深見東州 (半田晴久) さんのすべてを知りたい - 深見東州ファンのブログ

深見東州(半田晴久)さんとは、いったいどんな人なの? 何をしているの?ということを知りたい人はどうぞ。わかりやすくまとめました。新しい情報も随時追加します。

ISPSハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフ

ISPSハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフ最終日、最後まで熱戦が続きました。途中、日本も2位まで上がりましたけどね。他チームもこの日は軒並み好成績で上位は一時混戦の様相を呈してきて、しかしその中で、2日目からトップに立っていたデンマークが、ジリジリスコアを伸ばしてきて、ついに一度も並ばれることなく逃げ切って初優勝を飾りました。

155562_360240


チームジャパンも一つになって最後まで健闘しましたが、3度目のワールドカップ制覇はなりませんでした。松山英樹選手と石川遼選手には、お疲れ様でしたと言いたいですね。緊張感あふれる、日本を代表してのひたむきなプレーは、十分に伝わってきました。私も楽しませてもらいました。それにしてもゴルフのチーム戦って、すごく面白かったですね。今日まで気がつきませんでした。


これからの日本ゴルフ界を背負う若き2人の健闘は、日本のゴルフ界にも、大きな刺激になったと思います。世界で戦うということの厳しさとレベルも示してくれたように感じましたね。冠スポンサーの国際スポーツ振興協会の深見東州(半田晴久会長)さんも、きっと喜んであるような気がしますね。

その深見東州(半田晴久ISPS会長)さんとも親交があり、ISPSハンダ(国際スポーツ振興協会)のアンバサダーに就任しているビクター・デュビッソンを擁するフランスチームも、今日あわやトップに並ぶかというところまでスコアを伸ばし、最終的には2位タイでしたけども、大会を盛り上げたと思います。

そして、同じく2位タイの米国チームは実力どおりなんでしょうけども、ダークホースだったのは中国チームでしたね。最後まで優勝争いに絡んでましたから。中国もゴルフが盛んになって、相当レベルが高くなっているのでしょう。韓国だけでなく、中国やタイなど、アジアの選手の実力もかなり上がってきてますよね。日本選手もうかうかしてると危ないなと今回の結果を見て思いました。

ワールドカップも、深見東州さんのISPSハンダが冠スポンサーになる前までは、中国で3度連続開催されていたそうですね。日本ツアーがグローバル化の中で取り残されていく中で、中国は国内に大きな大会を引き寄せているようですから、国を挙げて力を入れているのでしょう。





最終順位
1  デンマーク(S.ケルドセン/ T.オルセン) -20
2T フランス(V.デュビッソン/ R.ランガスキュー) -16
2T 中国(呉阿順 / 李昊桐) -16
2T 米国(R.ファウラー/ J.ウォーカー) -16
5  スウェーデン(A.ノレン / D.リングマース) -15
6T イタリア(F.モリナリ/ M.マナッセロ) -14
6T 日本(松山英樹 / 石川遼) -14
8  スペイン(R.カブレラベロー / J.ラーム) -13
9T オーストラリア(A.スコット/ M.レイシュマン) -11
9T アイルランド(S.ローリー/ G.マクドウェル) -11

































ISPSハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフ3日目のチームジャパンは、再びのフォアサム(1つのボールを2人で交互にプレーする)で1アンダー、トータル7アンダーとなりました。初日のフォアサムでは1オーバーでしたので、今日は打つ順番を入れ替えて、それが多少功を奏したようです。
順位も4位タイに上昇しました。しかし、トップを走るPGAツアー公式サイトのパワーランキング(優勝予想番付)5位のデンマークが、この日も14アンダーまで伸ばしてきたので差は少し広がりましたけどね。

パワーランキング4位の米国が10アンダーで2位につけて、明日逆転を狙っていますね。3位が9アンダーの中国で、4位タイに日本、フランス、スペイン、イタリアが7アンダーで並んでいます。



【3日目までの順位】
1位:デンマーク(-14)
2位:米国(-10)
3位:中国(-9)
4位T:日本(-7)
4位T:スペイン(-7)
4位T:フランス(-7)
7位:イタリア(-6)
8位T:アイルランド(-5)
8位T:スウェーデン(-5)
8位T:ニュージーランド(-5)
11位T : オーストラリア(−4)他


今日は、フランスチームと同組でプレーしました。ISPSハンダ会長の深見東州(半田晴久)さんとも親交の深いビクター・デュビッソンも、ここまで、優勝圏内に踏みとどまっています。

とはいえ、7差を跳ね返すのは、日本もフランスもかなり苦しい戦いになるでしょう。

でも、ここまでチームジャパンも、もう一つ勢いに乗れないながらも、4位タイで辛抱強く上位に上がってきていますので、何とか明日も、一つでも順位を上げて欲しいなと願っています。

松山英樹選手も、石川遼選手も、明日は50台を狙っていくと、逆転を諦めてませんので、心強いです。

「明日はもう50台めざして頑張ります」(松山)、
「そういうことで」(石川)
「ホールアウトしてすぐに2人で話したんです」(松山)。
「ちょっと厳しい数字だけど2人が噛み合えばまだ可能性はある」(松山)。


2日目に、2人でホールごとに良い方のスコアを採用するフォアボールで、デンマークがマークした60よりも好スコアを目指して、あとは上位チーム次第ですね。






















ISPSハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフ2日目のチームジャパンは、7アンダーをマークして8位タイに上昇しました。
もっと、いけそうかなというショットもありましたが、それでも7アンダーまで伸ばしてきたので素晴らしいと思います。

ただ、この日は他のチームも伸ばしてきたので、1位との差は6打差と少し開きました。1位に躍り出たデンマークは今日12アンダーの60で回りました。いくら大会2日目はフォアボール(2人それぞれが自分のボールをプレーし、いいほうのスコアを採用する)で行われたとはいえ、ここまで伸ばすなんてすごいですね。2イーグル、8バーディ、ノーボギーですから笑いが止まらないようなアタリですね。他のチームも、今日はスーパーショットがたくさん出ていたようです。

明日3日目は、初日と同じフォアサム(1つのボールを2人で交互にプレーする)で行われますが、今回のような団体戦は、見ていてとても面白いですね。オリンピックもこのやり方でやれば、もっと面白くなったのにと思いました。
ゴルフは個人競技と思ってましたけど、このような2つのパターンでやると、ストロークプレーとは全く違った攻め方や駆け引きがあり、また、2人のコンビネーションが大事になるので、とてもスリリングで盛り上がりますね。



上位の順位は以下の通りです。

【2日目の順位】
1位:デンマーク(-12)
2位:中国(-9)
3位:スペイン(-8)
4位T:フランス(-7)
4位T:イングランド(-7)
4位T:イタリア(-7)
4位T:米国(-7)
8位T:日本(-6)
8位T:スウェーデン(-6)



2日間終わって、チームジャパンの、松山英樹選手、石川遼選手ともに尻上がりに調子を出してきたのではないかなと思います。あと2日間、もっと緊迫してくると思いますが、リラックスして、最高のプレーが出せるよう応援しています。

冠スポンサーであるISPSハンダの、半田晴久ISPS会長(深見東州さん)は、今回、会場に行かれてないようですが、きっと日本チームの活躍を期待されてることでしょう。


































ISPSハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフが始まりました。

注目のチームジャパン、松山英樹選手、石川遼選手は、初日1オーバー10位タイでした。


強風のため、各チームともなかなかスコアを伸ばせず、その中で3アンダーをマークしたスペインが、初日トップに立ちました。スペインは、PGAツアー公式サイトのパワーランキング(優勝予想番付)3位です。スペインのカブレラ・ベロ選手は、オリンピックで5位になってましたね。

2アンダーの1打差で、アメリカ、中国、フランスが追っています。フランスは、今年のISPSハンダ・グローバルカップにも出場し、深見東州さんとも親交のあるビクター・デュビッソンが出場していますね。好調のようです。

以下、ヨーロッパのチームが上位を占めていますが、優勝候補筆頭のオーストラリアは、2オーバーとやや苦しいスタートになっていますね。2人で1個のボールを打つフォアサムだと爆発的にスコアが伸びることは少ないと、解説者が言ってましたが、思った以上に難しんでしょうね。明日は、二人がそれぞれにプレーして、良い方のスコアが記録されますから、また、ガラッと違う展開になりそうです。

それにしても今回のワールドカップは、前回よりもとても盛り上がっているようですね。速報が、どんどん入りますし、つい気になってしまいます。日本での報道も、前回とは力の入り具合が違いますね。

<中間速報>松山&石川の日本ペア、痛恨ダボで3オーバー折り返し


W杯初日終了 単独首位にスペインチーム、石川&松山は4打差10位Tで第2Rへ


【速報】日本チームは1オーバーで首位と4打差の10位タイ


【初日の順位】
1位:スペイン(-3)
2位T:米国(-2)
2位T:フランス(-2)
2位T:中国(-2)
5位T:イングランド(-1)
5位T:イタリア(-1)
7位T:スウェーデン(E)
7位T:デンマーク(E)
7位T:アイルランド(E)
10位T:日本(+1)

2016112220065121853


火曜日に行われたオープニングセレモレニーも、とても豪華な式典でした。各国の選手が勢揃いして、歌手が来たり、パーティーも盛大な感じで楽しそうでした。深見東州さんが、ISPSハンダ・グローバルカップで前夜祭を盛大に開催し、選手や関係者をもてなし、交流の機会を持たれるのも、このような海外でのセレモニーの素晴らしさをご存知だからなんでしょう。

【ワールドカップ特別動画】各国の代表がズラリ!ワールドカップOPセレモニー

33


会場にはヘビやコアラが!ワールドカップのオープニングセレモニーが開催 

41


しかしコアラは可愛いのでわかりますけど、パイソンのような巨大な蛇までお目見えしてましたね。さすがオーストラリアですね。ちょっと怖そうですね。コースにカンガルーやアリゲーターなどがいる国ですから、野生動物なんて珍しくないんでしょうけど。






































ISPSハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフが、いよいよ24日から始まります。出場選手の変更や、テレビ放送の時間、直前の情報などをまとめてみました。

まず、大会の冠スポンサーである「ISPSハンダ」ですが、こちらは深見東州(半田晴久)さんが会長を務める、一般社団法人国際スポーツ振興協会のことです。
国際スポーツ振興協会(ISPS)とは、世界中でスポーツを通じた慈善事業を遂行するために、深見東州(半田晴久)さんによって2006年に設立されました。主な活動として、世界中のゴルフ統括団体とパートナーシップを結び、ゴルフ大会の主催の他、あらゆる面でゴルフ競技の発展のために支援されています。また、ブラインドゴルフの世界的な支援などの社会福祉活動や、野生動物の保護活動も推進しています。そして、毎年スポーツ平和サミットを、東京やロンドン、ニューヨーク国連本部など、各国で開催し、スポーツ界の若いリーダーやベテランたちによる意見交換などにより、スポーツの持つ力を最大限に広げていくための様々な活動に繋げています。

2f62a1dde73673665c355a37b819dbf5

3度目の優勝がかかるチームジャパンの松山英樹選手と石川遼選手ですが、PGAツアーの公式サイトが出すパワーランキング(優勝予想番付)では2位になっているそうです。出場選手中最高の世界ランク6位ですし、直近5試合で5位、優勝、2位、優勝、優勝という松山選手が評価されているそうです。また、石川選手も調子を上げてきているとの評価だそうです。そして1位は、やはり地元、アダム・スコットを擁するオーストラリアチームだそうです。

本日早朝、福島沖で大きな地震が発生し、津波も観測されましたが、東北出身の松山選手もそのことを意識して気遣っているそうです。ただ、日本を背負うことを意識し過ぎでもよくないということで、あまり考えすぎずにいきたいということでした。


今回、大会が開催されるキングストンヒースGCは、評価がとても高いコースで、タイガー・ウッズによると、「このコースには本当に多くの異なる選択肢がある。ティグラウンドで、そしてグリーンの周辺でもだ。多くのゴルファーがキングストンヒースを絶賛しているし、私にもそれがなぜだか分かる」と評しているそうです。


<テレビ放送予定>

ゴルフネットワーク(生中継)
【初 日】
11月24日(木)10時〜15時(最大延長16時30分まで)
【2日目】
11月25日(金)10時〜15時(最大延長16時30分まで)
【3日目】
11月26日(土)10時〜15時(最大延長19時まで)
【最終日】
11月27日(日)10時〜15時(最大延長19時まで)


BSスカパー!(ダイジェスト)

11/24放送分 
11月24日(木) 午後8時〜午後9時 / 11月25日(金) 午前8時〜午前9時 ゲスト タケ小山(ゴルフネットワーク ゴルフW杯中継解説者)

11/25放送分 
11月25日(金) 午後8時〜午後9時 / 11月26日(金) 午前8時〜午前9時 ゲスト稲村亜美(ゴルフW杯応援サポーター)

11/26放送分 
11月26日(土) 午後8時〜午後9時 / 11月27日(日) 午前8時〜午前9時

11/27放送分 
11月27日(日) 午後8時〜午後9時 / 11月28日(月) 午前8時〜午前9時 ゲスト丸山茂樹(2002年W杯優勝) 

BSスカパー!(BS Ch.241/プレミアムサービス Ch.558)はスカパー!を契約中の人なら、24時間無料で視聴できるチャンネル)



<出場チーム(選手)と初日の組み合わせ>

1組     日本時間午前8時30分(現地時間午後10時30分)ティーオフ予定
インド      SSP・チャウラシア、S・チカランガッパ
マレーシア   ダニー・チア、ニコラス・ファン
2組
フランス    ビクター・デュビッソン、ロマン・ランガスク
台湾      C・T・パン、チャン・シーチャン
3組
ベネズエラ   ジョナサン・ベガス、ジュリオ・ベガス
ポルトガル   リカルド・ゴウベイア、ホセ・フィリペ・リマ
4組
オーストリア  ベルンド・ウィースバーガー、マーティン・ウィーグル
ドイツ     アレックス・チェイカ、スティーブン・ジェイガー
5組
ウェールズ   スチュアート・マンリー、ブラッドレイ・ドレッジ
カナダ     デビッド・ハーン、アダム・ハドウィン
6組
南アフリカ   ジャコ・ヴァン・ジル、ジョージ・クッツェー
フィリピン   ミゲル・タブエナ、アンジェロ・キュー
7組
中国      呉阿順(ゴ・アジュン)、李昊桐(リー・ハオトン)
オランダ    ヨースト・ルーテン、ダリウス・ファン・ドリエル
8組
スウェーデン  アレクサンダー・ノレン、デビッド・リングマース
デンマーク   ソレン・ケルドセン、トービヨン・オルセン
9組
韓国      アン・ビョンハン、金庚泰(キム・キョンテ)
タイ      トンチャイ・ジェイディ、キラデク・アフィバーンラト
10組
オーストラリア  アダム・スコット、マーク・リーシュマン
アメリカ     リッキー・ファウラー、ジミー・ウォーカー
11組
イングランド   クリス・ウッド、アンディ・サリバン
イタリア     フランチェスコ・モリナリ、マッテオ・マナセロ
12組    日本時間午前10時30分(現地時間午後12時30分)ティーオフ予定  
日本       松山英樹、石川遼
ニュージーランド ダニー・リー、ライアン・フォックス
13組
スペイン     ラファエル・カブレラ・ベロ、ジョン・ラーム
ベルギー     トーマス・ピータース、ニコラス・コルサーツ
14組
スコットランド  ラッセル・ノックス、ダンカン・スチュワート
アイルランド   ショーン・ローリー、グレアム・マクドウェル



























↑このページのトップヘ