ほとんど話題になりませんでしたけど、4月2日から5日まで、ISPS HANDA 日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権という大会が日本で開催されていました。

これは、日本高等学校ゴルフ連盟と、韓国中学・高校ゴルフ連盟が共催する日韓の中高生ゴルファーのアマチュア団体対抗戦ということです。2002年に日韓国民交流年記念事業の一環として、それまでの「全国高校ゴルフ選手権春季大会・中学生大会」から名前が変わって始まったようです。

handa_kankoku-min


そして2010年からは、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会がスポンサーになって今日まで続いているそうです。今回で16回目の大会になるそうですが、このようなゴルフのジュニアの育成にも、貢献されていたんですね。

過去の大会には、石川遼や池田勇人選手、宮里藍、横峯さくら、上田桃子、宮里美香、そして現在国際スポーツ振興協会専属プロの酒井美紀選手なども参加していました。

ISPS HANDA 日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権 / 日本高等学校ゴルフ連盟

政治の世界では、日韓は慰安婦問題で大きく揺れていますが、日韓合意を平気で破ってしまう行為にはさすがに呆れましたけどね。とはいえ、そんな時期だからこそ、スポーツや文化の交流を続けていく意味が、一層高くなってるのかもしれませんね。

スポーツは、政治情勢に翻弄されたり、国民感情に左右されることもありますけど、南アフリカのマンデラ元大統領は、ラグビーを用いて人種間の激しい対立感情を融和しました。深見東州さんは、そのことや、自身の体験を引き合いに出されて、「スポーツはばらばらになった人々を一つにし、協力、発展、さらには平和をも推進します」と言われていました。そのスポーツの持つ力を信じて、国際スポーツ振興協会は、今後も社会に貢献する活動を世界で続けていくのでしょう。