えて、決勝まで行われるそうです。日本ツアーの選手を中心に総勢104人が参加する、マッチプレーとしては、異例の人数ではないかと思いますね。一人でも多くの人に、出場のチャンスを与えてきた、深見東州さんの考えなのでしょうね。賞金総額が、国内最高の2億1000万円になるそうです。優勝すると5000 万を手にするという、ビッグな大会になりますね。のべ7日間に及ぶ大会は、千葉県の浜野ゴルフクラブで開催されるそうです。ちなみに日本男子ゴルフツアーの公式戦でのマッチプレーは14年ぶりだそうです。マッチプレーは、ゴルフファンには人気があるようですが、スポンサーにとっては、強豪選手が早々と姿を消す可能性があるので敬遠されるそうですね。しかし、勝ち抜きのトーナメントになりますから、すごく面白くなると思いますけどね。早くも楽しみになってきました。


そして、これもすでに昨年マスコミなどで発表されてましたが、今年のニュージーランドオープンは、「ISPSハンダ・ニュージーランド・オープン」という名称で開催されます。共同スポンサーだったBMWがなくなり、ISPSハンダの単独になってますね。昨年は多数の日本選手が出場し、谷原英人選手があわや優勝かという結果でしたが、今年も最低でも25人の出場が確約しているそうです。

f456d7c4d5f3fff3b3ec02db449fc679-300x233
ISPSハンダ・ニュージーランド・オープンの調印式

深見東州(半田晴久会長)さんは、「今はJGTOとのパートナーシップ契約ですが、いずれは(JGTOとの)共同開催にしたいと思っています。共催になれば日本の賞金ランキングにも加算されますので、選手のモチベーションも上がります。これが次の目標です」と話されてました。
そうすると、日本男子ゴルフツアーの試合数も増えますよね。今年の試合数は昨年と変わらないそうなので、来年からはそうなるといいですね。賞金総額は1億1000万増えたそうですが、「ISPSハンダマッチプレー」の賞金額が増えた分がプラスになったようです。




2017年2月16日〜19日
ISPSハンダ・ワールドスーバー6・パース(パース)

2017年2月16日〜19日
ISPSハンダ オーストラリア女子オープン(南オーストラリア)

2017年3月9日〜12日
ISPSハンダ・ニュージーランド・オープン(クイーンズタウン)

2017年8月1日〜2日
ISPSハンダマッチプレー選手権(1・2回戦) 浜野ゴルフクラブ

2017年9月6日〜10日 
ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦〜決勝) 浜野ゴルフクラブ


ニュージーランド女子オープンは今年も開催されますが、スポンサーがISPSハンダから変わって、マッケソン ニュージーランド女子オープンになりました。リディア・コ選手は、今年もまた出場するでしょうね。




先日、深見東州さんが支援を続けてこられた2つのブラインドゴルフの国際大会の結果を、簡単に書きました。

その後、多くのスポーツ紙でも、大きく取り上げられていましたので、せっかくですからそちらの内容も掲載したいと思います。

私は観戦していませんので、当日の様子が、これで少しはわかりました。


今回の記事で気がつきましたが、ブラインドゴルフの試合には、ハンディキャップが付いているようですね。もともとゴルフが上手だった方もいらっしゃるでしょうし、初めて間もない方もいるでしょうから、様々な方が楽しむには、その方が良いのでしょうね。
パラリンピックに採用になれば、ハンディは付かないと思いますが、この世界ブラインドゴルフ協会主催の試合では、勝敗以上に、世界からブラインドゴルファーが集い、一同に会してプレーを楽しむことに意義があるのでしょう。障害者の人たちがみんなスポーツを楽しめるように、そして、人生が豊かになることが大事ですよね。

ただ、それだけではなくて、実際のスコアの数値で勝敗を決めるものと、2本立てになっていました。


それで、ハンディ込みのネットスコアでは、カテゴリーも関係なく参加者全員の中で優勝者が決まります。「2016ISPSハンダ・ブラインドゴルフ世界選手権」の男子は日本の唐澤俊生選手が、女子はアメリカのリンダ・ポート選手が優勝しました。
そして、ハンディ無しのグロススコアでは、世界選手権ではカテゴリー別になっていて、男子B1の部でイスラエルのゾハー・シャロン選手が、男子B2ではアメリカのジェレミー・ポインスノット選手、男子B3はイングランドのポール・アップルヤ―ド選手が優勝しました。
女子の部は、カテゴリー別ではなく、ネットスコアに続いてリンダ・ポート選手の優勝でした。
ポール・アップルヤ―ド選手は、2日目に81のスコアを出してますから、かなり高い技術を持っているようですね。健常者でも相当上手な人でないと出ないスコアだと思います。


「外務大臣杯・文部科学大臣杯2016第13回ブラインドゴルフ ジャパンオープン チャンピオンシップ」では、ハンディ込みのネットスコアでイタリアのステファノ・パルミエリ選手が総合優勝しました。これが文部科学大臣杯になります。
そしてネットスコアのカテゴリー別もあり、B1がステファノ・パルミエリ選手、B2が北村順功選手、B3が浅野貞信選手が優勝しています。ネットスコアの部は、男女混合のようでした。また、ステーブル・フォード方式で行われています。

グロス部門では、カテゴリー、男女で別れずに、総合でカナダのデレック・キブルホワイト選手が優勝しました。82のスコアですから、こちらも素晴らしいですね。これが外務大臣杯になります。
そして女子だけでは、ステーブル・フォード方式のネットスコアで佐藤清子選手が、グロスではアメリカのリンダ・ポート選手が1位でした。

世界選手権とジャパンオープンで、表彰の対象が微妙に変わるところが面白いですね。より多くの人にチャンスが広がって良いと思いますね。


プラインド03

東京スポーツ2016/11/18


リオ五輪英国代表のチャーリー・ハル選手も、ジャパンオープンの表彰式に登場しました。国際スポーツ振興協会のアンバサダーになっているそうです。先日まで日本で開催されていたTOTOジャパンクラシックに出場していたそうです。


世界選手権終了後に、来年3月に開催されるニュージーランドオープンのことも発表されたそうです。これは、ニュージーランド男子のナショナルオープンで、クイーンズタウンで開催されます。プロとアマが組んで回るという、リゾート地らしい大会ですね。
今年の3月に、谷原秀人選手と深見東州さんがペアで出場し、好成績だったと聞きました。谷原選手は個人で2位でしたね。優勝寸前で、惜しくも逆転されましたけど、今年の好調さの始まりとなりました。来年からは、国際スポーツ振興協会の単独タイトルスポンサーとなり、「ISPSハンダ・ニュージーランド・オープン」という名前になるそうです。

ブラインド04

スポーツ報知2016/11/18


両大会とも表彰式では、いつものように楽しいパフォーマンスを深見東州さんが披露されたようですね。歌あり、ジョークの効いたスピーチありで、とても盛り上がったようです。

↑このページのトップヘ